ソロキャンプ道具おすすめ33選!こだわりのキャンプ必需品を一挙にご紹介!

最近流行っているソロキャンプ。初めて挑戦する方も増えてきていますが、初めてのソロキャンプはどんな道具を準備したら良いのか悩んでいませんか。ここでは、ソロキャンプにおすすめの道具33アイテムをご紹介するので、参考にしてください!

ソロキャンプ道具おすすめ33選!こだわりのキャンプ必需品を一挙にご紹介!のイメージ

目次

  1. 1ソロキャンプの魅力
  2. 2ソロキャンプでおすすめの道具&装備【テント編】
  3. 3ソロキャンプでおすすめの道具&装備【テーブル&チェア編】
  4. 4ソロキャンプでおすすめの道具&装備【寝具編】
  5. 5ソロキャンプでおすすめの道具&装備【マット編】
  6. 6ソロキャンプでおすすめの道具&装備【ランタンorヘッドライト編】
  7. 7ソロキャンプでおすすめの道具&装備【調理編】
  8. 8ソロキャンプでおすすめの道具&装備【その他編】
  9. 9こだわりのキャンプ用品を揃えてソロキャンプをもっと楽しく!

ソロキャンプの魅力

これだけは用意したい!ソロキャンプの必需品リスト

最近話題のソロキャンプは、趣味として人気が広がりつつあります。ソロキャンプとなると、テント張りから食事の準備まで一人でやらなければならないので、準備する道具もある程度は必要になります。最近のソロキャンプ用品には、テント、テーブル、寝具など便利な道具がたくさんあります。ソロキャンプを始めたいけど、どんな道具を用意したら良いのかわからずに悩んでいる方もいることでしょう。ここでは、ソロキャンプにおすすめ用品や必需品アイテムをご紹介するので、ぜひ参考にしてください!

ソロキャンプでおすすめの道具&装備【テント編】

バイクでソロキャンプにぴったり!

テントといえばソロキャンプに欠かせない必需品ですがこちらのテントは、バイクでキャンプ場に出かける方におすすめの道具で、バイクの屋根にもなる機能がついた高性能なテントです。ソロキャンプは一人で気軽に出かけることができるので、車でなくてバイクでキャンプ場に訪れる方も多いです。バイクで行くと、急な天気の崩れに対応することが難しいのですが、このテントならバイクの屋根まで付いているのでバイクが濡れずに済みます。

バイクが収まる大型キャノビーで、椅子を置けば人も座れるほどのスペースがあります。通気性の良い大型窓が付いており、気温の高い季節でも快適なソロキャンプが楽しめます。1台で広々空間なので、ソロキャンプはもちろん友達を連れてのキャンプにも大活躍すること間違いなしです。また、バイクに積載できるコンパクトサイズで、持ち運びも楽にできるおすすめのキャンプ用品です。

車でソロキャンプにぴったり!

車でキャンプ場に出かける方は、アクアクエストのテントがおすすめです。ソロキャンプに大きなテントは不要ですが、広いスペースでソロキャンプを楽しみたい方にもおすすめです。こちらのテントは、快適さを重視して作られており、ソロキャンプが初めての方でも楽しい時間を過ごせます。テントの両サイドにはメッシュウォールがあり、虫の侵入を防いでくれるので、女性のソロキャンプにもおすすめです。17の補強されたループを使えば、あらゆる形状にテントを張ることもできます。テントの使い方は自分次第なので、様々なテントの張り方を駆使して自分なりの使い方を編み出す楽しみもあるおすすめのキャンプ用品です。

バックパッキング向けテント!

バックパッキング向けのテントを探している方にはこちらのテントがおすすめです。丈夫な作りのため、初めてのソロキャンプの方にもおすすめの装備です。2本のポールを交差させ、箱型空間を作り出します。箱形状になるので、まるで家にいる感覚を味わいながらソロキャンプが楽しめるでしょう。家にいるような感覚でリラックスすることができるため、自宅感覚にこだわりを持つ方にもおすすめのテントです。また、このテントは、厚手の生地を使用しており、耐久性にも優れています。特に天候が変わりやすい山でのソロキャンプにも柔軟に対応してくれること間違いなしです。

人気ブランドスノーピークのテント!

フレームワークを工夫することで1kgを切る軽量化を実現したテント装備です。メインフレームは、トレッキングポールでも代用できるので、フレーム不使用で800g、使用して950gと自分で軽量を調整することもできます。軽量にこだわりがある方はフレーム不使用がおすすめです。人気ブランドのキャンプ道具ということもあり、軽量だけどしっかりした作りなので耐久性面でも心配はいりません。一人で持ち運びするのにも最適な軽量なので、転々と移動する方にもおすすめのテント用品です。

人気ブランドコールマンのテント!

