カラフルな魚「イラ」とは?!特徴から美味しい食べ方まとめて紹介!

下魚や外道として釣り上げてもリリースされることの多いイラを知っていますか。カラフルで派手な見た目ですが、実は美味しく食べることができる魚です。一部地域では需要が高く美味しいイラの特徴や捌き方、美味しい食べ方などを紹介します。

カラフルな魚「イラ」とは?!特徴から美味しい食べ方まとめて紹介!のイメージ

目次

  1. 1イラってどんな魚?
  2. 2イラの旬や味
  3. 3イラを捌いてみよう
  4. 4イラの美味しい食べ方
  5. 5イラを美味しく食べてみよう

イラってどんな魚?

イラは九州地方などでは需要が高く一般的にも良く食べられる魚ですが、関東などでは入荷量が少なくあまり知られていない魚です。釣りや定置網にかかっても特に喜ばれることが少なく、下魚や外道しとて扱われることも多くなっています。

全体的に赤みを帯びた体色に青い唇、黄色や黒のヒレ、背ビレから胸ビレにかけて黒褐色の斜走帯が入っているなど、なんとも派手な見た目をしています。

イラの生物学的分類

イラはスズキ目ベラ亜目ベラ科イラ属の魚でベラの仲間になります。同じように派手な見た目をしているブダイと混同されることもあります。スズキといえば釣りや食用として人気の高い魚で、高級魚として扱われています。

しかしスズキ目のベラ亜目はクマノミやスズメダイなど主に観賞用として知名度の高い魚が多く、特に食用の高級魚としては扱われていません。そのためイラも下魚として扱われ、さらにはマイナーな魚に分類されています。

イラの名前の由来

イラという名前は諸説あり、捕獲しようとするとすぐに噛み付いてくる習性から「イライラしている魚」というものや、見た目がイライラと怒っているように見えるなどの由来があります。そのため漢字表記は「苛々する」から「苛魚(イラ)」と表示されています。

イラの別名

イラは地域によってさまざまな別名で呼ばれている魚でもあります。地域別に名前が違う魚はほかにも多くいますが、イラは別名が20種以上もある珍しい魚です。

アマダイやブダイ、カンダイ、イソアマダイ、オキノアマダイなどの別名があり、東京ではカンダイやカンノダイ、福岡ではハト、三重ではテスやテスコべなどかなりユニークな別名が多くありますが、別名のイザから転訛してイラになったとの説もあります。

イラの生息域

水深10~50mほどの岩礁域に多く生息しているイラは日本では本州中部より南に多く、日本海や東シナ海、瀬戸内海、奄美大島などで見ることができます。そのためイラの産地は佐賀県や長崎県、和歌山県、徳島県などになります。

ほかにも朝鮮半島や東シナ海、南シナ海、台湾など比較的アジア圏内をメインに生息しています。

イラの旬や味

毒もないのに漁師も手を出さない下魚・外道とされるイラは美味しくないと思われがちですが、食べてみると意外に美味しい魚です。イラの味や美味しく食べることができる旬をチェックしてみましょう。

イラにも旬がある

食べ物の多くには美味しく食べることができる旬の時期がありますが、イラにもちゃんと旬があります。やはり脂の乗った時期が旬であり、特に美味しく食べることができます。

イラの旬は晩秋から初夏で涼しい時期です。暑さが厳しい夏場には臭みのある個体にあたる場合もあるので気をつけてください。

イラはこんな味

イラはクセのない味わいの白身でホロホロと柔らかく、加熱調理すると身が締まり、違った食感が楽しめます。似ているところでいえばタラのようなイメージがあります。皮部分はしっかりしているけれど柔らかいのでそのままでも食べれます。

スズキ目のベラ科は基本的に美味しい部類の魚ですが、イラのように派手な見た目がグロテスクな印象を与えるため、美味しくないと嫌煙されがちです。身が水っぽい、味が苦手なら出汁にしても美味しくいただけます。

イラを捌いてみよう

地域によっては一般的なスーパーなどであまり見ることのないイラは、釣りでゲットするのもおすすめです。釣り上げた新鮮なイラを美味しくいただくためには捌き方もチェックしておきましょう。魚の捌き方を知っている方であればそれほど難しくありません。

捌き方①うろこを処理する

イラの捌き方で最初の難関がうろこの処理です。イラのうろこは大きく硬いだけでなく、頑固にくっついています。

普通の魚のように包丁や鱗処理専用の道具を使って処理する方法もありますが、少し大きめのスプーンをうろこの下に滑り込ませて取ると簡単に処理できます。

捌き方②内臓を処理

次に内蔵を処理しますが捌き方は腹部分を包丁で開いて内蔵を取り除きます。内蔵を取り出すときに気をつけるのが咽頭歯、ノド歯と呼ばれるものです。

ベラ亜目の仲間はノド歯が発達しているのでかなり硬く、包丁があたらないように避けるほうがいいでしょう。内臓がうまく取り除けたら腹部分をきれいに洗ってキッチンペーパーなどで水気をとりましょう。

