美味しいにんにくを使ったスープ5選!簡単絶品レシピをご紹介!

スタミナの塊のようなにんにくは、食欲をそそる香りと、美味しさで食欲を増進させてくれます。スープなら食欲のない方でも食べやすいスタミナ食になります。そんな美味しいにんにく入りスープの簡単絶品レシピを厳選してご紹介いたします。

美味しいにんにくを使ったスープ5選!簡単絶品レシピをご紹介!のイメージ

目次

  1. 1美味しいにんにくを使ったスープの効果とは?
  2. 2にんにくを使った美味しいスープ①
  3. 3にんにくを使った美味しいスープ②
  4. 4にんにくを使った美味しいスープ③
  5. 5にんにくを使った美味しいスープ④
  6. 6にんにくを使った美味しいスープ⑤
  7. 7スタミナをつけたい時はにんにくスープで元気アップ

美味しいにんにくを使ったスープの効果とは?

にんにくには、血行促進の効果があるとされており、体を温めると言われています。スープもまた、体を芯から温めてくれる料理の代表です。そんなにんにくとスープを組み合わせれば、更なる相乗効果が期待できます。

にんにくは、他にも様々な健康効果があるとされており、使い勝手から見ても万能な食材と言えます。にんにくの香りは一般的には食欲増進させると言われていますが、中にはあの匂いが苦手という方もいます。

そんな方でもスープなら隠し味として使用できるので、にんにくの恩恵にあずかれます。

ちなみに、にんにくのその他の効果が期待されている物は、滋養強壮、殺菌・抗菌作用、整腸・健胃作用、食中毒予防などです。

にんにくの臭い成分「アリシン」は免疫機能を増強させ、血液の循環を良くするので、風邪の症状を和らげ早期回復の手助けをします。

またにんにくにはビタミンCも含まれており、抗酸化作用による活性酸素の除去で免疫力を高めます。これにより風邪予防も期待できるのです。

にんにくを使った美味しいスープ①

シンプルなキャベツのニンニクスープ

シンプルにキャベツだけを具材に使ったスープですが、キャベツの量が多いので食べ応えは抜群です。また、カリカリになるまで炒めたにんにくが風味と共に、スープに深みを与えていて食欲を刺激します。

レシピは具材を切って煮込むだけなので、とても簡単です。

材料と作り方レシピ

【材料/2人分】

キャベツ 2枚
にんにく 1片
オリーブ油 小さじ1/2
300ml
顆粒スープの素 小さじ1
しょうゆ、塩コショウ 各少々

【下準備】
キャベツは荒いみじん切り、にんにくはみじん切りにします。

【作り方】

  1. 鍋にオリーブ油、にんにくを入れて熱します。キャベツを加えて炒め合わせ、水、顆粒スープの素を加えます。
  2. 煮立ったら弱火にして2~3分煮ます。しょうゆ、塩コショウで味を調えて完成です。

にんにくを使った美味しいスープ②

タラと生トマトのニンニクスープ

にんにくの風味がタラの甘みとよく合い、身体が温まるので朝ごはんにもおすすめです。タラの骨抜きが少し大変かもしれませんが、最近は、すでに骨の抜いてあるタラの切り身も売っていますので、それらも上手く利用してみてください。

具材を炒めてから煮込むだけの簡単レシピです。

材料と作り方レシピ

【材料/2~3人分】

玉ねぎ 1個(約250g)
トマト 2個(約250g)
タラ(切り身) 2切れ(約200~250g)
塩、コショウ 各一つまみ
バター 約大さじ1
チューブニンニク 小さじ1

〇白ワイン(料理酒でも可) 大さじ1
〇水 600g
コンソメスープの素 大さじ1/2~1
乾燥パセリ 1~2振り

【下準備】
玉ねぎは皮とヘタを取り、繊維に沿って5mm幅の薄切りにします。トマトはヘタを取り一口大の乱切りにします。

タラは出来る限り大きな骨を取り、一口大に切り塩コショウします。

【作り方】

  1. 鍋に中火でバターを熱し、玉ねぎを炒めます。玉ねぎが透明になったら、タラとにんにくを加えて炒めます。
  2. タラに火が通ったら、〇の材料を入れて煮ます。沸騰してから2~3分煮た後にトマトを加えます。
  3. トマトに軽く火が通ったら火を止めます。器に盛り付け乾燥パセリを振りかければ完成です。

にんにくを使った美味しいスープ③

ヘルシー具だくさんスープ

出典: https://www.rakuten.co.jp/

野菜をたっぷり摂れて、にんにくとスープの相乗効果で体もあたたまる朝ごはんにぴったりな具だくさんのヘルシースープです。

具材を小さめにカットしておけば、火の通りが早くなるので時短になります。

材料と作り方レシピ

【材料/2人分】

ベーコン 1枚
にんにく 1かけ
たまねぎ 1/2個
にんじん 5cm
セロリ 10cm
キャベツ 大1枚
しめじ 30g

じゃがいも 小1個
ブロッコリー (小房に分けて)6~8個
トマト 1/2個
ミックスビーンズ 30g
塩コショウ 適量
固形スープの素 1個
オリーブオイル 小さじ1

【下準備】
にんにくはみじん切り、ベーコン・たまねぎ・にんじん・セロリ・キャベツ・じゃがいも・トマトは5mm~1cm角程度に刻みます。しめじは小房に分けておきます。