ソロキャンプでも開放感を求めたい方にはこちらのテントがおすすめです。コールマンのテントは、前室が高くなっているので開放感があります。ソロキャンプ用品のテントでも数万するものが多い中、このテントは1万円代で購入できるので、コスト面でも優れています。組み立ても簡単で、広々空間なので雨が降っても広い前室があるので安心できます。居室は必要最低限ということで、一人のみなら広々と使えるのですが、2人で寝泊まるとなると窮屈なので完全にソロキャンプ向けのテントです。ツーリングキャンプで使う方も多く、口コミ評判も良いおすすめのキャンプ用品です。

ソロキャンプでおすすめの道具&装備【テーブル&チェア編】

超軽量で丈夫なローテーブル!

ソロキャンプといえばテーブルも準備すべき必需品道具です。テーブルの広さと天板の安定感にこだわる方にはこちらのテーブル用品がおすすめです。テーブルを広げると60×40cmの天板が広がり、しっかりした作りなのでドリンクボトルも倒れません。他のテーブル用品と比べると少々お値段は張りますが、天板の安定感は比較になりません。ソロキャンプ向けのテーブルは小さくて狭いタイプが多いのですが、このテーブルならしっかり安定感もあって広々と使えるので、ストレスもなく楽しいキャンプになります。ソロキャンプ以外にも、お花見や花火大会など家族で使うのにも申し分のないおすすめの道具です。

ヘリノックスのフラッグシップモデル!

テーブルと合わせて必需品となるのが椅子です。通気性の良いコンパクトサイズの椅子を探している方にはこちらのフラッグシップモデルチェアワンがおすすめです。椅子の背面は全面がメッシュ加工になっており、通気性も抜群です。暑い季節でも長時間座っていられるので、キャンプ場の風邪を感じながら一眠りできるほどの快適さが特徴です。座った時に独自構造のジョイント部が柔軟に回転し、4本足がどんな凹凸でもしっかり支えくれるため、安定感も抜群です。砂利の多い川辺でのソロキャンプでも安定感のある居心地を叶えるおすすめのキャンプ用品です。

快適な座りごごちで長時間OK!

リュックにもコンパクト収納できるこちらの椅子は、1本の指でも持ち上げることができるほどの超軽量な椅子です。重さはわずか907gしかありません。椅子のサイドにはポケットも付いており、スマホや飲み物などを入れるのに使えます。座り心地もよく、背面は通気性のいいメッシュ素材を使用しているので、暑い季節でも長時間座り続けることができます。ソロキャンプのお供にはもちろんですが、お花見や外でのBBQ、スポーツ観戦時の椅子としても大活躍です。コンパクトに収納できるので、なるべく荷物量を減らしたい方にもおすすめのキャンプ道具です。

ソロキャンプでおすすめの道具&装備【寝具編】

夏用快眠シュラフ!

ソロキャンプといえば寝具も準備しなければならない必需品です。こちらの寝具は、暑い夏も快適な睡眠を叶える人気のシュラフです。雑誌にも掲載されるほどの人気ぶりで、ファスナーを広げ展開することもできます。広げて使えば敷布団代わりにもなるので、大人が2人並んで寝ることも可能です。暑い夏でも夜は冷えることが多く、保温性に優れたこちらの寝具がおすすめです。寝具アイテムを持っていれば災害の時にも役に立つので、ソロキャンプを楽しみたい方は機能性も重視して、夏用快眠シュラフを選ぶといいでしょう。

お手頃価格のシュラフ!

ソロキャンプでも寝具は広々と快適に使いたい方もいるでしょう。窮屈な寝具が苦手な方は、リクライのシュラフがおすすめです。まるで自宅の布団で寝ているかのような感覚で、ゆったりと寝ることができるので、快適な睡眠を取ることができます。保湿性、吸収性、通気性にも優れているので機能性を重視したい方にもおすすめです。さらに、高い防水性で急に雨が降ってきても濡れる心配もありません。雨が降ると気になるのが寝具のカビですが、リクライの寝具はカビが生えにくいポリエステル素材なので、いつでも清潔に保ちたい方にもおすすめのキャンプ道具です。

高級ダウンのシュラフ!

