東京観光におすすめの穴場スポットはどこ?絶対ハズさない13選!

多くの観光客で賑わう東京ですが、スカイツリーや東京タワーなど皆さんが知っている観光スポットよりもマニアックな穴場スポットがたくさんあります。ここでは、東京観光におすすめのマニアックな穴場スポットをご紹介するのでぜひ東京観光の参考にしてください!

東京観光におすすめの穴場スポットはどこ?絶対ハズさない13選!のイメージ

目次

  1. 1東京にある穴場な観光・デートスポット
  2. 2東京の穴場観光スポット【家族で楽しめる】
  3. 3東京の穴場観光スポット【デートで楽しめる】
  4. 4東京の穴場観光スポット【雨天でも楽しめる】
  5. 5東京の穴場観光スポット【友達と楽しめる】
  6. 6東京の穴場観光スポット【インスタ映え】
  7. 7マニアックな場所が好きな方におすすめ
  8. 8穴場スポットを知って東京観光をさらに楽しもう!

東京にある穴場な観光・デートスポット

東京のマイナーな穴場スポットとは?

皆さんは東京観光と聞くと、東京スカイツリーなどの有名な観光地を思い浮かべる方が多いと思います。東京には魅力的な観光スポットもたくさんありますが、実はあまり知られていないマニアックな穴場スポットや観光地もたくさんあります。ここでは、東京デートにもおすすめの東京穴場スポットや観光地を13選ご紹介するので、東京観光をもっと盛り上げたい方はぜひ参考にしてください!

東京の穴場観光スポット【家族で楽しめる】

観光スポット①浅草花やしき

東京の観光地と言えば、浅草を思い浮かべる方もいると思います。東京観光の穴場スポットと言われている遊園地が浅草駅の近くにあるのをご存知でしょうか。それが、浅草花やしきです。浅草花やしきは、浅草駅から徒歩3分程の場所にある小さな遊園地です。アトラクションには、ローラーコースターやメリーゴーランド、お化け屋敷などがあり、子供から大人まで楽しめるレジャー施設となっています。若いカップルもたくさんいるので、東京デートにもおすすめの穴場スポットです。中でもおすすめなのが地上60mも上がるスペースショットです。浅草近辺を見渡すこともできるので、浅草を満喫したい方にもおすすめの東京観光の穴場スポットです。

大人のための夜の遊園地「浅草花やしきのルミヤシキ」は、綺麗なイルミネーションの中でアトラクションが楽しめるので、東京デートにはもちろん、女性同士で来ても楽しめます。夜はSNS映えする遊園地に変わり、昼間の花やしきとはまた違った雰囲気を楽しめます。メリーゴーランドは宝石のように輝き、馬車や白馬があなたを幻想的な旅へ連れて行ってくれるでしょう。浅草花やしきは、東京にいながら夢溢れる世界に迷い込んだ雰囲気も楽しる東京の穴場スポットです。

【名称】浅草花やしき
【住所】東京都台東区浅草2丁目28-1
【アクセス】浅草駅から徒歩約3分
【電話番号】03-3842-8780(代表)
【営業日】10:00〜18:00 (営業時間は季節・天候により異なります)
【料金】大人(中学生以上〜64歳)1000円・小人(小学生)とシニア(65歳以上)500円・未就学児は無料(のりものは2歳より有料)

観光スポット②東京おもちゃ美術館

おもちゃ好きにはたまらない穴場の東京観光スポットと言えば、東京おもちゃ美術館です。東京おもちゃ美術館は、昔は学校として使われていた建物を改築し、美術館に仕立てられています。訪れるとどこか懐かしい雰囲気が残っています。大人の方でも童心に返ったような気持ちになれるので、お子さんと一緒に訪れるのにもおすすめの東京観光の穴場スポットです。美術館では、0〜2歳、3〜5歳、小学生の親子、大人同士でそれぞれ楽しめるジャンルが分かれているので、自分に合う楽しみ方が選べるのも魅力的です。東京おもちゃ美術館では、昔懐かしいおもちゃが展示されているだけでなく、実際に触れて遊ぶこともできます。ギャラリーショップではお土産やプレゼントにもおすすめなアイテムが勢揃いしています。

