サニーレタスの驚くべき栄養価!効果効能やおすすめレシピもご紹介!

サニーレタスは、サラダにもよし、何かを巻いてもよし。 食べやすいのでいくらでもいけちゃいますよね?そんなサニーレタスの効能や栄養、そしてレタスとサンチュとの見分け方を紹介します。最後にサレーレタスを使ったレシピもお届けしますのでお楽しみに。

サニーレタスの驚くべき栄養価!効果効能やおすすめレシピもご紹介!のイメージ

目次

  1. 1サニーレタスの基本情報
  2. 2サニーレタスの栄養成分と効能
  3. 3サニーレタスの見分け方
  4. 4サニーレタスを使ったおすすめレシピ
  5. 5レタスにはない栄養がたくさん詰まっているサニーレタスを食べよう

サニーレタスの基本情報

サニーレタスについて詳しく知らない人は多いと思います。 一般的なレタスとの違いやサニーレタスの選び方、そして保存方法などをこれから紹介していきますね。

一般的なレタスとの違い

サニーレタスと一般的なレタスの違いは、色や形や触感になります。レタスは、緑色でドーム型。シャキッとした触感が特徴です。

それに比べてサニーレタスは、赤紫色と緑がまざり、球体ではなく触感はやわらかめです。 そして、サニーレタスは1枚1枚がはがれやすく巻きやすいので、レタスよりも使いやすくなっています。

サニーレタスの選び方

サニーレタスを選ぶ時のポイントは、手にもったときに「軽い」と思ったものを選びましょう。重いものを選んでしまうと、収穫してから期間が過ぎているものが多いので葉っぱが硬くなり、味が苦くなっていることもあります。

そして、葉っぱの先が黒っぽく痛んでいるものではなく、赤褐色で柔らかい葉のものを選びましょう。

サニーレタスの保存方法

  1. サニーレタスの芯を切り落とします。そして、サニーレタスを洗い水気をしっかりと切る
  2. 保存用袋の底に湿らせたキッチンペーパ―2枚を敷き、側面にも湿らせたキッチンペーパー2枚を敷いておく。
  3. サニーレタスを立たせるように入れて、湿らせたキッチンペーパー2枚を上からかぶせる。
  4. サニーレタスが入った保存用袋は空気をしっかり抜く。ジッパーを閉めて野菜室に立てて保存。約1週間は持ちます。

サニーレタスの栄養成分と効能

サニーレタスには沢山の栄養と効能が隠されています。野菜が苦手であまり食べないという方!サニーレタスは苦みもなく、すごく食べやすいので栄養や効能を学んでステキな健康生活を過ごしませんか。

栄養成分と効能①ガン予防効果

サニーレタスには、βカロチンやビタミンEという栄養成分が含まれています。βカロチンの栄養成分には、活性酸素を抑えて体内細胞の老化を防ぐ効果が期待されています。

そして、ビタミンEには血行の流れをよくする作用があるため、動脈硬化を予防する働きがあります。 この2つの働きがガン予防にも期待されているといわれています。

栄養成分と効能②疲労回復効果

サニーレタスにはビタミンB1という栄養成分が含まれています。このビタミンB1には、糖質の代謝をサポートしてエネルギーを生成することで疲労回復の効果が期待されています。

したがって、ビタミンB1が不足しがちになると体内に十分エネルギーを作り出すことができなくなります。 疲れがたまりやすいあなたとって、サニーレタスは元気の源になること間違いなしですね。

栄養成分と効能③貧血予防

貧血は本当につらいですよね。女性の敵といっていいくらいではないでしょうか。そんな貧血の予防が期待できる栄養成分がサニーレタスには含まれています。

その栄養成分というのが、葉酸。葉酸というのはビタミンに含まれており、新しい赤血球を生成したり、新しい細胞を作り出すために必要な栄養成分となっています。 サニーレタスを体に取り入れることで、つらい貧血をすこしでも抑えられると嬉しいですよね。

栄養成分と効能④骨粗しょう症予防

骨はいつまでも丈夫でいたいですよね。骨が元気であることが老後への安心につながるかと思います。そこで骨の形成に必要な栄養成分がサニーレタスに含まれています。それがビタミンK。このビタミンKは、骨粗しょう症の予防も期待されています。

そして、骨を強くするために必要な栄養成分のカルシウムも含まれています。
これらの栄養成分がサニーレタスには含まれているので、野菜嫌いの子供にも食べてもらいたいですよね。

 

栄養成分と効能⑤高血圧予防

健康診断で高血圧と言われた人は多いのではないでしょうか。血圧が高い成人病になりやすかったり、動脈硬化や心筋梗塞など怖い病気も心配になりますよね。血圧が下がると期待されているのが、サニーレタスに含まれている栄養成分のカリウム。

カリウムは、高血圧の予防が期待れています。そしてカリウムは高血圧予防以外にむくみも改善してくれると言われています。このカリウムは、体の中にある余分の塩分をコントロールしてくれて、尿や汗に変わって出てくれます。

この作用により、血圧を下げてくれて高血圧予防の手助けをしてくれるというわけです。

栄養成分と効能⑥美肌効果

女性にとって「美しい肌になりたい」という気持ちは永遠にありますよね。そんな気持ちを少しでも叶えてくれるのが、サニーレタスに含まれている栄養成分のビタミンCなんです。ビタミンCという栄養成分は良く耳にしますよね。

