ぶっこみ釣りで初心者でも大物が狙える!釣り方テクニック徹底解説!

初心者でも大物が狙えるぶっこみ釣りとは、どのようなものなのでしょうか。ぶっこみ釣りの釣り方やテクニック、仕掛けや使用するエサなどについて徹底解説していきます。また、ぶっこみ釣りの釣り方については、動画を使って紹介していきます。

ぶっこみ釣りで初心者でも大物が狙える!釣り方テクニック徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1ぶっこみ釣りとはどんな釣り方?
  2. 2ぶっこみ釣りにおすすめのタックル
  3. 3ぶっこみ釣りの仕掛け
  4. 4ぶっこみ釣りはエサでターゲットが変わる
  5. 5ぶっこみ釣りの釣り方
  6. 6ぶっこみ釣りを動画で詳しく見てみよう
  7. 7ぶっこみ釣りでのんびり待つ釣りを楽しもう

ぶっこみ釣りとはどんな釣り方?

初心者でも大物が狙えるぶっこみ釣りとは、どのような釣り方なのでしょうか。釣り方のテクニックやターゲットなどを徹底解説していきます。

釣りを始めたばかりで、そもそもぶっこみ釣りがどのようなものか分からないといった方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、まず最初にぶっこみ釣りについて紹介していきます。

この釣り方は、基本的な仕掛けであるオモリとハリを付けたものを投げ、あたりが来るまで待つ方法です。仕掛けも釣り方も簡単な方法ですが、大物も狙うことができます。

ぶっこみ釣りの魅力

次に、ぶっこみ釣りの魅力について紹介していきます。この釣り方はとてもシンプルで、仕掛けを投げた後は待つだけです。これらも初心者の方に始めやすい釣り方で魅力的ではありますが、最大の魅力は魚が釣れるまで待つ時間にあります。

ぶっこみ釣りは基本的に成果を上げやすい釣り方で、待っている時に竿先が揺れたりと当たりが来た際には、とても興奮できる魅力的な方法です。

ぶっこみ釣りにおすすめのタックル

ここからは、ぶっこみ釣りにおすすめのタックルについてチェックしていきます。ここではおすすめのタックルとして、竿(ロッド)、リール、ラインの3つについて見ていきます。それでは、詳しく見ていきましょう。

ぶっこみタックル①竿(ロッド)

ぶっこみ釣りで使う竿は、磯投げ用の竿で遠投できるものがおすすめです。このような機能を兼ね備えたおすすめのものが、ダイワのロッドでパイプシート使用となっているため、ホールド力が高くさまざまな魚を狙うことができます。

初心者からベテランの方まで使いやすく、価格と性能のバランスの良いものとなっています。置き竿をする際も柔らかく最適です。

ぶっこみタックル②リール

おすすめのリールは、ドラグ付きの中型スピニングリールです。おすすめはシマノのアルテグラ4000で、こちらのリールは防水性が高くエサを持っていかれた際もドラグを出すことができます。

また、重量の軽いタックルバランスなどは、竿の重さを軽減してくれコストパフォーマンスも高いものとなっています。

ぶっこみタックル③ライン

ラインは竿と同じ号数がおすすめです。例えば、竿の号数が3号であればバランスをとるために、ナイロン3号以上のものを選びましょう。また、不安な方は太めのラインを使うことも可能です。

ぶっこみ釣りの仕掛け

それでは、ぶっこみ釣りの仕掛けについて紹介していきます。最初にも紹介しましたが、ぶっこみ釣りの仕掛けはシンプルです。4.5mほどの竿にリールを付け、PEライン1号もしくはナイロンライン4号をセットします。

そして、中通しオモリ、ゴム管、サルカン、チヌ針3号の順につけ、針にエサを付けます。オモリは遠投が必要な、駆け上がりや沖の沈み根回りを狙うような場合は、25号ほどにします。また、ハリスはフロロカーボンの2.5号から3号がおすすめです。

