カルキ抜きのやり方は?基本のカルキ抜きの方法を詳しく紹介!

水道水が苦手な方の1番の理由は「カルキの臭い」ではないでしょうか。ご存じの通り、水道水にカルキが必ず含まれているので、カルキ抜きのやり方をを詳しくお届けしていきます。カルキ抜きは金魚やメダカが過ごすためにもとても大事なことなので、是非参考にしてみて下さい!

カルキ抜きのやり方は?基本のカルキ抜きの方法を詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1水道水に含まれているカルキとは
  2. 2水道水に含まれるカルキ抜きの方法
  3. 3カルキ抜きをした水の注意点
  4. 4間違ったカルキ抜きの方法
  5. 5自宅にあるものでもカルキ抜きができる!

水道水に含まれているカルキとは

水道水をそのまま飲んでみると、何か臭いがしませんか。水道水は無色透明なのに、なぜ臭いがするのか不思議に思っていた方も多いはずです。

その臭いの原因こそが「カルキ」と呼ばれるもので、正式名称は「次亜塩素酸カルシウム」になります。カルキは漂白や消毒の効果があり、プールでも活用されています。プールの水が鼻に入ってしまった時に「ツン」とするのも、カルキが入っているからです。

水道水が苦手という方もいるかもしれませんが、カルキの臭いがするということは、しっかり消毒されている証となります。

残留塩素計測器でカルキの濃度を測定できる

残留塩素計測器でカルキの濃度が測定できます。高価なものなので、家庭で扱うには躊躇してしまいますが、金魚などを飼っている方にはおすすめです。

生き物にとってカルキが少しでも残っていると良くないので、余裕がある方は残留塩素計測器を使ってチェックしてみて下さい。

普段の生活の中では、カルキの濃度を神経質になるまで気にすることもないので、どんな商品なのか見るだけでも十分満足できます!

水道水に含まれるカルキ抜きの方法

人間にとって水道水に含まれるカルキの量は人体に影響がなく無害ですが、金魚などの生き物にとっては危険な量と言えます。また、水道水は無害と証明されていても、カルキの味や臭いが苦手な方もいるでしょう。

そんな方に向けて、カルキ抜きの方法をいくつか紹介していきます。カルキ抜きのやり方にはそれぞれ特徴があり、カルキ抜きに費やす時間もバラバラです。

自分がやりやすい方法を覚えておくことで、すぐに試すことができます。それでは、「カルキ抜きの方法」と「カルキ抜きにかかる時間」をそれぞれ見ていきましょう!

方法①沸騰させる

カルキ抜きの方法、1つ目は「沸騰させる」です。ケトルや鍋、やかんなどを使ってお湯を沸かし、沸騰させます。

ケトルは瞬間的にお湯を沸かしてくれるので、すごく便利で重宝しますが、沸騰してからの時間が早いため、カルキが残っている場合があります。

鍋ややかんを使う場合は、長く沸騰させられるので、100%近くカルキ抜きができます。自分でお湯を沸かすのが面倒な方には、保温型の電気ポットがおすすめです。再沸騰ボタンが付いているので、手軽にカルキ抜きができます。

カルキ抜きにかかる時間

カルキ抜きにかかる時間は、沸騰の場合「約5分以上」を目安に行いましょう。ケトルなどは、すぐにお湯が沸いてしまうため、カルキがほんのわずか残っていることがあります。

カルキの残量が不安な方は、ケトルが沸騰してすぐに消えるものではなく、沸騰してもすぐに消えないタイプのものを選ぶと良いでしょう。

鍋ややかんの場合、10分沸騰させることにより、高い確率でカルキ抜きができます。水道水を沸騰させて、その後冷ましてから飲んでみると、カルキの臭いが消えているのがよく分かります。

