タンクブロメリアを育てるコツは?初心者にも分かる育て方を詳しく解説!

最近、その独特の形状から愛好家が増えてきているというタンクブロメリアという植物があります。葉と葉の間に水をためることができよう、少し変わった形状をしているのが特徴です。そんなタンクブロメリアの育て方や手入れ方法、増やし方、手に入れやすい種類などをご紹介します。

タンクブロメリアを育てるコツは?初心者にも分かる育て方を詳しく解説!のイメージ

目次

  1. 1タンクブロメリアってどんな植物?
  2. 2タンクブロメリアの育て方
  3. 3タンクブロメリアのお手入れ
  4. 4タンクブロメリアの増やし方
  5. 5タンクブロメリアの種類
  6. 6おしゃれなタンクブロメリアを育てよう

タンクブロメリアってどんな植物?

タンクブロメリアとは、葉の構造が筒状になっており、中心部と葉と葉の間に水を貯めることができるタンク状の構造になっている、ブロメリア科(アナナス科)に分類される植物の総称です。

タンクブロメリアは主に、ブロメリア科のチランジア属の一部、エクメア属、ビルベルギア属、ホヘンベルギア属、ネオレゲリア属、ケスネリア属、フリーセア属などが呼ばれており、名前を聞いてピンとこなくても、実物を見たことがある方は多いかと思われます。

タンクブロメリアは樹上や岩場などに着生して自生しており、根から水を吸うよりも、葉に溜まった水から水分と栄養を吸収している割合が多くなっています。

タンクブロメリアには、硬い葉を持つ硬葉系ブロメリアと、柔らかい葉を持つ軟葉系ブロメリアがあります。交配種も数多く作出されており、美しい色や魅力的な形をしたものが出回っています。

1株に1回だけ咲く花はとても美しく、愛好家たちを魅了してきました。ちなみに開花した株は子株を出して代替わりしていきます。

タンクブロメリアの育て方

育て方①用土・植え付け

タンクブロメリアは根の成長がゆっくりなので、植え付け用の鉢は小さめが適しています。大き目の鉢を用意してしまうと、用土の量が多くなり、水の乾くスピードが遅くなるため、根腐れの原因になってしまう場合もあります。

用土は軽石や赤玉土など、水はけの良い土や、乾きやすい多肉植物用の土などを用います。また、用土がなくても育てられますので、根を水苔で巻いて、着生蘭のように流木に括り付けるというおしゃれな育成方法もあります。

同様に吊り下げて飾ることもできますので、いろいろな表情を楽しめます。

育て方①水やり

タンクブロメリアは乾燥に強い種類が多い植物です。少々水やりを忘れても枯れることはありません。水やりは週1回を目安に行えば十分です。その際、タンクの中に水をしっかりと注ぎこむようにしてください。

用土にも水は与えますが、メインはタンクになっている葉と葉の間に水を貯めてやることです。

育て方①肥料

暖かい季節の生育期に暖効性の肥料を与えます。

タンクブロメリアのお手入れ

タンクブロメリアのお手入れ方法を、硬軟別、季節別に解説します。

手入れ①置き場所

硬葉系のタンクブロメリア

硬葉系タンクブロメリアは、直射日光にしっかり当てる必要があります。日照不足は色あせの原因になりますので、注意してください。逆に真夏の強すぎる直射日光は、葉焼けの原因になることがあります。葉焼けの兆候が現れたら遮光し、きれいな葉色の維持を心がけます。

軟葉系のタンクブロメリア

硬葉系タンクブロメリアとは反対に、遮光気味の光に当てるようにします。硬葉系タンクブロメリアの種類に比べると、直射日光に弱いタイプがありますので、葉焼けに注意して管理します。

手入れ②季節ごとの管理

春の管理

最低気温が10℃を超えたら、屋外での管理が可能になります。最初の10日間ほどは半日陰で慣らし、その後、硬葉系は日光に当て、軟葉系は明るい日陰で管理します。水やりは週に1~2回に増やします。

植え替えに一番適しているのは、この時期です。

夏の管理

日差しがきつくなる6月頃からは、葉焼けを起こしますので、直射日光に当てるのは避けたほうが無難です。硬葉系でも20%ほどの遮光をして管理します。

タンクブロメリアは、暑さにはとても強いですが、締め切った部屋などに、長期間置いておくのは避けてください。また、タンク内の水が腐らないように注意してください。

秋の管理

暑さが落ち着いてきたら、硬葉系は、また直射日光に当てて、よく成長させます。軟葉系タンクブロメリアは半日陰、もしくは半分ほど遮光した日光に当てます。秋は急に冷え込むことがありますので、注意が必要です。水やりは週に1~2回のままです。

