一人暮らしでもシンプルインテリアコーディネートでおしゃれな部屋に!

一人暮らしでは部屋が狭いことも多いです。しかしせっかく一人暮らしを始めるのであれば、インテリアをおしゃれにコーディネートして楽しみたい方も多いでしょう。ここでは一人暮らしでもシンプルでおしゃれにインテリアコーディネートできる方法などを紹介していきます。

一人暮らしでもシンプルインテリアコーディネートでおしゃれな部屋に!のイメージ

目次

  1. 1まずは一人暮らしのインテリアイメージを明確に
  2. 2一人暮らしのシンプルインテリア作りのポイント
  3. 3一人暮らしの家具・家電・収納の選び方
  4. 4一人暮らしのシンプルインテリアコーディネート実例
  5. 5一人暮らしの狭い部屋もコーディネート次第でおしゃれに!

まずは一人暮らしのインテリアイメージを明確に

一人暮らしを始める前にどのような部屋にしたいのかイメージしてみましょう。部屋づくりでは家具の配置や装飾するコーディネートによって、使い勝手や部屋の雰囲気が大きく変わります。

特にワンルームなどではしっかりイメージしておかなければ、ゴチャついてしまうことも多く、暮らしにくくなってしまうので注意しましょう。一人暮らしを始めたら、どのような生活にするのか具体的にイメージすることで、家具の配置や必要なものを決めていきます。

また、欲しいものや必要なものを書き出したら、優先順位もつけておきます。部屋のスペースに合わせて購入するインテリアを厳選しましょう。

一人暮らしで部屋が狭い場合には、優先順位の高いものから部屋のどこに置くのか決めていきましょう。最初に家具のレイアウトを決めてから装飾品を決めていくことで、狭い部屋でも上手に部屋づくりができます。

一人暮らしのシンプルインテリア作りのポイント

一人暮らしする部屋を快適にするにはいくつかのポイントがあります。ここでは一人暮らしのシンプルインテリアのポイントを紹介するので、是非参考にしてください。

ポイント①アイテムを少なくする

たくさんのアイテムがあるとどうしてもゴチャついた印象になり、シンプルなお部屋にはなりません。一人暮らしの狭い部屋では必要最低限の家具を揃えるだけにして、たくさんのアイテムを置かないようにしましょう。

部屋の中の物が少ないことで、ワンルームなどの狭い部屋でもスッキリとシンプルなインテリアコーディネートにまとめることができます。

ポイント②物を出しっぱなしにしない

疲れているからと洋服やよく使うものを出しっぱなしにするのはやめましょう。テーブルの上や床、ソファなどに物が置いてあるとそれだけで散らかった印象の部屋になります。特にテーブルの上は目につきやすいので、そこだけでも片付けるようにしましょう。

ポイント③カラーは3色以内

部屋の中にたくさんの色が混在しているとごちゃごちゃした見た目になります。一人暮らしの部屋をおしゃれでシンプルにまとめるのであれば、使う色は3色以内に収める方が良いでしょう。

1色しか使っていないと単調で無機質な印象になるので、ベースの色とアクセントカラーの2色か3色がおすすめです。色を足したくないときは観葉植物などでグリーンを足すのがおすすめです。また最近ではグレーを基調にした落ち着きのある部屋が流行っています。

グレーにはピンクやブルーをプラスすることで、優しく柔らかい印象になります。またグレーには黒を合わせるのが定番ですが、抜け感を出したいのであればベージュを合わせるのがおすすめです。

他にも色のトーンを抑えることで、実際より部屋を広く見せることもできます。柄は小さめで、色のトーンを合わせることでスッキリまとまります。

ビビットなカラーを使いたいときにはクッションなどアクセントカラーにすることで、一人暮らしの部屋にメリハリが出ます。

ポイント④収納アイテムは統一

一人暮らし向けの部屋では収納スペースが少ないことも多いです。収納スペースを作りたい場合には、しっかり寸法を測り、サイズの合うものを購入するようにしましょう。収納アイテムはシンプルなもので揃えることで統一感を出すことができます。

押入れやクローゼットは広いので、無駄なスペースが産まれないように有効活用しましょう。上段と下段に分けることのできるハンガーラックや引き出し型の収納ボックスなどを使うと良いでしょう。また収納付きベッドも狭い部屋にはおすすめです。

Thumbおすすめのインテリアシミュレーションアプリ10選!レイアウトの参考に!
お部屋のインテリアレイアウトを決める事は楽しくはありますが、実際に家具を配置してシミュレーシ...

一人暮らしの家具・家電・収納の選び方

一人暮らし用のスペースのあまりない部屋では家具や家電などのインテリアも慎重に選ぶようにしましょう。最初は必要最低限のインテリアから生活を始め、余裕があれば新たなインテリアを買い足していくのがおすすめです。

ここでは一人暮らしを始めるときの家具家電、収納の選び方を紹介します。これから一人暮らしを始める方はインテリアの参考にして下さい。

おすすめ①収納付き引き出し付きシングルベッド

限られたスペースの部屋におすすめなのが収納付きベッドです。こちらのベッドは引き出しが2つ付いていて洋服などの収納ができます。引き出しにはキャスターも付いているので出し入れも簡単にでき、左右どちらでも設置可能なので、ベッドを置く場所を問いません。

床板と引き出し底板にも化粧を施すことにより湿気に強くカビにくくなっているので、清潔な状態で使うことができます。頭側にはタナトコンセントも付いているので本屋やティッシュなどを置いておくこともできます。色は4色から選ぶことができます。

