まるでマリモのようなテマリソウ(手鞠草)とは?特徴や育て方などご紹介!

阿寒湖に生息する綺麗な球状の植物、マリモ。可愛らしいフォルムで、育ててみたくなりますがマリモは特別天然記念物です。育てることはできません。しかし、マリモに酷似したテマリソウという植物なら育てることができます。今回は、そんなテマリソウの育て方をご紹介します。

まるでマリモのようなテマリソウ(手鞠草)とは?特徴や育て方などご紹介!のイメージ

目次

  1. 1マリモに似ているテマリソウ(手鞠草)の特徴
  2. 2テマリソウの育て方
  3. 3テマリソウの花言葉
  4. 4テマリソウの切り花
  5. 5マリモのようなテマリソウを育ててみよう

マリモに似ているテマリソウ(手鞠草)の特徴

出典: https://item.rakuten.co.jp

以前から切り花として出回っていましたが、テマリソウの苗としての販売は2016年とかなり最近始まりました。春から秋にかけてが開花時期で、寒さにはある程度耐性がありますが高温多湿な気候には全く体制が無く、暖地では夏越しができずに枯れてしまうものが殆どです。

マリモに酷似している緑色の球状の花が咲きます。花が終わると白色に変化し、摘み取り時期も分かりやすいという特徴があります。用途としては、切り花などの鑑賞用です。鮮やかな緑色とユニークな形で心が和みます。

ナデシコのなかま

出典: https://item.rakuten.co.jp

正式には、ビジョナデシコという花の園芸種です。球状のふさふさとした部分は、雄しべ・雌しべ・花びらが変異してあのような形になりました。因みに、ビジョナデシコの見た目は草木染めのような模様をしており、花弁は端がギザギザしています。

見比べてみると、これほど違うのかと驚くほど異なる見た目をしているのです。植物の奥深さを感じることができるのもテマリソウの魅力です。
 

緑のテマリソウ

花の色の中では、かなり珍しい色としても知られるテマリソウ。鮮やかな緑色が印象的な植物です。一般的に、テマリソウは緑色の物が主流となっています。しかし、なかには緑色以外のテマリソウもあるのです。次の見出しでは、緑色以外のテマリソウをご紹介します。

秋色のテマリソウ

14564995 1034471710002774 1413769647475392512 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yuka_dearaqua

こちらのテマリソウは、鮮やかな赤色をしています。木々の紅葉を思わせる鮮やかな赤色ですが、テマリソウも紅葉するという訳ではないのです。テマリソウに赤色の染料を混ぜた水を与え続けることで赤色にしているのです。

本来の緑色も少しだけ残っているのが自然な風合いになっており、美しく仕上がっています。少々疑問なのが、赤色を吸わせて赤くできるのであれば、それ以外の色にもできるのではないかということです。ネットで調べてみると、色を吸わせたテマリソウのカラフルな花束がありました。市販のプリザードリーフ液を使用すれば同じように染められるでしょう。

そうなると、切り花のデザインもかなり多彩にできそうですね。

Thumb人気のアキランサスとは?特徴や育て方など詳しくご紹介!
カラーリーフとして人気のアキランサスは、近年寄せ植え植物として注目を集めています。葉色がとて...

テマリソウの育て方

61904810 164644088001461 742122353250564089 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
house_up_plus

次に、テマリソウの育て方をご紹介します。テマリソウは水やりや気温に少し気を配る必要があるので、その点に特に注目して読んでいただけるとかなり育てやすくなると思います。

水やりや肥料の注意点

まず、テマリソウは乾燥に強く、湿気に弱い性質を持っています。ですので、水は土がしっかり乾いてから与えましょう。植木鉢で育てている場合は、植木鉢の底の受け皿の水は小まめに捨てるようにしてください。水が溜まっていると根腐れの原因になります。

秋に植え、春に開花する間育てる場合、液体肥料を2週間に1回与えるか、植え付け時に元肥料を与えておきます。肥料の量は多すぎると花が咲かない原因になりますので、控えめにしましょう。

管理場所の注意点

70690393 134298807956854 5142184550554502250 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
u_h_chi

管理場所は、水やりよりも気を使うべきです。テマリソウの性質上、九州などの暖地では夏越えができずに枯れてしまうことが多くあります。原因は高温と多湿です。ですので、管理は場所移動を楽に行える鉢植えで育てていると仮定して説明します。

夏以外は、屋内で育てるのが理想の管理場所です。屋内が無理な場合は軒下等の雨ざらしにならない場所に移動しましょう。雨に濡れると花が萎れてしまいます。夏は、古い葉を毟り、切り戻しをして風通しの良い日陰に移動します。

冬の管理は意外と簡単です。テマリソウは寒さに強く、霜に当たっても縮こまりますが枯れはしません。しかし、霜によって根が傷つくと枯れる可能性があるので注意です。また、テマリソウは寒さに当たらなければ開花しないので、室内でも寒い場所で育てるようにしてください。

ステップ①植え付け

71523366 135439167818192 5732837224288374629 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
floristkonoha

庭などの地面に植える場合、テマリソウは半日蔭に植えます。夏は絶対に切り戻しを行い、休息させましょう。また、花が咲いた場合は、花が白色に変色したら咲き終わりの時期です。花茎を切り取りましょう。秋になると、再び新しい芽が出てくるので、秋が終わるまではテマリソウの花を楽しむ事ができます。

