クロスバイク用の服装は?ツーリング・街乗りなど目的別におすすめをご紹介!

クロスバイクに乗る時、どんな服装で乗るのが一番ベストなのかを、ツーリングや街乗り等、目的別におすすめな着こなしをご紹介します。クロスバイク初心者で、どんな服装がいいのかわからないという方は、この記事を参考に服を選んでみてください。

 クロスバイク用の服装は?ツーリング・街乗りなど目的別におすすめをご紹介!のイメージ

目次

  1. 1クロスバイクの服装を選ぶポイント
  2. 2クロスバイクでツーリングするときにおすすめの服装
  3. 3クロスバイクで通勤するときにおすすめの服装
  4. 4クロスバイクで街乗りするときにおすすめの服装
  5. 5クロスバイク走行の基本アイテム
  6. 6クロスバイクに乗る時はムダ毛の処理をした方が良い?!
  7. 7クロスバイク走行の目的に合わせて服装を変えてみよう!

クロスバイクの服装を選ぶポイント

クロスバイクは気軽に快適な乗り心地を楽しめる自転車です。当然、街乗りなら、カジュアルな普段着で乗ってもなんの問題もありません。通勤・通学で利用するなら、制服・スーツ等でもなんら問題ありません。

ただし、自転車、しかもママチャリと違って、ある程度速度の出るクロスバイクに乗る場合、安全性などを考慮して服装を考えても損はありません。クロスバイクに本当に合う服装とはどんな服なのか、あらためて考えてみましょう。

服装を選ぶポイント①安全性

自転車に乗る時は、出来る限り肌の露出を避けるのが基本です。長袖・長ズボンが基本になるのですが、これは転倒した時の擦り傷防止という意味があります。

クロスバイクはスピードの出る乗り物です。スピードの出る乗り物で転倒した場合、その衝撃も怖いですが、もっと怖いのが擦り傷です。スピードが出たまま地面に滑り落されますので、擦過の程度が酷くなってしまうのです。

露出の多い服で、スピードの出た状態で転倒したとします。肌が出ている部分はもろに地面に擦れて傷の範囲は露出しているだけ広くなります。擦過傷は切り傷と違って治りが遅く傷跡が残ってしまう場合もあります。

この不規則な傷口に深い部分があると、神経を傷つけてしまい、最悪、しびれや麻痺が残ってしまうという大変な事態になる可能性があります。スパッと切れる切り傷と違い、不規則に傷がつく擦り傷は、実はそれほど怖い傷なのです。

服装を選ぶポイント②空気抵抗の少ない物

クロスバイクに乗る時、上半身はできるだけ丈の長いものを選びます。クロスバイクは前傾姿勢で運転しますので、丈が短いと背中や下着が丸見えになってしまうからです。サイクルウェアなら最初から丈が長くなっていますが、街乗りで普段着で乗る場合は、その辺りも留意して服を選びましょう。

また、長距離を走る場合は、空気抵抗による疲労が出やすいので、体にフィットし、風が服の中に溜まったり、あおられてバタバタしないような上着を選ぶと、空気抵抗が少なくなり、快適に走ることが可能になります。

服装を選ぶポイント③パンツの伸縮性のある細身の物

クロスバイクに乗る時、ボトムス関係で一番怖いのは裾の巻き込みです。クロスバイクのギアやチェーンには、ママチャリと違ってカバーが付いていません。ズボンやパンツの裾が巻き込まれると転倒や大けがの原因になりますので、裾が広めのボトムスの時は、裾をまくり上げるか、あとで紹介する裾バンドを巻くようにしてください。

また、ジーンズのように固い素材のボトムスは、ペダルを踏む際に影響を及ぼしますので、伸縮性のあるストレッチ素材のボトムスを選ぶのがおすすめです。

クロスバイクでツーリングするときにおすすめの服装

ツーリングするときはサイクルジャージがおすすめ

ツーリング(ロングライド)をするときは、本格的にサイクルジャージを着るのが一番動きやすく快適です。

サイクルジャージというと「派手過ぎてちょっと」と二の足を踏む方もいらっしゃるかもしれませんが、最近の自転車ブームでサイクルジャージの種類も増えてきました。

サイクルジャージにシンプルな手持ちの服や小物を合わせればおしゃれに着こなせます。ツーリング先で飲食店に入るときに、サイクルジャージだと抵抗があった方も、手持ちの上着などと合わせれば、抵抗もなくなるはずですので、一度お試しください。

おすすめのサイクルジャージ①Lixada 半袖 サイクルジャージ

男性用の半袖サイクルジャージです。通常のポリエステル繊維より、水分を細かく大量に取り込む吸汗性に優れ、吸った汗は肌側に戻さず、ドライ感を保持する快適な素材を使用しています。後ろポケットが多く、便利な作りになっています。

おしゃれなデザインで、伸縮性にも優れフィット感は抜群です。厚いスポンジクッション付なので、動きやすく、ロングライドでも疲れにくい、自転車専用設計になっています。ボトムスの裾はシリコーン製なので、滑り止めになっています。

