インテリアプランナーにはどうしたらなれる?勉強方法など徹底解説!

インテリアプランナーという職業を知っていますか?今女性に人気が高い仕事で、住宅やオフィスなどのインテリア設計を施します。今回は「インテリアプランナーの資格取得」に向けて、勉強方法を解説していきます!独学で頑張る方に向けて、おすすめの教材も紹介するので必見です。

インテリアプランナーにはどうしたらなれる?勉強方法など徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1インテリアプランナーとは?
  2. 2インテリアプランナーの仕事内容
  3. 3インテリアプランナー資格の取得方法
  4. 4インテリアプランナー資格取得に向けた学校
  5. 5インテリアプランナー資格を独学での勉強法
  6. 6業界では人気の資格で多くのインテリアプランナーが活躍中

インテリアプランナーとは?

インテリアプランナーという職種を知っていますか?インテリアプランナーは「オフィス」「店舗」「住宅」などの、建設物関連のインテリアに携わる仕事のことを言います。

主にお客様と相談してイメージのコンセプトを作ったり、部屋の内装、家具のデザイン、メーカーさんへの発注、検査の管理など、仕事の範囲が広いのが特徴です。

また、インテリアプランナーの多くが「建築士」の資格を持っており、建築や内装の設計も請け負うことができます。2つの資格を持っていることで、仕事の視野もグッと広がり、活動できる場が増えるという訳です。

インテリアプランナーの仕事内容

インテリアプランナーの仕事内容は、どういった流れなのでしょうか。「インテリアプランナーを目指したい!」という方にとって、1番気になる内容なので、詳しく解説していきます。

その他にも「就職先」や「平均年収」など、インテリアプランナーの全てをお伝えするので、一緒に見ていきましょう。

インテリアプランナーの仕事の流れ

インテリアプランナーの仕事内容をコンパクトに解説していきます!お客様からの依頼から、仕事完了までの流れを見ていきましょう。

【お客様からの依頼内容を確認】
お客様が希望する「内装のイメージ」や「予算はいくらまでなのか」「完成予定日の希望」など、相談しながら流れを決めていきます。また、お店の内装を希望されている場合は、客層や場所などを重点に詳しくヒアリングして、現地確認なども行います。

【デザイン計画を提案】
お客様からの要望をまとめて、インテリアの計画を提案していきます。主に、家具や収納を置く場所を決めたり、インテリアのデザインを一緒に考えていきます。

お客様にとって過ごしやすい場であり、安全性もきちんと守られる、居心地の良い空間を全てコーディネートしていきます。また、お客さまが完成イメージをしやすくするため、模型や完成図を活用して話を進めていきます。

【工事業者に発注】
お客様に提案した計画に問題がなければ図面を作り、工事業者さんに見積もりを作成してもらいます。そして、金銭面でOKを貰えたら、工事業者さんに仕事を発注して、内装工事が始まります。

それで終わりではなく、現場に足を運び「工事工程が計画通りに進んでいるのか」など、きちんとチェックする必要があります。

【建物の引き渡し】
作業が全部終了したら、お客様に内装など全て確認してもらい、問題が何もなければ引き渡しをして、終了です。

インテリアプランナーの仕事内容は、大体このような流れとなります。お客様とのやり取りから始まり、工事業者さんと打ち合わせを済ませ、施工工事に進みます。

会社内での仕事だけではなく、きちんと現場まで足を運び、チェックを欠かさず行うことがとても大切です。

インテリアプランナーの仕事の魅力

インテリアプランナーの仕事は、お客様とじっくり話合いながら、自分の知識を出して、計画や提案することに力を注ぐことができます。そして、インテリア関連以外に工事の管理へも携われるので、業者さん達とのコミュニケーションも取れます。

仕事内容はとても責任感が求められますが、物件や建物が完成したときの満足感は、何者にも代えられません。そして、お客様からの感謝の言葉も頂けるので、インテリアプランナーの仕事はとてもやりがいがあります。

