シャコってどんな生き物?特徴から美味しい食べ方まで詳しく解説!

見た目がエビによく似た「シャコ」という海の生き物をご存知でしょうか?握り寿司やシャコ飯が有名で、とても栄養価の高い食材としても知られています。ここでは、そんなシャコの特徴から旬の時期、美味しい食べ方までたっぷりとご紹介します!

シャコってどんな生き物?特徴から美味しい食べ方まで詳しく解説!のイメージ

目次

  1. 1シャコってどんな生き物?
  2. 2シャコの美味しい食べ方
  3. 3シャコの美味しい料理レシピ
  4. 4シャコとエビの違いは?
  5. 5新鮮なシャコは本当においしい!

シャコってどんな生き物?

シャコは、甲殻類・軟甲綱 ・トゲエビ亜綱・口脚目(シャコ目)・シャコ科に属する節足動物の1種です。海の幸として古くから親しまれている食材でもあり、身近なものでは握り寿司のネタとしてよく知られています。

古くは東京湾で豊富に獲れ、日常的にもよく食されていましたが、近年は減少傾向にあり流通が少なく、寿司屋でも高級食材として高値で扱われています。

シャコの生態や特徴について

シャコの英語名は『Mantis Shrimp』で、「Shrimp」はエビを意味し、見た目もエビに似ていることから「シャコエビ」と呼ぶ地方もありますが、エビとシャコは全く別の品種になります。

「Mantis」はカマキリという意味で、カマキリのような鋭い脚を持っていることが特徴です。甲羅は小さく、頭部先端には2つの触角と複眼が突き出しており、独特なビジュアルをしています。

シャコはパンチ力が凄い甲殻類

出典: https://www.pref.kanagawa.jp/

シャコの持つ最も有名な特性は、パンチ力です。そのパンチ力は甲殻類のみならず、地球上の生物の中でも最速のパンチを誇ると言われています。シャコがパンチを放った瞬間、あまりの速さに海水が沸騰しているように見えるほどです。

この高速で撃ち出すパンチは、通称「シャコパンチ」と呼ばれ、前2本の補脚をスナップさせ打ち出す一撃は、150kgのベンチプレスを持ちあげる力に匹敵するとされています。シャコは、このシャコパンチで同じ甲殻類のエビやカニ、貝類の硬い殻を割って餌にしています。

名古屋港水族館のシャコが強烈パンチ!

こちらは、名古屋港水族館で撮影されたシャチの強烈パンチを捉えた瞬間です。パンチの衝撃で水中に泡が発生し、アサリの殻がたった一撃で割れているのが分かります。

シャコの危険性を知らずに、釣りなどで素手でシャコを触ってしまうと大きなケガに繋がる危険性があるので、十分に注意しましょう。

Thumb釣り餌「オキアミ」ってエビなの?オキアミの人気の理由と釣れる魚とは
釣り餌で人気のオキアミ、主に撒き餌や刺し餌に使われますが、実はオキアミには栄養がたくさん含ま...

シャコの美味しい食べ方

シャコは、ビタミンEやビタミン12、アスパラギ酸、グルタミン酸などが豊富に含まれ、脂肪分が少なく低カロリー高たんぱくで、とても栄養価の高い食材としても注目されています。

では、そんな栄養たっぷりなシャコの旬や、美味しく食べる茹で方やむき方などの調理法について見ていきましょう。

シャコが美味しい旬の時期

出典: http://www.pride-fish.jp/

シャコは1年を通して漁穫されていますが、特に美味しいとされる旬の時期は、春から夏にかけて(5~7月)です。この時期は「カツブシ」とも呼ばれる卵巣が発達する頃で、卵にコクがありとても美味しいです。

また、秋から初冬にかけて(10月~12月)は身が充実しており、ほろほろとしてやや柔らかく、非常に濃厚な甲殻類の旨みを味わうことができます。

シャコが美味しい名産地

出典: https://jizakanavi-fukuoka.jp/

シャコが美味しい産地として有名なのが、漁穫量日本一を誇る愛知県の伊勢湾、三河湾です。愛知県内でも、知多の「豊浜漁港」が県内水揚げ量№1を誇り、シャコの名産地としてよく知られています。

