インテリアコーディネーターにはどうしたらなれる?勉強方法など徹底解説!

インテリアコーディネーターになるためには、資格を取らなければいけません。そのためには「どんな勉強をしていったら良いのか」徹底的に解説していきます。インテリアコーディネーターについて、じっくり学ぶことができるので、資格に興味がある方は特に必見です!

インテリアコーディネーターにはどうしたらなれる?勉強方法など徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1インテリアコーディネーターとは?
  2. 2インテリアコーディネーター資格の取得方法
  3. 3インテリアコーディネーター資格の勉強方法【独学】
  4. 4インテリアコーディネーター資格の勉強方法【予備校】
  5. 5インテリアコーディネーター資格の勉強方法【通信講座】
  6. 6インテリアコーディネーターは住まいのスペシャリスト!

インテリアコーディネーターとは?

インテリアコーディネーターという職業をご存じですか?名前は聞いたことがあっても、どんなことをしているのか知らない方も多いはずです。

インテリアコーディネーターは、住宅や商品、インテリアなどについて、専門的な知識を使って、室内の照明や家具、内装などを選んでくれます。ただ選ぶだけではなく、その場所の雰囲気に合う、過ごしやすい空間を作ってくれます。

お客様の要望にしっかり応えてくれるのが、インテリアコーディネーターの大きな役割ということです。

合格率24%前後の難易度

インテリアコーディネーターの合格率は24%前後なので、決して簡単ではなく、かなり難しい試験ということが分かります。なぜこんなにも合格率が低いのかと言うと、試験の範囲も広く、専門知識を沢山覚えなければいけないからです。

例えば建築関係や住宅関係など、インテリアとは別の知識を勉強しなければいけません。次に、二次試験ではプレゼンや論文が出されるので「対策しにくい」という問題があります。

基礎知識だけではなく、応用問題にも対応できるスキルを持っておかなければいけないので、勉強する時間もかなり必要になります。

インテリアコーディネーターの仕事内容

インテリアコーディネーターの仕事内容は、住宅やオフィスなどのインテリアをお客さまが求めるものに作り上げることです。インテリアというのは、部屋の中のカーテンや家具、床や壁、照明や内装までのことを指します。

お客さまが過ごしやすい室内空間を提案して、いろんな種類や素材の中から、お客さまの生活スタイルに合ったインテリアをコーディネートしていきます。

これらの仕事内容は自分だけで決めていくのではなく、設計関係やメーカーの方、職人の方々と接しながら、進めていきます。

インテリアコーディネーターの就職先は?

インテリアコーディネーターの就職先は、主にデザイン事務所や家具店、住宅やリフォーム会社などがあげられ、それらの場所で専門知識を発揮することができます。

その他にも、ホームセンターやインテリアショップ、大型家具店などの、いろんなメーカーの商品を扱う所で就職することも可能です。

また、そういった所以外でも、求められる場所は沢山あるので、資格を取れば就職先の選択枠は一気に広がります。

インテリアコーディネーター資格の取得方法

インテリアコーディネーターの仕事内容が分かったところで、次は資格の取得方法について見ていきましょう。

「受験資格があるのか」「試験費用はどれくらいか」「資格の試験内容」など、資格を取ろうと思っている方には、参考にして頂きたい内容になっています。二次試験の必須アイテムも紹介するので、こちらも必見です!

インテリアコーディネーターの受験資格

試験を受けるに当たって「何か受験資格が必要なのか」という点が気になるのではないでしょうか。実際のところ、誰でも試験を受けることができます。

「年齢」「職業」「学歴」「性別」「実務の経験」といったものは、何も関係ありません。自分が「試験を受けたい!」と思えば、あとは勉強に取り組めば良いだけです。

2次試験を受けるときは、1次試験に合格しておかなければいけないので、そこだけは覚えておきましょう!

