100均グッズでアルコールストーブ用五徳と風防を自作!おすすめの商品もご紹介!

アルコールを燃料として使う、コンパクトな調理器具「アルコールストーブ」は、シンプルな仕組みながらファンが多いアウドドアグッズです。自作したり、オリジナルの五徳や風防を組み合わせたりとマニアックな楽しみ方もできる、なんとも奥が深い道具なのです。選び方や、メリット・デメリット、100均グッズで作る五徳などアルコールストーブの魅力をご紹介します。

100均グッズでアルコールストーブ用五徳と風防を自作!おすすめの商品もご紹介!のイメージ

目次

  1. 1アルコールストーブとは
  2. 2アルコールストーブの五徳・風防を100均の材料で作ってみよう
  3. 3アルコールストーブ用おすすめの五徳
  4. 4アルコールストーブ用おすすめの風防
  5. 5アルコールストーブ用おすすめの五徳兼風防
  6. 6アルコールストーブのメリット
  7. 7アルコールストーブのデメリット
  8. 8アルコールストーブの選び方
  9. 9アルコールストーブの使い方
  10. 10おすすめのアルコールストーブ
  11. 11五徳と風防を併用してアルコールストーブを更に便利に!

アルコールストーブとは

学校の理科の実験で使ったアルコールランプを覚えていますか?同じようにアルコールを燃料として水を沸かしたり、料理をしたりできるコンロが「アルコールストーブ」です。アルコールバーナーとも呼ばれています。各メーカーから様々な製品が発売されファンも多い、アルコールストーブの魅力とは?

アルコールストーブは携帯用コンロ

アルコールストーブとは、アルコールを燃料として使う携帯用コンロのことです。コンパクトで携帯性がよく、燃料が手に入りやすいことから、登山者やバックパッカーに人気があります。燃焼音が小さいこともメリットの一つです。

燃料の「燃料用アルコール」は、メタノールやエタノールを配合したもので、出力カロリーが高くアウドドア料理向きです。消毒用アルコールも使用できますが、燃料用アルコールに比べると高価です。どちらも薬局やホームセンターなどで購入できます。

アルコールストーブに五徳と風防が必要な理由

47691732 546942572438518 5019786208024982968 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
875dagaya

アルコールストーブに必須のアイテムとして五徳と風防があります。アルコールストーブはそのままでは火力が弱いことがデメリット。そのため風防で風から炎を防ぐ必要があるのです。五徳は、鍋などの調理道具を乗せて安定させることはもちろんですが、五徳を使うことで燃焼効率が大幅にアップします。

 

アルコールストーブの五徳・風防を100均の材料で作ってみよう

道具にあまりお金をかけたくない…という時は、自作するというのはいかがでしょうか。アルコールストーブ本体から、五徳や風防、どれもシンプルな仕組みなので、意外と簡単に作ることができます。アイデア次第でオリジナルのセットを作ってみるのも楽しいですよ。

100均グッズで作るアルコールストーブの五徳の作り方

14659286 542719295932741 3532303270280167424 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hikru.1123

まずは五徳の制作に挑戦しましょう。案外身の回りにあるものを使って気軽に作ることができます。素材は金属などの耐火性のあるものを選んでください。ここでは100均に売っているグッズを使った五徳の作り方を1つご紹介します。

アルコールストーブの五徳を作るのに必要な100均グッズ

出典: https://www.amazon.co.jp/

100均グッズで五徳を自作するための材料は、かき揚げを作る時に形を整えるための調理グッズ「かき揚げリング(ステンレス製)」、女性が髪留めとして使う「スリーピン(ステンレス製)」と、「アルミテープ」の3点です。いずれも100均ショップで購入することができます。

100均グッズで作るアルコールストーブ五徳の作り方

出典: https://www.amazon.co.jp/

それでは五徳を作って行きましょう。材料のかき揚げリングには「柄」が付いていますので、その柄を金ノコで切り取ります。次に、女性が髪留めとして使う「スリーピン」を上下に取り付けて高さを出したら完成です。

【注意点】この五徳は炎に直接さらされますので全体が非常に高温になります。この五徳を耐熱性のない面(樹脂や木材等)に置いて利用することは絶対に避けてください。
 

100均グッズで作るアルコールストーブ五徳の作り方を動画でご紹介!

