ホローポイント弾とは?体内で大きなダメージを与えられる構造や威力とは!

ホローポイント弾とは、どのようなものなのか紹介していきます。また、ホローポイント弾は、人体などの当たることで体内に大きなダメージを与えることができる銃弾なのですが、ダメージを与えることのできる構造や威力についても解説していきます。

ホローポイント弾とは?体内で大きなダメージを与えられる構造や威力とは!のイメージ

目次

  1. 1ホローポイント弾とは?
  2. 2ホローポイント弾とダムダム弾
  3. 3ホローポイント弾の弾頭の形状と種類
  4. 4ホローポイント弾の威力
  5. 5ホローポイント弾の威力や危険性など知っていただけましたか?

ホローポイント弾とは?

ホローポイント弾とは、どのようものなのか紹介していきます。また、ホローポイント弾は人体に大きなダメージを与えてしまうのですが、その理由やホローポイント弾の構造、ホローポイント弾の種類などについても見ていきます。それでは、まず、ホローポイント弾とは、どのようなものなのか詳しく見ていきましょう。

先端に空洞(ホロー)がある弾丸

ここからは、ホローポイント弾とはどのようなものなのか紹介していきます。ホローポイント弾とは、先端に空洞(ホロー)がある弾丸です。また、この空洞が先端(ポイント)と呼ばれます。なので、先端に空洞がある弾丸のことをホローポイント弾といいます。

そして、ホローポイント弾の先端にある空洞は、細胞組織や血液などの流体に当たることで、展開されながら流体の中を進みます。その後、先端から外側に裂けていく仕組みになっています。

人体などに大きなダメージを与える

ホローポイント弾は、人体などに大きなダメージを与えてしまいます。なぜなら、ホローポイント弾は先ほど触れたように、ホローポイント弾の先端の空洞が流体に命中することで、外側に裂けたり膨張したりします。なので、対象にホローポイント弾が命中することで、とても大きなダメージを与えることができます。

なので、人体にホローポイント弾が当たると内蔵などに大きなダメージを与えます。また、ホローポイント弾は、当たった後に運動エネルギーを使い果たす仕組みになっているので、対象のものの後ろ側に貫通しにくいという特徴があります。

主に狩猟用として使用

ホローポイント弾は、対象のものに大きなダメージを与えることができるので、拳銃によく使われています。また、ホローポイント弾は、主に狩猟用として使われることが多いです。ホローポイント弾を狩猟用として使うことで、対象のものに大きなダメージを与えることができますので、狩猟用のライフル銃にホローポイント弾を使うことで、効果的に猟をすることができます。

ホローポイント弾とダムダム弾

ここからは、ホローポイント弾とダムダム弾について紹介していきます。ホローポイント弾とダムダム弾の違いとは、どのようなものなのでしょうか。また、ここでは、近視されたダムダム弾についても紹介していきます。それでは、ホローポイント弾とダムダム弾の違いと禁止されたダムダム弾について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ホローポイント弾とダムダム弾の違い

それでは、ホローポイント弾とダムダム弾の違いについて紹介していきます。ホローポイント弾は、先端に空洞が空いている銃弾で血液などの流体に当たることによって、大きなダメージを与えることができる銃弾です。また、ホローポイント弾は、対象のものを貫通しないので、二次被害が起こらないことも特徴です、そして、ダムダム弾は銃弾の先端の鉛がむき出しになっている殺傷能力の高い銃弾です。

そして、ダムダム弾は、先端のむき出しになっている鉛が、人体などに当たることでつぶれます。また、ダムダム弾の鉛がつぶれることで、対象は傷口が大きくなります。そして、こちらもホローポイント弾と同じように貫通しにくいく仕組みになっています。鉛には鉛毒があるので、傷口が治りにくいという特徴があります。

禁止されたダムダム弾

次に禁止されたダムダム弾について見ていきます。ダムダム弾は、ダムダム弾禁止宣言やダムダム弾禁止に関するハーグ宣言で禁止されています。これは、ダムダム弾などを対人用として使用することや締約国の間での戦争などの時に使うことを禁止するものです。ただし、相手が締約国以外の国である場合はこの宣言は、適用されません。

