種からマリーゴールドを育てる方法とは?初心者でも分かる簡単なコツを詳しく紹介!

街路を飾ってくれる植物であり、育成も割と簡単なことで知られているマリーゴールドは、家庭菜園で種から育てることも可能となっています。今回は、マリーゴールドの種から育て方、その種類なども踏まえて初心者向けにコツを解説していきます。

 種からマリーゴールドを育てる方法とは?初心者でも分かる簡単なコツを詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1マリーゴールドの基本情報
  2. 2マリーゴールドを種から育てる方法【準備】
  3. 3マリーゴールドを種から育てる方法【種まき】
  4. 4マリーゴールドを種から育てる方法【手入れ】
  5. 5マリーゴールドを育てるうえでの注意点
  6. 6マリーゴールド種からでも簡単に栽培できる!

マリーゴールドの基本情報

道脇に黄色い花を咲かせるマリーゴールドは、家庭菜園でもごく簡単に栽培が可能となる植物の一種です。それ故にガーデニング初心者に対しても強く推奨したい種ですが、これを種から育てる事も可能です。

まず、マリーゴールドという種に関しての情報からです。マリーゴールドはキク科の一種であり、タゲテス属に属する植物です。

メキシコや中央アメリカなどの、中米と呼ばれる地域を原産地としており、前述した通りこれらの種はガーデニングの経験のない方でも簡単に栽培が出来る、ビギナー向けの種として知られます。

マリーゴールドの特徴

マリーゴールドは、成長すると草丈が20から100センチほどになります。暑さに対しては耐性を持っていますが、反面寒さへの耐性は暑さほど持っていない等の特徴のある種でもあります。

花が咲いている時期が他の種と比べても長い期間になる為、既に幾度か記述した通り初めて栽培を行う人でも容易に育成を行えます。花色は山吹色やオレンジ、クリームなどの明るめの花を咲かせてくれます。

後に記述するとおりマリーゴールドには大きく2つの種が存在しますが、その両方共の種類が開花の時期は初夏からで、基本的には開花時期は夏と捉えられます。一度咲けば、一ヶ月は開花し続けてくれます。

マリーゴールドの2つの種類について

前に記述した通り、マリーゴールドは大まかに分けて2種類に大別されます。まず1つはフレンチマリーゴールドと呼ばれる種で、旬の花の咲く時期が5月から7月と9月から11月の2期、花は八重咲きと一重咲きの2種あります。

名称に「フレンチ」と入っているその通りに、マリーゴールドの原種がヨーロッパ圏に入った際、フランスから広まった種な訳です。花を咲かす際は、分化して小さめの花を沢山咲かせます。

もう一方の種類は、アフリカンマリーゴールドと呼ばれる種です。フレンチ種と異なる最も大きな点はその大きさで、あちらが30センチほどの草丈であるのに対し、こちらは大きい種で1メートル近くにまで育ちます。

開化する時期は大体同様で5月から11月と長く、熱さへの耐性はこちらのマリーゴールドの種の方が強い特徴もあります。また、育てる際は鉢で育成するよりも地植えで育てる方が向いています。

Thumbマリーゴールドの花言葉とは?色別にその意味を詳しくご紹介!
花言葉は国によって違ったりしますが、マリーゴールドの日本での花言葉を中心に、色別や種類別でご...

