ソロストーブの魅力とは?基礎知識やおすすめ商品もたっぷり紹介!

アウトドアやキャンプの人気の盛り上がりと共に、ソロストーブの使用も増えてきました。ソロストーブの魅力を紹介しながら、基本的な使い方や洗い方、構造などについてまとめます。魅力的なソロストーブの知識を身に着けて炭やペレットを使用して実践してみましょう。

ソロストーブの魅力とは?基礎知識やおすすめ商品もたっぷり紹介!のイメージ

目次

  1. 1ソロストーブとは
  2. 2ソロストーブの魅力
  3. 3ソロストーブの使い方
  4. 4ソロストーブの洗い方
  5. 5ソロストーブのラインナップをご紹介
  6. 6ソロストーブおすすめギア
  7. 7ソロストーブギアを揃えて快適にアウトドアを楽しもう!

ソロストーブとは

出典: https://www.amazon.co.jp

SOLO STOVE(ソロストーブ)とは、ウッドバーニングストーブとかネイチャーストーブとも呼ばれる小型のストーブで、小枝さえあれば使えるストーブを作っているメーカーの名前です。

ガスやガソリンを使う必要もなく、焚火の火力と燃焼効率だけで安定した火力が維持できるスグレモノです。使いやすさと手頃なサイズから、ベテランから初心者まで幅広い層の人に人気のアウトドア用品です。

ソロストーブの構造

二重構造の円筒型で、外側には側面下部に、内側には底面と側面上部に通気口が開けられた構造になっています。二次燃焼することで燃料を効率よく燃やして、強い火力を得られる点がソロストーブの特徴です。

未燃焼ガスを燃焼させることからウッドガスストーブとも呼ばれます。使い方をまとめた動画があるので参考にしてみてください。

ソロストーブの魅力

出典: https://www.amazon.co.jp

登山やキャンプ、渓流釣りの楽しみの一つである一杯のコーヒーを簡単に入れることができるのがソロストーブです。

また、自然保護の観点から直火禁止になってきた中で焚き火を簡単に楽しめるのもソロストーブの人気の秘密です。そんなソロストーブの魅力をご紹介します。

ソロストーブの魅力①軽量でサイズが小さい

出典: https://www.amazon.co.jp

ソロストーブの一番の魅力は何といっても軽くてコンパクトに収納ができることでしょう。メーカーやサイズにもよりますが、基本的にステンレス製なので軽いものでは250g前後の軽さしかありません。

ソロ用のものは手のひらサイズに収納ができるので、バックの中でもかさばらず持ち運びも便利です。キャンプ道具の中で意外とかさばってしまい、収納に苦労するのがクッカー関連のアイテムですが、このサイズは非常に助かります。

ソロストーブの魅力②耐久性の高さ

出典: https://www.amazon.co.jp

ソロストーブは丈夫で軽いステンレス製なので、耐久性についても問題なく長く安心して使用することができます。どこにでも持っていけて便利に使えるストーブと言えます。

外壁、内部のファイヤーボックス、ゴトクは溶接でつないでいないため、ワンピース工法と呼ばれるつなぎ目を作らない製法で作られているので、つなぎ目の破損や劣化を防ぐことができる画期的なストーブです。

ソロストーブの魅力③燃焼効率の高さ

出典: https://www.solostove.jp

ソロストーブがコンパクトなサイズなのにパワフルな火力を発揮できる秘密は、特許取得の独自の2次燃焼式構造によります。

底面の通気口から取り込まれた空気が一次燃焼を起こし、そこで暖められた空気が二重壁の間を上昇して二次燃焼を起こすという極めて燃焼効率の良い構造になっています。

燃焼効率の高さを動画でも確認してみよう

ソロストーブが小枝1本でどれくらい燃えるのかを実際に検証した動画があるので、確認してみてください。特許取得の燃焼効率の高さを実感することができます。

現地で集めたわずかな小枝などで簡単にしかもしっかりと燃えて熱を発する便利なアイテムであることが良くわかります。

ソロストーブの魅力④調理にも焚き火にも使える

出典: https://www.solostove.jp

ソロストーブは、ストーブの基本とも言える湯沸かしが簡単にスムーズに行えます。ゴトク部分が安定しているので、カップだけでなくケトルや鍋を置くことも可能です。

出典: https://www.solostove.jp

強い火力で調理ができるだけでなくソロストーブは赤い炎を見つめるだけで癒される点も重要なポイントです。焚き火の炎を見つめていると癒されるだけでなく親近感が増してコミュニケーションが促されるという研究結果もあります。