また、ダムダム弾と同じようなRIP弾というものがあります。RIP弾は、先端が8つに分かれていて、対象に当たることで先端が炸裂し、大きなダメージを与えることができます。しかし、ダムダム弾は無作為な変形や破片化することによってダメージを与えることができますが、RIP弾は細かく設計された破片化なので、ダムダム弾と違い安定性があります。

ホローポイント弾の弾頭の形状と種類

ここからは、ホローポイント弾の弾頭の形状と種類について紹介していきます。ホローポイント弾の弾頭の形状と種類には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、ジェケッテッド・ホロー・ポイント、セミ・ジェケッテッド・ホロー・ポイント、レッド・ホロー・ポイントの3つのホローポイント弾について紹介していきます。それでは、3つのホローポイント弾について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ホローポイント弾①ジェケッテッド・ホロー・ポイント

1つ目のホローポイント弾について、紹介していきます。1つ目に紹介するホローポイント弾は、ジェケッテッド・ホロー・ポイント(JHP弾)です。ジェケッテッド・ホロー・ポイントは、ホローポイント弾の基本の形です。また、弾頭の先端が体内などに入ると、裂けていくことで大きなダメージを与えることができます。また、ジェケッテッド・ホロー・ポイントの弾頭は先端まで銅のジャケットで包まれています。

ホローポイント弾②セミ・ジェケッテッド・ホロー・ポイント

次に、2つ目のホローポイント弾について紹介していきます。2つ目に紹介するホローポイント弾は、セミ・ジェケッテッド・ホロー・ポイント(SJHP弾)です。セミ・ジェケッテッド・ホロー・ポイントは、ジェケッテッド・ホロー・ポイントと似ている銃弾です。

しかし、弾頭部分に違いがあり、セミ・ジェケッテッド・ホロー・ポイントの弾頭の先端は半分しか銅のジャケットに包まれていません。なので、ジェケッテッド・ホロー・ポイントよりも先端が避けやすい弾頭になっています。

ホローポイント弾③レッド・ホロー・ポイント

最後に、3つ目のホローポイント弾について紹介していきます。3つ目のホローポイント弾は、レッド・ホロー・ポイント(LHP弾)です。レッド・ホロー・ポイントは、鉛がジャケットに覆われていないHP弾です。そして、レッド・ホロー・ポイントは、貫通力が弱く、一番弾頭がさけるスピードが速いことが特徴です。なので、対象を貫通させたくないときに使われます。

ホローポイント弾の威力

ここからは、ホローポイント弾の威力について紹介していきます。ホローポイント弾の威力は、どのくらいあるのでしょうか。ここでは、永久空洞と瞬間空洞について見ていきます。それでは、詳しく見ていきましょう。

永久空洞と瞬間空洞とは?

まずは、永久空洞と瞬間空洞とは、どのようなものなのか紹介していきます。瞬間空洞とは、弾丸が対象に当たり中に入ると、弾丸は弾丸よりも大きな構造物を押しのけながら進むことになります。この時に弾丸が通った後に構造物は、縮むので小さくなることを瞬間空洞といいます。

そして、弾丸が弾丸がよりも大きな構造物を押しのけながら進むときに、弾丸のエネルギーが強く伝わる部分は、弾丸が通った後も縮むことなく、そのまま残ります。これを永久空洞といいます。では、次に、永久空洞を瞬間空洞では、どちらの威力が強力なのか見ていきます。

永久空洞と瞬間空洞どちらの威力が強力?

永久空洞と瞬間空洞は、どちらの威力が強力なのか紹介していきます。永久空洞は、弾が通ったところを完全に破壊しています。また、瞬間空洞は、弾が貫通するところが内蔵などであれば、部分的にダメージがありますが破壊はできません。

なので、永久空洞と瞬間空洞では、永久空洞の方が威力が強力ということになります。そして、ホローポイント弾は、永久空洞が大きく残る弾丸なので、人体へのダメージが大きくなるのです。

ホローポイント弾の威力や危険性など知っていただけましたか?

ホローポイント弾の威力や危険性などについて、解説していきました。ホローポイント弾は、人体に大きなダメージを与えることができる銃弾でき、同じホローポイント弾でも種類によって弾頭の形状が違うので、違った特徴を持っています。そして、ホローポイント弾は、永久空洞という破壊力の強い弾丸なので、とても威力のある銃弾です。

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
m.y321

新着一覧

最近公開されたまとめ