マンボウの寄生虫がやばい!それでも食べれる?生態の秘密を徹底解説!

水族館でぷかぷかと泳ぐ姿がとても可愛いマンボウに、癒される方も多いはずです。そんなマンボウに寄生虫が住みついていることを知っていますか?今回はマンボウの生態の秘密を徹底的に解説していきます。寄生虫が付いているのに「食べられるのか」の疑問にもお答えします!

マンボウの寄生虫がやばい!それでも食べれる?生態の秘密を徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1マンボウの寄生虫はどんなもの?
  2. 2マンボウは寄生虫がいるが食べても大丈夫?
  3. 3マンボウの美味しい食べ方は?
  4. 4マンボウの生態は?
  5. 5マンボウは弱い⁈デリケートな死因
  6. 6マンボウは寄生虫だらけだが、とても可愛い魚

マンボウの寄生虫はどんなもの?

『マンボウ』は水族館で見られる、なんとも可愛らしいフォルムの魚です。大きな水槽の中でゆったりと泳ぐ姿は、見ていても飽きないのではないでしょうか。そんな愛らしいマンボウの体には、多くの寄生虫がついています。

もちろん、サバや秋刀魚にも付いていますが、マンボウに寄生している数は、他の魚と比べても多く、40種類もの寄生虫が皮膚や腸内に存在しているそうです。寄生虫が住みつく理由は、マンボウに尾びれがないので、泳ぐスピードが遅いことが原因と言われています。

その他に「ウロコがないので皮膚が弱い」なども、寄生虫が多い理由に挙げられています。

マンボウの寄生虫の種類

83328801 124183189108676 4248134556820604781 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mitsuru0122

【アニサキス】
魚の筋肉や内臓などに、渦巻き状になって寄生しています。生きたアニサキスを食べてしまうと激しい腹痛や吐き気、胃痛に苦しみ、アレルギーを起こしてしまう場合があります。

【マンボウウオジラミ】
マンボウの口腔内に寄生しています。

Thumbカニの甲羅の黒いブツブツ「カニビル」って何?気になる正体を徹底解説!
カニの甲羅に黒いブツブツが付いているのを見たことがありませんか?この黒い粒の正体は「カニビル...
72694724 537397960382706 2475275079900784550 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
the_hatter_0043

【ウオノコバン】
マンボウの体の表面に付き、小判状のフォルムをした寄生虫です。アニサキスとは違い、ウオノコバンは人に寄生することはありません。

【ジュードテラノーバ】
アニサキスの姿にとてもよく似ている寄生虫で、糸状が特徴ですが、渦巻き状にはなりません。この寄生虫はアニサキス同様、人の体内に入り込んだら、激しい腹痛や胃痛、吐き気などを引き起こします。

マンボウは寄生虫がいるが食べても大丈夫?

寄生虫が40種類も付いているので「食べても大丈夫なのか」心配になる方も多いのではないでしょうか。実際のところ、マンボウは食べられます。商売をするために漁獲されることは多くありませんが、混漁したときなど稀に、市場に出ることがあります。

鮮度がすぐに悪くなるので、刺身で食べられるほど新鮮な物は高く値がついています。そのため、加熱して食べることが多く、唐揚げや天ぷら、ソテーなどが定番のようです。

主に流通先は千葉県や茨城県で、その他の県で滅多に口に入ることはないかもしれませんが、居酒屋や料理店などで見かけたら、食べてみてはいかがでしょうか。

マンボウの調理方法

新鮮なマンボウが手に入ったら、身をサッと洗い、薄くスライスをして刺身がおすすめです。味がほとんどないので、生姜醤油などに和えて食べると良いでしょう。

加熱調理をする場合は、1度湯通しをして、中まで火をしっかり通したら、水をしっかり切ります。身はほぼ水分なので、湯通ししたら一気に軽くなります。この下処理をきちんと行ってから、唐揚げや天ぷらを作りましょう。

身に水分が残った状態で調理を始めると、独特な嫌な臭いが残ってしまい、味がまずくなってしまいます。他に腸も頂けますが、水洗いをして、必ず加熱して下さい!

マンボウの捌き方

マンボウの捌き方を動画で紹介しています。内臓などがアップされているので、少しグロテスクかもしれませんが、かなり見応えありな内容となっています!自分で捌く機会も滅多にありませんが、気になる方はチェックしてみて下さい。

マンボウの美味しい食べ方は?

新鮮なマンボウが手に入ったら、下処理をしっかり行って、色々な料理を作ってみて下さい。どれも簡単にできるおすすめのレシピばかりです。それでは「美味しい食べ方」を一緒に見ていきましょう。

食べ方①刺身は鳥のささ身に似てる

刺身用の新鮮なマンボウが販売されていたら、刺身でまず食べてみて下さい。刺身の食感は鳥のささみにとても似ており、手で裂くこともできます。味はとても淡泊でアッサリしていますが、食感がおもしろいので、食べると驚くこと間違いなしです。

食べ方②マンボウホルモン焼が美味しい

マンボウは腸も食べることができます。見た目は牛肉や豚肉の腸にそっくりで、大人が両手を広げたサイズの12倍もあると言われるほど、超ロングなのが特徴です。

肉の腸よりも柔らかく、食感も良いので、身よりも人気が高い部位になります。腸は必ず加熱しなければいけないので、焼いて食べるようにして下さい。腸は、身や他の部位に比べると日持ちするため、市場に出回ることが多いようです。