方法②揮発

カルキ抜きの方法、2つ目は「揮発」させます。サイズが大きいオケやバケツに水道水を入れて、そのまま置いておくだけでOKなので、自然にカルキ抜きができます。

魚の水替えをする場合は、このやり方がおすすめです。沸騰のように、少しの時間でカルキ抜きを行う場合ば確実にカルキ抜きが出来ているか分かりづらいため、カルキが抜ける時間を考えてから、実行しましょう。

生き物のためにカルキ抜きを行う時は、出来るだけ大きいサイズのオケやバケツを1つは持っておくことをおすすめします。

Thumb折りたたみバケツの使い方とは?アウトドアや防災時におすすめのバケツもご紹介!
折りたたみバケツは、1つ持っておけばアウトドアや防災時にも役立つ便利なアイテムです。折りたた...

カルキ抜きにかかる時間

10ℓの水道水に対して、大体3~6時間ほどでカルキ抜きができます。その際、重要なのが屋外でしっかり日光に当てることです。

そのため、天気が良い日を選び、日光のパワーを全開に浴びられるような場所に置いておきましょう。そうすることで、カルキを0%まで減らすことが可能になります。

室内でカルキ抜きをする時は、3日以上かかってしまいます。ここで注意しておきたいのが、住んでいる場所によって、残留塩素に違いがあるので、水道局が出している残留値をチェックして、カルキ抜が抜ける時間を頭に入れておくと良いでしょう。

方法③炭

カルキ抜きの方法、3つ目は「炭」を使用します。炭はカルキ抜きの定番といっても過言ではありません。実際の所、なぜ「炭」にカルキ抜きの効果があるのかというと、炭には消臭効果と浄化作用があります。

消臭効果によってカルキのイヤな臭いを消し、浄化作用でカルキ抜きをしてくれます。また、炭には水道水をミネラルウォーターに変える効果もあるため、水に凝っている方は是非試してみて下さい。

カルキ抜きにかかる時間

カルキ抜きにかかる時間は、水道水1ℓに対して炭150gを入れて、約12時間くらいでOKです。水道水に炭を入れたら、後は冷蔵庫に保管しておくだけです。煮沸する必要もなく、屋外に置かなくても良いので、手軽に美味しい水が作れます。

炭を使う際、必ずキレイに水洗いしてから水道水の中に入れましょう。そして、洗い終わった炭は、沸騰したお湯に入れ、乾かしてから使います。

カルキ抜きが終わったら炭を取り出しますが、その後の水は殺菌効果が減ってくるので、早く使い切るようにしましょう。

方法④塩素中和剤

カルキ抜きの方法、4つ目は「塩素中和剤」を使います。塩素中和剤はホームセンターなどで販売されているので、見つけてみて下さい。

魚専用の塩素中和剤は、生き物が過ごしやすい水を作ってくれるので、カルキ抜き以外にも嬉しい効果が沢山備わっています。

塩素中和剤を使用する時に注意したいのが、使用時の分量についてです。塩素中和剤を多く入れてしまうと、余分な成分が水に流れ出してしまい、生き物に負担をかけてしまいます。きちんと説明を読んで、使用量を確認しておきましょう。

カルキ抜きにかかる時間

市販の液体タイプを使う場合は、すぐに液体が溶け出すので、カルキ抜きの時間は一切かかりません。その点、固形タイプは水に溶けだすまでに30分以上はかかってしまいます。

しかし、オケやバケツを使って屋外に置いておくよりも、断然こちらの方が時間がかからないので、生き物の水替えには市販の塩素中和剤がおすすめです。

時間を使っても、自然なやり方で挑戦したい場合は「揮発」の方法を行ってみてはいかがでしょうか。

方法⑤ミネラルウォーター

カルキ抜きの方法、5つ目は「ミネラルウォーター」を使います。市販のミネラルウォーターには、元々カルキが入っていません。

そのため、ミネラルウォーターに「カルキが入っているのか」一切気にすることなく、ガブガブ飲むことができます。安心して飲めるのも、ミネラルウォーターのメリットでもあります。

カルキ抜きにかかる時間

ミネラルウォーターにはカルキが含まれていないので、もちろん時間はゼロです。カルキ抜きに費やす時間は、一切かかりません!

