ドローンって自作できる?必要な準備から簡単な作り方まで徹底解説!

さまざまな目的で使用されている人気のドローンに、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。このドローンは市販のものを購入する以外にも、自作することができます。そこで、簡単な自作の方法や必要なものなど詳しく紹介していきます。

ドローンって自作できる?必要な準備から簡単な作り方まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1ドローンは自作できる?
  2. 2便利なドローン自作キット
  3. 3パーツをそろえてドローンを自作する
  4. 4自作ドローンの作る手順
  5. 5自作ドローンに挑戦してみよう!

ドローンは自作できる?

さまざまな分野で活躍しており、関心の高いドローンは自作できるのか紹介していきます。ドローンの自作が可能であれば、自分だけのドローンを持つことができ、また、自作のドローンを子供の自由研究などにも役立てることができます。

しかし、ドローンの自作はハードルが高そうで、素人には無理なのではないかと思う方も多いかと思います。そんなドローンは、自作できるキットが販売されているため、特別な知識が無くても自作することができるんです。

Thumb自作ソーラークッカーの作り方とは?自由研究におすすめ!太陽熱で料理をしてみよう!
ソーラークッカーとは、太陽光のエネルギーを使って調理ができる便利なアイテムです。電気やガスを...

ドローンを自作するメリット

ドローンは購入することでも十分楽しむことができますが、自作することによるメリットがたくさんあります。

例えば、金銭面ではある程度の機能があるドローンを購入しようと思うと、価格も高くなってしまいますが、ドローンを自作することによって9万円ほどでドローンを入手することができます。

自分で作るドローンは、購入したドローンと違い自分の好みに合わせてパーツを組み立てることができるため、市販のキットに手を加えることができます。

また、ドローンを製作する過程では、プログラミングや理科の知識が身に付き、子供がいる家庭では一緒に工作ができるなど、さまざまなメリットがあります。

ドローン自作にかかる費用

次に、ドローンの自作にかかる費用について紹介していきます。市販で販売されているドローンの費用は、ピンからキリまであり2万円以下の安価なものから20万円以上の高価なものまで、性能によって費用に大きな差が出てきます。

一方、ドローンを自作した場合は9万円ほどとなっており、市販で安価なものを購入するよりも性能が良いものを作ることができます。そのため、ある程度の性能のドローンが欲しい場合は、自作することで値段を抑えることができます。

便利なドローン自作キット

出典: https://www.amazon.co.jp/

初めてドローンを作る方やパーツを1つ1つ揃えるのが難しい場合は、自作キットがおすすめです。

ドローンの自作キットには、必要なパーツが全て揃えられているため、一から全て準備する手間もなく、部品が足りないといったトラブルも防ぐことができます。

また、キットがあればすぐに製作に取り掛かることができ、子どもと一緒に製作を楽しむことができるなど、さまざまな利点があります。

初心者におすすめドローンDIYキット

ドローンを自作するためのキットがあっても、初心者には作成が難しいのではないかと思う方もいらっしゃるかと思います。しかし、自作キットの中には初心者向けのものがあり、価格も7000円程と安く手ごろな価格で購入できます。

初心者向けで価格が安いといっても、機能もしっかりとしているため、屋内や屋外でドローンを飛ばすことが可能で、組み立てる作業はもちろん操作も簡単です。また、空撮もできるためさまざまな楽しみ方ができます。

レゴで作るドローン自作キット

人気のおもちゃであるレゴで作る、Flybrixというドローンキットも販売されています。この中にはドローンの製作に必要な部品が全て揃っているため、簡単に作ることができます。

また、レゴを使って作るためドローンの基本的な作り方さえ押さえておけば、自分の好きな形にドローンを組み立てることや形を変えることもできます

Flybrixはソフトウェアのプログラムも付属されており、モーターの数も4つ、6つ、8つの3つのタイプから選択することができます。さらに、PCBも付いているため、アルディーノとの相性も抜群です。

プログラミングドローン自作キット

次に紹介するプログラミングドローン自作キットは、CoDroneです。こちらのドローンキットは、チュートリアルビデオが付属されているため、プログラミングの知識がない方でもプログラミングを行うことができます。

また、プログラミングができるだけではなく、初心者の方でも簡単にドローンを組み立てることができるため、安心して作業することができます。

パーツをそろえてドローンを自作する

ここからは、パーツを揃えてドローンを自作する方法について紹介していきます。ドローンに必要なパーツとは、どのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

必要なドローン自作部品

出典: https://www.amazon.co.jp/

ドローンの自作に必要な部品は、フレームやフライトコントローラー、モーター、スピードコントローラー、プロペラ、バッテリー、受信機です。これらの部品は基本的なドローンを作るために必要な部品となっています。

