カルトナージュとは?安い材料で出来る簡単な作り方をご紹介!

カルトナージュはフランスの伝統工芸で、美しい紙や布を箱などの雑貨に貼り付けてデコレーションする事です。身近にある箱や、お気に入りの布を使って簡単に始められるので人気が出ています。100均でも手に入る材料で出来る簡単なカルトナージュの作り方をご紹介いたします。

カルトナージュとは?安い材料で出来る簡単な作り方をご紹介!のイメージ

目次

  1. 1カルトナージュとは?
  2. 2カルトナージュ制作の基本的な道具と材料
  3. 3カルトナージュの基本的な作り方
  4. 4カルトナージュのキットを使った作り方
  5. 5カルトナージュの作り方レシピ
  6. 6身近なもので素敵なカルトナージュを作ってみよう!

カルトナージュとは?

カルトナージュ(Cartonnage)とは、紙や箱などの雑貨を美しい紙や布でデコレーションするフランスの伝統工芸の一つです。

最近は様々なデザインや形の箱が100均でも手に入りますが、昔は味気ない無地の箱が一般的でした。そこで家にあるお気に入りの布や紙で、その箱を飾って楽しんでいたとされているのがカルトナージュです。

カルトナージュの伝統

「カルトナージュ」というフランス語を日本語に訳すと「厚紙細工」になります。厚紙(カルトン)で作った箱を紙や布を貼って美しく仕上げたこのフランス伝統工芸は18世紀に生まれました。

茶箱や布箱と呼ばれることもあり、街中のハンドメイド講座でも名称が統一されているわけではないようです。これはカルトナージュの起源にいくつかの説があるからとされています。

一つは「貴族が茶葉を入れる箱として愛用していた」とする説です。茶葉は大航海時代にアジアから運び込まれていましたが、金属製の缶に入れるより、湿気を調整し香りが付かない紙箱が重宝されたと言われています。

当時のお茶は高級品だった為、楽しめるのは上流階級のみで、そんな上流階級のティータイムに相応しい入れ物として、茶箱に美しいデザイン紙や布を貼って提供していました。この茶箱作りが貴婦人達の間で流行したのがカルトナージュの始まり言われています。

もう一つ有力な説があり、それが1844年南フランス・ヴァルレアス地方の床屋、ムシュー・ルヴォルが、蚕と繭を入れる為に、繊細な品質の品物を保とうと開発したという説です。

フランスのヴァルレアスは、日本の大正時代に盛んだった養蚕業界新聞にも掲載されている事から、養蚕業が行われていた事は間違いがないようです。

カルトナージュ制作の基本的な道具と材料

カルトナージュを作る前に、必要な物を揃えておきましょう。手芸専門店で基本的に全て揃いますが、中には100均でも手に入るものがあります。上手にお店を使い分けて揃えましょう。

カルトナージュに必要な道具

基本的に抑えておくべき道具は、カッター、カッターマット、定規、ハサミ類(糸切りバサミ、裁ちバサミ、普通の紙用のハサミ)の4点です。

特にカッター、カッターマット、定規は、カルトナージュの3種の神器です。カッターは力を籠める為、グリップがしっかりしていて、細かい作業が可能な、少し細めの、自分自身の手に馴染むものを選びましょう。

定規は最低でも30cmある透明なもので、出来れば目盛りの下に垂直にガイド線が入っているものにすると、直線や直角を製図しやすくなります。

カルトナージュの基本的な材料

出典: https://www.rakuten.co.jp/

カルトナージュを製作する時に必ず必要になる基本的な材料は、カルトン(グレー台紙、厚紙として販売されている場合が多いです)、でんぷんのりと木工用ボンド、水貼りテープ又はマスキングテープ、外貼り用のキレイな紙又は布、裏打ち用の画用紙の5点です。

カルトンは、厚紙であればなんでも良いので、牛乳パックを広げて使っても構いません。もっとしっかりした紙なら色紙あたりが簡単に入手出来ます。

水貼りテープの代用として扱うマスキングテープは、よく出回っている柄付きデザインのものではなく、木工で仮止めや着色の保護で使用する幅広で無地のマスキングテープです。

