ロードバイクの正しいフォームとは?基本からプロのフォームまで徹底紹介!

ロードバイクに乗るときに正しいフォームがあることをご存知でしょうか。正しいフォームでロードバイクに乗ることで、快適に走ることができます。そこで、ロードバイクの基本のフォームや正しいフォームのポイントなどを紹介していきます。

ロードバイクの正しいフォームとは?基本からプロのフォームまで徹底紹介!のイメージ

目次

  1. 1ロードバイクの基本フォームとは
  2. 2ロードバイクの正しいフォームのポイント
  3. 3ロードバイクのフォームの種類
  4. 4ロードバイクのフォームの注意点
  5. 5最適なフォームで走りを楽しみましょう

ロードバイクの基本フォームとは

ロードバイクの基本のフォームは、無理のない前傾姿勢です。よく顎を突きだして走ってしまう人がいますが、これはフォームが崩れてしまう原因になり、体に負担がかかってしまいます。

多少、背中が丸まってしまってもいいので、ロードバイクに乗ったときに体が楽な乗り方が基本的なフォームとなります。正確に言うと顎をひいた状態で前傾姿勢をとり、ハンドルを握る腕は軽く曲がった状態が好ましいとされています。

ロードバイクの正しいフォームのポイント

ロードバイクの正しいフォームは体に無理のない姿勢ですが、正しいフォームでロードバイクに乗るためのポイントがあります。

手の位置や座る位置、姿勢などそれぞれに正しいポイントがあるので、どのようなフォームがベストなのか詳しく見ていきましょう。

フォームのポイント①サドルに座る位置

ロードバイクに乗ってサドルに座るときの位置にも正しいフォームがあります。ロードバイクで力強く前に進もうとすると前のめりになってしまい、サドルの先の方に座ってしまうということがよくあります。

しかし、このようにサドルの先の方に座ってしまうと膝の負担が大きくなってしまったり、本来使うべき筋肉を使うことができなくなってしまい体へ負担がかかってしまいます。

サドルに座ると時の正しい位置はサドルの後ろ側となっており、サドルの後ろに座ることによって足の後ろのハムストリングスなどの筋肉を使うことができ、ペダリングをスムーズに行うことができます。

簡単なサドルの高さの合わせ方

サドルの正しい位置に座るためにも、サドルの高さ合わせが重要になります。サドルの高さの合わせ方はサドルにまたがったときに、片足のつま先が地面に届くか届かないかの位置に合わせます。

地面に足がしっかりとついてしまう高さにサドルを合わせてしまうと、腰や膝を痛めてしまう原因になるため注意しましょう。

フォームのポイント②ハンドルの持ち方

ロードバイクに乗るときの正しいハンドルの持ち方は、ブラケットの外側から手をそえるようにします。

ハンドルは体重を支える場所ではなく進行方向を操縦するための場所ですので、ハンドルを握るというのは間違いで持つイメージロードバイクに乗りましょう。また、前へならえの状態のままハンドルを持つと正しいフォームになります。

手指の位置

ハンドルを持つ時の正しい手指の位置は、指先をブレーキレバーに添えを使わないときは真ん中に置きます。

坂などがありブレーキを使わなければいけない場面では、ハンドルの下部分を握りブレーキがかけやすい状態にしておきます。

フォームのポイント③上体の姿勢

上体の姿勢のフォームは無駄な力を入れずリラックスした状態にすることで、体幹が安定した姿勢になり動作がとりやすくなります。

イメージとしてはお腹でボールを抱えるように前かがみになり、そのまま腕をハンドルに置くといったイメージを持ちましょう。こうすることで、自然な姿勢をとることができ肘が少し曲がった状態を保つことができます。

ペダルと足の位置

正しいフォームでロードバイクに乗るときは、足の土踏まずよりも前の部分がペダルに乗るようにします。

そして、ペダルの真ん中に足の親指の付け根にある膨らんでいる部分がくるようにすることで、こいだ力が無駄なくペダルに伝わるようになります。

ロードバイクのフォームの種類

ここからは、ロードバイクに乗るときのフォームの種類のついての紹介です。

ロードバイクに乗るときのフォームには、スプリングフォーム、ヒルクライムフォーム、ダンシングフォーム、ダウンヒルフォーム、プロのフォームの5つあります。ロードバイクに乗るときのそれぞれのフォームの特徴とはどのようなものなのでしょうか。

