シャラの木(ナツツバキ)とは?初心者にも分かる簡単な育て方を詳しく解説!

シンボルツリーとして人気なナツツバキをご存知でしょうか。ナツツバキには素敵な花言葉があり、儚さがある植物として人気です。ナツツバキの育て方や特徴だけでなく、品種改良されてできた種類や由来などについて掘り下げていきましょう。

シャラの木(ナツツバキ)とは?初心者にも分かる簡単な育て方を詳しく解説!のイメージ

目次

  1. 1ナツツバキ(シャラの木)の基本情報
  2. 2ナツツバキとヒメシャラの違い
  3. 3ナツツバキの育て方
  4. 4ナツツバキの手入れ
  5. 5ナツツバキの増やし方
  6. 6ナツツバキの栽培で注意したい病害虫
  7. 7ナツツバキは強くて育てやすい!

ナツツバキ(シャラの木)の基本情報

ナツツバキ(別名シャラの木)と呼ばれる植物をご存知でしょうか。ナツツバキはツバキ科のナツツバキ属で、白い花びらが特徴的です。また、主に九州から本州辺りに生息している植物で、かなり大きく成長することもあるでしょう。

ナツツバキは20mにまで大きくなってしまうことがあるため、育てたいと考えている人は広い場所を確保する必要があります。その他、ナツツバキは名前の由来から平家物語にも登場しているようです。

Thumbヒルザキツキミソウとは?特徴や育て方など詳しく紹介!
ヒルザキツキミソウは暑さにも寒さにも強い丈夫な植物ですので、ガーデニング初心者の方でも比較的...

ナツツバキの特徴

出典: https://www.amazon.co.jp/

シャラの木とも呼ばれるナツツバキは、お寺などで大切にされてきました。美樹は灰色がかっていてツルツルとしていることから、サルスベリと呼ばれることもあります。また、葉にはシワが多く見られることから観賞用として人気で、庭などに植える人も増えてきました。

しかし、ナツツバキの花は一日で落ちてしまうため、その美しい姿を見れるのは一瞬ともいえるでしょう。ナツツバキの美しさを見逃さないためにも、開花時期には毎日観察しておくのがおすすめです。

ナツツバキの由来

ナツツバキは平家物語において、沙羅双樹として登場します。沙羅双樹はもともとインドに生息している聖なる木で、とても大切にされていました。

そして、名前がシャーラと言われていることから、シャラの木、そしてツバキに似ている花を咲かせることからナツツバキと呼ばれるようになります。ただし、沙羅双樹とナツツバキは、違う植物を指しているので間違えないようにしましょう。

ナツツバキの花言葉

花には必ず花言葉が存在しているのですが、ナツツバキの場合はどんな花言葉が含まれているのでしょうか。花を見てみるととても可愛らしい印象を受ける人が多いはずです。

そんな印象が関係しているのか、花言葉には「儚い美しさ」「愛らしさ」との言葉が含まれています。

ナツツバキは朝方に花開き、夜になる前にはその花が落ちてしまうでしょう。そんな儚さも、ナツツバキの美しさを言えるのかもしれません。平家物語のナツツバキが登場しているさいも、その儚さを感じさせてくれるのではないでしょうか。

ナツツバキの種類

出典: https://www.amazon.co.jp/

初めにナツツバキは白い花が特徴的だとご紹介しましたが、いくつか他の種類が存在しています。例えば、ピンクナツツバキと呼ばれる品種はピンク色の可愛らしい花を咲かせ、鑑賞用として愛用されることが多いです。

ピンクナツツバキはピンクシャラと呼ばれることもあり、品種改良された結果できた植物でもあります。その他、色々な品種が存在していますので、ナツツバキを育てる際はどんな品種にするのか検討してみてください。

ナツツバキはシンボルツリーにおすすめ

上記では、庭でナツツバキを育てる人が増えてきているとご紹介しました。その理由の一つとして挙げられるのが、ナツツバキはシンボルツリーに向いているということです。シンボルツリーが一本あるだけでもかなり存在感があり、庭を和の雰囲気にしてくれるはずです。

また、シンボルツリーとして人気なナツツバキは花だけが見どころなのではなく、秋になった時の紅葉も見どころの一つです。夏から秋にかけて色々な表情を楽しませてくれますので、一度ナツツバキを育ててみてはどうでしょうか。

ナツツバキとヒメシャラの違い

植物に関して知識を持っている人は、ナツツバキとヒメシャラの違いが気になったこともあるのではないでしょうか。ナツツバキはシャラと呼ばれることから、似ているのではないかと思われることが多いです。