ゆっくり揺れる炎をみつめながら自分との対話を楽しむもよし、仲間との絆を深めるのもよしのグッドアイテムです。直火禁止のキャンプ場が多い中で、これがあれば簡単に安全に焚き火を楽しめます。

ソロストーブの使い方

出典: https://www.amazon.co.jp

軽量、コンパクトで使い勝手の良いソロストーブですが、実際の使い方を説明していきます。初めて使う人でも使える簡単さなので、安心してチャレンジしてみてください。

ソロストーブの使い方①小枝や落ち葉を使う場合

出典: https://www.solostove.jp

①燃えやすい乾いた小枝や枯葉を集めます
②できるだけ平らな場所で、通気口をふさがないように設置場所を確保します
③ストーブ本体に内蔵されたゴトクを取り出し、本体に燃料を入れて火を付けます

④本体にゴトクを水平に乗せます
⑤すぐに炎が出て燃焼が始まります。5分ほど燃えると二次燃焼が起こり火力が一層強くなります
たったこれだけの手順で誰でも簡単に使用できます。

ペレットを使う火起こし方法を動画でご紹介

出典: https://www.amazon.co.jp

小枝などではなく、準備したペレットを使って火をおこすことも簡単です。ただし、ソロストーブで使用する場合は、ペレットが下に落ちてしまわないように一工夫する必要があります。

おすすめは流し台の排水溝の上に置くようなごみをキャッチする網を敷いた上にペレットを乗せると下に落とさずに燃焼させることができます。ペレットを使った燃焼テストの動画を参考にしてみてください。

ソロストーブの使い方③炭を使う場合

ソロストーブで炭起こしをする場合も二次燃焼と空気の流れがあるためスムーズに簡単にできます。
①中心部分を開けて周りに炭を囲うように置く
②下部の空気穴をふさがないように中心に可燃物を入れる

これだけの簡単な手順でソロストーブの構造を活用して炭起こしができます。少し時間はかかりますが、扇いだりしなくても自然と空気が流れる構造になっているのでうまく火が付きます。

ソロストーブの洗い方

ソロストーブを使用したまま放置すると当然すぐに劣化して使えなくなります。手入れや掃除を頻繁にすることで道具は長持ちすることを心に留めておきましょう。

洗い方としてはソロストーブ本体は分解できないので、手入れや掃除は目に見える範囲でしかできません。クッカーに付いた煤は新聞紙や雑巾で金属製のたわしなどで拭いたり水洗いしてできるだけ落とします。洗い方の注意点は、金属製のたわしで擦ると傷が付くので要注意です。

ソロストーブのラインナップをご紹介

出典: https://www.amazon.co.jp

ソロストーブは円筒型ウッドストーブであり、二次燃焼によって強い火力が得られる素晴らしいストーブです。ラインナップを紹介していきます。一人用の小さなものからファミリーでも使用できるほどのサイズのものまで様々なラインナップがそろっています。

ソロストーブのラインナップ①ソロストーブ ライト

ソロストーブ・ライトは、ラインナップの中で最もコンパクトな製品です。950mlの水を8~10分で沸騰させることができます。ソロキャンプなど軽量コンパクトな火気器具が必要な人にはおすすめのモデルです。

ライトは軽くて丈夫なステンレス構造です。収納時の高さは約10cm、使用時は約14.5cmで、直径は約10.8cm、重量は約255gの軽量・コンパクトサイズです。

もともとはこのサイズの製品を「ソロストーブ」と呼んでいましたが、ラインナップが増えたことにより名称が「ソロストーブ・ライト」に変更になっています。以前からソロストーブを愛用されている人には、このライトが同じモノになることを知っておいてください。

独自の二次燃焼構造で、そこらの小枝を燃やすだけで火柱が上がります。燃焼効率が良いので、小枝なんかは完全に灰になります。火力調整にはコツがいるので、万人に調理はおすすめしにくいですがお湯を沸かすのはおちゃの子さいさい。現地で燃料を調達する過程も楽しい、焚き火に目覚めるストーブです。

ソロストーブのラインナップ②ソロストーブ タイタン

ソロストーブ・タイタンは、ラインナップの中で2番目にコンパクトなモデルになります。950mlの水を4~6分で沸騰させることができます。飯盒なら丸形を一つ、フライパンなら直径20cmまでが使い勝手の良いサイズと言えます。

