東京都内でロードバイクオーバーホールができる場所は?費用と店舗もご紹介!

日常使いから趣味まで、幅広く活用できるロードバイクは、メンテナンス以外にオーバーホールすることで、その性能を維持し安全で快適に長く乗り続けることができます。今回は、東京都内でロードバイクのオーバーホールできる場所やその費用についてたっぷりとご紹介します。

東京都内でロードバイクオーバーホールができる場所は?費用と店舗もご紹介!のイメージ

目次

  1. 1ロードバイクのオーバーホールとは?
  2. 2オーバーホールのメリット
  3. 3オーバーホールのデメリット
  4. 4サイクル業者でのオーバーホール
  5. 5ロードバイクの修理相場
  6. 6東京都でロードバイクのオーバーホールできるお店を紹介
  7. 7日頃のメンテナンスと定期的なオーバーホールで安全にロードバイクに乗ろう

ロードバイクのオーバーホールとは?

ロードバイク愛用者なら、日頃からブレーキワイヤーやギアなどのメンテナンスに気を配っている人も多いでしょう。しかし、メンテナンスだけでは蓄積された汚れや劣化、軽微な破損は素人目では判断が難しいのです。

定期的なメンテナンスはもちろんのこと、その他に年に一度は、ロードバイクのオーバーホールをサイクル業者で受けることにより、ロードバイクの性能を維持し、より安全、快適に長く乗り続けることができます。

オーバーホールでロードバイクのメンテナンス

ロードバイクのオーバーホールとは、プロのサイクル業者により、全てのパーツを分解し、点検、整備、洗浄を行い、再組立てをして新品時の性能に近い状態に戻す修理のことを指します。

ロードバイクを毎日走らせていれば、雨や泥、汗などがバイクに付着します。目に見えるところは、日頃のメンテナンスで落とせても、パーツの隙間に入り込んた汚れは素人がクリーニングするのは困難です。

汚れをそのままにしておくと、ボルトやベアリングなどバイクの金属部を傷めてしまいます。ロードバイクの性能を保ち、長く乗り続ける為にもプロの手による年に一度のオーバーホールは必要不可欠です。
 

ロードバイクオーバーホールの口コミ

■ 新車並みによく走るようになった。

■ 各パーツ錆びなど、日常のメンテナンスでは気付かないパーツの劣化が発見できる。

■ BB周りの調子が良くなり、漕ぎ出しや高ケイデンス時の回転が滑らかになった。

■ 細かい部品の隅々までキレイになり、走りも軽くなった

ロードバイクをオーバーホール出した人の喜びの声です。大半の人がオーバーホールによって得られる感覚に満足し、メリットを感じているようです。 

自分では出来ない箇所のクリーニングだけでなく、完全に調整された状態で戻ってくるので、まるで新車に乗り換えたような感覚になります。

オーバーホールのメリット

月に1度しっかりメンテナンスをしていればオーバーホールは必要ないと思う人もいるかもいれません。しかし、オーバーホールすることで、定期メンテナンスでは発見できない摩耗や劣化が見つかるケースが多いのです。

それでは、オーバーホールにはいったいどんなメリットがあるのでしょうか。オーバーホールに出したことがない人は、以下のメリットを見て一度オーバーホールを検討してみはいかがでしょうか。

メリット①性能が回復する

オーバーホールは、パーツを分解洗浄、グリスの塗り直し、タイヤの組み直しを行います。これにより、回転がスムーズになり変速も滑らかさを取り戻します。オーバーホールの最大のメリットは、ロードバイクの性能が回復し、本来のパーフォーマンスが蘇ることです。

メリット②不具合が見つかる

隠れたロードバイクの故障が見つかるのもオーバーホールの大きなメリットです。素人目には分からない劣化だったり、パーツを分解しないと見えない亀裂や破損もあります。

オーバーホールをすることで、これらの不具合を発見でき、修理やパーツ交換をすることで、性能を保ったまま安全にロードバイクに乗る事ができます。

メリット③長持ちする

オーバーホールで、見えない部分の摩擦や劣化を発見することができます。限界を迎える前に修理やパーツ交換をし、ロードバイクの寿命を長くすることができます。お気に入りのロードバイクと長く付き合うためにも、最低年に一度のオーバーホールは必要不可欠です。

