スタッドレスタイヤのおすすめ13選!各タイヤの性能を徹底比較!

冬の道路を車で走る際に必需品なのがスタッドレスタイヤです。雪道でも安全に運転できるスタッドレスタイヤを性能や価格などで比較しておすすめの13選のスタッドレスタイヤを徹底比較します。あなたの車に合ったベストなタイヤの選び方を見つけてください。

スタッドレスタイヤのおすすめ13選!各タイヤの性能を徹底比較!のイメージ

目次

  1. 1スタッドレスタイヤの基礎知識
  2. 2スタッドレスタイヤの選び方
  3. 3おすすめのスタッドレスタイヤ①
  4. 4おすすめのスタッドレスタイヤ②
  5. 5おすすめのスタッドレスタイヤ③
  6. 6おすすめのスタッドレスタイヤ④
  7. 7おすすめのスタッドレスタイヤ⑤
  8. 8おすすめのスタッドレスタイヤ⑥
  9. 9おすすめのスタッドレスタイヤ⑦
  10. 10おすすめのスタッドレスタイヤ⑧
  11. 11おすすめのスタッドレスタイヤ⑨
  12. 12おすすめのスタッドレスタイヤ⑩
  13. 13おすすめのスタッドレスタイヤ⑪
  14. 14おすすめのスタッドレスタイヤ⑫
  15. 15おすすめのスタッドレスタイヤ⑬
  16. 16スタッドレスタイヤの性能を比較して自分に合ったタイヤをみつけよう!

スタッドレスタイヤの基礎知識

今回は冬におすすめのスタッドレスタイヤを紹介していきます。まずはスタッドレスタイヤについての基本的な知識を整理しましょう。そもそもスタッドレスタイヤとは何なのか、スタッドレスタイヤは本当に必要なのかなど、多くの人が疑問に思っていることをまとめます。

スタッドレスタイヤとは

凍結路面や積雪状態の道路などを走行する時に、通常のノーマルタイヤではスリップの危険が高く車をコントロールできないために開発されたのが、スタッドレスタイヤです。基本的には冬の路面走行をする車に使用する冬タイヤがスタッドレスタイヤと言えます。

スタッドレスタイヤは本当に必要なのか?

スタッドレスタイヤが必要なのは、積雪路や凍結路などを走行する時になります。地域ごとに見ると、北海道や東北、北陸地方など積雪量の多い地域では当然スタッドレスタイヤが必需品となり、冬タイヤなしでは危なくて車の運転は不可能です。しかし降雪がない暖かい地域ではその必要性は変わってきます。明快なのは沖縄で、雪の降らない沖縄地方では当然スタッドレスタイヤは必要ありません。

西日本や九州で比較的雪が少ない地域でも、気温が下がって凍結した路面を走る場合にはスタッドレスタイヤが必要になります。一年の中で何日そのような凍結する日があるかにもよりますが、冬には路面が凍結する恐れがある地域ではスタッドレスタイヤの備えが必要になります。

スタッドレスタイヤの選び方

一言にスタッドレスタイヤと言っても、量販店に行くと様々なスタッドレスタイヤが陳列されています。その冬タイヤの中から自分に合ったタイヤをチョイスするのは、何を基準に比較するのかで変わってきます。何に重点を置いてスタッドレスタイヤを選定するのか、それぞれの項目で選び方をまとめたので参考にしてください。

スタッドレスタイヤをサイズで選ぶ

スタッドレスタイヤをサイズで選ぶ時の選び方は、現在装着している純正のノーマルタイヤに比べて少し細めのタイヤがおすすめです。その理由は、雪に接したり氷に接したりするタイヤ幅が細い方が滑りにくいためです。雪道などでレースをするラリーカーなどをよく見るとかなり細い冬タイヤを装着して走っていることからも納得できます。

スタッドレスタイヤを価格で選ぶ

カー用品販売店に行ってスタッドレスタイヤを探したときに、自分が納得できる性能とサイズのものが見つかった場合は、価格の安さで比較して選ぶのも一つの選び方として有効です。各タイヤメーカーが発売しているスタッドレスタイヤですが、性能や評価、評判に大きな差はなく、燃費の違いも僅かです。

