リーガースベゴニア(エラチオールベゴニア)とは?特徴や育て方などご紹介!

リーガースベゴニアは多年草で育てやすい花です。リーガースベゴニアの特徴や育て方をご紹介していきます。日当たりや水やりなど、少しのポイントで花がたくさん付くようになり、綺麗な花を咲かせてくれるようになります。増やし方も合わせてご紹介します。

リーガースベゴニア(エラチオールベゴニア)とは?特徴や育て方などご紹介!のイメージ

目次

  1. 1リーガースベゴニア(エラチオールベゴニア)の基本情報
  2. 2リーガースベゴニアの育て方
  3. 3リーガースベゴニアを種や球根から育てる
  4. 4リーガースベゴニアの増やし方
  5. 5秋から冬にかけての季節のギフトにピッタリ
  6. 6リーガースベゴニアは多年草で育てやすく増やしやすい!

リーガースベゴニア(エラチオールベゴニア)の基本情報

リーガースベゴニアはエラチオールベゴニアの一種です。普通のベゴニアと違ってバラのような花がたくさん付くので、人気があります。リーガースベゴニアの特徴や魅力をご紹介していきます。

リーガースベゴニアとは

リーガースベゴニアはエラチオールベゴニアを品種改良したもので、ベゴニア・ソコトラナと球根ベゴニアを交配した品種になります。花の色は白やピンクや黄色、赤やオレンジなど様々な色合いがあります。多年草で開花の時期が長いのが特徴です。

バラのような大きめの花がたくさん付きますが、花がポロポロと落ちやすいことに悩む方が多くいます。しかし育てやすく、室内鑑賞に向いた花です。

 

リーガースベゴニアの魅力

リーガースベゴニアの魅力はやはり花です。バラのように花びらが幾重にも重なり、しかも花がたくさん咲くので、豪華で華やかな印象があります。ベゴニアよりも花が大きく、花びらも丸みがあるタイプやギザギザがあるものなど様々で、鉢ごとに違う魅力があります。

色の種類も多く、鮮やかな色合いが美しい花です。また季節を問わず花を楽しめることも魅力です。

リーガースベゴニアの育て方

リーガースベゴニアの育て方をご紹介していきます。リーガースベゴニアは花がたくさん咲くのですが、花が咲かない、花が落ちるなどの悩みがある方もいます。長い期間、たくさんの花をつけて欲しい方はぜひ育て方を参考になさってください。

リーガースベゴニア育て方の特徴

短日処理

リーガースベゴニアの育て方で、覚えていただきたいのが短日処理です。短日処理とは、段ボールを被せたり、暗い納戸に入れたりして人工的に日の光を遮り、日照時間を調節することを言います。

植物が花を咲かせる時期は、葉っぱが昼と夜の時間の変化を感じ、特殊なホルモンが出て花を咲かせます。リーガースベゴニアの場合、日の光が減ったことで花を咲かせます。生育期に5日から10日、17時くらいから翌朝7時頃まで、目安としては10時間短日処理を行います。
 

短日処理をすると、花がしっかり咲くようになります。ここで注意が必要で、短日処理をするとわりとすぐに花芽が付くことが多いですが、花芽が付かないからと長期間短日処理をしてしまうのはNGです。やり過ぎると株が休眠してしまいます。

短日処理の後は1か月ほど様子を見て、それでも花芽がつかなければもう一度短日処理を行ってください。リーガースベゴニアの短日処理は期間が短いので、初めての方でもそう苦にはならない作業です。

育て方①水やり・肥料

リーガスベゴニアは毎日水やりをしなくてもいいお花です。表面が乾いたら水をあげるくらいの間隔で、時間帯は午前中がベストです。水をあげすぎると、根が腐ってしまうので、乾いてからしっかりあげるようにします。

また、水やりは花と葉に水がかからないように、根元にあげます。リーガスベゴニアの葉は分厚く、多肉植物のように湿気に弱い性質を持っているためです。口が細いじょうろを使うと安心して水やりが出来るのでおすすめです。

育て方②植え付け・植替え

リーガースベゴニアを種から育てる場合は、4月から5月が植え付けの時期です。球根も同じく4月から5月で、暖かい季節だと失敗が少ないでしょう。

植え替えは、鉢の底から根が見えてきて根詰まりを起こしていたり、水はけが悪くなってきたと感じた際に新しい土や鉢に交換を行います。植え替えの時期は、5月から6月または9月から10月上旬に行うといいでしょう。

育て方③病害虫

リーガースベゴニアを育てていく上で、注意したい病気はウドンコ病と灰色カビ病です。どちらもカビが原因の病気で、ウドンコ病は葉に白いカビが点々と広がり、やがて全体に広がっていき枯れてしまう病気です。

家庭菜園をしたことがある方ならキュウリなどでもよくなる病気です。灰色カビ病は根元などに灰色や黒いカビが生え、溶けて腐っていく病気です。両方とも風通しが良くない、湿気が多いことによってかかりやすいので、環境を整えてあげましょう。

