中華鍋を正しいメンテナンスで育てよう!使い方からお手入れ方法まで徹底解説!

幅広い料理に活用できる中華鍋は、手入れが難しく手間がかかるというイメージから、持っていても活用できない方も多いようです。鉄製の鍋は料理の楽しさに加えて「育てる」楽しみがあるのが魅力です。あなただけの中華鍋を育てることで料理もグレードアップします。

中華鍋を正しいメンテナンスで育てよう!使い方からお手入れ方法まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1中華鍋とは
  2. 2中華鍋を育てる方法【使用前】
  3. 3中華鍋を育てる方法【日々の手入れ】
  4. 4中華鍋使用時の注意点
  5. 5中華鍋の正しいメンテナンス方法を身につけよう!

中華鍋とは

「中華鍋」とは、一般的に底が丸く深型の鍋です。北京料理に使われる片手で鍋底が深いタイプが「北京鍋」です。

フライパンに似た形は炒め物などに使いやすく、中華鍋初心者にも抵抗なく使えるでしょう。五徳の上ではバランスを崩しやすいので、揚げ物に使用する時は注意が必要です。

四川・広東料理で使われている両手鍋は「四川鍋・広東鍋」です。鍋底の丸みが浅く左右対称なのでバランスが取りやすく置いた時に安定感があります。

鍋を振って使うのは慣れるまで時間がかかるかもしれません。持ち手が短い分コンパクトで収納しやすいのも便利なポイントです。

中華鍋の素材

中華鍋の基本は鉄製のものです。チタン製やフッ素加工の中華鍋もありますが、やはり鉄製がおすすめです。

チタン製は軽くて丈夫ですが熱電導率が低く、油が馴染みにくく高価なのがネックです。フッ素加工の中華鍋は、軽くて扱いやすいのですが、傷つきやすく寿命が短いことがデメリットです。

鉄製

鉄製の中華鍋がおすすめの理由は、なんといっても熱電導率が高く強火で素早く熱することができるので、焼きムラなく美味しく仕上がることです。

炒め物が美味しく仕上がることはもちろん、使い込むほどに油が馴染み食材が焦げ付きにくく、使いやすくなります。この経過を「育てる」と言い鉄鍋を使う醍醐味でもあります。

Thumbシーズニングの基礎知識!鉄製品が長持ちする正しい手入れ方法を徹底解説!
シーズニングとは何でしょうか。鉄鍋やスキレットなどの鉄製品を長く使うためには正しい手入れの方...

フッ素加工

フッ素加工などの表面が加工された中華鍋は、軽くて取り回しやすいのがメリットです。焦げ付きやサビを気にすることなく、食器用洗剤で丸洗いして清潔に保つことができるため、メンテナンスも容易です。

しかし、傷つきやすく表面の加工が剥げてしまうと使用することができなくなるというデリケートな素材でもあるので、その点には注意が必要です。

中華鍋を育てる方法【使用前】

中華鍋を使い込むことを「育てる」と言います。中華鍋やダッチオーブン、スキレットなどの鉄鍋を使う大きな魅力の一つがこの「育てる」ことなのです。

中華鍋を含む鉄で作られた調理器具は、油と熱で馴染ませていくほどに食材の焼き上がりがよくなっていきます。購入したらすぐに「育てる」作業の第一歩を始めましょう。

育てる方法①から焼き

鉄製の中華鍋は購入したらすぐ調理に使えるというものではなく、「から焼き」という下準備が必要です。から焼きの手順は以下の通りです。

  1. 食器用洗剤とスポンジで中華鍋の表面を洗います。すすぎ洗いをしたら水気をしっかりと拭き取ります。
  2. 洗った中華鍋をそのまま中火にかけてから焼きします。白い煙が上がり始めてしばらくから焼きを続けると中華鍋の表面が青っぽく変色して、ツヤも出てきます。
  3. 中心部分のから焼きが終わったら中華鍋を傾けて側面もから焼きします。
  4. 中華鍋が全体的に焼けたらから火から下ろし、鍋を冷ましましょう。最後に食器用洗剤で洗い、水気をしっかり拭き取って終了です。