冬の期間だけ使用するスタッドレスタイヤなので、コスパ重視で選んでも大きな問題はありません。逆に雪の多い地方でスタッドレスタイヤを使用する期間が長い場合は、少し価格が高めでも性能が良いタイヤを選ぶことをおすすめします。

スタッドレスタイヤを性能で選ぶ

スタッドレスタイヤを選ぶ際に重要な要素となるのが、雪上走破能力になります。雪の少ない地方ではあまり差が出ませんが、北海道など吹雪になったりホワイトアウトになったりするような地域では、危険を感じたらすぐに止まることができるような性能が要求されます。

凍っていないから滑らないと甘く考えず、雪道でもスリップせずしっかりと止まれる性能を持ったスタッドレスタイヤを選ぶことをおすすめします。各メーカーが研究を重ねて競い合っているので、スタッドレスタイヤの性能は年々向上しており、その点に注目した選び方が大切と言えます。

スタッドレスタイヤを摩耗体制で選ぶ

スタッドレスタイヤの寿命は概ね3年と言われています。スタッドレスタイヤを使用して走行すると徐々にタイヤのゴムがすり減って摩耗していきます。しっかりと雪道に食い込んで車を止めるだけの性能を維持するにはタイヤの溝が一定以上に深くないと効果がなくなります。そのためスタッドレスタイヤを長く使うためには、タイヤの溝が摩耗しにくいと評判のものを選ぶことが大切な選び方です。

スタッドレスタイヤを燃費で選ぶ

基本的にスタッドレスタイヤはノーマルタイヤに比べて燃費は悪くなります。その理由は、タイヤに使われているゴム自体がノーマルタイヤに比べると柔らかい素材を使用しているからです。しっかりと車を止めるためには、タイヤが路面に吸着するように柔らかい方が良いためです。

最近はスタッドレスタイヤでもノーマルタイヤに引けを取らない燃費性能のものも開発されているので、スタッドレスタイヤの選び方のポイントに燃費性能を上げても良いでしょう。燃費性能を比較するのは難しいですが、各シリーズでは最新のモデルを選ぶことが賢い選び方と言えます。

おすすめのスタッドレスタイヤ①

YOKOHAMA iceGUARD 6

出典: https://www.amazon.co.jp/

まずは冬タイヤの定番となったヨコハマの「iceGUARD」シリーズの、「iceGUARD 6」です。参考価格は、195/65R15で11,640円です。このスタッドレスタイヤは今年発売された新製品で、従来品の「iceGUARD 5 PLUS」の非対称パターンと「プレミアム吸水ゴム」が進化して氷上性能が約15%も向上しました。

新たに「オレンジオイルS」を採用してしなやかさの永続が実現しており、4年経過しても性能を維持する実力と言われています。さらに、走行時のノイズ低減やウエット性能、燃費性能までも考慮されている、オールマイティに実力を発揮したスタッドレスタイヤと言えます。選び方としては人気のシリーズを比較して購入すれば間違いはありません。

性能比較

出典: https://www.y-yokohama.com/product/tire/

IN側とOUT側で内容を変えた非対称パターンをベースに、更に最新テクノロジーを投入した冬タイヤモデルで、イン側でのエッジ量を従来品比で8%向上させています。またこの専用パターンは、ウェット性能の向上にも貢献してる優れたスタッドレスタイヤです。

出典: https://www.y-yokohama.com/product/tire/

ピラミッド状に折りを4段に重ねて剛性を高めた「クワトロピラミッドサイプ」を採用したスタッドレスタイヤです。立体形状のサイプがお互い支え合うことで、ブロック剛性を向上させて接地性を確保しています。センターのブロックには、「クワトロピラミッドディンプルサイプ」を配して、高い排水性とエッジ効果を実現し、摩耗が進行した場合でもディンプルが剛性を確保してエッジ効果を持続させます。