フォーム①スプリントフォーム

腕でハンドルを引き付けるようなイメージでペダルを漕ぐフォームをスプリントフォームといい、ロードバイクの走りで速さを上げるために使われるフォームです。

このスプリントフォームで間違ったフォームになる人が多くいるのですが、間違ったフォームは足でペダルを踏み下ろし回す方法です。

この方法でペダルを回してしまうと、上半身が上下に動いてしまうため力が逃げてしまいます。

そうならない為にもスプリントフォームではロードバイクを体に引き付けるようにし、自分の足の力を最大限生かすことができるようにしましょう。

フォーム②ヒルクライムフォーム

ヒルクライムでは坂道が多いため、自分の体重を効果的に使うことのできるフォームをとりましょう。

ヒルクライムで坂道を上る場合は重心が後ろになってしまうため、座る位置をサドルの前にし前傾姿勢をとります。

こうすることで、後ろに下がってしまった重心を平坦な道を走るときと同じ重心に変えることができます。

この時、ハンドルに体重がかかってしまわない程度の前傾姿勢にする必要があるため、サドルに座る位置を試しながら一番いい位置を見つけましょう。

フォーム③ダンシングフォーム

ダンシングフォームは自分の体重を利用してペダルを漕ぐフォームのことです。よく加速する時にこのフォームを使う人がいますが、ダンシングフォームは足を使わずにペダルを漕ぎ呼吸を整えることができるため、乳酸が溜まることを防ぎ休むことにも使えます。

ロードレースではアタックの時や急加速を行うときに使われるフォームではありますが、このような使い方をすると体力の消耗が激しくなってしまうため注意が必要です。

フォーム④ダウンヒルフォーム

ダウンヒルフォームはお腹に力をいれ、腰回りのバランスを安定させながら肩の力を抜きます。また、姿勢を低くし後ろに腰を引くことで、視線が下がり路面の状況をしっかりとみることができます。

そして、ハンドルは中指をブラケットレバーの中心に置き、人差し指をそえるように握ります。このようなハンドルの握り方をすることで、正しいフォームをとることができ重心も正しいポジションになります。

フォーム⑤ロードバイクのプロのフォーム

ロードバイクのプロのフォームは、速さや安定性、体への負担を考えたフォームとなっており、ロードバイクの良さを最大限に引き立てるフォームとなっています。

このロードバイクのプロのフォームは、ロードバイクの良さを引き立てる正しいフォームとなっているため、プロでない人でも参考になりいつもの走りに応用することができます。

ただし、プロのフォームというものはその人によって違いがあるため、好きな選手を見つけて研究しながら身に着けていくのがおすすめです。

ロードバイクの正しい姿勢を動画で見る

ロードバイクのフォームの注意点

次に、ロードバイクに乗るときのフォームの注意点です。ロードバイクのフォームの注意点では、ロードバイクに乗るときに正しいフォームでなければいけない理由がわかります。それでは、ロードバイクのフォームの注意点について見ていきましょう。

ロードバイクにはさまざまなフォームがあり基本の正しいフォームでロードバイクに乗ることで、体への負担が少なくなるなどのメリットがあります。では、ロードバイクのフォームの注意点とはいったい何なのでしょうか。

注意点①フォームが正しくないとエネルギーロスが増える

フォームが正しくないとエネルギーロスが増えてしまいます。正しいフォームというものはロードバイクで効率的に走るためのフォームですので、このフォームが正しくないとスムーズに走ることができなくなってしまいます。

ロードバイクは足だけで走っているものではないため、全身を使って正しいフォームを保たないとエネルギーが上手く伝わりません。エネルギーが上手く伝わらないとスピードが出せなかったり、体の負担が大きくなってしまうため正しいフォームを意識しましょう。

注意点②フォームが正しくないとかっこ悪い

ロードバイクの正しいフォームはエネルギーロスが少なく、無駄のないフォームとなっています。ですので、ロードバイクに乗るときにフォームが正しくなければ、動きに無駄ができ見た目もかっこ悪くなってしまいます。

特にロードバイクの正しいフォームを知らない初心者は、アップライトポジションで上体が起きた状態になりがちで見た目がかっこ悪く体への負担が大きいです。せっかくロードバイクにのるのであれば、かっこいい見た目の正しいフォームでロードバイクに乗りましょう。

最適なフォームで走りを楽しみましょう

ロードバイクに乗るときは最適なフォームにすることで、かっこよくスムーズに走ることができます。サドルに座る位置やハンドルの持ち方、状態の姿勢などに気を付けることで正しいフォームをとることができます。

ロードバイクに乗るときの姿勢はさまざまな種類がありますが、その乗り方それぞれに正しいフォームがあります。ロードバイクの正しいフォームは体への負担も減らすことができるため、プロや上級者を参考にし正しいフォームを身に付けましょう。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
m.y321

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