そして、このような基本的なドローンに、他の機能を追加したい場合はユニットカメラやGPSユニットなどをドローンに取り付ける場合もあります。

出典: https://www.amazon.co.jp/

また、操作を行うために必要なコントローラーや、ドローンを飛ばしながら映像を見たい場合は、トランスミッターやFPVゴーグルなどの部品も必要です。

このようにドローンの自作に必要な部品とは、どのようなものなのか詳しく見ていきましょう。

ドローン自作の部品①フレーム

出典: https://www.amazon.co.jp/

最初に紹介するドローンの自作に必要な部品は、フレームです。フレームはどれを選ぶかによって、モーターの大きさが変わってきます。

また、サイズの大きなものを使うと、ドローンが重くなって飛べなくなってしまうため、モーターの大きさとフレームのサイズに注意しながら選ぶ必要があります。

ドローン自作の部品②フライトコントローラー

出典: https://www.amazon.co.jp/

モーターの回転を調節するために必要な装置が、フライトコントローラーです。フライトコントローラーがあることで、ドローンは安定した飛行で遠くまで飛ぶことができます。

そのため、ドローンの性能を上げたい場合は、フライトコントローラーの性能も高いものにしましょう。

ドローン自作の部品③ローター(モーター)

出典: https://www.amazon.co.jp/

次に紹介するモーターは、プロペラが回転するために必要な部品で、電気エネルギーを使ってプロペラを動かします。ドローンはモーター1つにつき、プロペラを1つ取り付けるため、それぞれセットで用意する必要があります。

また、モーターを選ぶ際はドローンの重さやプロペラとのバランスが重要になります。

ドローン自作の部品④バッテリー

出典: https://www.amazon.co.jp/

バッテリーはドローンを飛ばすために、必ず必要なパーツです。そのため、ドローンの自作でバッテリーがなければ、動かすことができない大切なパーツとなります。

ドローン自作の部品⑤受信機

出典: https://www.amazon.co.jp/

ドローンを自作するために必要な受信機は、送信機が発した電波を受信するための役割があり、受信機が受信した情報をフライトコントローラーに送ることができます。

ドローン自作の部品⑥プロポ

出典: https://www.amazon.co.jp/

ドローンの自作に必要な部品、最後の紹介はプロポです。プロポはドローンを動かすためのコントローラーのことで、スティックなどを使ってドローンを操作します。このプロポは送信機の役割があるため、ドローンの受信機とセットで用意する必要があります。

自作ドローンの作る手順

ここからは、ドローンを作る手順について紹介していきます。キットを使う場合は組み立てが簡単になっていますが、自分で一からパーツを揃えてドローンを作る場合は、設計図を作らなければなりません。

設計図を作り、ドローンの大きさやどのような機能を付けたいのかを決め、フレームを選びます。フレームを組み立てることが出来たら、次にモーターを取り付け、フレームにプロペラを取り付けるために、モーターをフレームにネジで止めます。

そして、半田でモーターにフライトコントローラーを設置し、配電盤をフレームに設置、その後フライトコントローラーに配電盤を設置します。

また、モーターにESCの取り付けを行い、配電盤に繋ぐ作業もこの時に行います。この時のプロペラの向きに注意して設置しましょう。最後に、プロポを設置し、ドローンが正常に動くことが確認できれば、組み立て完了です。

動画で詳しく!自作ドローン作り方を説明

簡単なドローンの作り方を紹介した動画です。実際に作りながら解説されており、とても分かりやすく参考になります。

動画で詳しく!自作ドローン組み立て編

ドローンの作り方を紹介した動画で、詳しく解説されているため、初心者でも理解しやすい動画です。初めてドローンを製作する方は、チェックしてみてください。

自作ドローンに挑戦してみよう!

自作が難しそうなドローンは、初心者でも簡単に作れるキットが販売されています。ドローンの自作キットは、機能が高く価格も市販で購入する物よりも安く作ることができるため、予算を抑えたい方にもおすすめです。

また、予算面だけではなく自作することによって、自分の好きな形や機能をカスタマイズすることができ、作り上げる楽しみもあります。

ここでは、ドローンの部品を一から揃えて製作する方法についても紹介しているため、参考にして自作ドローンに挑戦してみましょう。

その他の関連記事はこちらから

Thumbコルゲートチューブとは?基礎知識から使い方まで徹底解説!
コルゲートチューブとは、波型の表面が特徴的なパイプです。主に配線保護に使用され、耐熱や耐紫外...
Thumbドライブレコーダーの取り付け方法とは?簡単に自分で設置する方法をご紹介!
万が一の事故が起きた時の為になど、ドライブレコーダーを車に取り付けることも珍しくなくなってき...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
m.y321

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