また、近年では北海道石狩湾で獲れるシャコの割合も増えてきています。北海道で獲れるシャコは、少し大きめなのが特徴で、高級な寿司ネタとして地元でも大変人気があります。

シャコの調理方法(シャコの茹で方・むき方)

出典: https://cookpad.com/

次は、シャコの茹で方・むき方に分けて基本の調理方法についてご紹介します。シャコは鮮度が落ちやすいので、スーパーなどで並んでいるシャコは下処理済のものが多いですが、旬の時期など新鮮なシャコは生のまま売られていることもあります。

店頭や釣りなどで新鮮な生のシャコを手に入れた時は、ご家庭で下処理をして美味しく頂きましょう。自分で調理することで、調理済みのシャコにありがちなスカスカな食感ではなく、身のしまった美味しいシャコに仕上げることができます!

出典: https://cookpad.com/

【シャコの茹で方】

生のシャコを一度氷水でしめる
鍋に水を入れ、塩を入れる ※1ℓの水に対して塩10gが目安
②が沸騰したら、少しずつシャコを入れる
再度沸騰して7分程茹でたら、ザルにあげて完成!

シャコは、生きたシャコを氷水で冷やすことで仮死状態になり、プリプリに仕上がり皮もむきやすくなります。しっかりめに塩を入れ、茹で過ぎないことがポイントです!

出典: https://cookpad.com/

【殻のむき方】

シャコの頭をキッチンバサミで切り落とし、尾をV字にカットする
両縁を脚ごと深めにカットする
腹側の殻を首側から剥く
背側の殻は尾側から剥く→完成!

シャコの捌き方を動画で確認

茹で上がったシャコの殻のむき方です。脚をカットする際は、勿体無くても深めに切った方が殻に身が付かず、身が多く食べられます。出来るだけ身を沢山取ろうとして 脚の両側を少ししか切らないと、むく時に殻に身が付き、かえって身が少なくなり見た目も汚くなります。

詳しい方法は動画で確認してみて下さい。むいたシャコは蟹酢や土佐酢でシンプルに頂きましょう。

Thumb多摩川オススメの釣り場は?手長エビも釣れちゃう人気のスポットをご紹介!
多摩川のオススメ釣り場情報のご紹介です。多摩川は都会を流れる川ですが、コイやナマズ、外来種、...

シャコの美味しい料理レシピ

シャコの食べ方は、基本の塩ゆで以外にも様々な美味しい食べ方があります。次は、簡単にできるシャコの美味しい料理レシピをご紹介します。生のシャコでなくても作れるので、是非栄養たっぷりなシャコ料理を食卓の1品に加えてみて下さい!

レシピ①握り寿司

出典: https://www.date-wasabi.com/

材料 ・シャコ 20尾 ・塩 大さじ1 ・醤油 大さじ1
[酢飯]・ご飯 4合分 ・酢 100cc ・砂糖 20g

【作り方】

沸騰したお湯に塩と醤油を入れ、シャコを3~4分茹でる
茹で上がったシャコの殻を、キッチンバサミを使ってむく
酢飯の材料を合わせて酢飯を作る
酢飯を握り、シャコをのせれば出来上り!

高級なシャコの握りをご家庭でも再現することができます。シャコを茹でる時に醤油を少し入れると良い香りと色になります。贅沢なシャコの握り寿司を是非味わってみて下さい!

レシピ②酢のもの

出典: https://cookpad.com/

材料 ・茹でシャコ 適量 ・キュウリ 1本 ・わかめ 適量
◎米酢 大さじ2 ◎砂糖 大さじ2弱 ◎だし汁 大さじ1 ◎塩 少々

【作り方】

キュウリを食べやすい大きさに切り、塩もみする
ワカメを水で洗って水分を切り、適当な大きさに切る
茹でシャコも食べやすい大きさに切り、キュウリが柔らかくなったら水分を軽く絞る
③にわかめと調味料◎を入れ、混ぜ合わせれば出来上がり!