おすすめのサイクルジャージ②Padmx サイクルジャージ 上下セット

男性用の半袖サイクルジャージです。ボトムスのサイクリングパンツはビブショーツタイプで素材はポリエステル100%になっています。サイズ展開はS~3XLですが、上半身用は少しゆったりした着心地になっています。春~秋の3シーズンに対応します。

長時間のロングライドでも疲れにくいよう、ボトムスのパッド部分が3Dパッドになっています。この3Dパッドがさまざまな角度からの衝撃を吸収してくれますので、初めてサイクルジャージを買うという方におすすめです。また価格が抑え気味で、コストパフォーマンスの高い商品になっています。

クロスバイクで通勤するときにおすすめの服装

通勤するときは体温調節ができる服装を!

自転車で走ると、雪が降るような寒い日でも、10分もすれば汗をかきます。クロスバイクで自転車通勤を考えているのなら、汗対策を1年通して考えておく必要があります。これを怠ると、勤務に支障が出る場合もありますので、きちんと汗対策をしてください。

まず、夏でも肌の露出は控えめにしてください。先に述べた転倒での擦り傷防止の意味もありますが、紫外線や日焼けによる肌への影響もあるからです。薄手のアームカバーやレッグカバーをして露出を防ぐか、長袖長ズボンにするのがベストです。

なお、夏の自転車通勤は大汗をかきますので、会社についてから必ず着替えることが必須になります。

冬でも汗をかくことは述べましたが、冬の通勤では体温調節ができるようにします。たとえば走り始めはウインドブレーカーを着て寒さに耐えられるようにし、走り出して暑くなってきたらウインドブレーカーを脱ぎます。

春と秋も、基本的には冬と同じ考えになります。体温調節ができる服装で通勤し、会社に着いたら着替えるのが一番です。

クロスバイクで通勤するときは裾バンドが必須アイテム

裾バンドというのは、足首の裾をまとめることで、服がチェーンに接触し巻き込まれるのを防ぐためのアイテムです。スーツだけに限らず、裾に余裕のある服装でクロスバイクに乗る場合は、この裾バンドは必携になります。

巻き込み防止だけでなく、服がチェーンなどに触れて油で汚れないようにする意味もありますので、必ず裾バンドをするようにしてください。

おすすめの裾バンドOSTRICH ワイドズボンクリップ

縦8.5cmの幅広タイプの裾バンドです。ネオプレン製なので、柔らかく伸縮性も良くなっています。ホールド性が高く、裾からずり落ちにくい作りになっており、コンパクトに持ち運ぶことも可能です。

反射材標準装備で、幅広な分視認性が高くなり、夜間運転の心強い味方となってくれます。

クロスバイクで街乗りするときにおすすめの服装

街乗りするときはカジュアルな服にビンディングシューズがおすすめ

街乗りの時に、いま一番おすすめの服装は、カジュアルな長袖・長ズボンに、足元はビンディングシューズというコーディネイトです。クロスバイクの場合は、ヘルメットもかぶっておきたい所ですので、ヘルメットやビンディングシューズの硬さとカジュアルな普段着のオフ感が絶妙にマッチします。

最近はクロスバイク用のカジュアルなビンディングシューズも販売されていて、それがなかなかおしゃれですので、街乗りではこのコーディネイトがベストです。

おすすめのビンディングシューズ①シマノ クリッカー

https://item.rakuten.co.jp/esports/9458330590170/
https://item.rakuten.co.jp/esports/9458330590170/

シマノから発売されているクリッカーシリーズは、一見するとビンディングシューズに見えない、スニーカーのようなデザインのビンディングシューズです。

このようなおしゃれなスニーカー風のビンディングシューズなら、クロスバイクを降りて街中を歩いていても違和感はないはずです。

おすすめのビンディングシューズ②シマノ CT5

こちらもシマノから発売されているスニーカーのようなビンディングシューズです。ソール内部の中間層にシャンクプレートが挟まれていて、ペダリングの力を効率よく伝えてくれます。ラバーソールが滑りにくくする仕様にもなっています。

ミッドソールにEVA素材が採用されています。それが街中を歩く時の衝撃を和らげてくれますので、歩く時も快適です。

おすすめのビンディングシューズ③Giro Republic SPDシューズ ジロ リパブリック

ヘルメットやゴーグルで有名なGiroから発売されているビンディングシューズです。こちらもデザインがとてもおしゃれで一見スニーカーにしか見えません。新しいナイロンとゴムの共生型アウトソールで、履き心地もよく、ほどよく柔軟性もあるスニーカー型です。

ビンディングシューズの中では、比較的お手頃価格となりますので、ビンディングシューズ初心者の方にもおすすめです。

クロスバイク走行の基本アイテム

クロスバイク走行の基本アイテム①ヘルメット

クロスバイクでスピードのある状態で転倒したとき、心配なのは擦過傷ももちろんですが、一番怖いのは頭を強打することです。その衝撃から頭を守るためにもヘルメットは必需品と言えます。