また害虫は、アブラムシが要注意です。葉や茎に大量についてしまう事もよくあり、花や葉の栄養を吸い取るので厄介です。1匹でも繁殖するので、見つけたらこまめにガムテープで取ったり、大量発生したら薬剤の使用がおすすめです。

4月から10月ごろが発生しやすいので、その期間はこまめにチェックを知るのがおすすめです。

育て方④管理場所・日当たり

リーガースベゴニアは秋や冬に店頭に並ぶことが多いですが、1年を通して栽培できます。しかし寒さに弱いという特徴を持っているのに日差しに弱いので、日当たりには注意します。日差しで葉焼けしてしまうほど弱いので、直射日光に当たらないようにします。

冬場はカーテン越しの窓辺などが日当たりとしては最適で、さらに暖房に当たらないところに置きます。暖房の風で花が落ちてしまうので、要注意です。夏場は風通しの良い日陰に置き、冷房に当たらないようにします。

育て方⑤剪定

リーガースベゴニアの育てていると、切り戻しという作業をする必要があります。植物は頂芽に栄養を優先させ、脇芽が育たないので、頂芽を切り落とす作業を切り戻しと言います。3月ごろに芽が伸びすぎて株のバランスが崩れたり花が少なくなってきたときに行います。

主茎を下から3.4節目で切り、切った主茎は切り花として飾りましょう。5月後半から6月前半くらいには花が終わるので、さらに茎の半分ほどの脇芽のある所で切り戻します。次の花に栄養を上げるための作業なので、もったいなくてもバッサリ切ります。

リーガースベゴニアを種や球根から育てる

リーガースベゴニアは種からも球根からも育てることが出来ます。それぞれの育て方をご紹介していきます。

リーガースベゴニアを種から育てる

種の植え付けは4月から5月で、小さめの鉢に赤玉土(小粒)と調整ピートモスを1:1で配合した土を入れ、種をまきます。発芽するまでは底面給水の方がよく、受け皿に水を入れておきます。発芽後は底面給水をやめて、土の上から水をあげます。

本葉が2.3枚出たらビニールポットに1株ずつ移し、2週間ほどして土の栄養が切れたら週一回ほど液体肥料をあげます。ポット内面に沿って根が生えてきたら鉢に植え替えます。

リーガースベゴニアを球根から育てる

球根の植え付けは4月から5月で、15㎝ほどの鉢に鉢底ネットと石を引いて、赤玉土7、腐葉土3の割合の配合土を入れます。球根は深く埋めず、上に2㎝ほど土がかぶるくらいの深さに埋めます。水を上げたら、明るい日陰で育てます。

リーガースベゴニアの増やし方

リーガースベゴニアは花が可愛いので、育てているうちに増やしたくなる方も多くいます。リーガースベゴニアは意外と簡単に増やせるので、同じ色でよければ新しい苗を買わずに増やせます。ぜひチャレンジしてみてください。

リーガースベゴニア増やし方①挿し木

まずは挿し木で増やす方法です。4月から5月、または9月下旬から10月初め頃に、茎の先端から2.3節ある状態で切ります。上から2.3枚の葉だけ残し、あとは取ってしまいます。

プランターや鉢にバーミキュライトという土壌改良用の土を入れて、湿らせてから茎を挿します。日陰で保管し、乾いたら水を上げると1か月ほどで発根します。新しい葉が出て来たり大きくなったらポットや鉢に植え替えて育てていきます。

リーガースベゴニア増やし方②葉挿しで増やす

もう1つの増やし方は葉挿しです。こちらも4月から5月、または9月下旬から10月上旬頃がいい季節で、新しい葉に葉柄が2㎝ほど付いたあたりで切り落とします。湿らせたバーミキュライトに葉柄を挿します。日陰で保管し、乾いたら水をあげます。

こちらも1か月ほどで発根し、成長したら植え替えをしてください。

秋から冬にかけての季節のギフトにピッタリ

リーガースベゴニアは秋から冬に流通します。花がたくさんついて長く楽しめるので、贈り物としても人気があります。リーガスベゴニアの花言葉は、愛の告白、片思い、親切です。気になる異性へのプレゼントにもおすすめです。

親切と言う花言葉があるので、何かしてもらったことへのお礼として渡すのにもおすすめの花です。購入する際は、蕾が多いものを選ぶといいでしょう。

リーガースベゴニアは多年草で育てやすく増やしやすい!

リーガースベゴニアは花が多く、育てやすく増やしやすい多年草の花です。見た目が似ているバラは手がかり育てられない方でも、リーガースベゴニアはバラのようにも見えて自宅の中でも育てられる、魅力的な花です。

花芽がどんどんつくと、可愛くて愛おしさも増すほどの魅力があります。是非お部屋の中に華やかなリーガースベゴニアを置いてみてください。リーガースベゴニアを育てて、花がある生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
あお

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