タイタンは軽くて丈夫なステンレス構造です。収納時の高さは約14cm、使用時は約20cmで、直径は約13cm、重量は約468gの軽量・コンパクトサイズです。

出典: https://www.amazon.co.jp

この製品は元のソロストーブの大型版になります。「バックパッカーマガジン」誌や「ディスカバリーチャンネル」のマット・グラハム氏のようなプロのサバイバリストが推薦する木材燃焼型バックパック用ストーブと言われます。

キャンプには必ず、1800ポットに入れてセットで持って行きます。高いけど、本家はいいもので、満足出来ます。テンション上がりまくります。調理も楽しくなりますよ。2年間かなりハードに使用して、ニクロム線の付け根が二本外れて補修してます。壊れたら、間違いなくリピートします。躊躇している方おられたら、激安品ではなくこちらを間違いなくお薦めいたします!

ソロストーブのラインナップ③ソロストーブ キャンプファイヤー

ソロストーブ・キャンプファイヤーは、割りと大型なタイプのアイテムになります。大きくて火力の強い火を作れるので、ファミリーキャンプでの使用におすすめのサイズです。約950mlの水を2~4分で沸騰させることができます。

キャンプファイヤーは軽くて丈夫なステンレス構造です。収納時の高さは約17cm、使用時は約23.5cmで、直径は約17.8cm、重量は約998gと少し大きめとなります。

出典: https://www.amazon.co.jp

このサイズになっても燃焼効率が高い2重壁の特許技術は有効で、ガスを使わずに小枝などの自然素材でも簡単に燃焼させることができます。燃焼効率が良いため木材なども最後まで燃えきるので熱も有効に利用できて片付けも簡単に済みます。

火力はとても強いですよ、細い枝なんかだとすぐに灰になります。下に灰が溜まってくるので2次燃焼させながらの焚き火は5~6時間が限界です。いつも午後にキャンプ場に入ってこれでお湯をわかしたり焚き火を楽しんで晩飯作る前に一回灰を出します、あとは深夜まで焚き火できます。造りは頑丈でまず壊れそうにないのでずっと愛用できそうです。

ソロストーブのラインナップ④ソロストーブ ボンファイヤー

ソロストーブ・ボンファイヤーは、シリーズ最大のサイズのモデルになります。フライパンや鍋を乗せるゴトクが省略されているほどのサイズです。トライポッドを利用して料理をするか、焚き火台として使うかのどちらかになることが多いアイテムです。

ボンファイヤーは、高品質なステンレスを使用して作られた直径約50cmのユニークなデザインの焚き火台と言えます。高さは約35.6cm、重量は約9.1kgになります。

出典: https://www.amazon.co.jp

調理用というよりもほぼ焚き火台と言えるビックサイズになります。直火で火が使えない場所が多い近年では、このアイテムさえあればどこへでも持って行って焚き火を楽しむことができます。

グループでのキャンプや釣り、アウトドアには最適な強力おすすめアイテムと言えます。

まず一番いいのはとにかく楽なことです。設置は置くだけ、撤収は袋に入れるだけ(完全消火した灰はそのまま)そして風が吹いても灰が飛び散らないので周りの道具が汚れないです。注意点としては薪が燃えてるのが直接見にくい。ですが炎がとてもきれい!2次燃焼をすることによって今までにない揺らぎのある炎ですよ!もちろん火力も申し分なしでこのストーブの特徴でもある煙の少なさもいいですね~

ソロストーブのラインナップ⑤ソロストーブ レンジャー

ソロストーブと言えば軽量コンパクトな「CAMP STOVES」シリーズが有名ですが、焚き火台サイズの「FIRE PIT」シリーズも人気が高まっています。そのファイヤーピットシリーズで存在感を放っているのが、上で紹介したボンファイヤーです。

そのボンファイヤーが小型化されたのがレンジャーになります。今年の春から正規輸入が開始されました。

直径が約38cmという日本で使用するのにちょうど良いサイズ感で話題になりました。ユニフレーム「ファイアグリル」は一辺が43cm、スノーピーク「焚火台M」が一辺35cmなので、まさにその中間に位置する程よいサイズと言えます。