一昔前までの自転車用ヘルメットというと、黄色い工事現場のようなヘルメットを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、最近はおしゃれで機能性にも優れた自転車用ヘルメットが多数販売されています。

またこれらのサイクリングヘルメットは、直射日光を防ぐ役割も担っていますので、軽量で通気性に優れているように作られています。

いまやサイクリングヘルメットは、安全のためだけでなく、サイクリングの快適性やファッションに大きな影響を与えている存在なのです。

おすすめのヘルメット①EXCLUSKY クロスバイク用ヘルメット

出典:https://www.amazon.co.jp
出典:https://www.amazon.co.jp

重量240gととても軽く、一体成型の工芸で作られたヘルメットです。ファッション性、安全性共に高く、高品質で耐久性にも優れています。風を通すための風洞が11もありますので、頭がむれることもなく、効果的に風の抵抗を減らし快適な走行が可能となります。

男女選ばずかぶれる大人用ヘルメットです。
【サイズ】56~61cm
【本体重量】約240g

おすすめのヘルメット②オージーケーカブト SCUDO-L2

キャスケット帽のような独特なフォルムのおしゃれなサイクリングヘルメットです。ソフトシェルインモールド成形を元に、極薄のハードシェルを組み合わせた「ハイブリッド製法」を採用されています。この製法により、軽さはそのままに強度の強化に成功しています。

またキャスケットのつばのように見える部分が、専用バイザーになっており、夏場などの強い日差しから目を守ってくれる役割をはたします。バイザーは着脱可能ですので、サングラス派の方は取り外して着用することもできます。

【サイズ】57~59cm
【本体重量】315g

クロスバイク走行の基本アイテム②サングラス

サングラスは紫外線や直射日光から目を守るためにも、もちろん必要ですが、それと同じくらいに、飛んでいる虫や埃が目に入るのを防ぐ役割を果たしています。

クロスバイクは普通の自転車に比べて、スピードが出ます。ほんの数秒、虫や埃が目に入って視界を遮られただけでも大きな事故につながる可能性が充分にあります。そういった危険から身を守るためにも、サングラスは必需品といえます。

おすすめのサングラス OAKLEY ジョーブレーカー

スポーツ向けのサングラスといえば、メジャーリーガーをはじめゴルフ、サーフィン、スノーボードとあらゆるジャンルのスポーツ選手がかけている有名メーカーにOakley(オークリー)があります。そのオークリーがサイクル用に作ったサングラスが「ジョーブレーカー」です。

スポーツ向けのサングラスを数多く手掛けてきただけあり、激しい動きにもずれません。ノーズパッドが取り替えられるようになっていますので、個人々々の鼻の高さに合わせてフィッティングを変更できます。

また、独自レンズである「PRIZM RUBY」を搭載しているので、裸眼でいるよりも色を引きたて、視界をさらにクリアにしてくれます。中央部分がレンズで繋がっていますので、後方確認の際、両目で確認が可能になっており、距離感をとるのにも役立ちます。

クロスバイクに乗る時はムダ毛の処理をした方が良い?!

ムダ毛処理をするとケガ防止になる

ロードバイク競技に興味のある方ならご存知かもしれませんが、競技自転車など、本格的なスポーツ志向のサイクリストは脚や腕の無駄毛を処理しています。全員がそうではありませんが、ツール・ド・フランスなどのサイクル競技を見る機会があるなら、選手の腕や足に注意してみてください。皆さんつるつるです。

本格的なサイクルジャージは上は半袖、下は七分丈です。つまり肌の露出が多いのです。ここで最初の方の項目で、サイクリング時にはなるべく肌を露出しないという話を述べました。擦過傷が怖いからです。この転倒時の傷口を考慮して、サイクルジャージを着ている人たちは無駄毛を処理しているのです。

体毛があるままだと、まず傷口の処理がしにくくなります。治りも遅くなります。そして、傷口の中に埋もれてしまう危険性もあるのです。男性の場合、普段は無駄毛処理をする方は少ないと思います。処理が面倒と思うのならば、やはり下は長ズボンにしておく方が無難です。

クロスバイク走行の目的に合わせて服装を変えてみよう!

クロスバイクはママチャリやシティバイクに比べてスピードが出ます。スピードが出ると、その分、危険も増すということを常に意識するようにしてください。特にツーリングなど、ロングライドをする際の服装は安全第一を考えてください。

街乗りの場合も安全第一ですが、上記で紹介したような街中で着用していてもおかしくないおしゃれな装備がたくさん出回っています。おしゃれに安全に、街乗りでのクロスバイクを楽しむ服装の参考にしてください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
櫻 樹
神社巡りと刀剣鑑賞、カフェ巡りが好きなアニメ・ゲーム・2.5次元ヲタクです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