ヒメシャラは幹の模様が違ったり、花や葉の大きさが異なるなどの違いがあります。その他、ナツツバキはツバキ科に含まれているのに対して、ヒメシャラはフタバカキ科と呼ばれる分類に振り分けられています。見た目も似ているのですが、二つの植物は異なる部分がとても多いです。

ナツツバキの育て方

上記では、ナツツバキについて、基本情報など様々なことをご紹介しました。そんな中でナツツバキを育ててみたい、と考え始めた人もいるかもしれません。もしも、少しでもナツツバキを育ててみたいと思っているのであれば、育て方を見てみましょう。

ナツツバキは木ですので、ガーデニングとは少し違った手順になってしまうかもしれません。下記では、そんなナツツバキの育て方について詳しく掘り下げていきましょう。

育て方①環境

ナツツバキは風が良く通る環境を好んでいますので、できるだけ風を遮るものがない場所に植えるようにしましょう。湿気が溜まってしまうと、ナツツバキの成長を妨げる病気にかかってしまう可能性があるので環境には注意が必要です。

その他、日当たりも成長に大きく関係します。日当たりの良い場所に植えることによって、生き生きとした元気なナツツバキを育てることができるはずです。ただし、強い日光が当たりすぎてしまうと乾燥しすぎるため、適度な日光が当たる場所を探しましょう。

育て方②用土

ナツツバキに最適な環境からは、湿気が苦手だということが分かります。そのため、土に関してもできるだけ湿気をため込まないような種類を好みます。例えが、水はけが良い土を使うことによって、元気な花を咲かせてくれることでしょう。

水はけを良くするためには、腐葉土を土に混ぜ込んでおくのがおすすめです。混ぜ込む場合は植え付けの数日前には行っておきます。その他、水もちの良さにも注目してみてください。

育て方③植え付け

ナツツバキの植え付けに関してですが、2月中旬から4月中旬辺りを目安に行うようにしてみてください。地植えを行う場合は植え替えなどが必要ないため、管理がしやすくておすすめです。

しかし、鉢植えを行うのであれば3年に1回ほどの植え替えが必要になるので注意しましょう。ナツツバキの苗はできるだけ丈夫なものを選び、植えるようにしてください。初めから元気のない苗を選んでしまうと、その後の栽培が大変になってしまうので注意です。

育て方④水やり

水はけの良い土を好むナツツバキですが、水を好むという特徴もあります。そのため、土が乾いてしまった時はすぐに水やりを行うようにしましょう。特に、ナツツバキは水やりを行わないと見た目にも反映されますので、すぐ気づくことができるはずです。

葉が外に向かって丸まってしまったり、しおえることもあるでしょう。葉に変化が出てしまった時は既に乾燥が続いている証拠ですので、水をたっぷりを上げるようにしてください。

育て方⑤肥料

植物を育てる時、肥料を与えるなどの知識を持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、必ずしも肥料が必要なわけではありません。ナツツバキの場合は大きく成長しますので、固形肥料を定期的に与えると枯れることも少なくなります。

肥料を与える時期としては冬が最適と言われており、12月から2月に与えるようにしてください。緩やかに効くものを使用することで、肥料を与えるのは1年に1回だけで済みます。

ナツツバキの栽培管理を動画で見てみよう

上記では、様々なナツツバキの育て方の手順についてご紹介しました。しかし、実際にナツツバキをどのように育てるのか確認したいと考えているのであれば、上記に添付しているナツツバキの栽培管理の動画を参考にしてみてください。

動画であれば動作を1つ1つ確認できるだけでなく、再生を停止しながら行うことも可能です。スマートフォンやタブレットなどを片手に、ぜひ栽培を行ってみましょう。

ナツツバキの手入れ

上記では、ナツツバキの育て方についてご紹介しました。しかし、植物を育てる際は毎日の手入れも怠らないようにする必要があります。そのため、下記ではナツツバキに必要な日々の手入れについて詳しく掘り下げていきましょう。

特に剪定は重要な手入れになりますので、毎日確認しながら行うようにしてみてください。

手入れ①剪定

ナツツバキは風通しの良い場所を好むとご紹介しました。ナツツバキは基本的に剪定を行わなくても、十分に育ってくれるでしょう。ただし、枯れてしまった枝などはそのまま放置しているとバランスが悪くなってしまうため、剪定を行うようにしてください。

また、枝が多くなりすぎてしまうと風通しが悪くなり、湿気が溜まる原因となってしまうでしょう。そんな時は、適度な剪定を行うことでナツツバキの成長を妨げることを防げます。剪定を行うと菌が入る可能性があるため、癒合材を塗るのがおすすめです。

ナツツバキの剪定方法を動画で見てみよう

上記では、ナツツバキの剪定方法についてご紹介しました。しかし、いまいちどのように剪定して良いのか分からない人も多いはずです。そんな時は、育て方の時と同じように動画で確認してみてはどうでしょうか。

