コンペンセイターとは?その性能やマズルブレーキとの違いを解説!

コンペンセイターとは、どのようなものなのか紹介していきます。また、コンペンセイターの性能や効果は、どのようなものなのかも見ていきます。コンペンセイターとマズルブレーキの違いやコンペンセイターの仲間についても、紹介していきます。

コンペンセイターとは?その性能やマズルブレーキとの違いを解説!のイメージ

目次

  1. 1コンペンセイターとは
  2. 2コンペンセイターの仲間
  3. 3コンペンセイターの効果は
  4. 4コンペンセイター銃別効果
  5. 5コンペンセイターのまとめ

コンペンセイターとは

コンペンセイターとは、どのようなものなのでしょうか。コンペンセイターの性能や効果なども紹介していきます。また、コンペンセイターとマズルブレーキの違いについても見ていきます。それでは、まず、コンペンセイターとはどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。通常は、銃を使った時に弾がでますが、その時に一緒に発射ガスもでます。そして、コンペンセイターは、この銃を使った時に出る発射ガスを逃がす効果があります。

また、銃身がぶれることやリコイルを抑えてくれるものです。そして、コンペンセイターは、銃口の先に取り付けることのできる丸い形をしたもので、筒型のものや箱型で穴や隙間が空いているアタッチメントのことを指します。ここまでの機能はマズルブレーキと同じ機能なのですが、競技用の銃でマズルブレーキの性能が高くしてあるものをコンペンセイターと呼びます。

コンペンセイターの仲間

ここからは、コンペンセイターの仲間を紹介していきます。コンペンセイターの仲間は、どのようなものがあるのかというと、マズルブレーキとフラッシュハイダーです。それでは、コンペンセイターの仲間のマズルブレーキとフラッシュハイダーについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

マズルブレーキ

コンペンセイターの仲間であるマズルブレーキについて紹介していきます。コンペンセイターの仲間のマズルブレーキは、リコイルを抑えることが目的で作られているものです。そして、マズルブレーキはリコイルを抑えるために、銃を使った時に出るガスの圧力を利用して、銃道の直角もしくは、斜め後ろにガスを排出するようになっています。

また、基本的にマズルブレーキはショットガンやライフルに使われることが多いのですが、ハンドガンに使うことのできるマズルブレーキもあります。マズルブレーキは日本語では、銃口制退器といいます。

フラッシュハイダー

フラッシュハイダーは、銃口からでるマズルフラッシュという発射炎を抑えるために使われるものです。そして、フラッシュハイダーを使うことでマズルフラッシュを拡散させることができます。なので、敵に自分のいる場所を目立たないようにする効果があります。また、フラッシュハイダーは、オートライフルやマシンガン、アサルトライフルで使われることが多いです。このフラッシュハイダーは日本語では、消炎制退器や消炎器といいます。

コンペンセイターとの違いを動画で解説!

こちらの動画では、コンペンセイターとマズルブレーキの違いについて紹介しています。コンペンセイターとマズルブレーキの違いを分かりやすく説明してあるのでご覧ください。

コンペンセイターの効果は

ここからは、コンペンセイターの効果について紹介していきます。コンペンセイターの効果とは、どのようなものがあるのでしょうか。コンペンセイターの必要性やコンペンセイターの効果について、紹介していきます。それでは、コンペンセイターの効果やコンペンセイターの必要性について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

コンペンセイターの効果を動画で解説

コンペンセイターの効果は、通常では銃を発射した時に銃口が上に跳ね上がってしまうのですが、コンペンセイターを使うことで、銃を発射した時のガスがコンペンセイターの空いている穴から抜けるようになります。なので、このガスが穴から抜け出すというコンペンセイターの効果で、銃を使った時に銃口が跳ね上がることを抑えることができます。

しかも、ガスが抜ける方向が3方向に分散しているので、銃口が上下左右に動いてしまうことも抑える効果がありますので、銃を連射する時にもブレを抑えることができます。上記の動画では、このコンペンセイターの効果を分かりやすく解説しています。

コンペンセイターの必要性は?