このビタミンCには、抗酸化作用があります。抗酸化作用というのは、肌を美しく導いてくれる成分なんですね。そして美肌に必要不可欠なコラーゲンも生成してくれます。

というわけで、ビタミンCは皮膚や粘膜を強化してくれるので、美肌効果大ということになります。

サニーレタスの見分け方

サニーレタスをあまり買わない人にとっては、レタスやサンチュとの見分け方が分からないのではないでしょうか。サニーレタスは、サラダに活用したり、何かを巻いたり、食べ方は沢山あります。

そして、栄養も豊富で美味しいのでぜひぜひ食べてもらいたい野菜です。 なので、レタスやサンチュとの見分け方を覚えて頂きたいと思います。

レタスとの見分け方

サニーレタスとレタスの見分け方は、まず形を注目してもらえるとわかりやすいと思います。レタスはドーム型でサニーレタス違います。さらにサニーレタスの葉っぱの先は赤褐色になっており、レタスは緑色をしています。

そして、サニーレタスの葉は、よれよれと縮れているのも特徴です。 栄養面についても、レタスは約95%が水分の淡色野菜にたいして、サニーレタスは栄養豊富な緑黄色野菜と分類されています。

サンチュとの見分け方

サニーレタスとサンチュの見分け方は、スーパーなどで売られている状態が1番分かりやすいと思います。サニーレタスは丸まる1個で売られていますが、サンチュは1枚1枚収穫するため1袋に数枚入った形で販売されています。

他の見分け方としては、サニーレタスが赤褐色でサンチュは緑色になります。 ちなみにサニーレタスと同じく、サンチュも緑黄色野菜なので栄養豊富な食材です。

サニーレタスを使ったおすすめレシピ

サニーレタスといえば、そのままサラダとして食べるか何かを巻いて食べるかくらいしか思い浮かばいですよね。しかし、意外といろんな料理に活用できるので、オススメのレシピをこれから紹介していきたいと思います。

おすすめレシピ①チョレギサラダ

材料

  • サニーレタス 1/2株
  • キュウリ   1本
  • 長ネギ    1/3本(白い部分)
  • プチトマトor人参 お好み
  • 醤油     大さじ2
  • 砂糖     大さじ1.5~2
  • 中華ダシ   小さじ1/2
  • ゴマ油    多さじ2.5~3
  • レモン汁   大さじ1
  • ゴマ     多め
  • にんにくと生姜 2㎝ずつ(チューブ)

作り方

  1. サニーレタスは食べやすい大きさにちぎって、キュウリは千切りにして長ネギは斜め薄切りにしておく。
  2. 人参を使う場合は、薄い千切りにしてプチトマトを使う場合は半分に切るか、1/4に切ってもOK。
  3. 大きめのボールに調味料をいれて混ぜる。
  4. 調味料が入ったボールに切った野菜を入れてしっかり混ぜ合わせれば完成。

野菜を切って、調味料を混ぜて合わせるだけなのですごく簡単なレシピですよね。 韓国風のチョレギサラダがサニーレタスでお手軽に作れるので試す価値ありです。

おすすめレシピ②サニーレタスの卵炒め

材料

  • サニーレタス   350g
  • たまご      2コ
  • 砂糖       小さじ1
  • 鶏ガラスープの素 大さじ1
  • 油        適量

作り方

  1. サニーレタスを適当な大きさにちぎる。
  2. ボールにたまごと砂糖を入れてしっかり混ぜて、油を敷いたフライパンにたまご液を入れて半熟たまごが作る。半熟たまごが出来たら別のお皿に取り出す。
  3. フライパンに適量の油をいれてサニーレタスをサッと炒める。
  4. サニーレタスがしんなりしたら鶏ガラスープの素

たまごを半熟にするのがポイントです。 ふんわり半熟たまごとサニーレタスがご飯にとても合うおかずに大変身します。 とってもお手軽なレシピなのでお試しください。

おすすめレシピ③サニーレタスのキムチサラダ

材料

  • サニーレタス 5枚
  • キムチ    適量
  • ツナ     1缶
  • ゴマ油    ひと回し
  • 醤油     小さじ1
  • 黒コショウ  少々

作り方

  1. サニーレタスは水洗いしてしっかり水気を切る。そして適当な大きさにちぎってお皿に盛ります。
  2. サニーレタスの上にキムチを適量のせて、油を切ったツナをのせる。
  3. 上から醤油とゴマ油をかけて、黒コショウ

キムチとツナをサラダに合わせるだけで、一気にボリューム満点のひと品になりますよね。 大人が食べるときは、一味をプラスするのがオススメです。 持ち寄りやパーティーでも喜ばれるレシピになっています。

レタスにはない栄養がたくさん詰まっているサニーレタスを食べよう

サニーレタスについてお話してきましたが、興味を持っていただけたでしょうか。 サニーレタスは、レタスよりも栄養が豊富で緑黄色野菜の1つでしたね。

生活習慣病や美容、そして疲労回復などの予防も期待されるので注目すべき野菜ということが分かりました。 サニーレタスのレシピは沢山あるので、ぜひぜひチャレンジしてくださいね。 サニーレタスで健康を作りましょう!

その他のガーデニング記事はこちらから

Thumbクチナシ色素とは?安全性や特徴・効果などを解説!
クチナシ色素は天然の着色料として使われる事の多い色素になります。組み合わせや使い方によって、...
Thumbイチジクの挿し木方法とは!最適な時期や失敗しない方法をご紹介!
イチジクは生命力が強い育てやすい果樹です。イチジクは挿し木で増やすことが出来、成功率が高いの...
Thumbさつまいもの最適な収穫時期・保存方法とは?さつまいも収穫の正しい知識を解説!
他の野菜では味わうことができないホクホクの食感と甘い香りのさつまいも。秋の味覚としても外せま...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
maimaidesu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