マリーゴールドを種から育てる方法【準備】

マリーゴールドの基本的な情報から、大まかに如何様な種が存在するのかなどを解説しました。更に種を分けると、医療用と観賞用とでも分かれており、前述したフレンチマリーゴールド等は観賞用に位置します。

マリーゴールドに関する知識の事は此処までとして、今回は種からマリーゴールドを栽培する時の育て方を紹介しますので、此処からは本題に入りましょう。まずは、マリーゴールドの種からの栽培を行う上での準備からです。

準備①環境

まず、種まきでマリーゴールドを育成する環境から話しましょう。種からでも苗からでも言える事ですが、育てる場所のベースとしてマリーゴールドは日の光がしっかり当たっている場所を好み、成長してくれます。

庭に植える地植えでマリーゴールドを育成する際は種に依って適切な場所が分かれ、背の高くなるアフリカン種は花壇の後ろ側、逆に背が比較的低くなるフレンチマリーゴールドは花壇の前方や、日の当たりやすい場所が推奨されます。

種の中で若干の優劣こそありますが、基本マリーゴールドは暑さに強い植物です。その為、他の花なら移動させることの多い夏場でも置き場に困りません。種の室内栽培なら、日がしっかり当たる窓際などが適切となります。

準備②土作り

地植え、鉢植え問わず、マリーゴールドの種の育成には必ず土を用意する事となります。マリーゴールド種は有機質を含む土を好んでいますので、地植えの時は庭の土に腐葉土や堆肥などの栄養素をしっかりすき込んで土を作ってあげましょう。

マリーゴールドの鉢植えで土を作成する際は、目安として赤玉土を7、腐葉土を3の割合で混ぜ、そこに化成肥料を加えて一週間ほど寝かせたものを使ってみましょう。

1,2週間前にマリーゴールド用の土を作り、そこへ種を入れて花が咲くまで育て、枯れた後に新しい種を取り出すといった流れになります。土は市販の園芸用であれば元肥が入っていますので、咥える必要は無いです。

Thumbシクラメンの花を来年も咲かせる方法は?ポイントは夏越しと植え替え!詳しく解説!
シクラメンは植え替えをすることで元気に育っていくことができます。また、シクラメンは休眠する時...

マリーゴールドを種から育てる方法【種まき】

マリーゴールドの種から育てる環境づくりは出来ました。土は前述したような割合で自分で作って使う手段もありますが、初めてガーデニングを行うなら市販の園芸用土をそのまま使って種を育てた方がスムーズでしょう。

マリーゴールドを種から育む場所を揃えられたのなら、次はそこへ種を蒔いていよいよ本格的な育成を始める事に取り掛かります。適切な方法や種まきの適正時期なども存在しますので、初めての方は特にしっかり覚えるべき項目となります。

種まき①方法

まず、如何にしてマリーゴールドの種を蒔くかに関してです。方法と言っても普通に種を用意した土に入れるだけだろうと考える事もあるでしょうが、しっかりしたやり方があります。大きく分けて2つの手法で種を蒔きます。

その1つが、最初にポットなどの小型の鉢に種を植える方法です。もし多くのマリーゴールドを作るつもりなら、セルトレイを使用するのが推奨されます。連結されたトレイの様なもので、土を平らに入れ2粒ずつの種を入れ、土をかけて水をしっかり与えます。

もう一方は、初めから地面にマリーゴールドの種を植えていく種の直播きです。種の直播の具体的なコツなどについては後述していきます。

種まき②時期

種蒔きの手段を決めたのであれば、次は種を蒔く時期を決めます。マリーゴールドの種蒔きを行うのに適正とされている時期は、春から初夏にかけて、つまり3月から5月までの約3か月間となります。

加えて、種まきの適正な気温となるのは外気温が20度から25度、丁度上記の春から初夏の昼間にこの程度の気温になります。該当時期に暖かくなって来たらマリーゴールドの種を蒔く、と覚えておいて間違いでは無い筈です。

直播きをするときのコツ

単に観賞用としてのみではなく、畑の植物の病気対策に種を蒔いて使う場合もあります。そういった時にマリーゴールドの種の直播きが行われ、何方かというとアフリカン種の様に草丈の高くなる方が直播で種を蒔く場合が多いです。

実際にマリーゴールドの種を直播する際は、品種毎の種を蒔く間隔を守りつつ2粒から3粒程度種を蒔きます。家庭菜園でマリーゴールドの栽培をする際はこちらのやり方で、種袋に記載された間隔を守りつつ種蒔きを行います。

Thumbカラミンサの育て方とは?ハーブとしても楽しめるその魅力をたっぷり紹介!
カラミンサとはどのような植物なのでしょうか。カラミンサの育て方を徹底的に紹介していきます。ま...