東京おもちゃ美術館の3階には、ゲームの部屋や広いスペースがありますり、1階の0〜2歳コーナーには、授乳室やオムツ替えコーナーも設備されているので、赤ちゃんのお世話をしながら楽しめる東京観光におすすめの穴場スポットです。

【名称】東京おもちゃ美術館
【住所】東京都新宿区四谷4-20四谷ひろば内
【アクセス】四谷三丁目駅から徒歩約5分
【電話番号】03-5367-9601
【営業日】10:00~16:00(入館は15:30まで) ※当日のチケットで再入館ができます。
【料金】こども(6ヶ月~小学生)500円(6ヶ月未満は無料)中学生以上800円・シニア(65歳以上)500円

東京の穴場観光スポット【デートで楽しめる】

観光スポット③カレッタ汐留 46階展望スペース 

東京の綺麗な夜景が楽しめ人気の穴場と言えばカレッタ汐留の46階展望です。東京の夜景を一望できる素敵なスペースで、東京観光でも有名なレインボーブリッジやフジテレビなどが覗けます。夜の夜景がとても綺麗に見えるので、ロマンチックな東京デートを楽しみたい方にもおすすめの穴場スポットです。

【名称】カレッタ汐留 46階展望スペース 
【住所】東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留46階
【アクセス】JR・地下鉄銀座線新橋駅より徒歩5分
【電話番号】03-6218-2100
【営業日】年中無休

観光スポット④東京タワー

次にご紹介する東京タワーは穴場の東京観光スポットとして最近また人気が出ている観光名所です。東京タワーは開業してから60年の節目を迎えました。お祝いとして様々なイベントを開催しています。また、夏の風物詩でもある天の川のイルミネーションが楽しめるなど、東京スカイツリーにはない様々なイベントを楽しむことができます。東京タワーからしか見れない絶景も眺めるので、東京の夜景を楽しむなら東京タワーがおすすめです。東京タワーでは、トップデッキツアーも人気で、SNS映えしそうなおしゃれなLED照明の演出が楽しめます。この演出はトップデッキツアーの参加した人だけの特権なので東京タワーに訪れた際は是非、トップデッキツアーに参加してみてください。

【名称】東京タワー
【住所】東京都港区芝公園4-2-8
【アクセス】赤羽橋駅から徒歩7分
【電話番号】03-3433-5121(受付時間9:00~17:00)
【営業日】年中無休
【料金】大人(高校生以上)900円・子供(小学生以上)500円・幼児(4歳以上)400円

観光スポット⑤東京湾クルーズ・レストランシップ ヴァンテアン

ここからは、東京デートにもおすすめの東京湾クルーズをご紹介します。東京湾クルーズは東京ベイエリアを一望できるクルーズで、贅沢にも海の上から東京の大パノラマを眺め景色を楽しむことができます。夜には、東京の綺麗な夜景が楽しめる穴場です。東京でロマンチックなデートを楽しみたいカップルにもおすすめです。東京のレインボーブリッジやお台場なども一望できるので、東京の景色や夜景を満喫できるのが魅力的なおすすめスポットです。

【名称】東京湾クルーズ・レストランシップ ヴァンテアン
【住所】東京都港区海岸1-12-2
【アクセス】JR浜松町駅北口から徒歩7分
【電話番号】03-3436-2121
【営業日】年中無休

東京の穴場観光スポット【雨天でも楽しめる】

観光スポット⑥東京トリックアート迷宮館

東京観光がまさかの雨になってしまっても楽しめるおすすめの穴場のスポットは、東京トリックアート迷宮館です。全国には様々なトリックアート館がありますが、東京トリックアート迷宮館は江戸をテーマにした和風トリックアートと名作が楽しめる館となっています。違った視線からトリックアートが楽しめる仕組みとなっています。館内は、江戸エリア、愉快な忍者とお化けエリア、脳トレコーナーなど様々なエリアがあります。トリックアート館では面白い写真がたくさん撮れるので、東京観光の良い思い出にもなるでしょう。東京トリックアート迷宮館デジャヴュは、テレビ番組や雑誌でも紹介されたことのある、今注目の東京観光穴場ポットにもなっています。