おすすめ②コンパクトでおしゃれなダイニングセット

一人暮らしにピッタリな75×75㎝のコンパクトなテーブルと、シェルチェア2脚がセットになった商品です。テーブルはラバーウッドを使用していて、大きなクセのない木目はどんなインテリアにもよく馴染むでしょう。

またセットのシェルチェアは人気も高いですし、シンプルなデザインなのでお部屋に馴染みやすくおすすめです。椅子が2脚あるので友人などが遊びに来た際も安心です。ナチュラルで温もりを感じるデザインは、一人暮らしの部屋を明るい印象にしてくれるでしょう。

おすすめ③スタイリッシュな収納ワゴン

ワゴン型の収納アイテムは、省スペースでたくさんのアイテムをまとめて収納することができる、一人暮らしにもおすすめの収納インテリアです。こちらの商品は小さな3つのカゴも付属しているので細かなものも仕分けやすくなっています。

スチール製で耐久性も高く、防水、防サビ仕様です。ハンドルと360度回転するキャスター付きで移動も簡単にできます。かごはメッシュ仕様で通気性が良いので野菜などの収納にも向いています。網目が細かいので物が落ちてしまう心配も少なく安心です。

おすすめ④アイリスオーヤマの家電一式セット

冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機の一人暮らしに欠かすことのできない家電のセットです。冷蔵庫はコンパクトですが142リットルの収納が可能なので、一人暮らしでもしっかり自炊をしたい方でも野菜などの保管ができる大きさです。冷凍庫と冷蔵室が分かれています。

また28デシベルの静音設計なので、一人暮らし用のワンルームでも音が気になりにくいです。洗濯機は5キロまで対応で一人暮らしを始めるのにピッタリです。

部屋干しモードが搭載されているので、洗濯物が乾きにくい季節や部屋干しのにおい対策にもなります。また1時間単位で終了時間を予約できる機能も付いているので、洗濯忘れも減るでしょう。

電子レンジは8種類の豊富にそろった自動メニューがあるので、簡単に温めることができます。食パンをトーストすることもできますし、お弁当もすっぽり入る大きさでおすすめです。

おすすめ⑤シンプルなカーテンはインテリアを選ばない

遮光率100%に近い数字を誇るこちらのカーテンは、室内の明かりがほとんど外に漏れることがありません。また屋外からの熱気や冷気をシャットダウンするのでどの季節でも快適に過ごすことができるでしょう。

更には外からの騒音や室内からの音漏れも提言する防音効果も付いている多機能カーテンです。ベージュやホワイトなど12色から選ぶことができます。面積の大きいカーテンは部屋の印象を決める重要なインテリアです。

一人暮らしのシンプルインテリアコーディネート実例

部屋の具体的な家具の配置や装飾品を決める際に、実際のインテリアコーディネートを参考にするのもおすすめです。ここではいくつかのシンプルインテリアのコーディネート例を紹介します。一人暮らしを始める際はインテリアの参考にしてみてください。

コーディネート例①ナチュラルインテリア

木目の家具を多く使うことでシンプルでナチュラルな印象の部屋に仕上げることができます。ワンルームなどで、寝室とリビングが分かれていない場合には、キャビネットやカラーボックスなどを仕切りとして配置するのもおすすめです。

背が低く、部屋全体を見渡すことのできる棚で部屋を仕切ることで、空間をより広く見せることができます。観葉植物などでグリーンをプラスすることでアクセントにもなりますし、落ち着きのある温かい印象になります。

コーディネート例②シンプルインテリア

白を基調とした配色のインテリアでは清潔感を出すことができ、実際よりも部屋を広く見せる効果があります。

特にカーテンやベッドなど、面積の広いインテリアは白でまとめるのがおすすめです。家具や家電なども白で揃え、クッションなどの小さなインテリアで差し色を加えると良いでしょう。

コーディネート例③北欧風インテリア

北欧風のインテリアはとても人気が高くおすすめです。白やグレー、ウッディーカラーを基調とすることで、ナチュラルで落ち着いた北欧風のコーディネートになります。

北欧風のインテリアでは差し色もアースカラーで統一することで成功しやすくなります。そのため青やグリーンを差し色にするときれいにまとまるでしょう。

コーディネート例④カフェ風インテリア

木製のものを用いたカフェ風インテリアや、レンガなどを使ったおしゃれでかっこいいカフェ風インテリなど、カフェ風には様々なタイプがあります。リメイクシートを使って、壁をレンガ模様にしてみるだけでもカフェの雰囲気を楽しむことができます。

また、カゴやオープンラックなどを使って見せる収納をすることで、カフェ風のインテリアコーディネートが出来上がります。見せる収納をする場合には、道具もおしゃれなものだとより一層カフェに近づくことができるのでおすすめです。

Thumb北欧インテリアとは?おすすめのおしゃれコーディネートをご紹介!
スタイリッシュな中にも温かみがある北欧スタイルのインテリア。品が良く落ち着いた大人の雰囲気が...

一人暮らしの狭い部屋もコーディネート次第でおしゃれに!

限られたスペースでもしっかり計画して家具などを配置することにより、素敵なインテリアを楽しむことができます。今回紹介したインテリアコーディネートを参考にして、部屋づくりを行ってみてください。素敵な空間で楽しく生活することができるでしょう。

その他の関連記事はこちらから

Thumbモダンインテリアとは?シンプルでおしゃれなコーディネートをご紹介!
お部屋のコーディネートは様々ですが、最近はモダンなインテリアも人気が高いのです。あまり飾り過...
Thumbナチュラルなインテリアが大人気!コーディネートのアイデアを厳選紹介 !
皆さんは、部屋のインテリアにどんなものを使っているでしょうか?素材や色などを統一すると、非常...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
mocomitu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