マリーゴールドを種から育てる方法【手入れ】

マリーゴールドの種蒔きを行う際の方法や手順などを紹介しました。適切な種の蒔き方か否かがしっかりマリーゴールドが育ってくれるかにも影響してくる事ですので、必ず実践する際は参考になるものを見ながら行うのが推奨されます。

種が蒔けたら本格的にマリーゴールドを育成する訳ですが、あの綺麗な花を種から咲かせるまでには勿論その間の手入れも行う事となります。水や肥料の与え方、無事にマリーゴールドの花が咲いてからの種取りに至るまでを解説します。

育て方①植え替えて定植させる

まずは、植え替えと定植に関してです。地植えの場合、花壇自体はマリーゴールドの株元の部分に水が溜まることのない様、少し高めに設定しておきます。こうすると水はけが良くなり、定職を行うのに適した環境となります。

ここで、種によって株の間隔が変わる事に注意します。フレンチ系の種であれば20から25センチ程度、アフリカン種のマリーゴールドなら30センチ少々の間が必要です。守らないと風通しが悪化し病害虫発生の元となる為、注意です。

育て方②水やり

続いては水やりです。マリーゴールドは地植えで育成する際、余りに乾燥した状況にならないならセルフで水やりを行う必要は無く、自然雨のみで事足ります。但し、鉢植えの場合は用土の表面が乾いたら適度に水やりは行う事となります。

マリーゴールドへの水やりは、乾燥した状態になったら行うのが基本方針です。あげすぎると多湿化して枯れる要因になる事、真夏は昼間では熱水を与える事になる為、気温の下がった早朝に水やりを行う事辺りは覚えておきましょう。

育て方③肥料

土作りの際には肥料を用土に混ぜ込むなど必要な事は必要ですが、マリーゴールドに余りに多くの肥料を与えれば葉に栄養が集中し、肝心の花が咲いてくれない状況が考えられます。その為、5月や6月頃に控えめに追肥を与えてあげます。

もしマリーゴールドに追加で肥料を与えるなら、緩効性かつ化成肥料の種類のものを株元へ与えます。もし大きくなるのが遅いと判断されるのならば、液体性の種類の肥料を一月に数回程度与えて成長の過程を見てみましょう。

育て方④花ガラ摘み

マリーゴールドの花がら摘みも種類を問わず行います。この花がら摘みとは、実が付いてくる前に咲ききった花をすべて人間の手で摘み取る作業の事を指します。マリーゴールドなら枝や花茎部分の切り取りが主な作業です。

切り取るにあたって、園芸用のハサミを用意します。素手では他の蕾なども一緒に取る可能性もある為、必ずハサミでやります。これを種類関係なく行って、長い事マリーゴールド種の花を楽しむ事に繋がります。

育て方⑤種取り

更に、自分の手でマリーゴールドから種を回収する種取りも実行します。花は枯れても栄養自体は吸収していますので、翌年もまた咲かせるつもりでいるならこの種取りも忘れず行います。確立された取り方もあるので、覚えておきましょう。

適した時期

種取りを行うのに適した時期に関してですが、基本は何時の時期に絶対行うべきとする規定は存在しません。只、目安としてはある程度決まっており、花が旬の時期を終えてから茶色くなった時が種取りを行うタイミングです。

取り方

取り方は、咲き終わった花を一度放置し、花が茶色に変化してきたら根本部分から摘み取り乾燥させます。種は次の年まで取っておき、春ごろに指で花がらを触ると種が出て来ます。この中から、大きくなっている種を選んで次回に備えます。

但し、種取りで取った種からまた育てると、次に咲く花へ行く養分は今までよりも減少するのが確実になります。それ故に次回のシーズンには咲く花自体の数が減少する事、サイズがコンパクトになる事辺りは事前に知っておくべきです。

種からマリーゴールドを育てるコツを動画で紹介!