時間が経っても硬くなりにくく、約4年後も性能をキープする優れたスタッドレスタイヤです。低温時でも硬くなりにくく、柔らかいゴムを採用し、凍った路面の凸凹にしっかり密着することができます。ゴムは硬くなると、たとえ溝が残っていても路面に密着して止まるという性能が十分に発揮できません。アイスガード6は、オレンジオイルSを新たに採用して、約4年後も高い性能をキープすることができるスタッドレスタイヤです。

出典: https://www.y-yokohama.com/product/tire/

ウェット性能を高めながら、背反する低燃費性能も確保したスタッドレスタイヤです。ヨコハマの低燃費タイヤシリーズ「BlueEarth」で培った省燃費技術をアイスガード6に応用し、さらに新たに開発した新・低発熱ベースゴムを採用して、ころがり抵抗は夏用低燃費タイヤに匹敵するほど向上しており選び方のポイントになります。

おすすめのスタッドレスタイヤ②

YOKOHAMA iceGUARD SUV G075

出典: https://www.amazon.co.jp/

ヨコハマの冬タイヤであるスタッドレスタイヤはその性能の高さに定評がありますが、SUV専用スタッドレスタイヤも別途展開しています。最近はCUVをはじめ都市型のSUVが多くなっていますが、ヨコハマのSUV専用スタッドレスタイヤもそういった車に対応した性能を持ったおすすめのタイヤになります。参考価格は、225/65R17で15,200円です。

性能比較

出典: https://www.y-yokohama.com/product/tire/

進化した「スーパー吸水ゴム」と新設計のトレッドパターンの採用により、氷上制動が23%も向上しています。従来の「新マイクロ吸水バルーン」「ブラックポリマーⅡ」に加えて、従来比で最大30倍の大きさとなる「エボ吸水ホワイトゲル」を新たに採用し、3つの素材の組み合わせにより更に優れた氷上性能を発揮します。静止距離もスタッドレスタイヤの選び方のポイントになります。冬タイヤではしっかりと止まれることが非常に重要です。

出典: https://www.y-yokohama.com/product/tire/

新たに採用された5つのパターン技術が、接地性の向上とエッジの増加を実現したスタッドレスタイヤです。氷上での制駆動性と操縦安定性を向上させています。①ジグザグ形状が前後方九尾のエッジを生み、氷上での制駆動性を向上させます②細溝を配置してトレッド剛性を最適化した幅広のセンターリブが、路面との設置性を高めて氷上での制駆動性を向上させます

③ジグザグ状の溝が前後左右のエッジを強化し、氷雪路面を効果的に引っ掻いて氷雪上での制駆動性と操縦安定性を向上させます④トレッド全面に配置したスリットが全方向にミクロのエッジ効果を発揮して、装着初期の氷上性能を確保します⑤しっかり感を高める折りを3段に重ねた「トリプルピラミッドサイプ」を採用し、優れた接地性を実現し操縦安定性が向上します

おすすめのスタッドレスタイヤ③

ダンロップ WINTER MAXX SJ8

出典: https://www.amazon.co.jp/

ダンロップの冬タイヤWINTER MAXX SJ8は、SUV用に開発されたスタッドレスタイヤです。参考価格は、225/65R17で15,700円です。車高が高く重心が高いために「ふらつき」が起こるSUVでも安定性を保ち、しかも凍結路面での制動能力も追及したダンロップ自信作のスタッドレスタイヤです。

性能比較

出典: https://tyre.dunlop.co.jp/

氷路面をしっかり引っ掻くMAXXシャープエッジと、強くて柔らかいナノフィットゴムを採用しています。トレッドパターンは、氷上性能をはじめ雪上や凍結、湿った路面まで幅広く対応し、冬の様々な路面で高い性能を発揮します。従来品と比較して、氷上ブレーキ性能11%向上、高速走行時の操縦安定性能12%向上、そして、氷上、雪上、ウエット、静粛性能すべてにおいて向上したおすすめのスタッドレスタイヤです。