冬の管理

寒くなってきたら、明るい室内で管理します。霜が降りるような窓際は避け、暖かいところで管理するようにします。この時期はタンクブロメリアの休眠時期です。

用土には水を与えないように、葉に霧吹き等で水を吹きかける程度にします。用土に水を与えないのは、寒さで根がダメにならないようにするためです。

手入れ③植え替え

3年に1度くらいの割合で、一回り大きな鉢に植え替えていくようにします。植え替えずにいると、根詰まりを起こし、成長が悪くなります。

手入れ④病害虫

タンクブロメリアは、置き場所が乾燥しすぎていると、カイガラムシがつく場合があります。ブラシなどで取り除くか、殺虫剤を散布して駆除します。なお、グズマニア・プロメリアは、病害虫の心配がほとんどありません。

タンクブロメリアの増やし方

増やし方①種から増やす

タンクブロメリアは花をつけますので、種ができます。種子は種類によってさまざまですが、ネオレゲリアやエクメアは実をつけますので、果肉をすべて取り除いて中の種を取り出し、ミズゴケのマットなどに植えます。

ミズゴケのマットを常に湿らせておくと、10日~20日ほどで芽が出ます。一年でかなり大きくなりますので、ある程度の大きさになったら、用土に植え替えます。

増やし方②子株で増やす

タンクブロメリアは、一つの株で一回しか花を咲かせません。花が咲き終わったら、株元10cm程度の位置にある花(苞)を切ります。子株が出来やすくするために、葉をつけ根から15cmほど残して全部切り落とします。

子株が成長して15cm程度になったら、親株から切り離します。荒めの土(ピートモス)等に植えると、2ヵ月ほどで根が出てきます。この植え替え時に発根剤を使うとより早く根をつけます。

土は乾かさないように管理します。半年から1年ほどで株が大きくなり、次の花を咲かせてくれます。

タンクブロメリアの種類

種類①ネオレゲリア属

ネオレゲリアはロゼット状の葉が美しいタンクブロメリアの一種です。小型の種が多く、子株も多く出します。壁掛けに仕立てられたものもよく見かけられ、様々な楽しみ方で親しまれています。

普及種のファイヤーボールが比較的有名な品種になります。

種類②グズマニア属

グズマニアは、比較的古くから流通に出ていた軟葉系タンクブロメリアの一種で、開花時の姿がきれいなので人気があります。開花期の夏ごろに園芸店や花屋でよく売られていますので、見たことがある方も多いはずです。

赤やピンク、黄色に染まっている部分は花ではなく、花を包んでいる花苞という部分になります。

品種によってはエアプランツと見分けがつきにくく、エアプランツだと思って育てていて花が咲いてグズマニアだとわかる場合もあるそうです。

グズマニアは葉っぱだけだと、とても地味な植物ですが、葉を楽しみつつ花が咲いた時の美しさを堪能して楽しむ種といえます。

種類③ホヘンベルギア属

出典: https://www.amazon.co.jp/

ホヘンベルギアは、壺のようなずんぐりとした形が特徴的なタンクブロメリアの一種です。タンクブロメリアの中でも希少種で、流通量も少なめです。

ただ非常に強い植物と言われていますので、もしも幸運にも手に入れる機会があったなら、育ててみる価値は十分にあります。

種類④フリーセア属

出典: https://item.rakuten.co.jp/

フリーセアは、インコアナナスとも呼ばれる軟葉系タンクブロメリアです。葉色や、葉に入った模様がきれいなのが特徴です。

エアータイプとタンクタイプに分かれており、また、花を観賞するタイプと葉を観賞するタイプにも分かれています。

種類⑤ビルベルギア属(ツツアナナス属)

ビルベルギアはツツアナナスとも呼ばれているタンクブロメリアの一種です。姿がシュッとした縦長で、同じく縦長のホヘンベルギアとは、また違った美しさがあります。

葉の模様はスポットと呼ばれますが、それがきれいにでるのも、このビルベルギアの特徴です。交配種も多く、ものによっては、非常に高値で取引されています。

種類⑥ラシナエア属

ラシナエアは、標高が高く高湿度の雲霧林に自生しているタンクブロメリアの一種です。管理がしやすいと言われるタンクブロメリアの中では、珍しく、極端に高温や低温が苦手で、管理が難しい品種になります。

しかし、草姿が非常に美しいため、タンクブロメリア好きなら、一度は育ててみたいと言われています。ただし、その管理の難しさから流通量は極端に少なくなっています。

おしゃれなタンクブロメリアを育てよう

タンクブロメリアは、ラシナエア属を除き、全て管理が簡単な植物です。独特の姿形に、管理のしやすさもあり、エアープランツ、多肉植物に次いで、今、人気の出てきている観葉植物になります。

タンクブロメリアは、葉に出る模様や、葉姿、花にいたるまでスタイリッシュなので、部屋に置くとおしゃれに見えるというのも人気の一因になっています。

管理の簡単な種なら、流通にも多数出回っていますので、タンクブロメリアの中でも特に管理の簡単な、硬葉系タンクブロメリアから、育ててみることをおすすめします。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
櫻 樹
神社巡りと刀剣鑑賞、カフェ巡りが好きなアニメ・ゲーム・2.5次元ヲタクです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