から焼きが必要な理由

購入した鉄製の中華鍋は、ホコリや汚れの他に表面にサビ止めの塗装がされていますので、使う前にそれを落とす必要があります。

また、から焼きには、鉄に熱を通し油を馴染ませやすくするという効果もあります。から焼きは、鉄の中華鍋のベースとなる大切な作業なので、必ず行ってください。

育てる方法②ならす

中華鍋をから焼きしたら、いよいよ油を馴染ませていきます。この作業を「ならす」と言います。ならしの手順は次の通りです。

  1. 中華鍋を中火にかけ、熱したらサラダ油をお玉1杯ほど入れて温めます。オリーブオイルを使っても構いません。油が鍋全体に回ったら油を取り出します。
  2. 油を回した中華鍋にキャベツの芯など「くず野菜」を入れて中火で炒めます。これが「ならし炒め」です。しばらく炒めたら野菜を取り出します。
  3. 中華鍋を洗剤は使わずタワシで鍋の表面を軽くなでるように洗います。
  4. 中華鍋の表面の水分を拭き取り、油を垂らしてキッチンペーパーや古布で鍋の表面に馴染ませるように拭き上げれば終了です。

中華鍋を育てる方法【日々の手入れ】

「育てる」というくらい鉄製の中華鍋は日々のメンテナンスが大切な調理器具です。

鉄という素材は放っておけばサビついて料理を美味しく仕上げてくれるどころか、食材がこびりついてしまったり使いにくい道具になってしまいます。

中華鍋を使うことに挫折してしまう理由のひとつが、このメンテナンスなのではないでしょうか。

一見扱いが難しそうに感じるかもしれませんが、中華鍋のお手入れは実はとても簡単です。ちょっとしたコツを抑えれば長く使える中華鍋を育てることができます。

育てる方法③洗い方

鉄製の中華鍋の洗い方のポイントは「洗剤を使わないこと」です。調理が終わったら、ぬるま湯とタワシやスポンジで洗い流し、水分をしっかり拭き取っておきましょう。

もう一つの洗い方コツは「中華鍋が熱を持っているうちに洗うこと」です。熱いうちにサッと洗えば、洗剤を使わなくても汚れが落ちるのが中華鍋のよいところです。

洗剤を使ってしまったら

うっかり食器用洗剤を使ってしまった時は、ぬるま湯で洗剤を洗い流し水気を拭き取った後に油を馴染ませておきましょう。

洗い方を間違えてしまっても、保護膜となる油分を補ってあげれば大丈夫です。鉄製の中華鍋は、常に表面の油分を残しておくことがポイントです。

育てる方法④焦げの落とし方

中華鍋を焦げつかせてしまった時は、すぐにお湯で洗い流しましょう。それでも落ちない焦げは重曹を使って落とします。

中華鍋に水1リットルと、重曹大さじ4を入れ、火にかけ沸騰させます。

10分ほど経ったら火を止めて冷まします。そのまま1~2時間置いたあと焦げをスポンジやタワシでこすり落とします。

それでも落ちない時は、重曹に水を加えてペースト状にしたものを塗りつけて置き、その後こすり洗いします。洗った後は水分を拭き取り、油を塗っておきましょう。

焦げ付きの予防方法


焦げ付きの原因は、洗剤などで洗ってしまうことや、使う油が少ないこと、火力が強すぎることなどが考えられます。

なんでもないような理由ですが、うっかりやってしまいそうなことばかりです。鉄製の中華鍋ならではの取り扱い方法に慣れることも焦げ付きの予防になるでしょう。

育てる方法⑤錆びの落とし方

鉄鍋の最大の敵が「錆」です。万が一中華鍋が錆びてしまった時は、備長炭で錆落とすことができます。

水に浸して水分をたっぷり含ませた備長炭で中華鍋についた錆をこすり落とします。備長炭を時々水に浸して作業すると滑りがよく錆を落としやすいでしょう。

