人気のアウトドアウェア・インサレーションとは?性能や選び方をご紹介!

アウトドアウェアで人気のインサレーションは、レイヤリングの中間着として保温のために着用するものです。ダウンや化繊など素材も年々進化し、様々な機能を持ったものが登場しています。温かいインサレーションで、寒い季節も快適に楽しみましょう。

人気のアウトドアウェア・インサレーションとは?性能や選び方をご紹介!のイメージ

目次

  1. 1アウトドアウェア・インサレーションの基礎知識
  2. 2インサレーションの選び方のポイント
  3. 3おすすめのインサレーション【化繊】
  4. 4おすすめのインサレーション【ダウン】
  5. 5おすすめのインサレーション【キッズ】
  6. 6インサレーションを着て冬のアウトドアも快適に!

アウトドアウェア・インサレーションの基礎知識

登山は、様々な気候条件に合わせて服装を調節することが必要です。レイヤリングと呼ばれる重ね着をすることで、快適な体温に保つことができます。レイヤリングのミッドレイヤーして活躍するのが、インサレーションです。

保温性重視のダウンや、濡れても使える化繊、通気性のあるものなど様々な機能を持つインサレーションの中から、自分の使用状況に合ったものを選ぶことが大切です。

インサレーションとは?

出典: https://www.patagonia.jp

登山で使用する「インサレーション」とは、「中綿が入った防寒着」のことです。中綿が保持する暖かい空気の層によって、冷たい外気を遮断し保温効果を発揮します。

インサレーションは、ベースレイヤー、アウターと組み合わせて使うことが基本になり、ミッドレイヤーとして保温のために着用します。場面によっては体温調節のため着たり脱いだりするので、重量や収納性も選ぶ時の重要なポイントになります。

インサレーションの基本は保温のための中間着ですが、防水性が高い生地を表面に使ってアウターとして使える多機能なモデルも登場しています。

インサレーションの素材・種類

インサレーションの素材は、大きく分けてダウンと化学繊維のものがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。ダウンは、軽くて耐久性があり、コンパクトに収納できるのがメリットです。濡れると乾きにくく、保温性が損なわれるので、汗をかく行動中の着用や、雨で濡れる可能性がある場面には不向きです。

化学繊維はダウンに比べると保温性が低く、収納性もよくありませんが、濡れても保温性を保つことができ、乾きも速いので、厳冬期の行動中や、雨で濡れてしまうような場面でも使用することができるのが大きなメリットです。最近では化学繊維のインサレーションも性能が格段にアップし、保温性や収納性もダウンに並ぶものが登場しています。

インサレーションの性能

インサレーションの性能は、「フィルパワー(FP)」と呼ばれる数値で表されています。これはインサレーションを圧縮した後の、ボリュームの復元力を測ったものです。

復元力が高いほど、同じ量の中綿で多くの空気を含むことができるため、高機能なインサレーションと言えます。同じフィルパワー持っている製品であれば、中綿の重量が多い方がより保温力が高いインサレーションということになります。

Thumbアークテリクスの人気ジャケット10選|冬までに絶対ほしいおすすめ商品をご紹介!
冬の登山で必要になってくるのがジャケットですが、ジャケットの中でも人気のあるメーカーであるア...

インサレーションの選び方のポイント

選び方ポイント①行動レベル・気温に応じたものを選ぶ

68886522 488414108553399 4841164055374419920 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
akimama_outdoor

登山の服装の基本はレイヤリングと呼ばれる重ね着です。インサレーションはミッドレイヤーと呼ばれ、ベースレイヤーとアウターの間に着用し保温層の役割を果たします。

通常ハイクアップ中にインサレーションを着たままだと汗をかいてしまうため、基本的にインサレーションは休憩時に着用します。行動中でも強風・低温時、平坦な稜線歩きなど行動量が少ない時は保温のためインサレーションを着用する場面もあります。

気温が高い時期は、休憩中の使用がメインになるため小さく軽いダウンのインサレーションを選ぶ場合が多いですが、厳冬期の行動中など、汗や雪で濡れることが致命的な場面では、化繊のインサレーションの方が安心して使えます。

選び方ポイント②各ブランドによる素材の違いを比較する

インサレーションは、各アウトドアブランドから、さまざまなモデルがラインナップされていますので、それぞれのメーカーの特徴を比較して検討してみてください。

特に化繊のインサレーションは、ブランドがオリジナルの素材を開発したり、ユニークな機能を持つ製品が登場し、シーズンごとに進化しています。

おすすめのインサレーション【化繊】

化繊のインサレーションは、水分に強いのがメリットです。汗をかくような行動中や、雨の日でも保温性が落ちないため状況の変わりやすい野外での活動でも安心して使用できます。

また、洗濯が簡単なのも化繊インサレーションの特徴です。汚れやすいアウトドアウェアでも清潔に保つことができることが、女性に人気がある理由です。

(patagonia)M'S NANO-AIR HOODY

アメリカのアウトドアブランド、patagonia(パタゴニア)のナノエア・フーディは、行動と休憩を繰り返す登山中、継続的に着用することを想定したインサレーションです。

濡れても保温性を保ち、さらに伸縮性も兼ね備えた中綿は、パタゴニアが東レと共同開発した「60グラム・フルレンジ・インサレーション」。

シェルは、軽量ながら悪天候に対応するDWR(耐久性撥水)加工をしたリップストップ・ナイロンで、軽量かつ耐久性のある素材です。

ヘルメットや、ハーネス着用を想定した細かな部分の作り込みがパタゴニアらしい、テクニカルなデザインのナノエア・フーディー。フリースのような通気性・保温性に、伸縮性を兼ね備えた理想的なインサレーションです。
 