【名称】東京トリックアート迷宮館
【住所】東京都港区お台場1-6-1デックス東京ビーチ シーサイドモール4F 
【アクセス】お台場海浜公園駅下車 徒歩2分
【電話番号】03-5500-6800
【営業日】不定休 11:00~21:00 (最終入館 20:30)
【料金】大人(高校生以上)1,000円・小人(4歳〜中学生)600円・3歳以下無料

観光スポット⑦MEGA WEB

次にご紹介する東京都内の穴場観光スポットは「MEGA WEB(メガウェブ)」です。MEGA WEBは、見て、乗って、感じる、モビリティ体験ができるテーマパークとなっています。ここには、トヨタシティショウケース、ヒストリーガレージ、ライドスタジオのテーマに分けられた3つの施設があります。トヨタシティショウケースでは、トヨタの次世代技術とモビリティを見て触れて体験しながら楽しめます。次世代型のトヨタにいち早く触れ、実際に専用コースで試乗体験もできます。ヒストリーガレージは、トヨタに関する歴史について触れることもできます。展示車だけでなく、ミニカーショップやカフェなども併設されているので休憩しながら観光できるのも魅力的です。

ライドスタジオでは、免許を持たない小さなお子さんでも、楽しく交通ルールを学びながら運転の楽しさを体験できる施設となっています。就学前のお子様も楽しめるミニコースなどもあるので、小さなお子さん連れでの東京観光の際には、ぜひ訪れてみてください。

【名称】MEGA WEB(メガウェブ)
【住所】東京都江東区青海1-3-12
【アクセス】東京テレポート駅より徒歩3分/青海駅 直結
【電話番号】03-3599-0808
【営業日】不定休
【料金】無料

東京の穴場観光スポット【友達と楽しめる】

観光スポット⑧屋形船

ここからは友達と楽しめる東京観光スポットをご紹介します。まず紹介する穴場スポットは屋形船です。一番のおすすめは、品川から出航する東京スカイツリーとお台場周遊コースです。東京の人気観光地でもある浅草のスカイツリーとお台場のフジテレビを周遊するよくばりコースです。昼間なら永代橋の辺りから東京スカイツリーを眺めるのがおすすめです。夜ならイルミネーションが綺麗なお台場が一押しです。次におすすめなコースが、東京スカイツリー周遊コースです。隅田川には14個の橋が掛かっていることをご存知でしょうか。隅田川にかかる14個の橋はそれぞれ造形が異なるので、橋を眺めるだけでも十分楽しめます。東京の夜景を楽しみたい方には、東京の夜景が綺麗に見えるお台場・葛西臨海公園周遊コースがおすすめです。

【名称】株式会社 キャブステーション
【住所】東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル 3階
【アクセス】
【電話番号】03-6880-1477
【営業日】不定休

観光スポット⑨三鷹の森ジブリ美術館

東京観光の穴場スポットと言えば、三鷹の森ジブリ美術館です。吉祥寺通り沿いを歩いているとひっそりと立つジブリ美術館が出現します。看板の前には大きなトトロが受付でお出迎えしてくれます。美術館の中に入ると天井が高く吹き抜けており、光が差し込んできます。まるでジブリの世界に迷い込んだような不思議な空間。よく見ると天井のガラスのドームには、海を泳ぐ黄色いクジラや、ポニョが描かれています。館内に入ったその瞬間から、ジブリの世界へと引き込まれていき、メイが迷い込んだ森の中の様な雰囲気を味わえるでしょう。地下1階には、80人ほどが入れる小さな映画館もあります。ここでしか見ることのできないジブリのオリジナル短編アニメーションが楽しめます。ジブリ好きはもちろん、ジブリを知らないお子さんでも楽しめる穴場の東京観光地です。

