キンメツゲとはどんな植物?特徴や育て方など詳しくご紹介!

キンメツゲと生け垣の関係性をご存知でしょうか。キンメツゲの正しい育て方や特徴、水やりや剪定のやり方などについて掘り下げていきましょう。また、肥料の必要性や落ち葉があるときの管理方法についてもご紹介していきますので、参考にしてみてください。

キンメツゲとはどんな植物?特徴や育て方など詳しくご紹介!のイメージ

目次

  1. 1キンメツゲの基本情報
  2. 2キンメツゲ栽培のポイント
  3. 3キンメツゲの育て方【栽培管理】
  4. 4キンメツゲの育て方【植え付け・植え替え】
  5. 5キンメツゲの育て方【剪定】
  6. 6キンメツゲの育て方【その他】
  7. 7キンメツゲは目隠し用の生け垣におすすめ

キンメツゲの基本情報

出典: https://www.rakuten.co.jp

出典: https://www.rakuten.co.jp/

キンメツゲと呼ばれる植物はモチノキ科の1種で、主に初心者向けの植物として知られています。そのため、初めてガーデニングを始める人は比較的育て方が簡単なキンメツゲを選んでみてはどうでしょうか。

ただし、虫が発生してしまう可能性もありますウノで、管理は怠らないようにしてください。まずは、キンメツゲの特徴や名前の由来について詳しく掘り下げていきます。

キンメツゲの特徴

出典: ttps://www.rakuten.co.jp/

キンメツゲの特徴としては、鮮やかな色合いが挙げられます。花を咲かsることもあるのですが、花が咲く時期は2ヶ月ほどとかなり短い期間となっていますので、キンメツゲは緑を楽しむ植物として人気が高いです。

また、キンメツゲの高さは主に1mほどで少し低めなので、生け垣として使用することも多いでしょう。病気などにも強い特徴がありますので、あまり手間をかけたくないと考えている人にはキンメツゲが特におすすめと言えます。

キンメツゲの由来

キンメツゲと呼ばれるようになったのは、ツゲの部分が小さくて新芽が黄色なことが由来と言われています。そのため、キンメツゲを漢字で書くと金芽ツゲになります。また、ツゲの小ささは葉っぱよりも小さいようです。

その他、キンメツゲの落ち葉は黄色くなることもあります。キンメツゲは手間がかからない植物として知られており、あまり大きくなりすぎないためガーデニングが苦手だと感じている人でも手軽に育てることができるでしょう。

キンメツゲ栽培のポイント

出典: https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

上記では、初心者にはキンメツゲがおすすめだとご紹介しました。そのことから、キンメツゲを育ててみたいと考え始めた人もいるのではないでしょうか。もしも、すでにキンメツゲを栽培しようと思っているのであれば、栽培のポイントを知っておいてください。

下記では、そんなキンメツゲ栽培のポイントについて詳しく掘り下げていきましょう。

おすすめの植栽は生け垣

キンメツゲは、主に生け垣として人気が高い植物です。生け垣とは、植物を植えて作る垣根のことを意味しています。生け柿はとてもしゃれなだけでなく、見る人を癒してくれることでしょう。

また、生け垣は外から家の中を見えなくしてくれる効果があったり、塀の隙間から風が入ってきてしまうのを防ぐこともできます。その他にもキンメツゲは防火の役に立ってくれることから、様々な使い道があるといえるのではないでしょうか。

キンメツゲの育て方【栽培管理】

出典: https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

キンメツゲを育てる際は、正しい育て方を知っておく必要があります。下記では、キンメツゲを育てる際の適切な環境や水やりの頻度、肥料が必要なのかについて詳しく掘り下げていきましょう。

正しい育て方を知ることができれば、元気なキンメツゲを育てることができるはずです。のちにご紹介する増やし方を参考にしつつ、複数のキンメツゲを育ててみてはどうでしょうか。

育て方①環境

キンメツゲを育てる際には、日当たりに注意してください。キンメツゲを元気に育てたいと考えているのであれば、日当たりの良い場所に植えるようにしてください。日当たりが良い場所に植えるとキンメツゲは鮮やかな色になり、少し薄いカラーになるでしょう。

逆に暗い場所で育ててしまうとキンメツゲの色が濃くなってしまいます。キンメツゲは鮮やかな特徴がありますので、できるだけ日の当たる場所に移動させましょう。

しかし、あまり日が当たらない場所でもしっかりと育ってくれますので、あまり過敏になる必要はありません。

育て方②水やり

キンメツゲに水やりを行う際は、あまり水を与える必要はありません。庭に植えて置く場合は雨だけでも十分といえるでしょう。ただし、夏の日照りが続く日がある場合は水やりを行わないと、キンメツゲが弱ってしまう可能性があるので注意してください。

