ブラクリ釣りがアツい!釣り方と使い方をマスターして根魚を狙おう!

近年は女性にも人気が高まっている釣りですが、カサゴやソイ、アイナメなどの根魚釣りに最適なのがブラクリ仕掛けです。ブラクリ仕掛けを使った釣り方やエサの種類、投げ釣りのコツや使い方などをまとめます。タイプ別のおすすめのブラクリを参考に釣りの世界を広げましょう。

ブラクリ釣りがアツい!釣り方と使い方をマスターして根魚を狙おう!のイメージ

目次

  1. 1ブラクリとは?
  2. 2ブラクリ仕掛けのメリット
  3. 3ブラクリで釣れる根魚の種類
  4. 4おすすめのブラクリ仕掛けをご紹介
  5. 5ブラクリの釣り道具
  6. 6ブラクリの釣り方のポイント!
  7. 7ブラクリの釣り方を動画で解説!
  8. 8餌や釣り方を変えてブラクリ釣りを楽しもう!

ブラクリとは?

ブラクリとは、主にカサゴやソイ、アイナメなどの根魚を狙う仕掛けです。円錐形や楕円形、三角錐形などの重りにビーズと針がついている仕掛けが一般的で、根魚の好きな赤系統の色のブラクリが多いようです。

使い方は針にイソメやエビなどのエサを付けて使用するのが基本ですが、ワームを付ける使い方でも良いです。釣り具専門店だけではなく、ホームセンターなどでも気軽に買える、投げ釣りでも穴釣りでも使えて非常にポピュラーで人気の高いブラクリ仕掛けです。

ブラクリの種類

ブラクリの種類としては、大きく2つに分けられます。1つは、そろばん型と呼ばれる形で、最も根がかりしにくい形なので、投げ釣りや穴釣りなどに安心して使えます。2つ目は、丸型です。丸形は沈下の速度が非常に早いので比較的根がかりをしやすい形なので投げ釣りよりも穴釣りに向いています。
 

ブラクリ仕掛けのメリット

根魚を簡単に狙うことができるブラクリ仕掛けですが、使い方も簡単で以下のような様々なメリットがあるので初心者でも簡単に釣りを楽しむことができます。根魚は回遊魚ではないので、ポイントさえわかれば、いつ海へ行っても釣果が期待できハズレが少ないのも嬉しいブラクリを使った釣り方のポイントです。

メリット①穴の中まで餌が届く

根がかりしにくいブラクリ仕掛けは、小さなシルエットで隙間に入り込んでエサが魚まで届くことが大きな特徴になります。オモリが大きい仕掛けや全体が長い仕掛けが入り込まないような穴の中へもエサを届けるので、その分釣果が期待できます。

ブラクリ仕掛けは手元に伝わるオモリの位置とハリの位置が近いため、自分のイメージ通りに動かせることも大きな特徴になります。投げ釣りでも穴釣りでもどちらでもブラクリを使った釣りを楽しめて、根魚をたくさん釣って帰れるのでハズレの少ない釣りでもあります。

メリット②釣りにくい根魚を狙える

ブラクリ仕掛けはオモリとハリが一体となった根魚釣りのための仕掛けです。カサゴやアイナメなどは岩やテトラポットの中で暮らしており、その根魚を攻略するために誕生した仕掛けになります。仕掛け全体が短く根がかりしにくいこと、オモリとハリがラインでつながれておりエサが自由に動くことで、使い方が比較的簡単で釣りにくいと言われる根魚を初心者でも狙うことができるのがブラクリ仕掛けの特徴になります。

ブラクリで釣れる根魚の種類

①カサゴ

ブラクリを使った穴釣りのメインターゲットとなるのがカサゴです。日本各地に生息しており、どこでも釣りが楽しめるポピュラーな根魚です。赤い色が印象的で、地域や釣り場によっては黒っぽいカサゴが釣れることもあります。毒はありませんが、鋭いトゲをもっているため素手では掴まないように注意が必要です。

