壁で部屋がおしゃれになる!壁のインテリアコーディネートご紹介!

お部屋をおしゃれにしてくれるのは、何も置く家具やインテリアだけではありません。部屋の壁というのは大きな面積を占めるので、そこをコーディネートすればよりおしゃれになります。今回は、壁のインテリアコーディネートの仕方や実例などをご紹介します。

壁で部屋がおしゃれになる!壁のインテリアコーディネートご紹介!のイメージ

目次

  1. 1壁からおしゃれに変えるインテリア術
  2. 2壁の色や柄を変えるとインテリアがおしゃれに!
  3. 3壁のインテリアコーディネート実例
  4. 4見せる収納で実用的かつおしゃれなインテリアに
  5. 5壁のインテリアを少し工夫すると部屋がおしゃれになる!

壁からおしゃれに変えるインテリア術

部屋をおしゃれにコーディネートしたい!となると、大抵は出来るだけ統一されたデザインの家具を集める事が多いかと思われます。確かにお部屋全体の雰囲気を決められますし、必須のアイテムではありますが、おしゃれにできるのは置く家具だけではありません。

もしも家具を色々と選んで置いていても、なんだかしっくりこない場合には、壁を利用してみるのが手です。大きな面積を占めていますから、壁をおしゃれにコーディネートできれば、自分の理想としているお部屋の雰囲気に近づけられるでしょう。

こうした壁のインテリアコーディネートには、絵やパネル、ウォールミラー、壁掛け用の雑貨等をインテリアに利用する事になります。実際に行う際には、アイテムを使う場所の配置などをバランスよく考えていく事が非常に大切になります。

これから壁のインテリアを考えていくという方は、まず最初にどこに飾っていくのかを考えておくことをおすすめします。例えば横に広い壁には横幅のあるインテリアを使う、周りにある家具より一回り小さめのものを使うなど、バランスをしっかり考えましょう。

Thumb壁美人とは?賃貸でも壁に棚をつけられる便利なアイテムを詳しく解説!
石膏ボードの壁にどこでも簡単に棚などを設置できるのが壁美人という取り付け金具です。ホッチキス...

壁の色や柄を変えるとインテリアがおしゃれに!

真っ白な壁に色々と工夫してインテリアを加える方法も、勿論おしゃれでおすすめです。ですが、壁そのものの色や柄を変えると、お部屋の雰囲気がガラッと変えられます。アイテムを配置する際にも、背景に色が付いている方が格段に見栄えも良くなるものなのです。

壁プチリフォーム①壁紙クロス・壁塗装

そんな壁の色や柄を変えた、プチリフォームでのコーディネートの実例をご紹介しましょう。1つは、壁紙クロスや壁塗装です。壁全体の柄や色を変えるのは手間がかかりますが、1か所だけカラーを変えたり柄物にするだけでも、大分印象が変わります。

そんな壁のインテリアには、ペイントアイテムを使いましょう。ターナー色彩のアクリル絵具は、DIY向けに原料にこだわって作られた艶消しの水性ペイントです。マットな仕上がりになり、1,2日後の乾燥した後には耐水性になります。

壁プチリフォーム②ウッドパネル・板壁

出典: https://www.houzz.com/

続いての壁インテリアの手法は、ウッドパネルや板壁を利用したものになります。その名前の通り壁の一部分を木材を使って木目調にする物で、特に戸建ての注文住宅などではリビングの一部分をウッドパネル調にしている場合も多く見受けられます。

木材にも様々存在し、それぞれで手触りやカラーリングも異なりますので、自分のお部屋の理想のスタイルに合わせたインテリア作りが出来ます。実例の様にホワイトの壁がベースのダイニングにダークブラウンのウッドパネルを使うと、シックな印象が高まります。

こうしたウッドパネルを使うのにおすすめなのは、ニッカブロックの「ウッドタイル」です。DIY用のインテリア向けウッドパネルで、パズルを組み合わせるかのようにセルフで見にリフォームが可能です。ハンドタッカーで簡単に施工ができます。

壁プチリフォーム③壁紙シート

更に手軽に壁の雰囲気を変えたいのであれば、壁紙シートを使ってみましょう。名前の通り壁に貼り付けて使用するシートの事で、貼り付けてからも簡単にはがせますので賃貸住宅等でも原状回復が出来、気軽に使えるインテリアになります。

ウッドパネルの場合木目調のデザインになりますが、この壁紙シートであればレンガのスタイルを始めとした様々なデザインや種類が存在しており、好きな壁紙を選んで貼り付けられます。インテリアシートと呼ばれているものも、同様に壁に貼って使うアイテムです。

壁紙シートには、剥がせる壁紙RILM(リルム)がおすすめです。アイボリープレートウッド、レンガブラウン、各種の木目柄など合計40種類のデザインの中から選択でき、本体価格たったの50円で簡単にお部屋のプチリフォームが楽しめます。

壁のインテリアコーディネート実例

ここまでは、壁の色がやらその者を変えるインテリアコーディネートの方法をご紹介しました。ペイントをする物からシールを張り付けるだけで簡単に施工できるものなど、手法も様々です。ここからは、アイテムを使った壁のインテリアコーディネートの実例を紹介します。

おすすめアイテム① ポスター・ファブリックパネル・写真

出典: https://roomclip.jp/

お手軽に壁のインテリアコーディネートでおしゃれに飾ろうと思うのなら、絵やポスター、ファブリックパネルなどを使うのが代表的です。こちらの実例ではポスターを使っており、ウォールデコレーションはホワイトとゴールド調で豪華なイメージもプラスできます。