カルトナージュの主役となるのは、やはり美しい布や、包装紙や和紙等のキレイな模様の入った紙です。基本的にカルトンに木工用ボンドで貼り付けられるものなら何を使っても構いません。

自分の気に入った好きな柄のものを使えば良いのですが、布・紙共にボンドで貼りにくい素材のものもあるので、その点は注意して選びましょう。

100均に安い道具や材料がある

100均でも手に入る道具や材料の中に、あると便利なハケがあります。キャンドゥで販売されている「ナイロン平ハケ」はカルトナージュの講師の方も使われているおすすめ品です。

また最近ではすでに切られた厚紙で作れるようになっているカルトナージュ専用キットを扱っている100均もあるので是非探してみてください。

定規、ハサミ類、厚紙、画用紙、でんぷんのり、木工用ボンド、包装紙も100均で手に入ります。布も端切れサイズのものなら取り扱われているので、小さなカルトナージュ作品を作るのなら100均の材料で十分対応できるでしょう。

カルトナージュの基本的な作り方

出典: http://shugeiya.com/

材料と道具が揃ったら、いよいよカルトナージュを作り始めましょう。まずは土台になる箱を作ります。基本的にカルトナージュは、土台となる箱を、厚紙を切り出して作る所から始めます。

切り出した厚紙は、ボンドで貼り付けて組立て、水貼りテープかマスキングテープで補強して完成させます。土台の箱に関しては、チョコレートの箱や牛乳パックの上部分を切り取ったもの、100均で販売されている紙箱や木箱を利用しても構いません。

箱が出来上がったら、あらかじめサイズを測って切っておいた布や紙を、まずは箱の外周にボンドで貼り付けていきます。外側の底と内周面は、それぞれの面用に切り出したケント紙に布や紙を貼り、それを各場所に貼り付けます。

全面に布を貼り付けたら、好みでレースやリボン等でデコレーションをします。なお蓋や引き出し付きの箱に金具を付ける場合は、布を貼る前に金具を付けておきましょう。

ただし、仕切りの多い箱や蓋付き、引き出し付きはカルトナージュ初心者には少々ハードルが高いので、最初はシンプルな箱から始めることをおすすめします。

動画の作り方を参考にしてみよう

キルト綿を利用し高級感をアップさせた蓋付きBOXのカルトナージュの作り方を詳しく解説してくれている動画です。解説した作り方と手順が少々異なりますが、この動画も参考に製作してみてください。

カルトナージュのキットを使った作り方

カルトナージュの材料を一から揃えるのは大変そうと思う方には、材料一式がセットになった、カルトナージュキットが通販などで購入できます

これなら厚紙等もすでに切られていて、後は組み立てるだけの状態になっていますし、作り方説明書も付いているので安心して取り掛かれます。
 

出来上がりサイズ W22xD15xH6.9cm
素材 紙製
セット内容 レシピ、カット済み厚紙、ケント紙、水貼りテープ

身近にある厚紙を利用して作る

わざわざ厚紙を買わずに済ませるなら、牛乳パックは身近にある代表的な代替品です。少々厚みには欠けますが、耐水性があるので人気です。牛乳パックなら簡単に手に入るので、練習用として使うのも一つの手です。

牛乳パックを使用する場合、底を上手に利用するのがポイントです。上部を切り取って小さな小物入れにしたり、深さを利用して鉛筆立てにするなどアイデア次第で様々なアイテムを作る事が可能です。

注意点は牛乳パックの字やデザインが透けて見えないようにする事です。パックの周りにコピー紙などの白い紙を一枚巻いておくだけでも、かなり文字透けを防げます。また色柄のしっかりした物や厚手の布を使うように工夫してください。

大きなサイズの物を作りたい場合は、段ボールを使う方法があります。段ボールも身近にある代替品ですが、段ボールは耐久性が無いので、あまり力を加えないような物を作る際に使うようにしましょう。

100均ダイソーで手軽なキットが入手できる

100均のダイソーでは、牛乳パックを使って作るカルトナージュのキットが4種類販売されています。手軽に初心者でも楽しみながら作れるようになっているので、親子で楽しんでみてはいかがでしょうか。

Thumb100均ダイソーのカーテンが大人気!おすすめカーテンアレンジ方法もご紹介!
100均のダイソーで購入できるカーテンは、とても人気が高いアイテムです。そんな、ダイソーのカ...