おすすめのスタッドレスタイヤ④

ダンロップ WINTER MAXX 02

出典: https://www.amazon.co.jp/

ダンロップの冬タイヤで最新型のスタッドレスタイヤです。参考価格は、195/65R15で12,300円です。ロングライフで通常3年と言われているスタッドレスタイヤを4年後以降も使っていけるように開発した点がこの製品の特長です。その秘密は株式会社クラレが開発した「液状ファルネセンゴム」で高密度ゴムのおかげで長い期間使えるようになりました。長く使いたい人の選び方としておすすめのスタッドレスタイヤです。

性能比較

出典: https://tyre.dunlop.co.jp/

しなやかな成分「液状ファルネセンゴム」は、冷えても柔らかいので凍結路面により密着することができ、ギュッと止まることができます。また効果的に雪をつかむ「MAXXグリップパターン」の採用により、雪上性能、シャーベット性能を向上させています。ハンドルを切った時の接地面積も大きく、従来品に比較して高い操縦安定性能を実現したスタッドレスタイヤです。

おすすめのスタッドレスタイヤ⑤

ダンロップ WINTER MAXX 01

出典: https://www.amazon.co.jp/

ダンロップの冬タイヤで、強力なブレーキ性能とともにライフ性能も同時に実現したスタッドレスタイヤです。参考価格は、195/65R15で7,800円です。ブロックの倒れ込みを抑制し、凍結した路面をしっかり引っ掻く「MAXXシャープエッジ」と表面は柔らかくブロック全体では剛性が高い特性を持つ「ナノフィットゴム」を採用しています。コスパも良くトータル性能を選び方の中心に置く人にはおすすめのスタッドレスタイヤです。

性能比較

出典: https://www.rakuten.ne.jp/gold/tire-worldkan-best/

新開発のMAXXシャープエッジと、ダンロップ独自の新材料開発技術により開発されたナノフィットゴムを採用して、従来品比較で氷上ブレーキ性能11%向上しています。独自技術ミウラ折りサイプのサイプ幅を従来品より25%細くすることでブロックの倒れ込みを抑制します。これによりサイプ数も増してタイヤ全体のエッジ部分が22%アップ、路面への引っ掻き効果を高め氷上ブレーキ性能を向上させています。

おすすめのスタッドレスタイヤ⑥

ミシュラン X-ICE 3+

出典: https://www.amazon.co.jp/

ミシュランの冬タイヤ「X-ICE 3+」は、履き始めたその時から強力なグリップ力を凍結路線で発揮できるように設計されたスタッドレスタイヤです。タイヤの溝もと独特で使い始めにメインで使用されるタイヤの溝と摩耗してきてからメインで使用される溝が違うためしっかりしたグリップ力を長期間保つことができます。耐久性を選び方のポイントにする人にはおすすめのスタッドレスタイヤです。参考価格は、195/65R15で11,300円です。

性能比較

出典: https://car.watch.impress.co.jp/

従来品に比較してブロック数を15%増加した115%ブロックを採用しており、その効果は耐久性を損なうことなく溝とエッジの増加を可能にし、排水性や雪を掻く雪中せん断力を高めます。エッジ効果の増大によりブレーキ性能やトラクション性能にも好影響を与えます。

おすすめのスタッドレスタイヤ⑦

ミシュラン X-ICE XI3

出典: https://www.amazon.co.jp/

ミシュランの冬タイヤ「X-ICE XI3」は、長期間使い続けられるよう独自技術を盛り込んだスタッドレスタイヤです。スタッドレスタイヤ表面のトレッドパターンが持続するよう工夫されており、摩耗が進んでもグリップ力が損なわれないように作られています。参考価格は、195/65R15で9,000円です。

性能比較

出典: https://kakaku.com/

氷上での制動力がさらに向上した「アイスブレーキ性能」、路面への圧力を均等に伝える「マックスタッチ」、多方向へのエッジ効果を発揮する「バリアブルアングルサイプ」という3つの氷上性能を実現しています。サイプ底への負荷を分散する「ティアドロップ」や車内へ届くノイズを軽減する「周波数コントロール」と「サイレントアイ」で安心の走りを叶える高速安定性と静粛性能を実現したおすすめのスタッドレスタイヤです。