インテリアコーディネーターの試験費用

【インテリアコーディネーターの試験費用】
 

1次・2次試験 14,850円(税込)
1次試験のみ 11,550円(税込)
2次試験のみ 11,550(税込)

試験費用は、これら3つに区分されています。「1次・2次試験」をまとめて申し込む場合は、個別で受験するよりもだいぶ安く抑えることができます。

ただし、まとめて申し込みをして「1次試験が不合格」した場合は、一部返金をされることはないので、覚えておきましょう。

「1次試験のみ」で申し込んで合格しても、2次試験を受けることができるのは同じ年ではなく、翌年まで待たなければいけません。

インテリアコーディネーター資格試験の内容

試験資格の内容は「1次試験」「2次試験」ともに、それぞれ違うので説明していきます。まず1次試験は学科試験があり、インテリアに関する専門的知識を問われたり、環境工学や建築学などの問題も含まれます。2次試験は論文とプレゼンになります。

プレゼンは、お客さまに対して「どういったインテリアが良いのか」ということを提案するときに求められる「図面の作成・鉛筆を使った色彩」などが出題されます。論文はインテリアを考える際に必要な判断力や、問題点の解決方法などについて論述していきます。

1次試験は基礎知識や関連法令

1次試験はマークシート式で行います。試験内容を一部紹介するので、参考にしてみて下さい!
 

  • インテリアと品質の基礎知識
  • 住宅の環境や設備の基礎知識
  • インテリアコーディネーターの歴史
  • インテリアの法律や規制、制度などについて
  • インテリアコーディネーターの仕事内容について

試験時間は160分なので、時間に余裕があるように思えますが、範囲がとても広く真剣に勉強しなければ合格することはできません。

2次試験は基礎知識をもとに論文とプレゼン

2次試験は先ほども解説しましたが「論文とプレゼン」になります。試験時間は180分で、1次試験より20分長く設定されています。

プレゼンは実際に仕事した際に、最も必要とされるスキルです。また、お客さまに上手く提案できるかどうかがポイントになります。これまで勉強してきた知識をプレゼンの場でしっかりアピールしましょう!

2次試験の必須アイテム

2次試験は図面を書かなければいけないので、必要最小限のアイテムを紹介します。本番ではインテリアコーディネーター協会から決められた道具しか持ち込みできないので、詳しく知りたい方はサイトをチェックしてみて下さい。
 

  • シャープペン
  • 消しゴム
  • 三角スケール
  • 三角定規
  • 型板
  • 字消し版
  • 色鉛筆
  • 鉛筆削り

当日持ち込みできる道具は決められているので、必ずサイトをチェックして、しっかり確認しておきましょう。
 

インテリアコーディネーター資格の勉強方法【独学】

インテリアコーディネーター資格の勉強方法は、独学でも大丈夫です!本屋に売っている参考書や問題集をフル活用して、過去問を繰り返し解いていきましょう。

いろんな種類の参考書や問題集があるので、自分に合ったものを選んで、しっかり知識を付けていきます。「独学だけでは心配」という方もいるかもしれませんが、実際に結果を出している方も多くいるので、自信を持って頑張って下さい。

1次試験におすすめの教材

独学で勉強する方におすすめ「1次試験の教材」を紹介していきます。どんなものが良いの迷っていた方には是非、参考にしてもらいたい教材になっています。ネットで購入できる教材ばかりなので、チェックしてみて下さい!

インテリアコーディネーター1次試験合格教本 上巻

こちらの教材は、試験の対策方法「33年分のノウハウ」が、ぎっしり詰まった最高の1冊になります。インテリアコーディネーターの試験を受ける方から高評価の教材なので、独学で学ぶ方は是非チェックしてみて下さい。確認テスト付きなのもおすすめポイントです。

インテリアコーディネーター1次試験合格教本 下巻

こちらは上記で紹介した教材の「下巻」になります。分かりやすい解説と種類豊富な図面と「ピックアップワード」なども入っているので、初めて勉強する方にも理解しやすい内容となっています。「上巻」と「下巻」をセットで勉強していけば、しっかり基本を身に付けることができます。