カルトナージュの作り方レシピ

基本のカルトナージュの作り方を理解した上で、いくつかのカルトナージュアイデアレシピを紹介いたします。比較的簡単なカルトナージュ作品ばかりなので、ぜひ挑戦してみてください!

Thumbマクラメ編みとは?基礎知識から簡単な編み方レシピまでご紹介!
ひもを使って美しい編み目を作るマクラメ編みはインテリアやアクセサリーにおすすめです。マクラメ...

レシピ①メモパッドカバー

牛乳パックで作るカルトナージュのメモパッドカバーです。とても簡単なのでカルトナージュ初心者におすすめです。
 

【材料】
牛乳パック
布・リボンなど

【作り方】

  1. 牛乳パックの4隅を切り、両横の部分と、注ぎ口の部分は切り取って縦に長い長方形型に切り取ります。
  2. 内側・外側共に丁寧に布を貼り、下側になる面にメモを挟めるポケットを作ります。
  3. 市販のメモパッドをセットし、表紙にあたる部分にリボンなどを使ってデコレーションします。

【ポイント】角をきっちりと丁寧に貼り付けることがポイントになります。

レシピ②ダストボックス

出典: https://www.rakuten.co.jp/

ハットボックスの蓋を取った部分を使ってカルトナージュのダストボックスが作れます。円形になるので、少々布を貼るハードルが上がりますが、その場合は角型の箱に布を貼ってもダストボックスになります。
 

【材料】
ハットボックス又は丸形ボックス(100均でも入手可)
基本道具(カッターナイフ、ハサミ、ペン、ボンド、ハケ)
好きな布

 

  1. ハットボックスの側面全体に少しずつボンドを塗りハケで伸ばしていきます。
  2. 塗り終わったらハットボックス側面の半分くらいの所に布を当て、左右どちらかの布を気泡が入らないように貼っていきます。側面の布を当てた部分が下になるように丁寧にコロコロ転がすと貼りやすいです。
  3. 貼り終わったら、もう片面も同じようにして貼り付けます。この側面に貼る布は、あらかじめ側面の長さに合わせて裁断しておきましょう。その際2cm程ののりしろと、箱の上側に来る部分用の3~5cmののりしろもも忘れずに取ってください。

出典: https://www.rakuten.co.jp/

  1. 上部ののりしろ用として残しておいた布部分に均等に切れ目を入れ、中に折り込んでボンドで貼り付けます。好みで内側にも布を貼り付けるとキレイになります。
  2. 全てのボンドが完全に乾いたら完成です。好みでリボンやレースなどでデコレーションしてもステキなインテリアになります。

レシピ③厚紙で作るバッグ

出典: https://www.rakuten.co.jp/

カルトナージュは箱を装飾するだけでなく、バッグを作ることも出来ます。厚紙で各面を作り、布や紙を貼って作る方法や、通販サイトでは、トランクなどを作ることが出来るカルトナージュキットも販売されています。

上級者だとハンドバッグや丸みのあるデザインのバッグも作れますが、初心者の場合は、まず簡単な四角形の一般的なものやトランク型のものから始めてみましょう。

身近なもので素敵なカルトナージュを作ってみよう!

カルトナージュは、身近な素材を使って楽しむ事が出来るハンドメイドクラフトです。牛乳パックや100均の商品などを上手に使って、自分好みのインテリアや小物作りを楽しみましょう!

その他の関連記事はこちらから

Thumbオルゴナイトとは?スピリチュアルで神秘的なお守りの作り方を詳しく解説!
ネガティブなエネルギーを吸収しポジティブなエネルギーに変換してくれると言われる、「オルゴナイ...
Thumb最強のシャボン玉液の作り方!基本からおすすめの材料レシピまで厳選紹介!
誰もが子供の頃に経験のあるシャボン玉遊びですが、最近は人気YouTuberが割れにくいシャボ...
Thumb千枚通しとは?基礎知識から似た道具との違いを詳しく解説!
千枚通し、キリ、アイスピック、目打ち、これらの違いを説明することが出来るでしょうか。パッと見...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
櫻 樹
神社巡りと刀剣鑑賞、カフェ巡りが好きなアニメ・ゲーム・2.5次元ヲタクです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