インテリアの意味とは?家具じゃないの?徹底解説!

インテリアはよく使われる単語ですが、実際インテリアとはどのような意味で使われているかご存知ですか。今回は日本語のインテリアとはどういう意味なのか、家具などとの違いは何なのか調べました。おすすめのインテリアコーディネートも紹介しているので、参考にしてください。

インテリアの意味とは?家具じゃないの?徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1インテリアの意味とは?
  2. 2インテリアとは?家具との違い
  3. 3インテリアとは?エクステリアとの違い
  4. 4インテリアデザインと空間デザインとの違い
  5. 5インテリアコーディネートしておしゃれな暮らしを実現
  6. 6お気に入りのインテリアで寛ぎを!

インテリアの意味とは?

日常的にインテリアという単語は使われていますが、インテリアの意味はご存知でしょうか。家具などと同じように使われていることが多いですが、実際の意味はどのような意味があるのでしょうか。ここではインテリアの語源や使い方を紹介します。

インテリアの語源

インテリアとは英語で「内面」という意味です。そこから日本では室内空間を彩る家具などの装飾品が、インテリアとして呼ばれるようになりました。

もともと英語のインテリアとは、広い意味を持っているので定義づけが難しい単語です。最近では日本語のインテリアでは家具以外に家電や植物など、室内を彩る装飾品はすべてインテリアと呼ばれるようになりました。

日本語でのインテリアは装飾品というイメージが強く、英語でいうとインテリアデコレーションに当たります。

日本語でインテリアとはどのように使われているのか?

インテリアとは、日本語ではインテリアコーディネートなどデザインや飾りつけを指すことが多いです。

また室内の家具や雑貨もインテリアと呼ばれるものです。日本語でのインテリアではどこまでの範囲をインテリアとしているのかという定義はなく、明確な線引きはありません。

何が装飾品かというのは人によって違い、明確に区別するのは難しいでしょう。家具や照明などから壁紙や床材など、部屋にあるものすべてが室内装飾品といえるので、インテリアと言って問題ありません。

インテリアとは?家具との違い

家具もインテリアといわれますが、家具とインテリアは何が違うのでしょうか。ここでは家具とインテリアの違いや、家具の特徴などを見ていきましょう。

家具とは?その特徴

家にある家財道具の中でも比較的大きなサイズのものを家具といいます。家具には木製や金属製など様々なものがあります。家具とは衣食住に欠かせないものであり、なければ生活しずらくなってしまいます。

洋服などを収納しておく収納家具や、テーブルや寝具などの空間創造家具があります。家電や装飾品などは家具には含まれないことが多いです。

家具は道具・インテリアは調度品

インテリアの歴史は古く、古代エジプトまで遡ることができます。昔のインテリアは現在のように一般的に普及しているものではなく、身分の高い一部の人が楽しんでいました。権力誇示の道具として使われていたという説があります。

古代ローマ時代では装飾性の高いものがインテリアとして利用されていましたが、一般家庭ではシンプルで機能的なものが使われていました。インテリアとはデザイン性が高く、室内空間を調和させます。

Thumbニトリの家具がおもちゃ収納におすすめ!スッキリ収納術を徹底紹介!
子どものおもちゃの収納に、ニトリのカラーボックスやコンテナが人気です。成長に合わせて様々なア...

インテリアとは?エクステリアとの違い

家具と同じようにエクステリアもインテリアと似た意味で使われることの多い言葉です。ではインテリアとはエクステリアと何が違うのでしょうか。ここではエクステリアの意味やインテリアとの関係性を見ていきましょう。

エクステリアとは?

エクステリアとは建物の外側にある門や庭、カーポートなどの外構空間を指しています。昔は家の周りを囲んで隠すことが多かったですが、現在では囲うことは少なく、オープンな造りが人気です。

そのため昔に比べると、エクステリアの自由度も上がっていて個性を出しやすくなっています。家を建てる際にはエクステリアにこだわる方も多く、ウッドデッキや芝生で彩る方も多いです。エクステリアは見た目はもちろん、防犯面もしっかり考える必要があります。

エクステリアとインテリアの関連性

室内を彩り装飾するインテリアに対し、エクステリアとは家の外側を彩り装飾します。しかしその境界ははっきりと区別されていない場合も多くあります。

現在ではアウトドアリビングやサンルームなどの人気も高くなり、室内にいながらも外の暮らしを楽しめる工夫をしている家がたくさんあります。

室内と屋外の中間的な場所が重視されるようになったことにより、エクステリアもインテリアと同様に重視されるようになりました。

インテリアデザインと空間デザインとの違い

インテリアデザインと似た言葉で、空間デザインというものがあります。この2つは具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。ここではインテリアデザインと空間デザインの違いを紹介します。

インテリアデザインとは?