高級感にこだわりたい方は、1000gの高級ダウンを詰め込んだ寝具がおすすめです。高級感あふれる感触のダウンをたっぷりと詰め込んだ寝具なので、ソロキャンプでも快適な睡眠が取れるでしょう。本体重量はわずか1600gしかなく、軽量にこだわりがある方にもおすすめです。軽くて最高な寝心地なので、ソロキャンプでも質の良い睡眠を取ることもできるでしょう。使用温度の下限が15℃のため、寒い時期や気温が低い山でのソロキャンプにもおすすめの道具です。

のんびり気分でハンモックも!

キャンプ場でゆったり時間を楽しみたい方は、のんびり気分が楽しめるハンモックがおすすめです。ハンモックはあまり馴染みがないアイテムでもあるため、組み立てが面倒に思われがちですが、ここでご紹介するハンモックは、ソロキャンプでも楽しめるように簡単設計されているので初めての方や不器用な方でも安心です。軽量タイプなのに抜群の寝心地を叶えてくれるハンモックで、熱がこもらないので夏場でも使用可能です。ゆったりできる大きさなので、風に揺られながら自然の空気を楽しみたい方にもハンモックはおすすめ道具の一つです。

枕も忘れず!

寝具を準備するなら忘れてならないのが枕です。キャンプ場での睡眠にも枕は欠かせない道具の一つです。ここで紹介しているロゴスの枕は、二つ折りで枕にするだけでなく、広げてクッションとして使うこともできます。ロゴスの枕は、空気をいれて使うエアー枕が、頭を優しく包み込んでくれるため、硬い地面での睡眠も快適にしてくれます。ベルベッド仕立ての肌触りの良い素材なので、敏感肌の方にもおすすめです。コンパクトに二つ折りにすると単行本程度の大きさしかなく、収納スペースを取らないのも嬉しいキャンプ道具です。

ソロキャンプでおすすめの道具&装備【マット編】

ほぼフルシーズン対応の自動膨張式マット!

キャンプ場でゆったり寛ぐなら椅子よりもマットがあると便利です。こちらでおすすめするマットは、自動膨張式マットレスの中でも断熱性に優れたモデルで、女性用のキャンプ道具です。空気をいれてマットを膨らませれば、収納するときはとってもスマートです。軽量なので女性のソロキャンプにもおすすめしたい道具の一つでもあります。女性用のマットは、マット自体が暖かい機能を発揮するので、冷えやすい体を温める効果もあるのでおすすめです。

柔軟性と弾力性を備えた軽量マット!

柔軟性と弾力性にこだわりがある方にはこちらのマットがおすすめです。マットの暑さが2cmで、優れたクッション性と保湿性で冷たい地面の上でも快適な居心地を約束してくれます。特に寒い季節は地面がとても冷たいので、通常のマットを強いても体が冷えるだけで疲れが溜まってしまいます。一方こちらのマットなら、マットの中でも厚みのあるクッションが地面からの冷気を遮り、体の冷えから守ってくれます。マットを折ると枕としても使えるので機能性も抜群です。厚みがあるので筋トレやヨガマットとしても使えるおすすめの道具です。

高い保温性のシュラフマット!

高い保湿性にこだわりを持つ方にはこちらのマットがおすすめです。広げると縦183cmもあるので、成人男性の方でも余裕を持って使うことができる道具です。マットの表面にはアルミ蒸着加工がされているため、常に暖かい環境を完備できます。重量は400gしかありません。軽さとコンパクト性を重視したデザインで、長期のソロキャンプや歩きで移動する登山にもおすすめの道具です。

暖かさ2倍のマットレス!

とにかく体の冷えをなんとかしたい方にはこちらのマットがおすすめです。サーマレストのマットは、通常のマットの2倍の保温効果があり、特に体の冷えが気になる方や冷え性持ちの方にもおすすめの道具です。類似品のエアーマットと比べても2倍の暖かさを感じることができるため、寒い冬や季節でも快適なソロキャンプが楽しめるでしょう。

モンベルのコンフォートマット!

機能性よりも重量性にこだわりがある方にはこちらのマットがおすすめです。マットは機能性も大切ですが、持ち歩くのに軽量でないと辛くなってしまう方もいることでしょう。特に登山など歩く時間が長い方には軽量性を重視したマットがおすすめです。マットのクッション性と保湿性が均一に保たれているので、快適なの心地でキャンプ場でもしっかり睡眠をとることができます。歩く距離が長くなる方は疲れも溜まってしまう場合、モンベルのコンフォートマットはおすすめです。快適な睡眠を取りたい方にもおすすめの道具です。

ソロキャンプでおすすめの道具&装備【ランタンorヘッドライト編】

コールマンの雰囲気抜群ランタン!