シャコを使ったさっぱりと食べられる酢のものです。調味料のレシピは甘めなので、お好みの味に調整して下さい。酸っぱめが好きな方は、酢を多めにしてみても良いでしょう。

レシピ③山椒煮

出典: https://recipe.rakuten.co.jp/

材料 ・シャコ 6~8匹 ・実山椒 小さじ1 ・水 200cc ・酒 大さじ4 ・醤油 大さじ2

【作り方】

シャコを洗い、すべての材料を鍋に入れ火にかける
煮立ったら灰汁をとり、蓋をして7~8分程煮る
火を止め、粗熱がとれるまで放置する
粗熱がとれたらキッチンバサミを使って身をとり出し、器に盛り付けて出来上がり!

お酒がすすむ、シャコの絶品おつまみレシピです。シャコの臭みが消え、ビールはもちろん、冷やした白ワインの肴としてぴったりです!ご家庭で料亭気分が味わえるおすすめの1品です。

レシピ④シャコ飯

出典: https://recipe.rakuten.co.jp/

材料 ・米 2合 ・茹でシャコ 6匹 ・生姜 20g ・醤油 大さじ2
・日本酒 50cc ・塩 小さじ1/2 ・水 2合弱

【作り方】

米をといで炊飯器に入れ茹でシャコを並べ、細切りにした生姜を加える
水を加え、酒、醤油、塩で味を調える
蓋を閉めて、炊飯スイッチを押し通常通りにご飯を炊く
炊き上がったらシャコを取り出し、粗熱をとって殻をむく
シャコの身を再び炊飯器に戻し、混ぜる
蓋をし、3分蒸らして出来上がり!

握り寿司と並ぶシャコの定番レシピです。シャコの旨味がご飯に染み込み、パクパクと箸が止まらなくなるほどの美味しさです!今回は茹でシャコを使用していますが、生きたシャコが手に入れば更に美味しく仕上がります。

レシピ⑤ガーリック炒め

出典: https://cookpad.com/

材料 ・シャコ 10匹 ・刻み唐辛子 1つまみ ・にんにく 2片 ・オリーブオイル 大さじ1
・胡椒 3~4振り ・塩 ティースプーン1弱

【作り方】

にんにくを薄切りにする
シャコのしっぽの部分を三角に切り落とす
フライパンにオリーブオイルをしき、にんにく、刻み唐辛子を入れて炒める
香りがたってきたら、シャコと塩、こしょうを入れる
シャコの色が変わるまでよく炒め合わせたら出来上がり!

ガッツリ系がお好みの方におすすめのレシピです。スパイシーで、ビールのおつまみとしてもよく合います。もっとガツンとさせたい方は、別にフライドガーリックを作ってかけても美味しいです!

シャコとエビの違いは?

シャコはエビと外見こそよく似ていますが、ハサミを持ち十脚目に分類されるエビとは違い、口脚目(シャコ目)に分類され、生態も異なる全く別の生き物です。

エビとの見た目違いは、エビのようなハサミを持たず、カマキリのような鋭い前脚をもっていることです。甲羅は小さいですが、エビよりも大きく体長は約15cm、大きいものでは20cmになるものもいるようです。

しかし、いちばんの違いはシャコパンチを繰り出す圧倒的な強さなのではないでしょうか。

新鮮なシャコは本当においしい!

シャコは、エビと比べて見た目がグロテスクなことから、苦手とする方も多いかもしれません。しかし、食べてみるとあっさりした味と食感で、特に新鮮なシャコはエビより美味しい!という方も多いです。

今まで見た目からシャコを敬遠していた方は、是非これを機に、美味しくて栄養たっぷりなシャコを食べてみて下さい。食べず嫌いだったことをきっと痛感するでしょう。

その他の関連記事はこちらから

Thumbカニの甲羅の黒いブツブツ「カニビル」って何?気になる正体を徹底解説!
カニの甲羅に黒いブツブツが付いているのを見たことがありませんか?この黒い粒の正体は「カニビル...
Thumb釣りをする時の超便利グッズ8選!おすすめの便利アイテムを厳選紹介!
釣りには、ロッド、リール、ルアーなどの必需品以外にも、あると重宝する便利グッズががあります。...
Thumb朝まずめ・夕まずめって何?釣り用語の基礎知識を徹底解説!
釣りをしていると、時間や季節で釣れる魚も変化してきますが、その中でも魚が釣れやすくなる時間帯...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
kayo7110

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