インテリアデザインとは家具やカーテンなど室内における装飾品のことです。インテリアデザイナーは主にマンションやモデルルームなどの、住環境を手掛けています。

インテリアを用いることで、家族構成やライフスタイルに合わせた室内空間をデザインしていきます。この様に家庭に深く関わっているのがインテリアデザインです。

インテリアデザイナーは、戸建やマンションなどのデザインが主な仕事になり、おしゃれな住まいを求めている方に喜ばれる仕事です。

インテリアデザインは、普段住んでいる室内空間のインテリアなので、素人にもできそうに思えますが、やはりプロに頼むことで自分のイメージをより具現化してもらうことができるでしょう。

たくさんの種類のインテリアからおしゃれで実用性の高いインテリアを選ぶことが、インテリアデザイナーの仕事になります。

空間デザインとは?

空間デザインはインテリアデザインのように家にとらわれることなく、様々な場所のデザインを指すことができます。室内、室外問わず様々な空間のデザインを指した言葉です。

空間デザイナーは美術館のコーディネートや、様々なイベントのブースなども手掛けることがあります。住居という決まりがないので、比較的自由にデザインすることができます。独創性が増すので、インテリアデザインに比べ難しいことも多いでしょう。

また商業施設のデザインをする場合にはオーナーだけでなく、利用者の立場になってデザインをする必要があります。美術性の高い装飾品などをインテリアとして選ぶことも多く、たくさんの人に楽しんでもらえるデザインができます。

商業施設では機能面はもちろん、それ以上におしゃれな雰囲気にこだわることが多いので、住宅では実現が難しいようなデザインも可能になります。

インテリアコーディネートしておしゃれな暮らしを実現

インテリアコーディネートには様々なデザインがあり、使い勝手も様々です。また好みもあるので、気に入るコーディネートも人それぞれでしょう。

ここではおしゃれなインテリアコーディネートをいくつか紹介するので、自宅のインテリアコーディネートの参考にしてください。

お部屋コーディネート①テレワークのインテリア

最近では在宅ワークも増えてきて、自宅で仕事をする人も増えてきています。しかし自宅というプライベート空間ではなかなか仕事に集中できないという方も多いのではないでしょうか。そんな時は仕事に集中できるワークスペースを設けてみてはいかがでしょうか。

まず集中できる環境を作るためには色遣いがとても大切です。たくさんの色が混在していたり、刺激的な色を多用していると気が散ってしまいやすく、集中力が持続しにくいです。ワークスペースには白や黒、グレーなどの落ち着いた色味がおすすめです。

刺激の少ないカラーでまとめることにより、落ち着いた雰囲気になり、集中しやすくなります。また素材感を統一することでさらに統一感を出すことができます。すべてが同じ素材だと単調な空間になってしまうので、異素材もうまくミックスしてみましょう。

視線の先には必要なもの以外置かないようにし、デスク周りをすっきりさせることで集中力も持続しやすくなります。

観葉植物などで緑をプラスするとリラックスすることもできておすすめです。専用の部屋を設けるのが難しければ棚などでワークスペースを仕切るようにしましょう。

お部屋コーディネート②おしゃれなキッチン

普段使っているキッチンのイメージを変えたい時には、色を変えてみるのがおすすめです。キッチンで一番多く使われている色を変えるだけで大きく印象を変えることができるでしょう。清潔感を出したい方にはホワイト系のカラーがおすすめです。

リメイクシートを使うことで簡単にイメージチェンジすることができるので、試してみてはいかがでしょうか。きれいに剥がせるタイプのリメイクシートならば、賃貸でも気軽にイメージチェンジすることができます。

またよく使う家電以外は収納して見えないようにしましょう。それだけでだいぶスッキリとした印象になります。見せる収納をしたい場合には、おしゃれなデザインのものを選ぶのがおすすめです。

色味や質感を揃えて飾ることで、見せる収納でもおしゃれにまとめることができます。洗剤のボトルなどの生活感が出やすいものは、シンプルな入れものに変えるだけでスッキリとした印象になり、生活感も感じにくくなります。

お部屋コーディネート③オープン棚の飾るインテリア

オープン棚を使った飾るインテリアでは、同じ種類のものを並べるようにします。文庫本であれば同じ色の背表紙でそろえる、絵本や雑誌など種類別に分ける、高さを揃えるなどしてスッキリ見せるようにしてください。

またオープン棚に、ぎゅうぎゅうに物を詰め込むのではなく、余裕を持って空間のあるスペースにしていきます。かごやボックスをうまく使い余裕のある収納にしていきましょう。