おすすめのスタッドレスタイヤ⑧

グッドイヤー ICE NAVI 6

出典: https://www.amazon.co.jp/

120年の歴史を誇るアメリカのタイヤメーカーの冬タイヤの自信作です。撥水シリカとポリマーを結合させるカップリング剤「アクアフィラー」で、よりしなやかになったゴムにより路面に密着します。強靭な結合でゴムの断裂を抑え、ライフも大幅に向上したスタッドレスタイヤです。参考価格は、195/65R15で11,600円です。

性能比較

出典: https://www.goodyear.co.jp/

従来品と比較して高い総合性能を発揮するスタッドレスタイヤです。氷上のブレーキ性能が10%アップし、さらなる安心感をもたらしライフ性能も35%と大幅に向上し長持ちするスタッドレスタイヤになりました。シリカボリューム増加による撥水効果も向上し、よりしなやかになったゴムが氷路のデコボコに密着します。エッジ成分9%アップを実現したスタッドすタイヤです。

おすすめのスタッドレスタイヤ⑨

グッドイヤー ICE NAVI 7

出典: https://www.amazon.co.jp/

2017年冬に登場したグッドイヤー製の冬タイヤのフラッグシップスタッドレスタイヤです。最新のテクノロジーを搭載し、降雪地区ユーザーから強く求められる氷上・雪上性能をさらに向上させ、氷上で優れたグリップ力とコーナリング性能を発揮します。参考価格は、195/65R15で12,300円です。

性能比較

出典: https://www.goodyear.co.jp/

ICE NAVI 6で大きく向上した「ライフ性能」をキープしながら、氷上・雪上性能が従来品に比較して更に向上しました。トータル性能をアップして、更に経済性も満足するプレミアムスタッドレスタイヤと言えます。

出典: https://www.goodyear.co.jp/

アイスバーンでより安全に止まるためにはゴムの柔らかさが重要です。シリカとポリマーを結合させるカップリング剤は継続しながら、従来よりさらに柔軟性が高い、極小シリカのゴムを採用したことで氷上の細かい凸凹にも高い密着性を発揮するスタッドレスタイヤになりました。極小シリカゴムの密着効果および新開発のトレッドパターンによるひっかき効果で、従来品に比べて氷上でのブレーキ性能が7%もアップしました。

おすすめのスタッドレスタイヤ⑩

ピレリ ICE ASIMMETRICO

出典: https://www.amazon.co.jp/

ピレリの冬タイヤはヨーロッパの凍結路面を走ってきたタイヤの技術を盛り込み、日本向けに作られたスタッドレスタイヤです。「ピレリセルフサポーティングシステム」により多少空気が抜けた状態であってもグリップ力は失われず、安定した走りを実現できる優れたスタッドレスタイヤです。参考価格は、195/65R15で6,700円です。

性能比較

出典: https://response.jp/

コンセプトは、ドライビングの正確性と危険を伴う氷雪路面における安全性です。日本の厳しいニーズに対応し、ピレリのDNAであるパワーとコントロールを訴えます。ヨーロピアンウインターのDNAが与えられ、日本市場のニーズに基づいて特別に開発された日本向けスタッドレスタイヤとして注目したいおすすめのタイヤです。

おすすめのスタッドレスタイヤ⑪

ブリヂストン BLIZZAK VRX

出典: https://www.amazon.co.jp/

ブリジストンの冬タイヤ「BLIZZAK VRX」は、スタッドレスタイヤの中で一番売れているタイヤです。特に軽自動車などでは評価、評判共に高いおすすめのスタッドレスタイヤです。素材にアクティブ発砲ゴムという素材を使用して、凍結路面表面の水分をその気泡のような表面に入れることで制動能力を高めています。参考価格は、155/65R14で5,200円です。

