今おすすめの地下足袋で登山とは?メリットとデメリットなど徹底解説!

地下足袋登山には、さまざまなメリットがあります。そのメリットとは、いったいどのようなものなのでしょうか。そして、地下足袋登山がおすすめの理由や登山におすすめの地下足袋の種類、また、おすすめの地下足袋3選の紹介もしていきます。

今おすすめの地下足袋で登山とは?メリットとデメリットなど徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1地下足袋登山のメリット
  2. 2地下足袋登山のデメリット
  3. 3登山におすすめの地下足袋の種類
  4. 4地下足袋登山におすすめの気候と山道
  5. 5登山におすすめの地下足袋③選
  6. 6地下足袋で足の裏で山を感じてみよう!

地下足袋登山のメリット

地下足袋での登山が現在おすすめされています。なぜ、今地下足袋登山が注目されているのでしょうか。

地下足袋登山のメリットやデメリット、地下足袋登山におすすめの気候や山道、おすすめの種類なども紹介していきます。地下足袋が登山に向いている理由について、まずは地下足袋登山のメリットについて見ていきましょう。

メリット①軽量コンパクト

1つ目の地下足袋登山のメリットは、軽量でコンパクトなことです。山道を歩く登山は足への負担が大きいので、登山に使用する靴の重さが重ければ重いほど足が疲れてしまいます。

ですので、軽い地下足袋で登山をすると足の疲れをできる限り減らすことができ、登山をする際に靴の重さを気にせず歩くことができます。また、地下足袋はコンパクトなので何足か替えの地下足袋を用意していても邪魔にならず、持ち運ぶことができます。

登山に地下足袋を使うことで山道の状況に合わせたものや頂上などで休憩をする際に使うものなど、それぞれのシーンに合わせて使い分け持ち運ぶことができます。

メリット②コストパフォーマンス

次に紹介する地下足袋のメリットは、コストパフォーマンスの良さです。地下足袋は単純な作りですので価格が安くなっています。縫い目は半年ほどで破れてきてしまいますが、底についているゴムなどは丈夫な作りとなっているので、持ちがいいというメリットがあります。

そして、地下足袋はたいだい2000円ほどで購入することができるためコストパフォーマンスがよく、地下足袋登山の大きなメリットとなっています。

メリット③足運びがうまくなる

地下足袋登山の3つ目のメリットは、足運びが上手くなることです。地下足袋の底が薄くなっていることや足の裏にはたくさんのツボが集まっていることで、山道にある石などのでこぼこした感覚を直に感じることができます。

しかし、登山をしている途中に石や岩で足の先をぶつけてしまったり、とがっている石を踏んでしまうと足が痛くなってしまいます。

そのため、足をぶつけたり尖った石を踏んで痛い思いをしない為に、自然と足元に気をつけながら歩いたり、バランスをとりながら歩くようになり、体幹が鍛えられ足の運びが上手くなります。

メリット④自然と一体になれる

最後に紹介する地下足袋登山のメリットは、自然と一体になれることです。地下足袋は底が薄いので裸足で登山をしているような感覚を味わうことができます。

石などのでこぼこした感覚、落ち葉や土などの柔らかい感覚など自然豊かな山道でしか味わうことのできない感覚を踏みしめながら歩くことができます。

ですので、通常の登山靴では味わうことのできない感覚を味わえて、自然と一体になる感覚を感じながら登山をすることができます。

地下足袋登山のデメリット

ここからは、地下足袋登山のデメリットを解説していきます。メリットがたくさんある地下足袋登山ですが、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

尖った石を踏むと痛い

地下足袋登山のデメリットは、尖った石を踏むと痛いことです。地下足袋登山のメリットでもあったように、地下足袋は底が薄く地面の感覚を直に感じることができます。

そのため、自然を感じることができたり足運びが上手くなるといったメリットがあります。しかし、その反面地面の感覚を直に受ける地下足袋は、尖った石を踏んでしまうと痛いというデメリットがあります。

登山におすすめの地下足袋の種類

地下足袋で登山する際は、どんな地下足袋で登山してもいいわけではありません。登山に向いている地下足袋を選ぶ必要があります。そんな、登山におすすめの地下足袋の種類は2つあります。

種類①フェルト地下足袋

1種類目の登山におすすめの地下足袋は、フェルト地下足袋です。フェルト地下足袋は底がゴムではなく、フェルトになっています。

沢登りや川底を歩くときに底がゴムの地下足袋を使っていると滑ってしまう危険があります。しかし、底がフェルトで出来ているフェルト地下足袋を使うことで、滑らずに登山ができおすすめです。