(ARC'TERYX)ATOM LT HOODY アトム

始祖鳥のロゴマークで有名な、カナダのアウトドアメーカー、ARC'TERYX(アークテリクス)の、アトムシリーズは、保温性と機能別にAR(オールラウンド)、LT(ライトウェイト)、SL(スーパーライト)の3タイプで構成されています。中でもインサレーションとして使いやすいのはLT。

透湿性に優れた「Coreloft(コアロフト)」というオリジナルの中綿にプラスし、サイドパネルには「Polartec(ポーラーテック)」のストレッチ素材を使用して、ベンチレーション機能と動きやすさを兼ね備えたインサレーションになっています。

70371464 460002344867604 8087604232689906359 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hunkydorynagoya

表地は耐久撥水加工のタフタ素材で、耐久性、防水・防風性にも優れているため、インサレーションとしてだけではなく、アウターとしての使用も可能です。

公式サイトで「アークテリクスの本社スタッフ全員が持っている」と言われているこのアイテム。特に女性スタッフのほとんどが、2着所有しているというほど人気のインサレーションです。

おすすめのインサレーション【ダウン】

中綿がダウンのインサレーションを使用するのは、休憩中や待機中など身体を動かしていない場面がほとんどです。そのためダウン入りのインサレーションに求められる基本条件は保温性の高さと携帯性です。

ダウンのインサレーションを選ぶ場合は、フィルパワーの数値をチェックしましょう。高いフィルパワーのものほど、軽量でボリュームがあり、保温性があるということになります。基本的にはフィルパワーの高さに比例して価格も高くなっていきます。

(Black Diamond) Hot Forge Hybrid Hoody

クライマーのためのアメリカのブランド、Black Diamond(ブラックダイヤモンド)のホット・フォージ ハイブリッド・ジャケットは、部分により2種類のプリマロフトを使い分けることにより、様々な気象条件に対応可能な機能を持たせたインサレーションです。

ボディのコア部分は、ダウン、フェザーとプリマロフトを、7:3の割合でブレンドした「ゴールドインサレーションダウンブレンド」のプリマロフトを使用。肩・袖・フードには、ゴールドインサレーションを使用し、通気性と濡れへの強さと保温性を共存させています。

動きやすさを考えた細身のシルエットとフード、ポケットの配置などは、まさにクライマーのためのブランドらしい仕上がりのインサレーションになっています。

(Arc'Teryx)メンズ Cerium LT

アークテリクスの「セリウムライト」は、部分によりダウンと化繊を使い分け、軽さと温かさに透湿性を実現したハイブリッドなインサレーションです。

厚みと弾力性に優れた「プレミアム850フィルパワーダウン」で、軽量かつ圧倒的な温かさを確保しながら、汗抜けが必要な部分には透湿性に優れた「コアロフト」を使用。

立体的なパターンで動きやすく、無駄を排除したスタイリッシュなデザインと、機能性を兼ね備えた、アークテリクスの製品の中でも完成度の高いインサレーションです。

おすすめのインサレーション【キッズ】

(patagonia)ベビー・ナノ・パフ・ジャケット

出典: https://www.patagonia.jp

ラインナップが充実していて人気の高いパタゴニアのキッズ用インサレーションでは、「ベビー・ナノパフ・ジャケット」がおすすめです。

ベビー・ナノパフ・ジャケットは、大人用の製品と同じ性能を持たせながら、未来を担う子供達のために、環境に配慮した製品を作り続けるパタゴニアらしいインサレーションです。

中綿に使用されている「プリマロフト・ゴールド・インサレーション・エコ」には、消費者から回収されたリサイクル・ポリエステルが55%使用されています。

すぐにサイズアウトしてしまうキッズウェアでも、履歴が残せるIDラベルで、おさがりの推奨しているところが、パタゴニアらしいアイデア満載のインサレーションです。

(THE NORTH FAC)キッズ マウンテンインサレーションジャケット

出典: https://wear.jp

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)は、日本でも人気が高いアメリカのアウトドアメーカーです。「キッズ・マウンテン・インサレーション・ジャケット」は、あらゆる気象条件でも対応可能な、キッズ向けとは思えない性能を持つ、インサレーション入りアウターです。

シェルは、高い防水透湿性と耐久性を備えたゴアテックス2レイヤーで、インサレーションはプリマロフト・ブラックを使用。雪の中でたくさん遊んでも、汗や雪でびしょ濡れになることはありません。

ヘルメットを着用できるようフードも大きめに作られていて、スキーやスノーボードのウィンタースポーツにも対応。身長が伸びた時のサイズ調整もでき、コストパフォーマンスの良さも見逃せないインサレーション入りジャケットです。

インサレーションを着て冬のアウトドアも快適に!

72746380 922409534801760 8012367720463276350 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kazefukiko

ひとくちにインサレーションといっても、従来の保温性だけではなく、防水性、耐風性、透湿性や動きやすさなど、アクティビティのバリエーションに合わせて、ブランドごとにデザインや素材、機能など工夫された製品が開発されています。

自分の使用目的や季節に合わせて、いくつかのインサレーションを使い分ければ、快適性もアップします。たくさんの種類のインサレーションの中から、あなたのお気に入りを見つけましょう。

その他の登山関連記事はこちらから

Thumb登山テントおすすめランキング12選!人気の山岳テントをご紹介!
山岳での使用を考えて設計された登山テントは、キャンプ用のテントとは異なるさまざまな特徴を持っ...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
noccoshi design.

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