レンジャーの材質はステンレス(SUS304)で、直径約38cm、重量約6.8kgとなります。レンジャーキットは、レンジャー本体と専用スタンド付きとなっています。

煙も少なく五徳を置いて湯を沸かしたり、プレートを置いて焼肉、焼きそばなど調理もできて楽しめます。収納はかさばりますが、持ち運びに便利な丈夫なバックが付いていますので、五徳やプレートなどなんやかんや入れて持って行けて便利です。これからのシーズン周りまで暖かくなりキャンプに無くてはならないアイテムです。薪はほとんど完全燃焼で灰にまでなるので、片づけも簡単です。大満足です。

ソロストーブおすすめギア

ソロストーブは小型・軽量で持ち運びも簡単なので、ソロキャンプやトレッキングなどの過酷な自然条件の中で使用されることが多いアイテムになります。

雨風からソロストーブをも守り性能を遺憾なく発揮できるように様ざまなオプションパーツがあります。そんなおすすめのギアを紹介します。

ソロストーブおすすめギア①ソロストーブ ウインドスクリーン

このウインドウスクリーンは、強風時にソロストーブの燃焼を安定させるための風よけになります。風の影響を減らしてソロストーブの力を最大限に引き出す機能的な風除けと言えます。

下部には通気口があるので、ソロストーブの燃焼を妨げることがないよう配慮されています。両サイドのペグで地面に固定できるようになっている点もおすすめポイントです。

材質は陽極酸化アルミ製で、重量も210gと軽量で持ち運びも簡単です。サイズは高さ24cm、幅は67cmですが、折り畳めば幅は8.9cmとコンパクトになるので場所を取らず便利です。

本体はしっかり出来ており、さらに開口部の針金で地面に固定出来るので、風防として大変有用かつ使いやすいです。

ソロストーブおすすめギア②ソロストーブ ポット900

このポットは、ソロストーブ・ライトがぴったりと収納できるサイズで設計されています。シンプルな形状で飽きが来ず、湯沸かしから調理、炊飯まで何でも便利に使える最強アイテムと言えます。

サイズは、径11.9×高さ11.5cm、容量は900mlで、重量も約220gという軽さです。ステンレス製で耐久性も良い便利なグッズになります。

出典: https://www.amazon.co.jp

ソロストーブとのセットで使用する人が多く、ベストマッチなサイズが人気のおすすめアイテムです。カップ麺のお湯もすぐに沸かせて、ソロキャンプの必須アイテムという人も多いようです。

底が滑るというレビューがあったので、購入を迷っていたのですが、買って良かったです。一度使用して煤が付くと、滑るという事はありませんでした。極端に傾けたら落ちるでしょうけれど。ハンドルの動きは適度な固さでブラブラする事がありません。 蓋のツマミや目盛りも非常に便利です。 全体の質感も含めてとても気に入っています。

ソロストーブおすすめギア③ソロストーブ 3ポットセット

こちらのアイテムは3つの鍋が1つに収納できるという優れものです。ハンドルにポットグリッパーを採用することによって、鍋と取っ手が外せるのでコンパクトなオールインワンを実現しています。

鍋つかみが付属しており調理中の熱い鍋の取り扱いも問題ありません。鍋の他にも食器やフライパン、ボールなどに使えて、コンパクトな荷物で豊富な用途が考えられるのでソロストーブとこのセットがあれば最強でしょう。

出典: https://www.amazon.co.jp

鍋の底面はソロストーブ・タイタンのゴトクに合わせて加工されているので、使用時の安定感が抜群です。ソロキャンプでの使用はもちろんですが、2~4人でのファミリーキャンプでも対応できるポテンシャルを備えています。

直火や炭火、熱に強い設計で、変形に対する強度に優れたSUS304ステンレス鍋を採用しています。各社シングルバーナーやツーバーナーでも広く使用することができる使い勝手の良いおすすめアイテムです。

ステンレスで丈夫なのでガシガシ使え3セットの割には軽量です。また取手などがついていないためこびり付いた煤も洗いやすかった。炊飯も焦がすことなく美味しく炊けます。

ソロストーブギアを揃えて快適にアウトドアを楽しもう!

独自の特許技術によって効率的な燃焼を実現したソロストーブは、軽量・コンパクトながら非常に便利に活躍してくれるアウトドアの必需品になってきました。

ストーブ本体だけでなく、関連する便利なギアを揃えて、一人でもファミリーでも充実したアウトドアをもっと楽しみましょう!

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
コージー65

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