100均グッズで作るアルコールストーブの風防の作り方

五徳ができたら次は風防も自作してみましょう。アルコールストーブの風防の構造はシンプル。とにかく風を防ぐことができればいい訳です。ポイントはアルコールストーブの高さに合わせることや、五徳のとのバランス。燃えにくい素材を選ぶも必要があります。

アルコールストーブの五風防を作るのに必要な100均グッズ

出典: https://www.amazon.co.jp/

それでは風防の作り方をご紹介します。材料の「蒸しかご」は、鍋に入れて肉マンなどを蒸す時に使うキッチングッズです。今回は100均ショップなどで売っている、閉じたり開いたりできるステンレスのタイプを使用します。

真ん中の部品を外すだけで完成するという、手軽さもおすすめポイントです。閉じればかなりの風を防げます。酸素も取り込む穴が開いているのがなかなか便利です。

100均グッズで作るアルコールストーブ風防の作り方を動画でご紹介!

アルコールストーブ用おすすめの五徳

44811930 939633576246778 8160294248251039459 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
trailhut_jp

アルコールストーブで調理をする場合は、基本的に五徳が必要です。五徳は、バーナー(炎孔)部に鍋が直接当たらないよう、空間を作るものです。炎孔に直接調理器具が触れると、火を消してしまうことになります。

ほとんどのアルコールストーブメーカー各社がオプション品として五徳を販売していますので、同じメーカーで揃えればサイズを合わせる心配はありません。

様々なメーカーからも五徳は販売されています。サイズや材質、機能や使い方がユニークな五徳もあるので、それを探すのも楽しみの一つ。人気の五徳を参考に、自分のスタイルに合ったものを見つけてください。

おすすめ五徳①トランギア トライアングルグリッド2型

スウェーデンの老舗ブランド、トランギアの「トライアングルグリッド2型」は3枚のステンレスプレートを組み合わせて使うタイプ。収納もコンパクトで重量は58gと超軽量。収納ケース付きもうれしいポイントです。

おすすめ五徳②エバニューチタンゴトク TriveTi EBY258

国産メーカーのエバニューの五徳は、2枚のプレートを組み合わせたシンプルな形状。固形燃料やジェル燃料にも使えるので非常用としても便利。上にのせる調理器具に接する面が多いので、小さなポットも乗せることができ安定性があります。チタン製は超軽量でたったの13gです。

アルコールストーブ用おすすめの風防

65073191 1075166936017416 4398799974095551469 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tuka_do

五徳と共にアルコールストーブに必要なのが風防です。風から炎を守り燃焼効率を上げることは燃料の節約にもなります。風を防げればどんなものでも構いませんが、収納性や拡張性、コストパフォーマンスが良いものなどユニークなアイテムが発売されているので、自分の使い方にあったものを探してみましょう。

おすすめ風防・バーゴ アルミニウム ウインドスクリーン ナチュラルT-420

アメリカのブランド、VARGO(バーゴ)のアルミ製の風防は、重量36g。アルコールストーブの大きさにに合わせて立てやすいのが特徴です。スクエア型に立てるとアルコールストーブ本体をぴったり囲う事ができます。風防をこのまま五徳として小さい鍋を乗せて使用することもできます。

アルコールストーブ用おすすめの五徳兼風防

54204723 1393167850821513 1545247220038974995 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tomoyan726

五徳と風防が1つになったタイプは、設置と撤収が簡単ワンアクションになることと、荷物を減らせることなど、使い勝手の良さが魅力です。それ以外の使い道がある物は道具としての楽しみがあります。

おすすめ五徳兼風防①MUNIEQ X-MESH STOVE

日本のメーカーMUNIEQ(ミュニーク)の「X-MESH STOVE」は、重さわずか14gと超軽量の風防兼五徳。プレートに施された特殊なメッシュは風を通しにくい一方、炎が見えるという優れものです。