②アイナメ

ブラクリの引きが強くて大型化する根魚がアイナメです。水温が低い東北や日本海側ほど、数やサイズが期待できるターゲットと言えます。基本的には昼間に活動する魚なので、日中のブラクリ釣りの場合のターゲットとしても最適です。食べてもおいしい魚でとても人気のある魚です。

③メバル

メバルは夜行性なので、昼間の明るい時間帯は穴の中や壁沿いに身を潜めている魚です。カサゴやアイナメを狙って釣っていると同じエサで同じ釣り方でメバルが釣れることがあります。夜に積極的に泳ぎ回るので、出入りしやすい障害物の外側に潜んでいることが多い魚です。底が見えるような場所でもメバルが泳いでいることがあるので、積極的に狙ってみるのも良いです。

おすすめのブラクリ仕掛けをご紹介

ささめ針 ブラクリ

定番ブラクリのソロバン型オモリです。穴釣りでも投げ釣りでも使える万能タイプなので、初心者の人にもおすすめで、使い方も簡単なので、まずはこの仕掛けを使ってみてから別のブラクリに広げていくのも良い商品です。

おすすめポイント

使い方も簡単で多くの人が高評価をしている定番商品と言えます。アコウやカサゴも食いつきがよくてたくさん釣れると好評です。

ブラクリ、穴釣りには必須の仕掛けです。オモリ6号を買いましたが少し荒れていても安定して落ちて行きます。針もしっかりしているので十分かと思います。

オーナー テトラ玉

丸形タイプのブラクリ仕掛けで、ころころと転がしやすいのが特徴と言えます。根魚が潜むテトラの隙間や、石の間に勝手に入っていくサイズなので食いつきも良く簡単に釣れます。絡み防止のパイプが付いているので、転がしても絡みづらいおすすめのブラクリ仕掛けです。

おすすめポイント

カサゴが爆釣れです。フグも釣れますが、形の良いカサゴがよく釣れました。唐揚げにして美味しく頂きました。3号購入検討の方、4号も合わせて購入することをオススメします。

ハヤブサ 直撃 ルアー系ブラクリ

このブラクリはルアータイプの重り部分がメタルジグの形状をしています。ワームをセットしてスイミングさせると勝手に動くという仕掛けで、ルアータイプのブラクリ仕掛けになります。エサがなくても使用できるのが特徴のおすすめブラクリです。

おすすめポイント

ハヤブサは、インチク型や穴撃ち、目玉ブラクリなど多くのブラクリを開発していますが、ルアー系ブラクリが最近注目されており、一度使ってみることをおすすめします。

サビキ釣りのオモリとして使っています アジやサバもこの針に掛かります 足元で釣れなくなったら ルアーの様に投げて遠目を探ります 思わぬ大物が掛かるかもしれない楽しみもあります。

ブラクリの釣り道具

デュエル CN500 500m 3号 クリアー

適切なラインの素材を選ぶことやターゲットのサイズによって強度を選定することが非常に大切です。釣りの初心者にも使い方が簡単な扱いやすいナイロン素材で太さを表す号数は3号がおすすめです。大型を狙う場合は、フロロカーボンラインや太いPEを選ぶ場合もありますが、道糸が障害物に擦れる釣りの場合は、安いラインを使用してどんどん交換して使うことがおすすめです。

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51LOJQ4lyGL.jpg

リーダーを5〜6mとって、こまめにチェックしながら擦れのあるところをカットしながら使っています。どうしても減りが早かったので性能的には変わらないだろうと思い試しに購入しました。実際使用したところ全く違和感なく、60cmオーバーの真鯛や、5~6kgのブリも難なく上がってます。それにしてもこの価格は驚きです。

OGK チョットロッド

竿の感度はそれほど必要がない釣りなので、高価な製品を買わなくても十分に釣りを楽しむことができます。穴釣りに挑戦する人は、強度が高く安心のグラス製の安いテトラロッドを選択することをおすすめします。テトラの穴に竿を入れて釣る釣り方が多いので、1m未満の長さが扱いやすいです。