【作り方】

  1. 鍋にオリーブオイル、にんにく、ベーコンを入れて火を点けます。ベーコンに火が通るまでじっくり炒めます。たまねぎ・にんじん・セロリ・キャベツを加え、塩コショウし、蓋をして蒸し煮にします。
  2. 全体的にしなっとし、水分が出てきたら、しめじ・ジャガイモ・ブロッコリーを加えます。ひたひたより少なめくらいになるように水を加え、固形スープを投入します。
  3. じゃがいもに火が通ったらトマトを加えてひと混ぜし味見をします。足りなければ塩コショウで味を調えます。ミックスビーンズを加えてひと混ぜしたら完成です。

にんにくを使った美味しいスープ④

ソパ・デ・アホ

ソパ・デ・アホはスペインのスープ料理です。このにんにくスープはさらさらなポタージュのような食感ですが、濃厚な味付けです。

スペインでは風邪をひいた時に食べると良いと人気だそうで、身体が芯から温まります。

材料と作り方レシピ

【材料/4人分】

にんにく 12片
卵黄 2個分
赤とうがらし 1/2本
カルダモン 1粒
パセリ(みじん切り) 大さじ1杯
ローリエ 2枚

カレー粉 3g
サラダ油 大さじ3杯
8g
黒コショー 0.5g
3.5カップ
バケット 1/4本

【下準備】

  1. 手で割ったにんにくを一つ一つ分けておき、周りの皮を付けたまま沸いた湯で2分ほど茹でます。茹で上げたにんにくは水を張ったボウルに移し、包丁で茎の部分から皮を剥きます。
  2. カルダモンは包丁の腹で潰し、殻から粒を出します。赤とうがらしは指で半分にちぎり種を出します。
  3. 薄くスライスしたバケットはトーストしておきます。

【作り方】

  1. 鍋に水を入れカルダモン(殻と粒)、ローリエ、赤とうがらし、塩、黒コショー、カレー粉を入れ、弱火で30分、じっくり煮込みます。煮込んだスープをザルでこし、ボウルに移します。にんにくだけを取り出し、スパイスは捨てます。
  2. ニンニクを別のザルに入れ、ヘラで潰してこし、こしたにんにくを元のスープに戻します。大き目のボウルに卵黄を入れ、サラダ油を数滴ずつ加えながら、泡立て器でマヨネーズ状になるまでかき混ぜます。
  3. マヨネーズ状のにんにくにスープを入れ、全部をさっと混ぜ合わせます。この時、スープはぬるい温度にまで冷ましておきます。スープをとろ火で温めたら器に注ぎ、バケットを2枚ほど浮かべます。パセリを散らして完成です。

Thumbカルダモンの効能・効果がすごい!効果的な使い方のポイントは
カレーのスパイスの一つとして有名なカルダモンには、人体に様々なメリットをもたらす、効果・効能...

にんにくを使った美味しいスープ⑤

ニンニクのスープ カスティージャ風

こちらもスペインで人気のスープで、スペイン版お味噌汁とも、スペイン版ラタトゥイユとも言われるにんにくのスープです。水を使うことがポイントで、チョリソーや生ハムから出汁が出るのでブイヨンなどは必要ありません。

これよりも野菜を一回り大きく切ったものはラ・マンチャ風と言われています。冷めても美味しいので、作り置きしておけば付け合わせや、魚や肉と一緒に煮込むなど、アレンジがきくスープです。

材料と作り方レシピ

【材料/1人分】

にんにく 1片
オリーブオイル 20cc
フランスパン 12g
生ハム(ベーコンでも可) 5g
チョリソー 5g
パプリカパウダー 小さじ1

250cc
1個

【下準備】
にんにくはスライスします。フランスパンは手でちぎっておきます。生ハムとチョリソーはみじん切りにします。

出典: https://www.rakuten.co.jp/

【作り方】

  1. フライパンにオリーブ油とにんにくを入れ中火にかけます。にんにくにうっすら色が付いたらフランスパンを加えます。この時、にんにくを炒め過ぎると焦げるので注意してください。
  2. パンが油を吸いキツネ色になったら、塩、パプリカパウダー、水を加え強火にします。沸騰したら少し火を弱め、生ハムとチョリソーを加えます。少し煮詰めパンが溶けてとろみが付いたら、カスエラ(耐熱容器)に移し替えます。
  3. 再び火にかけ、浮いてきたアクを取り除きます。沸騰したら卵を入れて完成です。

Thumbニトリのフライパンが大人気!注目のおすすめポイントを徹底解説!
『お値段以上』のニトリでは、様々な種類のフライパンが取り扱われています。大人気のニトリのフラ...

スタミナをつけたい時はにんにくスープで元気アップ

にんにくには、身体を温めたり精力をつける効能があるとされています。日本でも外国でも、体調不良の時や風邪をひいた時に、にんにくの入ったスープや汁物を食べると良いとされているのは、昔からそういう効果が実際にあったという証でしょう。

下準備などに少々手間のかかる物もありますが、基本的にスープなので具材を切って煮込むだけです。人気のあるスープのレシピばかりですので味はお墨付きですし、簡単に出来ますから、ぜひ一度味わってみてください。

その他の関連記事はこちらから

Thumbにんにくを食べ過ぎると下痢になる?原因と対策を徹底解説!
にんにくを食べて腹痛や下痢、胃もたれなどの体調不良を起こしたことがありませんか?それは、にん...
Thumb長ネギの青い部分はどこまで食べれる?栄養価が高いおすすめレシピをご紹介!
幅広い料理に活用できる万能野菜「長ネギ」。皆さんは長ネギの青い部分をどうしてますか?実はこの...
Thumb話題のシャプトン「刃の黒幕」とは?人気シリーズの使い方を詳しく解説!
包丁を始めとした刃物の切れ味を保つには、研ぐ作業を欠かす事が出来ません。砥石としておすすめな...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
櫻 樹
神社巡りと刀剣鑑賞、カフェ巡りが好きなアニメ・ゲーム・2.5次元ヲタクです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