2階の部屋には、ネコバスがみなさんをお出迎えしてくれます。実際にネコバスに触れたり登ったり、映画に出てくるワンシーンを再現することも可能です。みんな大好きネコバスに触れるためのスペースなので、公園の遊具感覚で遊べるのが魅力的です。さらに、屋上にはラピュタに登場するロボット兵もいます。木々や草花が生い茂り、ここではラピュタの空間が楽しめるでしょう。東京観光に来た際は、遊び心満載の美術館にもぜひ訪れてください。ジブリ美術館は、日時指定の予約制となっているので、東京観光に行く際は必ず予約を取りましょう。

【名称】三鷹の森ジブリ美術館
【住所】東京都三鷹市下連雀1-1-83
【アクセス】JR三鷹駅南口から玉川上水沿いをゆっくり歩いて約15分
【電話番号】0570-055777(9:00~18:00 休館日は休み)
【営業日】不定休

東京の穴場観光スポット【インスタ映え】

観光スポット⑩迎賓館赤坂離宮

インスタ映えにおすすめの東京観光の穴場スポットは、迎賓館赤坂離宮です。難しい漢字が並ぶ建物名ですが迎賓館赤坂離宮は世界各国の国王、大統領などをお迎えし外交活動の舞台となる場所なのです。日本では唯一のネオ・バロック様式による宮殿建築物です。当時の日本建築家や美術、工芸界の総力を結集して建てられた建物は今でも力強く残っています。館内の写真撮影はできないものの、外での撮影はOKなので、迫力のある迎賓館赤坂離宮を見学しながらインスタ映えになる写真を撮るのもありです。室内には、正面玄関・中央階段、朝日の間、彩鸞の間、羽衣の間、花鳥の間、和風別館などなどあります。

それぞれ見所が満載です。中央階段は、きらびやかな世界への入り口を物語っています。2階に向かう賓客を朝日で出迎え、帰りは1階の正面玄関に降りていくときには夕日でお見送りするというおもてなしの心を演出しているといわれている絵画もあります。よく見ないと気がつかないことも多く、見逃してしまう可能性もあるので事前に調べた上で、ぜひ現地で見てください。他にも理想の世界の意を持つ天井画や紫斑紋が美しい大理石の大円柱など見所がたくさんあります。見学だけでも楽しめる東京観光におすすめ穴場スポットです。

【名称】迎賓館赤坂離宮
【住所】東京都港区元赤坂2丁目1-1
【アクセス】中央線・総武線四ッ谷駅下車、赤坂口より徒歩約7分
【電話番号】03-3478-1111
【営業日】不定休

観光スポット⑪汐留イタリア街

東京観光の穴場スポットとして人気を集めている汐留イタリア街をご存知でしょうか。汐留イタリア街は、インスタ映えもするので若者たちの間でも人気が急増しています。汐留イタリア街とは一体何かと言うと、実は汐留イタリア街は5つの区に分かれています。1~2区は大手企業が入る高層ビルや日本テレ放送局、3〜4区には高層分譲マンションとイタリア公園、そして5区に商業施設や住宅やホテルなどが立ち並ぶイタリア街となっています。まるでイタリアの様な街並み風景で、日本でない様な雰囲気です。東京のロケ地としても大人気で、特に夜の街並みがとても綺麗だと話題の穴場の観光地です。

この汐留イタリア街に入る大手企業には、電通・パナソニック・日本テレビ・資生堂などがあります。日本を支える大企業のビルが立ち並び、夜にはビルの明かりが一面に灯り、夜景を一層綺麗にしてくれます。また、イタリア街の中でも特におすすめなのが、穴場のイタリア公園です。日本とイタリア二国間の友情の永遠の証としてイタリアから日本への贈られた寄贈品でもあります。ピエトラサンタの職人と彫刻家の作品の銅像などもあるので、訪れた際には一緒に写真を撮ってSNSなどに投稿するのも良しです。