お客様との信頼関係が「しっかり築ける」ということも、魅力の1つではないでしょうか。

インテリアプランナーの就職先や求人

「インテリアプランナーとして働きたい!」と思っても、どんな所に就職すれば良いのか悩む方も多いでしょう。インテリアプランナーの就職先は、建設会社やインテリア関連、デザイン関連専門の職場などになります。

そういった職場で下積みを重ねながら、知識を学んで経験を得て、数年後には独立をして頑張る方もおられます。

インテリアプランナーを求める職場はあるので「自分はそこで何を学びたいのか」「何を頑張りたいのか」など、目標を決めて自分に合った就職先を見つけて下さい。

インテリアプランナーの平均年収

インテリアプランナーの平均年収は、働く職場によって違いはありますが、平均300~800万円の年収が得られるようです。これは、インテリアプランナーとしての経験値や職場の規模によって大きく違いがでます。

大学や専門学校でインテリアを学んで、インテリアプランナーとして就職した場合、初年度の年収は約300万円ほどになります。

インテリアプランナーとして、どんどん経験を積んでいき「建築士」の資格も取って躍していくことで、年収はアップしていくようです。

インテリアプランナー資格の取得方法

インテリアプランナーの資格を取得する方法を紹介していきましょう!「インテリアプランナーの資格を取りたい」と思っていても、どうすれば良いのか分からない方も多いはずです。

資格を取得する際に必要な「費用」や「試験内容」「合格率」など、知りたい内容を盛沢山お届けするので、是非参考にしてみて下さい。インテリアプランナーを目指したいあなたに向けて、詳しく解説していきます。

インテリアプランナーの資格制度

インテリアプランナーの試験には、インテリアの設計を行う際に求められる、豊富な知識や専門的な技能などについて、審査されます。

平成28年から資格の制度が変わり、学科試験と設計の製図試験によって作られて、学科試験が合格すれば、設計の製図試験を受験できるように変更されました。

この設計製図試験にめでたく合格すれば「インテリアプランナー」の資格を得られることができます。登録者は約6500名ほどおり、いろんな職場でインテリアプランナーとして、大活躍しています!

インテリアプランナーの試験費用

インテリアプランナーの試験を受ける際、必要な費用は「1次試験に9000円」「2次試験に15000円」がかかります。1次試験と2次試験があるので、費用が少しアップしてしまいます。

インテリアプランナーとは別の『インテリアコーディネーター』の試験を受ける時は「1次試験に11,300円「2次試験に14,400円」の費用がかかります。

『インテリアプランナー』と『インテリアコーディネーター』は名前がよく似ているため、間違われやすいですが、違う職種なので覚えておきましょう。

Thumbインテリアコーディネーターにはどうしたらなれる?勉強方法など徹底解説!
インテリアコーディネーターになるためには、資格を取らなければいけません。そのためには「どんな...

インテリアプランナー資格試験の内容

インテリアプランナーの資格試験内容について、紹介していきましょう。

【学科試験】
「インテリア計画」「インテリア装備」「インテリア施工」「インテリア法規」「建設の一般」などになります。しっかり対策を練って、専門知識を勉強しなければいけません。

【実技試験】
「生活が創造できるインテリア設計」「建築物を利用した空間の使われ方」といった内容が出題されます。実技試験は難易度が、かなり高いかもしれません。

過去5年の合格者数や合格率

【過去5年の合格者数と合格率】
 

  平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
受験者数 402人 464人 424人 507人 495人
合格者数 105人 109人 109人 152人 133人
合格率 26.1% 22.2% 22.2 30.0% 16.9%

合格率を見ると、インテリアプランナーの試験の難しさが良く分かります。

補足になりますが、学科試験の合格率はおよそ60%で、実技試験の合格率は25~30%ほどしかありません。学科試験は半数以上の合格者が出ていますが、実技試験になると、一気に減ってしまいます。

インテリアプランナーの難易度は?