軽量わずか210gしかないとってもコンパクトで軽いランタンです。ソロキャンプ初心者でも扱いやすい道具で、揺れる焔で辺りを優しく照らしてくれます。まるでキャンドルのような暖かい灯で、一日の疲れも吹き飛ばしてくれることでしょう。燃焼時間は28~38時間も続くため、一晩中灯を絶やすことなく快適なソロキャンプが楽しめる道具です。こちらのランタンは、専用のカートリッジが必要なので購入する際は必要なアイテムをしっかり揃えて購入しましょう。

メインで使えるLEDランタン!

ソロキャンプでもしっかり灯を灯したい方は、メインで使えるLEDランタンがおすすめです。LEDならエコで明るいので、手元もしっかりと照らしてくれるでしょう。最長600時間点灯することができ、ランタンのコストを大幅削減することも可能です。目に優しい灯りで、暗い夜でも目に負担をかけることなく周囲を照らしてくれます。灯りの色も選ぶことができ、自分好みのライトとして使えます。LEDランタンには、キャンドルモードが搭載されているので、癒しが欲しい時にはキャンドルモードでロマンチックなソロキャンプを楽しむのもありでしょう。

スノーピークのギガパワーランタン!

スノーピークのギガパワーランタンは、手のひらサイズの超コンパクトなランタンです。小型でも最高80W相当の灯りで周囲を照らします。キャンプといえば、ランタンも火を使って灯を照らしたい方もいることでしょう。自分で火を起こして灯を灯すのもソロキャンプの醍醐味です。本格的なソロキャンプを楽しみたい方にもおすすめの道具で、非常にコンパクトなので持ちる気にも大変便利なランタンです。

雰囲気を味わえる燃料ランタン!

キャンプの雰囲気を最大限に引き出したい方には燃料ランタンがおすすめです。こちらの燃料ランタンは、燃料が染み込んだウィックに炎が灯り、空気が温められて上昇して煙突から放出される仕組みとなっています。燃料を燃やすことで灯りを灯せるので、本格的にソロキャンプを楽しむこともできるランタンです。燃料を燃やした灯はちょっとした風の向きでも灯りの在り方が変わるため、それも含めてキャンプらしさを引き出したい方にもおすすめのキャンプ道具です。

あったら便利なランタンハンガー!

ランタンと合わせてあると便利なハンガーは、ランタンを吊るすことで、使いたい場所にランタンを簡単に設置できる便利なアイテムです。ハンガーの使い方としては、曲げに強いステンレスをポールなどにくくりつけるだけです。テコの原理でしっかりとポールに固定してランタンを引っ掛けることができます。ランタン以外にも、ゴミ袋や荷物、蚊取り線香や虫除けなども吊るせるので、使い方次第で快適なソロキャンプ生活が楽しめるでしょう。

両手が使えるLEDヘッドランプ!

山の中を探索したり、暗い場所を歩いたりする時におすすめなのが、LEDヘッドランプです。キャンプ場では夜に活動したい方も中にはいることでしょう。通樹のランタンでは大きさもあり、片手で持ちながら移動する必要があるのでとても不便です。LEDヘッドランプなら、頭に装着するだけで周囲を照らすことができるのでおすすめです。最大照射距離は500mまで届いて照らしてくれます。

ソロキャンプでおすすめの道具&装備【調理編】

ハイパワーで軽量バーナー!

ソロキャンプで欠かせない調理道具といえば、バーナーです。ここで紹介するバーナーは、燃焼時間約55分もあり、お湯を沸かしながらカレーを作ることも可能です。一つの区画の火が消えても他の区画は火が消えないように設計されているため、強風の場所での調理にも最適です。ハイパワーなのに軽量でコンパクトに収納できるので、ソロキャンプでも無理なく持ち運びができます。ソロキャンプで本格料理を楽しみたい方にもおすすめのキャンプ道具です。

予熱不要にガソリンストーブ!

ランニングコストを抑えたい方にはこちらのガソリンストーブがおすすめです。燃料はガソリンを使用しており、自動車用ガソリンを代用することもできます。専用の燃料を使わなくてもいいので、かなりコストを抑えることができます。ガスストーブの扱いやすさとガソリンストーブの力強さを兼ね合わせた高機能なガソリンストーブで、マイナス40度の極寒地でもしっかり調理ができる道具です。また、予熱不要で、調理にかける時間を削減するだけでなく、クリーンな空気の元調理ができるのも魅力的なキャンプ道具です。

固形燃料で小型軽量のストーブ!