【名称】汐留イタリア街
【住所】東京都港区東新橋2-17
【アクセス】汐留駅ゆりかもめ東口から徒歩約4分
【営業日】無休

マニアックな場所が好きな方におすすめ

観光スポット⑫工場夜景クルーズ

東京観光のおすすめ穴場スポットは、工場夜景クルーズです。工場夜景クルーズで有名なのは、はとバス社が提供する、「川崎工場夜景運河探検クルーズ」です。こちらのクルーズツアーでは、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル「グランカフェ」で夕食を堪能したのち、「日本五大工場夜景」の一つと呼ばれる、川崎の工業地帯の夜景を楽しむことができます。グルメも夜景も楽しめる、まさに一石二鳥の人気ツアーです。クルーズの経路としては、羽田天空橋桟橋から乗船し、多摩川を通って運河を巡ります。その途中では、普段は絶対に見ることはできない角度から、川崎の工場地帯の夜景を眺めることができ、その夜景はまるで近未来都市を思わせる幻想的な夜景です。また、このツアーを案内してくれるガイドも乗船しているので、それぞれのスポットの理解を深めつつ、航路を楽しむのが良いでしょう。

 

また、クルーズで工場地帯を巡ることもできますが、同じくはとバス社が提供しているツアーで、バスで巡る川崎工場夜景ツアーもあります。こちらは東京駅を出発してから、まず、川崎のコリアタウンにて焼肉を堪能してから工場地帯に向かいます。そしてこちらのツアーでは、一般の人では立ち入ることのできない会社の敷地など、特別な見所が満載です。ツアーの一番の見所スポットである、「日本触媒千鳥工場」や「東亜石油」といったプラント群が放つ光はまさにSFの世界。帰りにはレインボーブリッジの夜景も見ることができ、異世界の余韻に浸れるでしょう。この川崎の工場地帯を巡るバスツアーも、先ほどご紹介したクルーズも、どちらも人気ツアーとなっていますので早めの予約が必要です。非日常的気分を味わいたい方は是非予約してみてください。

【名称】工場夜景クルーズ
【住所】東京都大田区平和島五丁目4番1号
【アクセス】東京モノレール 流通センター駅徒歩8分
【電話番号】03-3761-1100
【営業日】不定休

観光スポット⑬国立極地研究所南極・北極科学館 

マニアックな穴場を探している方には、東京の国立極地研究所南極・北極科学館もおすすめです。ここでは、南極や北極とはどのようなところなのか、どのような観測や研究が行われているのかなど、あまり多くの人に知られていない、南極や北極の情報を知ることができる科学館です。館内には、「オーロラ」、「大気・氷」、「昭和基地」、「南極歴史」、「TACHIHIオーロラシアター」、「岩石・隕石 ­太陽系46億年の歴史」、「生物 極寒の生命・生態」、「体験コーナー」、「ミュージアム」の9つのエリアが存在します。TACHIHIオーロラシアターでは、幻想的なオーロラシアターが楽しめます。子供から大人まで楽しめるので、シニア夫婦なども多く訪れる穴場観光スポットでもあります。コロナ状オーロラ、多重オーロラ、共鳴散乱オーロラなどのオーロラが12分間流れるので幻想的な気分に浸れるでしょう。

実際に南極の氷に触れることもできるので、東京にいながら南極に来たような雰囲気が楽しめます。もちろん館内は自由に写真撮影をして良いので、たくさん記念に写真を撮ってSNSでシェアするのもありでしょう。南極や北極について知らないこともたくさん知れるので、お子さんの夏休みの研究の参考にもなります。不定期ですがイベントなども開催されているので、極地の研究者を目指している方はイベントに合わせて参加するのもおすすめです。

【名称】国立極地研究所南極・北極科学館 
【住所】東京都立川市緑町10-3
【アクセス】立川北駅→1駅目・高松駅下車、徒歩10分
【電話番号】042-512-0910
【営業日】毎週火曜日 〜 土曜日 10:00 〜 17:00(最終入館16:30)

穴場スポットを知って東京観光をさらに楽しもう!

東京の観光地にも、まだまだ知られていなマイナーな穴場スポットや、子供から大人まで楽しめる観光スポットが目白押しです。何度も東京観光をしているけれど、意外に知られていないスポットも多いのでもう一度東京観光に行きたくる方もいるのではないでしょうか。東京観光は穴場スポットも知って楽しい旅行にしましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
平山未来

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