金魚・メダカには軟水がおすすめ

ミネラルウォーターはカルキが含まれないので、金魚やメダカの水替えにも使えますが、種類によっては活用できないものもあります。金魚やメダカは軟水を好むため、硬水のミネラルウォーターは水質的に合いません。

ミネラルウォーターを使う場合は、水の硬度が何なのかを事前にチェックしてから活用しましょう。しかし、飼育用にミネラルウォーターを使用するには、コストがかかりすぎてしまうため、緊急時や差し水用などに使うのが主流です。

Thumbメダカ飼育の基礎知識!初心者の為の購入からお家飼育方法まで【レポート】
昨今ブームになっているメダカですが1匹、数百円から百万円までと購入しやすいメダカから希少で高...

方法⑥浄水フィルター

104435537 3101847576561537 4120199609579229355 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
sr.suiren

カルキ抜きの方法、6つ目は「浄水フィルター」を使います。水槽に浄水フィルターを使うことで、カルキ抜きはもちろん、水の汚れも除去してくれます。

浄水フィルターを設置するだけなので、カルキ抜きも手軽に行えます。洗浄フィルターは、魚の大きさによってサイズを考えて選ぶ必要があります。金魚やメダカに、大きい浄水フィルターを使ってしまうと、魚にストレスを与えてしまうからです。

カルキ抜きにかかる時間

カルキ抜きにかかる時間は、浄水フィルターによって違いがありますが、30分くらいでカルキ抜きは終了します。水の入れ替えをする際は、水槽の水全て入れ替えるのではなく、1/3くらいを目安にしましょう。

水槽の中の水を全部入れ替えてしまうと、大切なバクテリアがいなくなってしまいます。バクテリアは生き物にとって必要なものなので、少しずつ水の入れ替えを行いましょう。

様々なカルキ抜きの方法を動画でご紹介

様々なカルキ抜きの方法を動画で詳しく紹介しています。いろんなやり方で、とても分かりやすくカルキ抜きを行っているので、とても参考になります。また、チェッカーを使って調べているので、結果が気になる方は是非ご覧になって下さい。

カルキ抜きをした水の注意点

カルキ抜きした水は、細菌が増えやすくなってしまうので、傷むスピードも早くなります。魚たちにとって、カルキ抜きをした水は生活しやすく、長生きの秘訣にもなりますが、水替えの回数はきちんと守らなければいけません。

水の鮮度がどんどん落ちてしまうのでカルキ抜きした水は、長い期間使い続けないようにしましょう。

間違ったカルキ抜きの方法

カルキ抜きの方法でよく間違われるのが「容器に水道水を入れて、よく振る」というやり方です。このやり方を使い、カルキ抜きはできないので必ず覚えておきましょう!

自宅にあるものでもカルキ抜きができる!

カルキ抜きの方法は色々ありましたが、何か気になるものはありましたか。生き物がスクスク元気に過ごすためにも、水はとても大切なので、市販のものを試してみたり、浄水フィルターを使ってみたり、色々工夫を凝らしましょう。

もちろん、お金をかけず家にあるものでカルキ抜きが出来るので、是非参考にしてみて下さい!

その他の関連記事はこちらから

Thumb意外に簡単!自家製コーラの作り方!美味しくて簡単なレシピをご紹介!
大人から子供まで幅広い世代の人々に人気な飲み物の一つにコーラがあります。しかし、コーラそのも...
Thumb生クリームの冷凍保存方法とは?正しい保存方法のコツを詳しく解説!
お菓子作りから料理まで幅広く使える生クリームですが、使いきれずに困ってしまったことはありませ...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
maimaidesu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