育て方③肥料

肥料を与える際は2月を目安に、キンメツゲの周囲に穴を掘って腐葉土を混ぜ込みましょう。ただし、肥料が根の部分に触れてしまうと肥料焼けを起こしてしまいますので、根がない部分に肥料を与えるようにしてください。

肥料は必ずしも必要なものではないため、枯れることを心配するのであれば肥料を与えないのがおすすめです。

キンメツゲの育て方【植え付け・植え替え】

出典: https://8719net.jp/

キンメツゲの植え付けを行う際は、どのような注意点があるのでしょうか。植物によって植え付けや植え替えの方法が異なりますので、これまでにガーデニングを行ったことがある人もキンメツゲの育て方を知っておいてください。

初めに正しい育て方を知ってくことで、失敗してしまうことがありません。下記ではそんなキンメツゲの植え付けや植え替えについて詳しく掘り下げていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

育て方④植え付け

キンメツゲの植え付けを行う際は、アルカリ土壌を使用するようにしましょう。植え付けを行う前の2週間ほど前に中和させておくことで、キンメツゲを植えることができます。ただし、他の植物のようにしっかりと中和させる必要はありません。

水はけの悪い土ではキンメツゲは育ちませんので、水はけの良い土を選ぶようにしましょう。適当に土を選んでしまうと育ちが悪いと感じてしまうこともありますので、その場合はどの土を混ぜれば良いのか専門家に相談するのがおすすめです。

育て方⑤植え替え

キンメツゲの植え替えを行う際は、4月から6月の間に行うようにしましょう。また、秋であれば9月頃が適切と言えます。おすすめなのは過ごしやすい時期なのですが、極端な乾燥に晒さえしなければどの季節にでも植え替えを行うことができます。

植え替えを行う際は水分量に注意し、乾燥させないようにしてください。

キンメツゲの育て方【剪定】

キンメツゲを育てていると、育ちすぎて邪魔になってしまうこともあります。そんな時には、キンメツゲを剪定する必要があります。もしも、すでに放置してしまっているキンメツゲがあるのであれば、剪定を行うようにしてみてください。

下記では剪定の方法やコツについて掘り下げていきますので、剪定を行う際の参考にしてみましょう。

育て方⑥剪定方法

剪定方法についてですが、キンメツゲは夏に剪定を行ってしまうと葉焼けを起こしてしまうので注意してください。夏以外の季節であれば剪定を行うことができます。剪定を行う際は、根元部分からしっかりと落としましょう。

また、途中部分から剪定をすると新芽などが生えてきますので、キンメツゲの印象を変えたい時におすすめです。

新芽は出るが枝が出にくいので注意

キンメツゲは剪定をすることで新芽が出てくるのですが、枝が出にくい特徴があります。そのため、剪定を行う際は借りすぎないように注意してください。少しずつ剪定を行うことによって、刈り込みすぎを防ぐことができるでしょう。

すでに剪定をしてしまった場合は、枝が出てくるまで待つしかありません。しかし、かなり時間がかかってしまいますので、枝が出てくるまで根気よく待つ必要があるでしょう。

キンメツゲの育て方【その他】

出典: https://www.mizuta.xyz/

とても育てやすいキンメツゲですが、気を付けなければならない点がいくつかあります。下記では、キンメツゲを育てる際の注意点について詳しく掘り下げていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

育て方⑦病害虫

植物には虫が湧いてしまうことがあります。キンメツゲにもハマキムシやハダニなどが湧いてしまうでしょう。虫はそのまま放置しているとキンメツゲをむしばんでいってしまいますので、虫を見つけた際は必ず対処を行うようにしてください。

ハダニの場合は葉に水をかけておくだけで予防になります。ハマキムシの場合は薬を使って駆除してください。すぐに増えてしまいますので、枯れてしまう前に対処を行いましょう。

育て方⑧落葉

キンメツゲは季節によっては落葉してしまうことがあります。しかし、落ち葉が出てしまってもすべての葉が落ちてしまうことはないので心配しないでください。あまりにも多くの葉が落ちてしまうのであれば、何か問題が起きていることになります。

水が足りないと落ち葉が出てしまいますので、水不足になっていないか確認してみましょう。

キンメツゲは目隠し用の生け垣におすすめ

初心者でも比較的簡単に育てることができるキンメツゲは、目隠し用の生け垣に最適です。塀があっても隙間から家の中が見えてしまいますので、キンメツゲを使用してみてはどうでしょうか。また、キンメツゲは他の使い方をすることもできます。

もちろん、庭をおしゃれなグリーンカラーに彩ってくれますので、キンメツゲを育てる場合は複数本育てるのがおすすめです。キンメツゲは風よけや防火の機能を果たしてくれることもあるでしょう。

まだキンメツゲを育てていない人は、この機会に育ててみてはどうでしょうか。

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