錆が取れたら中華鍋を水で綺麗に洗い流し、水分がなくなるまで火にかけます。中華鍋が冷めたらサラダ油やオリーブ油を馴染ませます。この方法は赤サ錆に有効です。

プロの育て方を動画で確認しておこう

プロが愛用するほど料理を美味しくしてくれる鉄製の中華鍋ですが、プロの皆さんはどのように中華鍋を育てているのでしょうか。

くわしいやり方を動画を見てチェックしましょう。ちょっとしたコツなどもヒントになりそうです。

中華鍋使用時の注意点

中華鍋には鉄鍋ならではのちょっとした注意点があります。初めて鉄鍋を使う方がうっかりやってしまいそうなことも多いのではないでしょうか。

美味しく料理を仕上げてくれる中華鍋に育てるために、抑えておくべきポイントをいくつかピックアップしました。

注意点①料理を中華鍋に入れたままにしない

最初の注意点は調理したものを鍋に入れたままにして置かないということです。表面加工された鍋なら気にしないでよいことなので気をつけないとやってしまいそうなことです。

表面が未加工の鉄の中華鍋は、残った料理を入れておくと食材の水分や塩分ですぐに錆びてしまいます。完成した料理はすぐに器に盛り付けるようにしましょう。

料理を器に移したらすぐに中華鍋をぬるま湯で洗い流します。中華鍋が熱を持っているうちにサッと洗ってしまうことが、手入れを簡単にするための基本です。

注意点②から焼きの際の火災報知器

中華鍋を使う際に注意しておくべきことの2つ目は「火災報知機」です。

特に最初のから焼きの時は煙がたくさん出ますので、火災報知機を鳴らさないように換気扇をしっかり回してから作業するようにしましょう。

注意点③メンテナンスは中華鍋が冷める前に

鉄の中華鍋を育てる時の最大の注意点は「鍋が熱いうちに手入れすること」です。調理の後はすぐに洗うようにしましょう。

慣れてしまえばそれほど面倒ではないことに気がつくでしょう。逆に食後の片づけも少なくというメリットになるとも言えます。

Thumbスキレットをサビさせないコツとは?基本の手入れ方法を徹底解説!
スキレットは、アウトドアに欠かせない調理器具です。とても使いやすいアイテムですが、手入れをき...

中華鍋の正しいメンテナンス方法を身につけよう!

香ばしい炒め物やパラパラの炒飯を作りたいなら、やはり鉄の中華鍋が一番です。

中華鍋を手に入れてもメンテナンスがわからずに使い切れていないという方は、改めて正しい方法を試してみましょう。

コツさえつかめば中華鍋の使い方はとても簡単です。上手に育てれば長く使いつづけることができるのも中華鍋の魅力です。

育てながら愛着が湧いてくる中華鍋を活用すれば、いつもの料理がグレードアップすることは間違いありません。

その他の関連記事はこちらから

Thumbガンコなフライパンの焦げもこの方法で大丈夫!簡単な落とし方を厳選紹介!
フライパンに付いたガンコな焦げに悩まされている方も多いでしょう。そんな悩みも今回はいっぺんに...
Thumbニトリのフライパンが大人気!注目のおすすめポイントを徹底解説!
『お値段以上』のニトリでは、様々な種類のフライパンが取り扱われています。大人気のニトリのフラ...
Thumbキャンプにおすすめなフライパン8選と活用術!料理に大活躍するフライパンをご紹介
キャンプに行って料理を楽しむのも楽しみのひとつでしょう。そのキャンプ料理に欠かせないのがフラ...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
noccoshi design.

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