またオープン棚には様々な形のものがあるので、どの形のオープン棚を選ぶのかによって印象を変えることもできます。収納したいものや飾りたいもの、部屋の雰囲気に合わせて選ぶようにしましょう。

他にもオープン棚の背版がなければ、カラフルな壁紙を貼ってみるのもおすすめです。色のコントラストを作ることで、部屋の中が一気におしゃれになります。

お部屋コーディネート④爽やかなグリーンに癒される

観葉植物などでグリーンを取り入れることで癒しの空間を作ることができます。クッションなどにもグリーンを取り入れることでグラデーションが美しく、植物がうまく溶け込むことができるでしょう。

また大きな窓から外が見える場所では、外の景色に合わせたグリーンを取り入れるのがおすすめです。外の景色を眺めながらリラックスすることができるのではないでしょうか。

お部屋コーディネート⑤男前インダストリアルテイスト

金属や古材の家具、打ちっ放しのコンクリートなどを使ったかっこいい雰囲気のインテリアコーディネートを、インダストリアルテイストと言います。シンプルで頑丈、そして実用的なデザインを何年も使い出てきた味を楽しむインテリアです。

黒やブラウンなどの落ち着いた色味で統一し、無駄な装飾はしないようにします。古びた感じが似合うインテリアコーディネートなので、DIYで錆びや汚れを足すのもおすすめです。

男前インダストリアルテイストの特徴は無機質感やむき出し感です。ブルックリンスタイルやミッドセンチュリーと同じ様に受け取る方も多いですが、男前インダストリアルテイストとは少し異なります。

ブルックリンスタイルはレンガ壁や金属、木材をうまく組み合わせて作り上げるインテリアデザインで、カジュアルさや装飾性が高くなります。またミッドセンチュリーはダークトーンの家具を使うことが多く、1950年代を中心としたデザインのものです。

お部屋コーディネート⑥アジアン照明でリゾート気分

竹や麻などアジアン系の素材で仕上げるインテリアコーディネートです。リゾートテイストの部屋で癒しを演出しましょう。

暖色系の落ち着いた光を使うことで、心や身体を休めることができます。また間接照明をうまく使いこなすことでアジアのリゾートの雰囲気を出すことができるでしょう。

またアジアンテイストには様々な種類があり、モダンなアジアンテイストやカジュアルなアジアンテイスト、エスニックな雰囲気もある色彩豊かなアジアンテイストなどがあります。

好みで選ぶのもいいですが、インテリアの雰囲気で合う照明も変わるので、部屋の用途で分けてみるのもおすすめです。リビングなど日中過ごす時間が長く、明るい照明がいい場所ではカジュアルな雰囲気がおすすめです。

カジュアルなアジアンテイストでは全体のトーンも明るいので、自然素材を使用した照明がよく合うでしょう。ウッドフレームやランタンなどの照明がピッタリ合うモダンなアジアンテイストはリラックスしたいスペースにおすすめです。

お部屋コーディネート⑦定番アイテムのモダンな北欧

106141706 196478491743437 4637529930813579457 n.jpg? nc ht=instagram.fkix2 1.fna.fbcdn
re_kagu_store

北欧のデザインはとても人気が高いのでおすすめです。マリメッコなどは北欧の定番アイテムなので、インテリアコーディネートに取り入れてみてはいかがでしょうか。快適に生活するために、余分な装飾はせずにシンプルにインテリアコーディネートをしていきます。

木材を使ったナチュラルな家具が良く合います。またグリーンや丸みのある家具を取り入れることで北欧らしいインテリアコーディネートにすることができます。

北欧インテリアデザインは流行に左右されることがなく、長い間愛されてきました。新しさと懐かしさの融合するデザインは飽きが来ずに、リラックスできる空間になるのではないでしょうか。

天然木を使った家具などは、落ち着いていて上品なイメージのお部屋を作ることができます。シンプルで使い勝手の良い家具に、アクセントとしてカラーチェア等を置くと北欧の雰囲気が出ます。

お気に入りのインテリアで寛ぎを!

毎日過ごす家の中はお気に入りのインテリアにすることで、より一層落ち着いて寛ぐことができるようになるでしょう。今回紹介したインテリアコーディネートを参考にして、自宅をコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

その他の関連記事はこちらから

Thumb何も置きたくない!シンプルでおしゃれなインテリアコーディネートをご紹介!
シンプルでおしゃれなインテリアに憧れませんか?シンプルな暮らしを実現するには、すっきりとした...
Thumb話題のアウトドアリビングとは?おしゃれな施工方法を徹底解説!
通常の屋内のリビングではなく、キャンプなどを意識したアウトドアリビングが最近話題になってきて...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
mocomitu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