とても使いやすく、穴釣りに向いていると思います!あまり柔らかくもなく硬くもなくちょうどいいです!私は最近この釣り竿で35cmのクロソイを釣りました。ですがとても頑丈で面白い釣りになりました。皆様も是非ご購入してみて下さい

ダイワ 穴釣り ベイトリール

穴釣り用のリールは、仕掛けを落とす動作に優れるベイトリールがおすすめです。投げ釣りには向かないリールなので、どちらも楽しみたい人はスピニングリールを選ぶことをおすすめします。どちらの場合でも小型のもので十分に楽しめます。

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/817b4nXLw3L._SL1500_.jpg

小さく軽く、コスパが良くて、穴釣りには持ってこいのリールでした。

ブラクリの釣り方のポイント!

遠投で広範囲を探る場合

遠投して広い範囲を探る場合には、仕掛けを投げたあとに海底まで沈めた後、竿をチョンチョンとあおりながらブラクリが海底を跳ねてエサが動くようなイメージで動かすことがコツです。この基本の動きをすることで、魚への誘いにもなり根がかりを防ぐ利点があるのでおすすめです。海底を引きずるように仕掛けを動かすと根がかりしやすくなるので要注意です。

ちょい投げで近い範囲を探る場合

堤防での釣りでは、テトラポットのすき間などの手前のポイントにブラクリを落とし込んで、少しづつ探っていくのが基本的な釣り方です。この場合はブラクリをテトラポットのすき間の奥まで落ち仕込める丸いタイプを使うことをおすすめします。

ブラクリの釣り方を動画で解説!

投げ釣りの釣り方

ブラクリは手前だけでなく投げて釣る使い方でも楽しめます。沖に障害物がある場合は、遠投で広く探る方法も有効になります。竿が短すぎると投げにくいので、磯竿を使って挑戦することをおすすめします。動画を参考にしてみてください。

ブラクリを使った釣りの投げ釣りの釣り方は、大きく3つに分かれます。
①海底が硬いエリアがおすすめです。砂地ではなく岩質の海底を持つ釣り場を選ぶことをおすすめします。
②起伏が激しいポイントではジャンプさせながらブラクリを移動させて根がかりを防ぐことが大切です。
③ブラクリをジャンプさせて再度底に付いたら、10秒か20秒は停止させてアタリを待ちます。アタリがなければもう一度ジャンプさせて仕掛けを移動させます。

穴釣りの釣り方

ブラクリの仕掛け、穴釣りの釣り方は大きく3つに分かれます。
①護岸の切れ目や隙間や穴を探します。完全に水の動きが止まっている場所よりも波の揺れがあるような場所がおすすめです。
②穴を見つけたら仕掛けを投入します。竿は短めの扱いやすいものがおすすめです。仕掛けがどんどん落ちていくような深い場所がチャンスなので、ブラクリを操作してできるだけ奥まで落とします。
③アタリがあったら素早く回収することがポイントです。周りは根がかりする場所ばかりなので、素早く回収することが最大のポイントになります。

穴釣りの方法はシンプルなので、あとはたくさんの穴を見つけて感覚的に楽しむことをおすすめします。たくさんの穴を回っていくと釣れる場所、釣れない場所がだんだんと見分けられるようになってくるので、更に穴釣りが楽しくなります。

餌や釣り方を変えてブラクリ釣りを楽しもう!

様々な種類のブラクリ仕掛けを使うと初心者でも簡単に投げ釣りや穴釣りが楽しめます。釣り方も簡単でブラクリの使い方も分かりやすいので、エサや釣り方を変えながら自分に合った釣り方を見つけるのも楽しいです。親子でカップルで気楽に海に出かけてブラクリ仕掛けで釣りを楽しんでみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
コージー65

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