オーバーホールのデメリット

メリットが圧倒的に多いオーバーホールですが、少なからずデメリットもあります。以下では、オーバーホールすることによるデメリットについてまとめています。デメリットもきちんと理解した上で、ロードバイクのオーバーホールをすることが重要です。

デメリット①乗り心地が変わってしまう

オーバーホールのデメリットとして、ロードバイクの乗り心地が変わってしまうことがあります。最も多いのが、長年ロードバイクに乗っていて、初めてオーバーホール行った場合です。

ライディングの癖が染み付いていて、その癖が修正され正常になったため違和感を感じることがあります。これは正常にオーバーホールが行われているので問題はありません。乗っているうちに、また馴染んてくるはずです。

こちらは稀ですが、未熟な業者にあたってしまうと、微妙なバランスが崩れ、乗り心地に違和感が出てしまう場合もあります。最も多いのは組み立ての不良でタイヤ振れが生じることです。このような現象がある場合は、危険なので乗らずに業者に相談しましょう。

 

デメリット②費用がかかる

オーバーホールでは費用面がいちばんのデメリットなるでしょう。ロードバイクのパーツは消耗品です。長年使っているパーツは、限界がくる前に交換しなければなりません。

日頃のメンテナンスをきちんと行っていれば、パーツも長持ちし、ロードバイクの劣化も防ぐことができますが、あまりメンテナンスをやらずにオーバーホールも何年も行ってない場合は、修理やパーツ交換にお金がかかってしまいます。

その費用を少しでもおさえるためにも、日頃のメンテナンスや定期的なオーバーホールは必要なのです。

デメリット②修理期間中はロードバイクに乗れない

オーバーホールは修理期間がおよそ1週間程度かかります。車と違って、代車を貸してくれる業者は殆どありません。

オーバーホール中はロードバイクに乗れないデメリットが発生します。毎日乗っている人にとっては、苦痛の期間ではありますが、良い状態で戻ってくることを考えながらじっくりと待ちましょう。

サイクル業者でのオーバーホール

ロードバイクを長く乗りこなす上で、年に一度のオーバーホールは大切ですが、気になるところはそのかかる費用でしょう。サイクル業者にオーバーホールを依頼すると費用はどのくらいかかるのか見ていきましょう。

ロードバイクのオーバーホールの料金

ロードバイクのオーバーホールの費用相場は10,000円〜50,000円程です。サイクル業者、車体の状態、どの程度までオーバーホールするのかで費用は変わってきます。

不具合を発見した場合は、修理やパーツ交換の費用もかかります。日頃のメンテンスをしっかり行い、状態の良いロードバイクであれば、費用も抑えることができます。

スポーツサイクル専門ショップY’s Roadでの目安

出典: http://www.ysroad.co.jp

スポーツサイクル専門ショップY’s Roadでは、オーバーホール受付強化店として多くのスポーツサイクルのオーバーホールを行っています。

この店でのオーバーホールの費用は、分解洗浄を行うオーバーホールで2万円代、分解洗浄を行わないセミオーバーホールなら手軽な1万円代まであります。

パーツ代を含めると、平均して、工賃+パーツ代で3万円~になるでしょう。予算に合わせて施工してもらえるので、まずは店舗で相談してみてはいかがでしょうか。

ロードバイクのオーバーホールに必要な日数

前にも記しましたが、ロードバイクのオーバーホールに必要な日数は、平均して1週間程かかります。状態がいいロードバイクであれば最短3日という場合もあります。詳しくは、近くのサイクル業者に問い合わせてみましょう。

