ゴアテックスの洗濯方法とは?長持ちさせる為の正しいお手入れ方をご紹介!

アウトドアウェアの防水素材と言えば『ゴアテックス』が有名です。高い防水性能を持ち、レインウェアなどに多く使用されているゴアテックスの洗濯方法とは?高機能ゆえに価格が高いゴアテックス素材のウェアの機能を最大限に生かし、長く使用するための洗濯方法をご紹介します。

ゴアテックスの洗濯方法とは?長持ちさせる為の正しいお手入れ方をご紹介!のイメージ

目次

  1. 1ゴアテックスの基礎知識
  2. 2ゴアテックスの洗濯方法【アウター】
  3. 3ゴアテックスの洗濯方法【フットウェア・グローブ】
  4. 4ゴアテックスのお手入れの注意点
  5. 5登山用レインウェアはゴアテックス素材が人気!

ゴアテックスの基礎知識

出典: https://www.gore-tex.jp

登山用のレインウェアや、冬用のハードシェルなど透湿防水性アウターの素材として、多くのメーカーに採用されている素材の代表が『GORE-TEX(ゴアテックス)』です。

ゴアテックスは、アメリカのゴアテックス社が開発した防水透湿素材です。優れた防水性を持ち、雨や雪などの外からの水分で身体が濡れることを防ぎます。

さらにゴアテックスの優れている点は、その透湿効果にあります。発汗による水分をウエアの外へ逃し、汗によって身体が濡れることを防ぐ効果があります。

ゴアテックスの素材

『GORE-TEX(ゴアテックス)』と言うのは、ゴアテックス社が開発した「ゴアテックスメンブレン」というフィルム素材のことを指します。

ゴアテックスメンブレンは、無数に空いたミクロの気孔は分子の大きな水分が外から入ってくるのを防ぎ、水蒸気となって出てくる汗は外に逃すという機能を持っています。

このフィルムを生地に挟み込んだウェアを使用すると、身体が濡れたり蒸れたりすることを防ぎ、悪天候の中でも快適にアウトドア活動を行うことができるのです。

ゴアテックスの機能を保つにはお手入れが必要

レインウェアやシューズ、帽子、テントやシュラフカバーと幅広いギアに使用されているゴアテックス素材の性能を最大限に発揮するためには、正しい手入れが必要です。

数多くの利点を持つゴアテックスですが、化学的な素材の最大の弱点は汚れや環境による劣化です。

少しの手入れで、大切なゴアテックスのギアを長く使い続けることができます。ハードに使用した後は必ず適切な方法でお洗濯しましょう。

ゴアテックスの洗濯方法【アウター】

ゴアテックス素材を使用したウェアの中でも多くの人が使用しているのが、アウターです。ハードシェルやソフトシェルとも呼ばれています。

ゴアテックメンブレンを挟むように表生地と裏生地を貼り合わせ3層構造になったものは強度があるため、アルパインや積雪期対応のシェルなどに採用されています。

また、表生地だけを貼り内側はゴアテックスメンブレンがそのままになっている2層のタイプは、しなやかさと軽量性を重視するレインウェアに多い構造です。

それぞれの構造により『GORE-TEX』『GORE-TEX Pro』『GORE-TEX ACTIVE』と表記されています。

洗濯① ファスナー類を全て閉じる

必要な性能によって使い分けられているゴアテックスのウェアですが、基本的な洗濯方法は変わりません。

製品によっては、洗濯機が使えますので品質表示のタグを確認しておきましょう。ウェアは洗濯の前に全てのファスナー類を閉じます。

ファスナーやスナップを開けたまま洗濯をすると、金属の摩擦で生地を傷めてしまうことがありますので、ここは注意する点です。

ポケット内にに取り残しがないかも同時に確認しておきましょう。

THE NORTH FACE クライムライトジャケット

『THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)』では多くのテクニカルな製品にゴアテックス素材を採用しています。

中でも『THE NORTH FACE クライムライトジャケット』は、軽量でコンパクトに収納できるゴアテックス素材を使用した高機能なレインウェアです。

出典: https://www.goldwin.co.jp/

アクティビティに合わせゴアテックスの種類を使い分け、快適でデザイン性が高い製品は、アウトドアだけではなく、タウンユースとしても人気があります。

ノースフェイスはアメリカのメーカーですが、アジア人の体型に合わせたサイジングでも展開しており、日本人の体型に合いやすいことも多くの人に選ばれる理由のひとつでしょう。

Thumb ゴアテックスとは?アウトドア初心者必見の基礎知識を徹底解説!
アウトドア用のウェアを探していると、ゴアテックスが素材に使われたものが必ず目には居る筈です。...

洗濯②洗濯機で洗浄

汗をかいたり、撥水が悪くなってきたら洗濯をするタイミングです。特に襟元など皮脂が付きやすい部分はこまめにチェックし、汚れたと思ったら洗濯するようにしましょう。

洗濯をせず汚れをつけたままにしておくと、性能を発揮できないばかりではなく、素材が加水分解をしてフィルムが剥離しゴアテックス素材自体が痛む原因になってしまいます。

ゴアテックス素材のウェアは洗濯機、または手洗いで洗濯することができます。様々なメーカーから販売されている専用洗剤を使用してください。

洗濯の方法は、洗剤で汚れを落とした後、撥水剤で全体をコーティングするのが従来の方法です。最近では洗濯と撥水加工を同時にできる2in1の洗濯洗剤も販売されています。

詳しい洗濯方法については、各製品の使用方法にしたがってください。

NIKWAX 洗剤・撥水剤セット

ゴアテックス用の洗濯用洗剤・撥水剤といえば、NIKWAX(ニクワックス)が有名です。『テックウォッシュ』は、洗剤成分を残さず繊維の中まで汚れを落とすことができます。