0.2mm厚のステンレスシートを円筒状にして使う構造は、組み立て分解も簡単で、マグカップの内側に収納すれば、スペースも取らず変形の心配もありません。1枚の耐荷重は1kgもあり、さらに2枚連結して大きめの調理器具にも対応できるという、ユニークな製品です。

おすすめ五徳兼風防②バーゴ ヘキサゴンウッドストーブ

バーゴのヘキサゴンウッドストーブは、焚き火をするためのウッドストーブなのですが、アルコールストーブが中にすっぽり収まるので風防兼五徳としてもおすすめです。6角形の面が風防になり、風の強い場所でも安心です。

五徳としても優秀なのは、炎の一番熱いとされる部分が丁度クッカーの底に当たり、効率よくお湯を沸かすことができる点です。全てのパーツが繋がっているので設置と収納が素早くできます。

アルコールストーブのメリット

シンプル過ぎて、ちょっぴり手がかかるアルコールストーブですが、そんな道具だからこそのメリットがあります。使ってみて納得のアルコールストーブのメリットは?

メリット①持ち運びやすい

67556093 246715726285452 6586373304533642125 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
campstyle.jp

アルコールストーブの一番のメリットは、何と言っても軽量・コンパクトで持ち運びに便利ということです。燃料のアルコールは液体ですからガスなどに比べると断然かさばりません。使う分だけ持っていく事も可能なので、無駄な荷物を減らすことができます。

メリット②燃料が安くドラッグストアでも買える

54512149 1679639035514047 6175837923299103713 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
dagka2

ガスバーナーで使う燃料用ガス缶は、アウトドアショップやホームセンターなど限られた場所でしか販売していませんが、アルコールストーブで使う、燃料用アルコールや、エタノールはドラッグストアなどで購入することができます。燃料の調達のしやすさもアルコールバーナーの魅力です。

メリット③壊れにくい

シンプルな構造で故障しにくいのもアルコールストーブのメリット。点火装置などの複雑なパーツが、アルコールストーブにはありません。シンプルすぎて故障する箇所がないということですが、心配なく長く使えるというのはアルコールストーブの大きなメリットです。

メリット④自作可能!

特殊な装置が付いていない、シンプルな作りのアルコールストーブは実は自作することができます。材料も手に入りやすく、自作しても機能は十分実用に耐えます。作り方を覚えておけば、いざという時にも必ず役に立つでしょう。

アルコールストーブのデメリット

65258411 1259046557603983 7957222007225846624 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kouzy_bigelow

アルコールストーブは、軽くてコンパクトで簡単に自作もできますが、いくつかのデメリットもあります。取り扱いにはコツが必要ですが、そんな手のかかる道具を使いこなすことも、長く愛されている理由ではないでしょうか。

デメリット①火力が調節できない

50636913 558179357991589 3301370431661462260 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
team_marupeinet

燃焼時間が短いのもアルコールストーブのデメリットです。途中で燃料を加えることができないので、長時間の加熱が必要な煮込み料理には向きません。火加減が調節がしづらく、せっかくの食事が焦げてしまうこともあります。

デメリット②風に弱い

ゆらゆらと揺れるように火がついているアルコールストーブは、風にとても弱いこともデメリット。風が強い日は、火力が思うようにでません。そんなアルコールストーブの強い味方が、風防です。風防とアルコールストーブは切っても切れない間柄。相性のいい風防を選ぶこともアルコールストーブを快適に使うコツです。

アルコールストーブの選び方

60224039 302442077346557 4529665237875020901 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
sanpo_biyori_


いろいろなメーカーの物があり、自作もできるアルコールストーブ。どんな場面で、何に使うのかによって選び方が変わってきます。選び方のポイントをしっかり抑えて、お気に入りの1台を見つけましょう。