ちょっとした調理をしたい時には固形燃料タイプのストーブがおすすめです。ソロキャンプではそこまで調理にこだわりを持たないという方もいることでしょう。また、移動途中でちょっとしたコーヒーや小腹を満たしたい時には、手軽に調理できるストーブがあると便利です。小型軽量のストーブなら、ソロキャンプでも無理なく持ち運びができ、気軽にお茶タイムも楽しむことができます。コーヒー好きの方にも大人気のキャンプ道具で、ポケットインできる魅力的なコンパクトサイズのストーブです。

これがあれば万能調理!

ソロキャンプにあると便利な調理道具で、餅を焼ける網です。この道具は餅焼き用の編みですが、使い方次第では様々な調理ができます。パール金属の焼き網は、HIにもガス火にも対応しているおり、ソロキャンプにはもちろん家庭での調理も使える便利な道具です。お肉を編みに乗せて焼くこともできるので、調理の幅も広がることでしょう。ソロキャンプでも本格的な料理を楽しみたい方にもおすすめの道具です。

必需品ナベ4点セット!

ソロキャンプに欠かせない必需品ナベが4点セットになったお得なアイテムです。初めてのソロキャンプの方は調理器具は何を準備したらいいのか迷う方もいることでしょう。キャメルウィルのキャンピング鍋4点セットの内容は、鍋大、フタ兼用フライパン、鍋小、フタ兼用皿の4つの道具です。それぞれのナベでご飯、味噌汁、おかずを小分けに作ることができます。料理が好きな方ならナベを使いこなして楽しく料理ができるので、自然の中で美味しいご飯を食べたい方にもおすすめの道具です。

コンパクトなクッカーセット!

さらに調理にこだわりと持つ方におすすめなのが、8点セットのクッカーセットです。内容は、ポット大、ポット小、フライパン、トレイ2個、水杯2個、ふたの8つのアイテムです。ソロキャンプには十分すぎるほどの道具の種類で、ファミリーキャンプでも大活躍してくれるでしょう。8点の大容量でも、コンパクトに収納ができるので、ソロキャンプでも無理なく持ち運びができます。厚手の素材で熱にもサビにも強く、外での調理を快適にするおすすめの道具です。

これ一つで調理は問題なし!

ソロキャンプで準備したいナベ以外の調理器具といえば、キッチンツールです。こちらで紹介するキッチンツールは、穴あきステンレス包丁、キッチンばさみ、ナイロン製お玉、ナイロン製フライ返し、カッティングボー、しゃもじ、万能トング、菜箸、ピーラーの9点のアイテムがセットになっています。ソロキャンプでも一通りの調理ができるツールが揃っているので、これさえあれば様々な調理が楽しめるでしょう。9点の便利なキッチンツールをコンパクトに収納できるケースもあるので、荷物を最小限にできます。

ソロキャンプでおすすめの道具&装備【その他編】

16機能が詰まったマルチツール!

ソロキャンプで持っていると何かと便利なおすすめ道具は、コンパクトな刃のついたマルチツールです。キャンプでは食材をカットしたり、木を切ったり、いざという時にナイフやノコギリなどの刃物を持っていると役立ちます。ここで紹介しているビクトリノックスのフィールドマスターは、はさみや栓抜きなど16種類の機能が詰まった便利なマルチツールです。他のキャンプ道具と合わせてハサミなどのツールも装備しておくことで、快適なソロキャンプ生活を送れるでしょう。

長年使える革製グローブ!

ソロキャンプとなると、テント張りから調理まで全て自分でこなす必要があります。手は体の中でも一番に使う部位でもあるため、しっかりと守る必要があります。そこでおすすめの道具は長年使える革製グローブです。このグローブは、アウトドアでの過酷な環境元での作業に適した作りとなっているので、ソロキャンプをより有意義に楽しみたい方にもおすすめです。

こだわりのキャンプ用品を揃えてソロキャンプをもっと楽しく!

ソロキャンプでは、すべて自分で必要道具を準備しなければならないので少しでも荷物を減らして快適なソロキャンプを楽しみたいものです。ここでご紹介したソロキャンプにおすすめの道具は、軽量でコンパクトなアイテムが多いです。初めてソロキャンプをする方や、新しいキャンプ用品を探している方はぜひこの記事を参考にして、こだわりのキャンプ用品を揃えてソロキャンプを楽しんでください!

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
平山未来

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