インテリアプランナーの資格試験の難易度は、インテリアコーディネーターよりも難しく、2級の建築士の資格よりも易しいと言われています。

インテリアプランナーの知識は、デザイン性などを求められるのはもちろんのこと、建築の知識を学んでおかなければいけません。

そのため、建築関連の知識が全くない方にとっては、難易度がものすごく高く感じるでしょう。インテリアプランナーになるためには、建築に対して関心を持つことから始めると良いかもしれません。そうすることで、難易度も高く感じなくなるのではないでしょうか。

インテリアプランナー資格取得に向けた学校

インテリアプランナーの資格を取得するためには、様々なことを学ばなければいけません。「独学で合格する自信がない方」や「効率よく勉強したい方」に向けて、インテリアプランナー資格取得に向けた学校と通信教育を紹介していきます!

建築やデザインを学べる学校が良い

インテリアプランナーになるためには、建築に関する知識やインテリアについても詳しく知っておかなければいけません。

そのため、建築科や工学部がある大学に通って基礎を学んでから、インテリアプランナーとして就職する手段もあります。

もっと専門的なことを学びたい場合は、専門学校のインテリアコースなどを受講して、インテリアプランナーの道を進むのも良いでしょう。

インテリアプランナーの通信講座

インテリアプランナーの資格を取得するために、通信教育で学ぶことも可能です。通信教育は、専門家からの添削や指導も受けられるので、学校に通わなくても専門知識を学ぶことができます。

通信教育はいろんな会社があるので、価格や指導システム、添削回数などを比較しながら、自分に合ったところを探してみて下さい! 

インテリアプランナー資格を独学での勉強法

インテリアプランナーの資格を取得するために、学校や通信教育で学ばず、独学で合格することは十分可能です。

時間がある時はホームセンターや家具屋などに通って、素材を手に取って触ることで、質感や硬さなど、参考書だけでは分からない事が学べます。

そういった労力プラス、参考書を何度も読み返し、過去問を繰り返し解くことで、試験に対して実力と自信がついていきます。

おすすめ教材①インテリアプランナーガイドブック 学科試験編

独学におすすめ教材1つ目は「インテリアプランナーガイドブック 学科試験編」です。こちらの教材は、学科試験を受けるに当たって「必須アイテム」といっても過言ではありません。

過去問も記載されているので、繰り返し解いて、間違った所は解説を読みながら知識を付けることができます。独学に不安がある方は、是非こちらの教材を探してみて下さい!

おすすめ教材②インテリアプランナー ガイドブック 設計製図試験編

独学におすすめ教材2つ目は「インテリアプランナーガイドブック 設計製図試験編」になります。こちらの教材は実技試験を受ける際、大活躍するガイドブックです。

設計製図試験について詳しく解説されており、難しいと言われている実技試験への突破口となってくれる教材です!

おすすめ教材③超図解で全部わかる インテリアデザイン入門

独学におすすめの教材3つ目は「超図鑑で全部わかる インテリアデザイン入門」です。こちらの教材は、建築関連について初心者の方に、必ず持っていて欲しい1冊になります。

図鑑でとても分かりやすく解説されているので、建築の難しいワードも理解しやすい内容となっています。建築に対して苦手意識があった方にもおすすめです。

業界では人気の資格で多くのインテリアプランナーが活躍中

今回はインテリアプランナーについて詳しく解説してきました。インテリアプランナーはインテリアコーディネーターよりも仕事内容が専門的で、幅広い知識を学ばなければいけません。

資格に合格するためには、決して簡単な道のりではありませんが、インテリアプランナーを取得できれば、自分のスキルもグッとアップします!資格を取得して、活動の幅を広げていきましょう。

その他の関連記事はこちらから

Thumb自分好みの部屋インテリアコーディネートとは?アイデアをご紹介!
自分の部屋をおしゃれにしたいけど、どうすればいいのか悩んでいる方に、インテリアコーディネート...
Thumb何も置きたくない!シンプルでおしゃれなインテリアコーディネートをご紹介!
シンプルでおしゃれなインテリアに憧れませんか?シンプルな暮らしを実現するには、すっきりとした...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
maimaidesu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