性能比較

出典: https://tire.bridgestone.co.jp/blizzak/

アクティブ発砲ゴムは水路の表面を親水性素材でコーティングし、気泡の内壁に沿って水を入り込みやすくすることで、すべりの原因となる「路面の水膜」を積極的に除去し氷上でのグリップ力を格段に高めたスタッドレスタイヤです。

出典: https://tire.bridgestone.co.jp/blizzak/

従来品に比べて小さなブロックが氷雪面をしっかりとつかむトレッドパターンを採用しています。路面をひっかく、とらえるの両機能をバランス良く向上させるV字ブロックで性能アップを実現したおすすめのスタッドレスタイヤです。

おすすめのスタッドレスタイヤ⑫

ブリヂストン BLIZZAK VRX2

出典: https://www.amazon.co.jp/

ブリジストンの冬タイヤ「BLIZZAK VRX2」は、現行最新型のスタッドレスタイヤです。その性能はブリジストンが「ブリザック史上最高性能」と自信をもって伝えるほどの高い性能です。凍結路面で止まり、積雪路面で曲がることができ、静かで長期間使える、しかも低燃費性能というすべての面において最高性能を目指したおすすめの傑作品と言えます。参考価格は、195/65R15で8,100円です。

性能比較

出典: https://tire.bridgestone.co.jp/blizzak/

アクティブ発砲ゴムがさらに進化し、粒径の小さいシリカと増加させた摩擦力向上剤の配合により、トレッドゴムが氷路面にしっかりと設置し、グリップ力を大幅に向上させました。剛性を向上させたブロックが路面とタイヤの接地面積を最大化することでグリップ力を向上させました。ブロック剛性を高め、パタンの変形を抑えることで摩耗の原因であるタイヤと路面の「すべり」を低減し、ロングライフを実現したスタッドレスタイヤです。

出典: https://tire.bridgestone.co.jp/blizzak/vrx2/images/p_items_vrx2_intro_fig3.png

出典: https://tire.bridgestone.co.jp/blizzak/

氷上ブレーキ性能比較テストや氷上コーナリング距離比較テストでも従来品とに差がハッキリと現れました。ミニバンでもしっかり止まり、しっかり曲がる性能が検証され、軽自動車でも同様にしっかり止まり、曲がることができるスタッドレスタイヤです。

おすすめのスタッドレスタイヤ⑬

ブリヂストン BLIZZAK DM-V2

出典: https://www.amazon.co.jp/

ブリジストンの冬タイヤ「BLIZZAK DM-V2」は、SUVなどのスポーツ多目的車に搭載されるよう開発されたスタッドレスタイヤです。素材はアクティブ発砲ゴムを使用し、車高の高めなSUV車でも走行安定性を保つために3Dホールドスクラムサイプという溝の加工や特殊な表面処理がされタイヤを装着したその日から能力を発揮できるよう作られています。参考価格は、175/80R15で10,900円です。

性能比較

出典: https://bridgestone-tire-aichi.com/

アクティブ発砲ゴムは、水路の表面を親水性素材でコーティングし、気泡の内壁に沿って水を入り込みやすくすることで、路面の水膜を積極的に除去します。タイヤが氷路面にしっかりと密着してグリップ力が格段に上がりました。サイプの切れ込みを断面途中で3次元にジグザグに変化させ、すき間には柱の役割を果たすプロップ・ホームを搭載してブロック剛性を向上させました。

出典: https://tire.bridgestone.co.jp/blizzak/

トレッド表面に施した微細な凸凹が、路面の水膜を効果的に除去することで装着初期から優れた氷上性能を発揮します。氷上ブレーキ性能は11%短縮し、ウエットブレーキ性能でも5%短縮するテスト結果が確認されています。

スタッドレスタイヤの性能を比較して自分に合ったタイヤをみつけよう!

冬の時期の必需品となったスタッドレスタイヤですが、各メーカーごとに独自技術を開発して性能強化を図った製品が発売されています。選び方は難しいですが、自分の車の用途に合わせて価格、性能、耐久性などを考慮して自分の車にベストなスタッドレスタイヤを選び、安全な雪道走行を楽しみましょう。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
コージー65

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