腸が手に入ったら、焼肉のように焼いて食べてみて下さい。あまりの美味しさと食感にビックリするはずです。

食べ方④マンボウのから揚げ

106560430 2699543760321392 2598611537762670646 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
iemon_arimura

【材料】
 

マンボウの切り身 適量
大さじ1
醤油 大さじ1
すりおろし生姜 小さじ1/2
すりおろしにんにく 小さじ1/2
片栗粉 適量
揚げ油 適量

【作り方】
 
  1. マンボウの切り身を食べやすい大きさにカットして、酒、醤油、生姜、にんにくに5~10分ほど漬け込んでおく。
  2. 片栗粉をまぶしたら、170℃の揚げ油でカラッと揚げれば完成。

濃いめの味付けにして、カラッと揚げるのがポイントです。油で揚げることで鶏肉にも近い、イカのような食感を味わうことができます。物足りない場合は、マヨネーズやポン酢につけて食べてみて下さい。

お酒のおつまみにもピッタリなので、切り身が手に入ったら作ってみてはいかがでしょうか。

マンボウの生態は?

次は「マンボウの生態」についてお届けしていきます。見た目も不思議な存在ですが、生態に関してはもっと気になる方も多いはずです。マンボウに関して詳しくなってもらうために、生態を一緒に解明していきましょう!

若いマンボウは群れで行動

水族館などで見かけるマンボウは、1匹ずつ気持ちよく泳いでいるイメージがありますが、数十センチほどのまだ若いマンボウは、群れを作って行動をしています。

稀にスキューバダイビング中、群れに出会うことがあるようですが、その様子にビックリする方も多いようです。

マンボウの種類

【ウシマンボウ】
マンボウの種類の中でも、1番大きいサイズになります。過去には332㎝の巨大な物も見つかったそうです。ダイビング中に出会ったら、あまりの大きさに驚くこと間違いなしです。

【カクレマンボウ】
ウシマンボウよりもスリムな体系をしており、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなどの南半球に生息しています。DNAを調べた所、別種ということで、外見だけでは分からなかったことから「カクレマンボウ」と名付けられたそうです。

【アカマンボウ】
マンボウという名前が入っていますが、別の深海魚になります。「リュウグウノツカイ」に似た魚のようです。名前は似ていますが、見た目は全然違うので、覚えておきましょう。

マンボウは弱い⁈デリケートな死因

寄生虫が多いマンボウは「とても弱い魚」というイメージを持たれているようです。また、ネットの中では様々な死因が噂されているので紹介していきます。

マンボウ死因の伝説は本当?

  • 皮膚が弱すぎるので傷が付いて死亡する。
  • 水が冷たすぎて死亡する。
  • 寝ている最中、陸に上がってしまい死亡する。
  • 獲物の骨がのどに刺さってしまい死亡する。
  • 海水の泡が目に入り、ストレスを感じ死亡する。
  • ウミガメに「ぶつかるかもしれない」というストレスにより死亡する。
  • 一緒に居た仲間が死亡した悲しみで死亡する。
  • 獲物の殻が内臓を傷付けて死亡する。

驚くような死因が沢山出てきましたが、研究者や飼育員に聞いたところ全て「デマ」だそうです。この死因が事実だとすれば、かなりメンタルも弱いことになります。このようなデマは信じないようにしましょう。

伝説は本当か?マンボウのエサを食べる様子

マイペースにゆったり泳いでいるイメージがありますが、噂では「エサを狙う時のスピードが早い!」と言いわれています。実際の所どうなのか、こちらの動画で確認してみて下さい。エサをマンボウのエサを狙う姿は圧巻です!

マンボウがジャンプするのは寄生虫を落とす為?

魚がジャンプする姿をよく見かけますが、マンボウも他の魚と同じようにジャンプをします。その理由は、体に付いている寄生虫を落とすためと言われています。

目に見えないほどの寄生虫ではなく、マンボウに付いている寄生虫は大きさもあるので「ジャンプをしながら寄生虫をおとすのでは?」という説が広がっています。

しかし、実際の所はまだ不明な点が多いようなので「ジャンプをして寄生虫を落とす」ということは確定していません。しかし、ジャンプをするのは事実なため、水族館で観察してみて下さい。

マンボウは寄生虫だらけだが、とても可愛い魚

マンボウは40種類の寄生虫が付いていることが分かりましたが、食べることができます。身にあまり味はありませんが、調理や味付けを加えることで、より一層美味しく頂けます。

肝も絶品なので、マンボウを出してくれる居酒屋や郷土料理店に行く機会があれば、不思議な食感を堪能してみて下さい!また、マイペースに泳ぐ姿はとても可愛らしいので、水族館で観察してみてはいかがでしょうか?

その他の関連記事はこちらから

Thumb高級魚「クロムツ」ってどんな魚?特徴からから美味しい食べ方まで徹底解説!
高級魚の「クロムツ」を知っていますか?名前は聞いたことがあっても、食べたことがない方も多いは...
Thumbシャコってどんな生き物?特徴から美味しい食べ方まで詳しく解説!
見た目がエビによく似た「シャコ」という海の生き物をご存知でしょうか?握り寿司やシャコ飯が有名...
Thumb見た目がグロい「八角」ってどんな魚?生態から美味しい食べ方まで徹底解説!
見た目がインパクト大な「八角」を知っていますか?名前だけ聞くと「魚」だと分からないはずです。...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
maimaidesu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