インテリアコーディネーター1次試験 過去問題徹底研究2020 上巻

こちらの教材は最新5年分の1次試験の問題が収められています。しかも、特典として「音声講義」がダウンロードできるので、独学で頑張ろうと思っている方は、是非チェックしてみて下さい。

また、大事なキーワードにはフリガナが付いているので、読みやすく、理解しやすい1冊になっています。見やすいレイアウトと「実力テスト付き」なのも、おすすめポイントです。

インテリアコーディネーター1次試験 過去問題徹底研究2020 下巻

上記で紹介した教材の「下巻」になります。「上巻」と「下巻」それぞれ分野別にて記載されています。試験の傾向と対策も載っているので、何度も繰り返し解くと、自然と頭に入り込んでいきます。

2次試験におすすめの教材

こちらの教材は「2次試験完全攻略本」になっているので、1次試験合格した方におすすめの1冊になります。2次試験に合格した後も、役に立つ内容が記載されているので、インテリアコーディネーターになってからも重宝する教材です。

インテリアコーディネーター資格の勉強方法【予備校】

インテリアコーディネーター資格の勉強方法、続いては「予備校」になります。短い期間で集中して学びたい方には予備校がおすすめです。

予備校には専門知識がある講師からいろんな事が学べて、同じ目標に向かった仲間との出会いもあるので、モチベーションも一気にアップします。しかし、独学で学ぶよりも授業料が発生するため、支払う金額もアップしてしまいます。

インテリアコーディネーター資格の勉強方法【通信講座】

インテリアコーディネーター資格の勉強方法、最後は「通信講座」になります。自宅の近くに予備校がない方や、忙しくて時間がない方に「通信講座」がおすすめです。仕事が休みの日や、時間が空いているときなど、自分のペースに合わせて勉強することができます。

おすすめ通信講座①産業能率大学プロカレッジ

おすすめの通信講座1つ目は「産業能率大学プロカレッジ」です。こちらの通信講座は基礎をしっかり学べることができるので、初心者の方におすすめです。講師の添削も受けるられるので、ミスをそのままにせず、正しい知識を得ることが出来ます。

おすすめ通信講座②ハウジングエージェンシー

おすすめの信講座2つ目は「ハウジングエージェンシー」になります。こちらの通信講座はとにかく費用が安いのが特徴です。質問も繰り返し聞けて、添削の回数も多いため、試験日まで安心して勉強に集中することができます。

おすすめ通信講座③ユーキャン

おすすめの通信講座3つ目は「ユーキャン」です。ユーキャンはCMでよく見かけるので、知っている方も多いはずです。

ユーキャンも添削が受けることができ、詳しい解説付きなので、自分が不得意とする箇所に気付くことができます。スマホやパッドで講義動画が見られるのも、ユーキャンのおすすめポイントになります。

インテリアコーディネーターは住まいのスペシャリスト!

今回はインテリアコーディネーターについて詳しく解説していきました。「資格を取りたい!」という方に向けて、おすすめの教材や勉強のやり方をお伝えしてきましたが、自分に合ったやり方を見つけられましたか?

合格率が低いので不安に思う方もいるかもしれませんが、目標に向かって一生懸命頑張れば、結果は付いてくるはずです!インテリアコーディネーターの資格をゲットして、住まいのスペシャリストになりましょう。

その他の関連記事はこちらから

Thumb100均セリアのすのこでDIYインテリア!おしゃれなアイデアをご紹介!
ここ数年、すのこを使ったDIYが初心者でも簡単に作れると話題を集めています。今回は、100均...
Thumb癒しのインテリア「テラリウム」とは?簡単な作り方から育て方まで詳しく解説!
今回はインテリアとして人気のテラリウムから苔テラリウム、アクアテラリウムと3種類のテラリウム...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
maimaidesu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