汚れを落とした後は、濡れたまま撥水剤の『ダイレクトウォッシュイン』につけ置きをして仕上げればゴアテックスの洗濯は完成です。

洗濯③乾燥

ゴアテックスのお手入れで見落としがちですが、重要なポイントとなるのが「乾燥」です。

撥水剤は表面に水滴がつかないようにするためのもので、ゴアテックスウェア自体の性能を回復させるポイントは洗濯後の乾燥にあります。

洗濯した後、陰干しで全体を乾燥させ、さらに乾燥機にかけましょう。乾燥機でしっかり乾燥させることによりウェア自体の耐久撥水(DWR)加工が回復します。

乾燥機がない場合はアイロンを

自宅に乾燥機がない場合は、コインランドリーを使うことをおすすめしますが、アイロンでも代用することができます。

洗濯してしっかり乾かしたゴアテックスウェアに当て布をして、低めの温度に設定したアイロンを当てます。

GORE-TEXウェアのお手入れ方法を動画で確認

ゴアテックスウェアの洗濯方法を動画で詳しくチェックしてみましょう。

正しい手順で洗濯すればそれほど難しいことはありません。こまめな手入れで愛用のギアの性能をキープしましょう。

ゴアテックスの洗濯方法【フットウェア・グローブ】

出典: https://www.gore-tex.jp/

ジャケットやパンツだけではなく、バッグやフットウェア、小物に至るまで様々なアイテムにゴアテックスメンブレンは使用されています。

形状により洗い方にコツがあるアイテムもあります。いずれも汚れをそのままにしておくとゴアテックスの高い性能が発揮されません。

定期的に洗濯して汚れを取り除くことが、ゴアテックス製品を長く使用するポイントです。

フットウェアの洗濯方法

汗での蒸れや、雨による濡れを防ぎ快適さを保つフットウェアは、通常のシューズのように洗濯することができます。

靴紐を外し、中敷を抜いたら砂埃や土、小さな石などの汚れを落としてから洗濯をします。ぬるま湯を使いブラシなどで汚れを落とします。

洗い終わったら陰干しをして完全に乾かします。一部のシューズ用ドライヤーを使える場合もありますが、高温処理は禁物です。

フットウェアの場合は撥水剤の使用に注意が必要です。それぞれの製品によって使用できる仕上げ剤が違いますので必ずメーカーに確認して使用しましょう。

グローブの洗濯方法

ゴアテックス素材のグローブについても基本的な洗濯方法はシューズと同じです。

表生地の素材により洗濯の仕上げ方が変わりますので、メーカーやショップで確認するようにしましょう。

グローブは金具やストラップがついている場合が多いので手洗いがおすすめです。洗った後は、水が切れやすいように手首側を下にしておくとよいでしょう。

乾燥途中で何度か手にはめ、形状を整えるようにするとフィット感が損なわれずに仕上がります。

ゴアテックスのお手入れの注意点

高い透湿・防水性能を誇るゴアテックスですが、手入れの方法を間違うと機能を発揮できなくなるばかりか、せっかくのウェアを痛めてしまう可能性もあります。

正しい知識を持ってこまめにお手入れするのがゴアテックス製品を快適に長く使用するコツです。

注意点①洗濯

ゴアテックス素材を洗濯するときは、専用の洗剤を使用するようにしましょう。

普段の洗濯で使っている粉末洗剤や、柔軟剤などが入っている洗剤は使用できません。しみ抜きや漂白用の洗剤も使用することはできません。

ゴアテックス製品は自宅での洗濯が推奨されていますが、ドライクリーニングに出す場合は、石油系溶剤の品質に注意が必要です。撥水加工も合わせて依頼してください。

注意点②防水スプレー

出典: https://www.amazon.co.jp/

ゴアテックス製品に防水スプレーを使用するときは、素材を確認する必要があります。フッ素系は使用可能ですが、シリコン系は使用することができません

シリコン系は、繊維の隙間を埋めてしまうため、ゴアテックス素材の特徴である透湿性を損なうことになります。

防水スプレーは手軽ですが、ゴアテックス素材の性能を最大限に活かしたいなら、少々手間はかかりますが、基本の洗濯方法がおすすめです。

Thumb雨でも大丈夫!アウトドアのテントやウェアにおすすめな優秀防水スプレーとは?
アウトドアに出かけた時に、雨が降ってもテントやウエアを守ってくれるが防水スプレーです。撥水力...

登山用レインウェアはゴアテックス素材が人気!

出典: https://www.gore-tex.jp

防水用のウェアではダントツの信頼性を誇るゴアテックス素材は、悪天候での行動をサポートしてくれる重要なギアに多く採用されている、アウトドアには欠かせない素材です。

万が一の時にも身体を快適に保ち、守ってくれるゴアテックス素材のウェアは、定期的なメンテナンスをしておくことが重要なポイントです。

お気に入りのゴアテックスギアを長く愛用し、高い性能を最大限に発揮させるためにも正しいお手入れ方法をマスターしましょう。

その他の関連記事はこちらから

Thumbモンベル定番アイテムストームクルーザーが新作で登場!進化したその性能をご紹介!
日本を代表するアウドドアブランド「mont-bell(モンベル)」の、2019年春夏モデルは...
Thumbゴアテックスのおすすめトレッキングシューズ5選!選び方から特徴まで詳しく紹介!
登山靴を購入する際に着目したいポイントがゴアテックスを使っているかどうかです。ゴアテックスの...
Thumb最新ゴアテックスおすすめ帽子10選!特徴からおすすめのポイントまで詳しく紹介!
ゴアテックス製の帽子は登山用に人気があります。雨にも強く耐久性の高い帽子として人気ですが、最...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
noccoshi design.

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