捌き方③三枚おろし

最後に調理しやすいように三枚におろしますが、頭を落としてから三枚おろしにするほうがいいでしょう。頭を落とすときは腹ビレの後ろから頭に向かって包丁を入れ、胸ビレの脇からイラの背骨を切り、反対側も同じようにして頭を落とします。

三枚おろしは腹側から尾ビレまでを切り、中骨に包丁を当てて背骨まで切ります。そしてイラの背中側にある背ビレに沿って背骨まで切り、尾ビレの方から身と背骨の間を滑らせるように包丁を入れておろします。

動画で捌き方を確認

こちらの動画ではイラの捌き方で頭の落とし方や三枚におろす方法を紹介しています。三枚おろしが苦手な方は動画を参考にしてみてください。動画を見ながら進めると捌きやすいのではないでしょうか。

イラを捌く際の注意点

イラを捌くときの注意点として、先程の内蔵処理で記述したようにノド歯に気をつけることと、顔部分にある線が鋭利になっているので手を切らないように注意しましょう。きれいな軍手などをはめて捌くと怪我の心配がありません。

イラは体長約40~45cmほどの大きな魚なので、捌くのが大変です。サイズさえ気にしなければ普通の魚の捌き方を同じなので、慣れた方ならすぐにできます。

イラの美味しい食べ方

イラは基本的に刺身や煮つけで食べることが多く、捌いたあとのアラは良い出汁になるので、捨てずに有効活用しましょう。基本的に白身魚を使ったレシピにイラを使うことができるので、紹介した食べ方だけでなくいろいろなレシピに挑戦してみてください。

イラは比較的皮がしっかりしているので、皮付きのまま調理するのもおすすめです。こちらではイラのレシピのなかでも特におすすめの美味しい食べ方を紹介します。

Thumbディルとはどんな植物?魚料理と相性が抜群のハーブの詳しい知識をご紹介!
フェンネルとよく間違えられるディルについてまとめました。ディルは魚料理とよく合うハーブで、レ...

レシピ①刺身

イラの食べ方でポピュラーなものが生で味わう刺身です。旬の時期にイラが釣れたら迷わず刺身で食べてみましょう。クセのない淡白な味わいの白身なので、いつもより高級な醤油や薬味を使うのもおすすめです。

刺身だけでなく握り寿司にすることもできます。皮部分も柔らかいので焼き霜造りや昆布締めなどの食べ方でも美味しくいただけるでしょう。野菜やドレッシングと一緒にカルパッチョにしても相性抜群です。

レシピ②ポワレ

イラのおすすめレシピにポワレがあります。イラと同じ白身魚のタイやスズキのポワレはよくありますが、イラのポワレも美味しくなります。ポワレのレシピは下味を付けたイラを油でカリッと高温で焼くだけの簡単レシピです。

生の魚が苦手なら、ポワレにしてもいいでしょう。イラは皮が煮崩れないので、ポワレなどの焼き調理レシピにも向いています。

レシピ③煮つけ

イラの定番レシピといえば煮つけです。旬の時期であれば臭みもなく、下処理で熱湯にくぐらせるだけでOKです。醤油やみりん、砂糖などの煮汁で煮付ければふっくらした柔らかな煮つけに仕上がります。梅干しや生姜と一緒に煮ればさらに魚臭さが抜けます。

レシピ④鍋

煮つけで美味しく食べることができるイラは鍋の具材としてもおすすめです。基本的に鍋に白身魚は相性が良く、イラはクセのない味わいなので和風の味付けだけでなく、洋風鍋レシピにも使うことができます。

イラを捌いたアラと昆布で出汁を取れば塩と酒だけのちり鍋もイラのおすすめレシピのひとつです。

レシピ⑤西京焼き

味噌の甘みと旨味が染み込んだイラの西京焼きもおすすめです。ごはんのおかずからお酒のお供に相性抜群のレシピです。旬の時期のイラは脂がのっているので、西京焼きにすることでジューシーなイラが味わえます。

浸け込むタレさえうまくできれば自宅でも料亭のような上品な西京焼きを楽しむことができます。味噌を使わず、振り塩をして半日寝かせたイラをみりんだけで焼くのもおすすめです。

イラを美味しく食べてみよう

派手な体色で少しグロテスクな見た目のイラは先入観から美味しくないとされていますが、調理してみれば実は美味しい魚です。旬も長く、釣りでヒットしたときはリリースせずに捌いて美味しく食べてみましょう。

その他の関連記事はこちらから

Thumbエソが嫌われる理由とは?実は美味しく食べられちゃうレシピとは
エソという魚を釣った事、又は見た事はあるでしょうか?釣りをする中ではハズレの様な扱いをされ、...
Thumb幻の高級魚「クエ」の生態とは?釣り方から食べ方まで人気の魅力を徹底紹介!
高級な魚として知られるクエを見た事はあるでしょうか?高級な魚というだけあって市場で見るのも稀...
Thumb絶品の魚!コロダイの釣り方とは?おすすめの食べ方もご紹介!
コロダイは、「タイ」と付いていますが高級魚イサキの仲間の魚です。あまりメジャーではない魚です...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
-asagi-

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