次に、コンペンセイターの必要性について、紹介していきます。コンペンセイターは、銃口が跳ね上がったり、ぶれたりすることを抑える効果があります。なので、連射や精密射撃、狩猟などで大口径の銃弾を使用場合に、必要不可欠なものです。

では、なぜ、連射や精密射撃、狩猟などでコンペンセイターが必要不可欠なものなのかというと、コンペンセイターを使用しなかった場合、連射や精密射撃で銃口がぶれてしまうと、銃弾が敵に当たりにくく、発火炎や射撃音などもでてしまいます。また、狩猟などで大口径の銃弾を使う場合は、ブレなどが大きいと肩を痛めてしまうので、コンペンセイターが必要になってくるのです。

コンペンセイター銃別効果

ここからは、コンペンセイターの銃別の効果について紹介していきます。まずは、コンペンセイターをエアガンに装着した場合の効果とコンペンセイターをライフルに装着した場合の効果について紹介していきます。それでは、コンペンセイターをエアガンに装着した場合の効果とコンペンセイターをライフルに装着した場合の効果について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

コンペンセイターをエアガンに装着した時

コンペンセイターは、エアガンにも装着することもできます。しかし、エアガンにコンペンセイターを装着した場合は、リコイルを抑える効果はあまり期待できません。なぜならば、エアガンは圧縮した空気やガスなどの圧力でBB弾を発射します。しかし、エアガンのガスや空気の圧力は、それほど強くありません。そして、コンペンセイターをエアガンに装着したとしても、ガスや空気が少し抜ける程度の変化しか期待できません。

なので、コンペンセイターをエアガンに装着しても、コンペンセイター効果であるリコイルを抑える力は期待できません。しかし、コンペンセイターをエアガンに装着する場合の効果は、他にもあります。それは、見た目をよくする効果です。コンペンセイターとエアガンに装着することで、自分の好きなコンペンセイターを装着して、見た目を自分好みにカスタマイズすることができます。

コンペンセイターをライフルに装着した時

ここからは、コンペンセイターをライフルに装着した時の効果について、紹介していきます。コンペンセイターをライフルに装着した場合の効果として、ライフルで連射する時や射撃をする場合は、コンペンセイターのリコイル抑える効果が重要になってきます。また、狩猟用でライフルを使う場合は、コンペンセイターのリコイルを抑える効果がなければ、肩などを痛める場合もあるので、コンペンセイターの効果が大切になります。

しかし、コンペンセイターをライフルに装着した時の効果は、リコイルを抑える効果以外にもライフルを自分の好きなスタイルにカスタムできるというメリットもあります。コンペンセイターには、銃口に装着するタイプのものやスライドやバレルにガスポートが開けられているものなどがあります。これらのコンペンセイターの中から、自分の好きなコンペンセイターを装着することで、かっこよくアクセントをつけることができます。また、大きな銃であれば、コンペンセイターの種類が多く色々な種類の中から選ぶことができます。

コンペンセイターのまとめ

コンペンセイターは、銃口に取り付けることで、銃を使った時にでるガスを逃がすことができます。また、コンペンセイターを銃口に取り付けて、発射されるガスを逃がすことで、銃を使った時に起こるブレやリコイルを抑えることができます。

コンペンセイターの仲間には、マズルブレーキやフラッシュハイダーがあり、それぞれに違いがあります。また、コンペンセイターの効果として、リコイルを抑えることができるので、ライフルなどで連射を行うときや精密射撃をするときに、とても大切になります。また、ライフルで連射などをする場合は、コンペンセイターがあると発火炎を抑えたり、射撃音を抑えたりすることもできます。

ま大口径を狩猟を行うときに使う場合もリコイルを抑えることで、ケガをする危険から守ってくれます。そして、コンペンセイターには、リコイルを抑えること以外にも見た目をかっこよくする効果もあります。

エアガンは、銃を使った時にでるガスなどの圧力が強くないので、本来コンペンセイターをつける必要はありません。しかし、エアガンにコンペンセイターをつけることによって、エアガンを自分の好きなスタイルに変えることができるので、見た目がよくなります。また、コンペンセイターをライフル装着する場合も、リコイルを抑えること以外に、見た目を自分の好きなようにカスタマイズすることができるので、見た目のかっこよさを楽しむこともできますよ。

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
m.y321

新着一覧

最近公開されたまとめ