選び方①五徳付き

アルコールストーブには、メーカーによって五徳付きと、五徳なしのものがあります。五徳が付いているものは安定感があり、調理用として使いたい場合に便利です。

五徳なしのタイプはコンパクトで収納力に優れ、携帯性の良さが大きなメリットですが、調理メインとしては不向きです。ストーブ自体を楽しんだり、ミニマムさを追求したり、オリジナルの組み合わせを楽しんだりする人向きです。

選び方②素材で選ぶ

アルコールストーブで使われている代表的な素材をご紹介します。

【真鍮】アルミより重いですが、強度があります。光沢のある金色が美しく独特の雰囲気があります。サビやすいという欠点も、使い込むほどに味になるというのが真鍮の魅力になっています。

【チタン】圧倒的な軽量性と堅牢性、耐腐食性を備えたパーフェクトな素材。原料が稀少であり、加工にはそれなりに技術が必要なため、高価格なのが上級者向き。

【ステンレス】重量がありますが、変質しにくく扱いやすいこと、手に入りやすい価格から初心向けの素材です。見た目の美しさも人気のポイントです。

【アルミ】加工がしやすく安価なのがアルミの魅力。軽さと扱いやすさで初心者にも抵抗がありません。アルミ缶を使ってアルコールバーナーを自作することも可能です。

選び方③風防付き

20180497 260913094394338 61989911523229696 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
luckymeluckyme

アルコールストーブの燃焼効率をあげるためにも、風防は必須です。別売りや自作もできますが、セットされているとサイズが合っているので始めの一台を購入するときは安心です。別のメーカーや自作するときは、炎を風から守れる高さと、周囲を囲える長さがあるか、鍋ややかんなど調理器具との相性を確認しましょう。

選び方④火力調整

湯を沸かすだけではなく、調理までと幅広く使うなら火力調整ができるものを選びましょう。アルコールストーブは火力の調整ができないものも多いため、調理で使うことが多い場合は、火力調整機能が付いているかどうかが選ぶポイントになります。

選び方⑤消化用の蓋付き

アルコールストーブを消火する時に消火蓋があれば、蓋を乗せるだけですぐに消火できるので大変便利です。蓋がないと燃料切れによる自然消火を待つか、代用品で空気を遮断して消すことになります。使い勝手が格段に良くなるので、消火蓋付きのものがおすすめです。

アルコールストーブの使い方

57209338 727212914343085 3239440183205663992 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
okana.camp

アルコールストーブの使い方はとってもシンプル。燃料のアルコールを入れてマッチやライターで着火するだけです。消化は蓋を閉めて空気を遮断するだけ。蓋がない時は燃料が無くなるまで待つか、蓋の代わりになるものを使います。

シンプルな構造ゆえ、故障などのトラブルが少ない点が最大のメリットです。登山縦走や、パックパッカーなど長旅派に愛用される理由です。

アルコールストーブの使い方を動画でご紹介!

おすすめのアルコールストーブ

65242292 149473496233317 5459886963265738555 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
updecamp

老舗メーカーのベストセラーから、火力調整や消化蓋が付いているもの、五徳一体型、究極のシンプル型、軽量化にこだわったもの、一式セットになったものなど各メーカーからユニークなアルコールストーブが販売されています。なにを優先するかで選び方も変わってきます。自分にとってベストなアルコールストーブを見つけてください。

おすすめのアルコールストーブ①エバニュー チタンアルコールストーブ

エバニューは、金物で有名な新潟県で生まれた老舗のメーカーです。世界初のチタン製クッカーの製造で知られており、確かな技術力と信頼性でアウトドアファンに愛されています。

エバニュー チタンアルコールストーブは、チタンならではの34gという軽さと丈夫さが特徴。シンプルな構造ですが、性能は折り紙つき。中央と側面から炎が出る仕組みで火力は十分です。消火蓋は付属していませんが、それを使いこなすのもアルコールストーブの楽しみ方です。

おすすめのアルコールストーブ②VARGO チタニウムトライアドストーブ

ソロキャンプやバックパッカーなどミニマム派におすすめなのが、VARGO(バーゴ) チタニウムトライアドストーブ。五徳が付いていて重量42g、サイズ9×3cmとかなり軽量でコンパクトなのが特徴です。本体を外せば固形燃料も使用できる1品2役なところも、グッズ好きの心をくすぐります。