種類②スパイク付きタイプ

次に紹介するおすすめの地下足袋の種類は、スパイク付きの地下足袋です。スパイク付きの地下足袋は、斜面が急な場所や足場が悪い場所を歩く際におすすめの地下足袋です。

足場が悪い山道を歩く際には滑る危険があり、足への負担も大きくなってしまいます。ですので、スパイク付きの地下足袋を使うことで足への負担を減らすことができ、足場が悪い場所でも安心して登山を楽しむことができます。

スパイク付きの地下足袋はクッション性に優れているので、石などが多く足が痛くなってしまう山道でも痛みを和らげることができるので、地下足袋登山デビューにもおすすめです。

地下足袋登山におすすめの気候と山道

それでは、地下足袋登山におすすめの気候と山道について紹介していきます。

地下足袋登山にはさまざまなメリットがありますが、地下足袋の構造上向いている気候や山道、向いていない気候や山道があります。では、地下足袋登山におすすめの気候や山道とは、どのようなものなのでしょうか。

地下足袋登山におすすめの気候

地下足袋登山におすすめの気候は、春や秋などの暑さや寒さが厳しくない気候です。地下足袋登山がなぜ春や秋におすすめなのかというと、冬は地下足袋で登山をすると地下足袋の構造上寒さをしのぐことが難しく、地下足袋登山に向いていません。

また、夏は地下足袋の中が蒸れてしまいます。地下足袋は一度濡れてしまうと乾きにくいという特徴があり、地下足袋が水に濡れてしまうと足の不快感を感じる人もいます。

ですので、地下足袋登山は夏に向いておらず、夏に地下足袋で登山する際は替えの地下足袋を持っておくことをおすすめします。

地下足袋登山におすすめの山道

地下足袋は底が薄いので石や岩が多い山道で登山をすると足をぶつけてしまう可能性があります。ですので、地下足袋で登山をする場合は、石や岩ができるだけ少ない山道を選ぶことで、足をぶつけてしまう可能性が少なくなりおすすめです。

登山におすすめの地下足袋③選

ここからは、登山におすすめの地下足袋である、マルゴスパイクマジック足袋2型10853と力王貼付たび跣たび5枚コハゼ、荘快堂スパイクシューズ朝霧I-88の3種類を紹介します。それぞれのおすすめの地下足袋には、どのような特徴があるのか見ていきましょう。

おすすめ地下足袋①マルゴ スパイクマジック足袋2型 10853

1つ目に紹介するおすすめの地下足袋は、マルゴスパイクマジック足袋2型10853です。マルゴスパイクマジック足袋2型10853は、スパイク付きの地下足袋で登山などの足場が悪い環境でおすすめの地下足袋です。

底の厚さは2.5センチとなっており厚めになっていて、ロングタイプもあります。また、マジックテープで止めて履くタイプの地下足袋になっているので、自分の足のサイズに合わせてフィットさせることができます。

マルゴスパイクマジック足袋2型10853は、スパイク付きで底が厚くなっているので、足場が悪い場所が多い登山でも滑りにくくおすすめです。

おすすめ地下足袋②力王 貼付たび 跣たび 5枚コハゼ

次におすすめする地下足袋は、力王貼付たび跣たび5枚コハゼです。力王貼付たび跣たび5枚コハゼは、裸足のような感覚で足に張り付くように履くことができる地下足袋になっています。

軽さもあり防水性能が優れているため登山で水辺を歩く際におすすめです。また、水辺で歩いても滑らないよう滑り止めがついているので、足の負担も減り安心して歩くことができます。登山で水辺を歩く予定がある場合に活用したいおすすめの地下足袋です。

おすすめ地下足袋③荘快堂 スパイクシューズ 朝霧 I-88

最後に紹介するおすすめの地下足袋は、荘快堂スパイクシューズ朝霧I-88です。荘快堂のスパイクシューズ朝霧I-88は、コハゼタイプの地下足袋ではなくマジックテープタイプの地下足袋ですので、着脱が簡単という特徴があります。

そして、スパイク付きの地下足袋で、スパイクピンがとても強く登山で活用しても滑ってしまう心配がなく歩きやすくなっています。デザイン性や安全性も高く快適な履き心地ですので、登山におすすめの地下足袋です。

地下足袋で足の裏で山を感じてみよう!

地下足袋で登山することで自然を感じることができたり、足運びが上手くなるなどのメリットがたくさんあります。地下足袋は軽くコンパクトですので足が疲れにくく、シチュエーションに合わせて履き替えることもでき、登山には最適なシューズです。

また、地下足袋にはさまざまな種類があり登山に最適な地下足袋を選ぶことで、足の負担を減らすことや安全に登山を楽しむことができます。お気に入りの地下足袋を見つけて、足の裏で山を感じてみましょう。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
m.y321

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