写真やポスターをインテリアに使うのであれば、ココラパンデザインのポスターを使ってみましょう。くじらがプリントされた白黒のモノトーン調のポスターであり、額縁に入れて飾っても、クリップに挟んで壁に飾る事も出来るアイテムです。

おすすめアイテム②時計

壁掛け時計もインテリアの1つとして機能します。時計は時間を確認するために使っている方も多いでしょうが、最近ではスマートフォンを見れば簡単に正確な時間を見られる為、時計は単なる時間の確認だけではなく、インテリアとして扱われている側面もあります。

壁掛け時計をインテリアとして扱うのなら、できるだけ目に付く場所を選ぶ事がポイントになります。時間の確認もサッとできる訳ですし、目立つインテリアとして活用できるでしょう。

おすすめの壁掛け時計はレムノスの「Campagne 電波時計」です。シンプルなアラビア数字の電波時計ですが、それ故に様々なスタイルのお部屋にマッチするインテリアの1つになるかと思われます。

おすすめアイテム③鏡

出典: https://www.dinos.co.jp/

鏡を壁にかけてインテリアの1つにする方法も、非常に効果的です。洗面台に行けば見られるアイテムではありますが、シンメトリーに置いたり、つきあたり場所に置くなど配置の仕方を考えてみましょう。生活導線上に置けると、実用性も兼ねられて便利です。

おすすめなのはarneの「細枠ウォールミラー」です。こちらもデザインはシンプルにまとまっており、リビング、洗面所、玄関などどこに置いても違和感はありません。縦でも横でも掛けられますので、スペースに合わせて好きに配置できます。

おすすめアイテム④植物・ドライフラワー

観葉植物やドライフラワー、フェイクグリーンを使ったインテリアもおしゃれです。白い壁のままでは無機質に見えてしまいますが、植物を加えれば自然味が増します。特にウッドパネルなどと組み合わせると、よりマッチするでしょう。

おすすめなのはビカクシタの苔玉仕立てです。ワイヤーが付属しており、壁から吊り下げて飾れる苔玉仕立てで、お部屋に簡単に緑をプラスできます。幾つかをまとめて飾る事も可能ですし、壁に余裕が無ければ皿の上にインテリアとして置いても良いです。

おすすめアイテム⑤ウォールステッカー

出典: https://www.amazon.co.jp/

ウォールステッカーは、名前の通り壁に貼り付ける為のステッカーです。花柄やアルファベットの文字タイプなど、お部屋の雰囲気に合わせたウォールステッカーを選べますし、季節に合わせて剥がして新しいものを貼り付けるといった、簡単な模様替えが出来ます。

ロキリフのウォールステッカーは、台紙から剥がして貼り付けるだけで使えます。平らな壁がある場所であればリビングを始め何処でも貼り付けて使用でき、シマウマやアルファベットなどモノトーン調ですのでモダンなお部屋によくマッチします。

おすすめアイテム⑥タペストリー

ラストはタペストリーです。広い面積を占めるインテリアである為、1枚でも飾れば直ぐに目に付く目立つアイテムになり、雰囲気を簡単に換えられます。麻の様なナチュラルな物から、コットンの紐を編み込んだものまで様々です。

マリメッコのタペストリーは豊富なデザインがそろっており、サイズも1㎝単位でオーダーが可能です。ウェイトバーの色も白か黒かを選択でき、勿論タペストリーですので気分や季節ごとに変えたくなったら丸めてしまっておけます。

見せる収納で実用的かつおしゃれなインテリアに

アイテムを飾る事で雰囲気は思っている以上に変化させられるものですが、壁面を見せる収納場所として利用しても、インテリア扱いとしておしゃれな部屋作りに繋げられます。

おすすめアイテム⑦壁面収納・壁面棚

例えば、キッチンの作業台に棚を設置し、食器や雑貨などを飾れる見せる収納場所として活用する方法があります。その他にも、天上と床とに角材を設置し、ラックなどを作って衣類などを引っ掛けるだけでも、インテリアの1つとして見せられます。

木材とディアウォールを使い、収納用の棚やラックを作ってみましょう。1本だけでもラックとして上着や帽子などを引っ掛けられますし、2本使えばラックとしてはもちろんの事、更に木材を使って棚として活用できます。

Thumbディアウォールでテレビを壁掛けに!準備から取り付けまでわかりやすく解説!
壁掛けテレビは大きな工事をしなくてもホームセンターでも購入できるディアウォール使って簡単に作...

壁のインテリアを少し工夫すると部屋がおしゃれになる!

壁は面積が広いだけに、インテリアを1つだけ加えるなど少し工夫するだけでも、お部屋の雰囲気を十分に変える事が可能です。お洒落な部屋づくりの一環として、是非壁を使ったインテリアの利用にチャレンジしてみましょう!

その他の関連記事はこちら

Thumbおしゃれなリビングにしたい!リビングのインテリアコーディネートをご紹介!
毎日過ごすリビングをおしゃれなインテリアに囲まれた快適に過ごせる空間にしたい、と思っている方...
Thumbインテリアのポスターはどう飾る?おしゃれな空間を作る為の飾り方をご紹介!
お部屋の雰囲気をパッと変えたみたいと考えている方は、インテリアにポスターを取り入れてみてはい...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
中村雄二

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