ロードバイクの修理相場

オーバーホールでロードバイクに不具合を発見した場合、修理やパーツ交換が必要になります。その相場は、タイヤ交換2,000~3,000円、ブレーキ交換3,500円~、その他パーツの交換や調整も1つのパーツにつき1,000円~になります。

劣化したパーツは交換が必須ですが、調整系はどれだけ追い込むかで費用は大きく違います。やろうと思えばどこまでも追い込めるので終わりがありません。ですから、どの程度まで追い込むのか区切りをつけた方がいいでしょう。

ロードバイクを修理に出す際の注意点

メーカーの正規サイクル業者によっては、他ブランドで購入したロードバイクの修理に対応していない業者もあります。また、パーツ交換をする際に、どのブランドのパーツを使用したかによって費用が大きく違うこともあります。

知らずに修理に出すと、大きく予算オーバーしてしまう場合があります。修理に出す場合、あらかじめサイクル業者としっかり打ち合わせすることが大切です。

東京都でロードバイクのオーバーホールできるお店を紹介

ここからは、東京都内でロードバイクのオーバーホールできるおすすめのお店をご紹介します。店舗によって、作業方法や価格も違ってきます。ロードバイクのオーバーホールを検討している人は参考にしてみて下さい。

オーバーホール取扱い店①ワイズロード(上野本館)

東京都台東区上野にある『ワイズロード上野本館』は、オーバーホール受付強化店として、積極的にロードバイクのオーバーホールを行っている店舗です。受付後は、Y'sTechセンターにてオーバーホール、メンテンナンスを徹底的に行います。

Y'sTechセンターでは、メンテナンスの内容、今後のアドバイスが書かれた「メンテナンスカルテ」がもらえます。メンテンスの把握や、今後の乗り方が詳しく書かれており、次回のオーバーホールのタイミングの参考にもなります。

オーバーホール取扱い店②LORO bicycles(東日本橋店・駒沢公園店)

店舗によっては、他ブランドで購入したロードバイクの修理に対応していないところもありますが、『LORO bicycles 東日本橋店・駒沢公園店』では、修理に他メーカー、他店購入のロードバイクも受け付けてくれます。

無料点検サービスも実施しているので、オーバーホールする前に受けてみるといいでしょう。オーバーホールには、セミオーバーホールとフルオーバーホールがあります。無料点検サービス時に、どちらがいいのか相談してみましょう。

オーバーホール取扱い店③VIKING THE MAINTENANCE(西新宿)

『VIKING THE MAINTENANCE』は西新宿にある、自転車のメンテナンス・カスタマイズ専門店です。ロードバイクをはじめ、様々なスポーツバイクのオーバーホールを実施しています。

わざわざお店に行く必要がなく、インターネットを通じてお申込み、1人1人丁寧に相談から受付まで対応してくれます。オーバーホールは、インターネットで車体の持ち込みの日時を事前に予約し作業に入ります。

他店で購入したパーツの持ち込みもOKなので、Amazonなどで安くパーツを購入し、費用を抑えることができます。

日頃のメンテナンスと定期的なオーバーホールで安全にロードバイクに乗ろう

ロードバイクは、常にパーツに負担をかけながら走っています。パーツが劣化し、不具合が生じれば思わぬ事故につながりかねません。安全にロードバイクを走らせるためにも、日頃のメンテナンスは大変重要です。

それでも、目に見えない部分の劣化は素人には判断がつきません。長く乗れば乗る程、バランスやパーツの消耗も大きくなります。日頃のメンテナンスに加えて、年に一度のオーバーホールで、安全に長くロードバイクを走らせましょう!

その他のロードバイク記事はこちらから

Thumb愛車を専門店でリペイントしてもらおう!長く乗り続けたい人におすすめ!
自転車のリペイントを考えている人はいませんか。その場合は専門店に頼んだ方が良いのですが、初め...
Thumbロードバイクにステッカーを貼ってオリジナルで愛着の湧くバイクに!
ロードバイクにステッカーを貼る方法をご紹介、ロードバイクに貼るのに向いているステッカーの種類...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
kayo7110

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