操作には少しコツが必要なことや、1回の使用時間が短いこと、チタン製なので価格が高めなことも含め、ミニマムを楽しめるこだわり派向きのアルコールストーブです。

おすすめのアルコールストーブ③トランギア アルコールバーナー

トランギア(Trangia)は、1925年創業のスウェーデンのアウトドアメーカー。軍にも採用された実績があり、日本ではアルミ製飯盒のメスティンが人気です。トランギアのアルコールストーブは、半世紀以上も愛され続けるロングセラー。火力の強さと、燃焼時間の長さに加え、消火用蓋で火力調整もできるので、アウトドアでの調理に使いやすいアルコールストーブです。

おすすめのアルコールストーブ④TOAKS チタニウムアルコールストーブ

アメリカ、カルフォルニアのブランド、TOAKSのチタニウムアルコールストーブは、シンプルな見た目とわずか20gの軽量さで人気のアルコールストーブです。

携帯性のよさに加えて、非常に速い着火と使い勝手のよさもポイント。火力調整はできず、五徳や消火フタも別途用意する必要がありますが、その潔さこそが最大の魅力です。

おすすめのアルコールストーブ⑤Esbit アルコールバーナー

固形燃料とポケットストーブで有名なエスビット(Esbit)は、軍用の質実剛健なプロダクトを開発しているドイツのメーカーです。

真鍮性のボディが目を引くエスビットのアルコールバーナーは、手頃な価格でアルコールストーブの入門としてもおすすめ。消火蓋はハンドル付きで加熱中の火力調整用も安心です。本体キャップはパッキンが付いているので、残った燃料が漏れるのを防止できます。
 

おすすめのアルコールストーブ⑥Hotwolf アルコールストーブ

Hotwolfのアルコールストーブは、五徳と消火フタ、火力調整機能が付いていて初めてアルコールストーブを使う人には使いやすい一品です。

火力も十分で、火力調整ができるところもアウトドア料理を作る時に便利なポイント。燃料が残ってしまってもパッキン付きのフタを閉めれば、そのまま持ち運べるので安心です。風防と燃料を揃えれば今すぐ使えるコストバフォーマンスの良さも口コミで高評価です。

おすすめのアルコースストーブ⑦OUT-D 五徳付アルコールストーブ

OUT-D五徳付アルコールストーブは、地面が不安定なフィールドに対応した、三脚で支えるタイプのステンレス製アルコールストーブです。

安定感抜群な三脚に加え、しっかりした五徳で大きめのクッカーの使用も可能。ソロで使うことが多いアルコールストーブですが、このストーブなら2人分の調理で使うこともできそうです。燃料を密閉する機能はないため、燃料が入ったままの持ち運びはできません。

五徳と風防を併用してアルコールストーブを更に便利に!

仕組みも見た目もシンプルで「物を温める」という最小限の機能を持つアルコールストーブは、ちょっとだけ不便なところがあるところが可愛らしく、愛着がわいてくるアイテムです。風防や五徳など相棒となるグッズも個性豊かで、組み合わせを考えるのも楽くなります。あなただけのお気に入りの組み合わせで、アルコールストーブをますます便利に使いこなしましょう!

その他ストーブに関連する記事はこちら!

Thumb アルコールストーブおすすめ7選!選び方からおすすめポイントも詳しく紹介!
冬場の暖房器具としては勿論、調理を行う際にもストーブを用います。そんな時にはアルコールストー...
Thumb 冬キャンプにおすすめの石油ストーブ10選!おすすめポイントまで徹底紹介!
冬でも楽しめるキャンプでは、体を温める為の暖房器具が欠かす事が出来ません。そんな時には、料理...
Thumb冬キャンプにおすすめ!薪ストーブと薪ストーブが使えるテント10選を厳選紹介!
おしゃれな一軒家の暖房といえば薪ストーブです。薪ストーブは、焚き火より火の心配をせずテント内...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
noccoshi design.

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