注意点としては、土壌の窒素肥料が強い場合は花の球状が崩れて咲いてしまう恐れがありますので、肥料の量にはくれぐれも注意してください。

用土

出典: https://www.amazon.co.jp

用土は、通常の園芸用の花や野菜に使用する培養土に赤玉土を1割混ぜ込んで水はけを良くします。水はけを良くすることで、水気に弱いテマリソウに快適な環境を作ることができます。

庭植えの場合

70230845 1544770748998932 6604678121076924257 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
m.n52775

庭植えの場合は、まず植える場所から考えます。半日蔭の場所が一番理想的です。植える場所を決めたらその場所の土を掘り返し、植え付ける一週間前に石灰を混ぜ、土壌のphを中和しておきます。その後、水はけが悪い場合は、腐葉土を混ぜて植え付けを行いましょう。

腐葉土を混ぜることで土中の通気性が向上し、水はけも良くなります。どの植物にも言えることですが土の通気性が良くなると発育が良くなります。

鉢植の場合

鉢底に網を敷き、鉢の中の土が流出しないようにします。その上に軽石を2~3㎝入れ、その上から用土で軽石を多い、テマリソウの苗を入れて鉢と苗の間を用土で埋めます。この時、鉢を揺らして隙間を見つけ、そこに用土を入れていくと後々用土が少なかったという事態を避けることができます。

隙間がなくなるまでこの工程を繰り返し、隙間が無くなったら最後に水やりを行って鉢植えの方法は完了です。テマリソウの苗は根を少し解しておくと鉢の中に根が広がりやすくなります。

ステップ②花茎をカット

上記でも紹介しましたが、テマリソウは咲き終わりの時期になると色を鮮やかな緑色から茶色がかった白色になります。こうなったら花茎をカットしましょう。花茎をカットしておくと、秋に再び新しく芽が出ていき、再び花が咲きます。

この花は秋まで楽しめるので、咲き終わったら積極的に花茎をカットしておきましょう。

テマリソウの花言葉

次に、テマリソウの花言葉をご紹介します。テマリソウの花言葉は、「純粋な愛と才能」です。ビジョナデシコの花言葉が「純愛や細やかな思い」ということもあって改めて近い種類という事が実感できます。テマリソウには、他にも「無邪気」という花言葉もあるようです。見た目通りの花言葉と言った所でしょうか。

テマリソウの切り花

次に、テマリソウの切り花についてご紹介します。元は切り花として広く流通したテマリソウ。育てるからにはベストな方法で切り花も楽しみたいものです。そこで今回は、テマリソウを切り花にしたときの日持ちと飾り方の2つをご紹介します。

テマリソウの日持ちはどのぐらい?

61904810 164644088001461 742122353250564089 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
house_up_plus

テマリソウの切り花は非常に長く日持ちします。花びらが葉に近いものという事もあって萎れるということもないです。ただし、水気に弱い植物なので水が腐ると直ぐにテマリソウも腐って枯れてしまいます。テマリソウを切り花にした際は、水の交換をまめに行いましょう。

また、水に浸かっている茎に滑りが出てきた場合は、水で洗浄するか滑りのある部分を切り落とし、花瓶の水を新しい物に取り換えましょう。注意点として、テマリソウの茎には、節があります。この節の部分に葉が付いている状態で水に浸けるとその部分から腐ってしまいます。

水に入れる際は、水に浸かる節の部分の葉を根元からしっかり取り除いて切り花にすると長持ちします。

テマリソウの飾り方

テマリソウの飾り方は何も、切り花だけではありません。生け花と一緒に飾ったりすれば、花の色と鮮やかな緑色のコントラストで室内で映えますし、リースにも使用することができます。アイディア次第では、部屋のインテリアとして無限大の可能性を秘めていると言っても過言ではありません。

中には、テマリソウをドライフラワーにする人もいます。ドライフラワーにすると、花の1本1本が細くなり、更にふわふわとした見た目になります。一味違う風合いが楽しめるのです。他にも、色を吸わることで様々な色合いのテマリソウを作る挑戦をしてみても良いかもしれません。

マリモのようなテマリソウを育ててみよう

66182984 390405675162048 1486507049488254949 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hanacarte

今回の記事では、テマリソウの育て方をご紹介しました。あまり見かけない可愛いらしい見た目とインテリアとして様々な活用方法があるテマリソウ。暖地は夏越えが至難の業ですが、少し寒い場所の気候であれば簡単に育てることも可能です。

また、色を吸わせることで、自分の好きな色にできるいった楽しみ方もある他、季節の中で様々な様子を見せていくれる育てていて飽きない植物ともいえるでしょう。自分なりのアイディアと工夫でマリモのようなテマリソウを楽しく育ててみませんか?

その他のガーデニング関連記事はこちらから

Thumb虫除けにぴったりなペニーロイヤルミントとは?特徴や育て方も徹底紹介!
グランドカバーとしても人気のペニーロイヤルミントは、とても生命力の強い植物で虫除けにもぴった...
Thumbデルフィニウムの花言葉!名前の由来やその意味とは?
デルフィニウムというかわいらしくも高貴な花は、様々な色や種類が存在し、色や種類ごとに違う花言...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
kurogane40
常に努力を続けるのがモットーです。 より早く、よりクオリティーの高い記事の執筆に尽力しています。 よろしくお願...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