動画ならどのポイントで剪定すると良いのか、どのような剪定方法が最適なのかを知ることができます。正しい剪定を行うことができるようになれば、ナツツバキの美しさをもっと高めることができるはずです。

手入れ②植え替え

上記でも少しご紹介しましたが、ナツツバキは地植えを行う際は植え替えは必要ありません。鉢植えの場合は植え替えが必要となりますが、植え替えは2、3年に一回のペースで行い、一回り大きい植木鉢を用意するようにしましょう。

植え替えは3月から4月が最適と言われていますので、植木鉢に植え付けを行う場合は植え替えのタイミングを逃さないように注意してください。植え替えを行う際は古い土を使用するのではなく、新しい土を用意しましょう。

ナツツバキの増やし方

一度ナツツバキを植えた後、もっとナツツバキを増やしたいと考える人もいるはずです。しかし、一からナツツバキの苗を購入しようとするとお金がかかってしまい、他のガーデニングに力を入れることができなくなってしまいます。

そのため、他のガーデニングにもお金をかけたいと考えているのであれば、ナツツバキの増やし方を習得してみてはどうでしょうか。そうすることで、一度植えたナツツバキを複数本に増やすことが可能です。

増やし方①挿し木

ナツツバキの増やし方としておすすめなのは、挿し木と呼ばれる方法です。挿し木は伸びてきた枝を切り落として行う方法で、切り落とした枝は斜めにカットした後、1時間ほど水あげを行います。水あげが終了した後は土に挿しておくだけです。

シンプルで簡単な増やし方ですので、簡単にナツツバキを増やしたい人におすすめします。また、枝を土に挿した後は乾かないように水やりを行い、強い日光を避けるようにしてください。

増やし方②種まき

ナツツバキは花が落ちますので、熟した種を土に植えましょう。種は秋ごろに熟しますので、そのタイミングを逃さないようにしてください。種まきによってナツツバキを増やす場合は土を被せすぎないように、柔らかく乗せることが大切です。

また、土の表面に腐葉土を被せることで乾燥を防ぐことができます。芽が出るのは数年後になりますので、それまで種が流れてしまわないように予防する必要があるでしょう。

ナツツバキの栽培で注意したい病害虫

植物の中には強い耐性を持っており、病気や害虫の心配をしなくて良い場合もあります。しかし、ナツツバキの場合は気を付けなければならないことがありますので、下記でご紹介する栽培で注意したい病害虫の項目を参考にしてみてください。

病害虫はしっかりと管理を行っていても枯れてしまう可能性があります。特に、虫は一匹発生すると大量に出てきてしまう可能性があるため、早期発見を徹底するようにしましょう。

注意する病気

ナツツバキの栽培で注意するべき病気についてですが、特に注意しなければらない病気はありません。かかりやすい病気は特にないのですが、ナツツバキが弱ってしまうと病気になってしまう可能性は否定できません。

そのため、毎日元気に育ってくれるように管理や手入れを欠かさないようにしましょう。特に、剪定を行った後は癒合材を切り口に塗っておくことで、菌の侵入を防ぐことができておすすめです。

注意する害虫

病気にかかりにくいナツツバキですが、カミキリムシには注意しましょう。カミキリムシは木の中に卵を産むため、そのまま成長すると木の中を食い荒らしてしまいます。そうすると、ナツツバキの枯れに繋がるので、カミキリムシは早期発見が大切です。

カミキリムシが繁殖すると木くずのようなものが散乱しますので、ナツツバキの周辺を観察しておいてください。早期発見ができれば、枯れてしまう事態を避けることができるでしょう。

ナツツバキは強くて育てやすい!

ナツツバキは育て方の難易度としては中度ほどなので、比較的育てやすい植物と言えるでしょう。ただし、植え付けや植え替えの時期などが決まっていますので、スケジュールだけ徹底するようにしてください。

ナツツバキは特に年単位で成長する植物なので、植え替えの時期や肥料を与える時期などを見逃してしまう可能性があります。

見逃さないためにも、カレンダーなどにナツツバキの予定を記入してみてはどうでしょうか。シンボルツリーとして人気なナツツバキは、夏には綺麗な花が咲き、秋には美しい紅葉を楽しむことができるはずです。

その他の関連記事はこちらから

Thumbハブランサス(レインリリー)とは?初心者にも分かる簡単な育て方を詳しく解説!
ハブランサス(レインリリー)は、色が鮮やかでとてもキレイな植物です。簡単に育てることができる...
Thumbテデトールとは?農薬を使わない害虫駆除方法を徹底解説!
家庭菜園などを行ってると、どうしても害虫による被害が生じてしまいます。農薬を使えばそれで被害...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