以上がマリーゴールド栽培の際の具体的な流れです。此処で、実際に種から育成する際の育て方のコツを紹介している動画も上げておきます。文章で覚える事ももちろん良いですが、動画を見ながらの方がよりスムーズに覚えられる筈です。

この動画では、育成の際にどんなものを準備するべきなのかから、種を蒔き切るまでのコツ等を解説しています。沢山育ててみたい方はこの手法を参考にしながら育てると良いですね。

Thumbムラサキオモトとは?インテリア性抜群の観葉植物の育て方!
ムラサキオモトは白い花を咲かせますが、葉の色が紫がかっている美しい植物です。また、ムラサキオ...

マリーゴールドを育てるうえでの注意点

育てる中で必要な手入れなどに関してを解説しました。初心者でも容易に栽培は出来るとはいえやはり健康に育たせる為にはそれ相応のしっかりした手入れはどんな植物でも必要ですので、実際に行う際は手を抜かない様にします。

一通り育て方は解説した通りですが、残念ながらまだ病害虫に関してや品種ごとの向き不向きなど、注意するべきことがあります。これらも実際の育成で関係する内容ですので、栽培前に押さえておくべきところとなります。

注意点①病害虫

まず病気に関してで、立枯病がよく罹る病気の1つとされます。植物に付いたカビに依り茎や枝部分が侵食され、やがて全体が枯れる病気です。

原因は風通しの悪さや湿度が高い事など環境の悪化でカビが発生する事なので、十分気を配ります。

害虫の方は、主にマダニによる被害が多く出ています。多湿が原因であった立枯病とは対照的に、こちらは高温且つ乾燥した環境に依ってマダニが発生します。定期的に葉の裏に水をかけるのが予防法で、見つけた場合、殺虫剤で駆除します。

注意点②鉢植えに向かない品種

もう1つ、鉢植えで育成するのに向かない品種がある事も覚えておくべきです。それは、サイズの大きくなるアフリカン種のマリーゴールドです。

これに該当する種をもし鉢で育成すると、大きさの所為で茎が倒れるなどのトラブルも起きます。やむを得ない場合、支柱等を利用して支えを作ります。

Thumbキンモクセイの剪定方法とは?初心者にも簡単にできる剪定方法をご紹介!
キンモクセイは秋になると黄色く小さな花を咲かせる可愛らしい植物ですが、花はとても香りが良く、...

マリーゴールド種からでも簡単に栽培できる!

以上、マリーゴールドの種からの栽培方法について手順等を紹介しました。植物の中でも割と容易に育てられる種である事は何度も記述した通りで、ある程度キチンとした仕方を覚えて実践すれば何も難しい事はありません。

例え種まきの段階で少々遅れを取ろうとも、長く花を咲かせる品種である為失敗に結びつくなどの事は少ないです。成功すれば綺麗な花を咲かせてくれますので、是非自分で種からの栽培にチャレンジする事を推奨します。

Thumb球根ベゴニアとはどんな植物?その特徴や育て方花言葉までご紹介!
大きな花が印象的でとても美しい球根ベゴニア。「自宅で球根ベゴニアを育ててみたい」という方も多...
Thumb春の妖精ヒメリュウキンカとは?特徴や育て方まで詳しく紹介!
春の妖精と呼ばれるヒメリュウキンカとは、どのような植物なのでしょうか。可愛らしい花を咲かせる...
Thumbシクラメンの花を来年も咲かせる方法は?ポイントは夏越しと植え替え!詳しく解説!
シクラメンは植え替えをすることで元気に育っていくことができます。また、シクラメンは休眠する時...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
中村雄二

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