まずぶっこみ釣りの仕掛けの作り方を動画で確認しよう

こちらの動画は、ぶっこみ釣りの仕掛けの作り方について紹介している動画です。使用するアイテムの紹介やおすすめのアイテムについても紹介されています。

また、仕掛けの作り方も実際に作りながら説明しているため、とても
わかりやすいです。

仕掛け①仕掛けセットがお手軽

初めから仕掛けを自分で作るのは、ハードルが高いといった方には仕掛けセットがお手軽でおすすめです。市販の仕掛けセットはぶっこみ釣り用のものを選ぶことで、すぐに始めることができるため初心者におすすめです。

ただし、仕掛けは根がかりなどで糸が切れてしまうことがあるため、いくつか予備の仕掛けを用意しておきましょう。

仕掛け②オモリ

ぶっこみ釣りの仕掛けには、オモリが必要になります。セットではなく単体で購入する場合は、オモリにはクッションゴムやゴム菅をとり付ける必要があります。そのため、ゴム菅が付いているオモリがおすすめです。

仕掛け③ハリス

ハリスは、フロロカーボンの3号以上のものを選びましょう。ハリスの号数は道糸と同じ号数に揃えることで、バランスをとることができます。また、長さは1.5mから2mほどの長さが必要となります。

仕掛け④サルカン

サルカンはハリスとラインを繋ぐ役割があります。回転するサルカンであればラインのヨレを防ぐ効果やオモリの衝撃を和らげる効果があります。ぶっこみ釣りで使用するサルカンは、10号から12号がおすすめです。

仕掛け⑤針

針はターゲットによって、使うサイズが変わります。根魚やスズキ、チヌをターゲットにする場合は、チヌ針やセイゴ針がおすすめです。

ぶっこみ釣りはエサでターゲットが変わる

ぶっこみ釣りの基本のエサは虫エサや貝類、甲殻類、身エサとなっていますが、使うエサでターゲットが変わります。

赤貝やサザエ、トコブシ、ヤドカリ、岩ガニなどを使うとコブダイや石鯛、コロダイ、イシガキダイ、ブダイなどをターゲットにすることができます。

また、魚の切り身、以下の切り身、キビナゴなどをエサにすることで、ハタやカサゴ、タマミ、コロダイなどがターゲットになり、虫エサは石鯛、コブダイ、イシガキダイ、フエフキダイ、ブダイなどの少し小さいサイズが狙えます。

あらゆる魚を狙えるアオイソメ

ぶっこみ釣りのエサでアオイソメを使うことで、あらゆる魚を狙うことができます。アオイソメの動きが魚を引き付ける効果があり、万能なエサと言えます。

また、アオイソメを餌にすると、クロダイや根魚などの魚を釣る事ができるため、初心者にもおすすめです。

このようにさまざまな魚をターゲットにできる反面、エサ取りにあう可能性もあります。そのため、エサ取りにあう場合はエサを変えることをおすすめします。

大型を狙うならユムシ

大型を狙うのであれば、ユムシがおすすめです。ユムシは大きいエサですので、エサ取りにあう確率が低く、大型のサイズをターゲットにする場合に最適です。ただし、大型の魚を限定とした釣りとなるため、当たりが少なくなってしまうことも少なくありません。

底狙いの時は魚の切り身

底狙いの時は魚の切り身がおすすめです。例えば雑食のクロダイなどは、サンマやイワシ、アジ、サバ、太刀魚などさまざまな魚の切り身で狙うことができ、反応も良いエサとなっています。

また、汽水にいるキビレやヒラメも魚の切り身で狙うことが可能ですが、キビレは派手な色のルアーの方が反応が良く、ヒラメをターゲットにする場合は、動いているものに反応するため他のエサの方が向いています。

他にも、マゴチやエソ、ハモ、ウナギ、アナゴ、カサゴ、メバル、アイナメ、ソイ、フグ、ゴンズイ、ボラなども釣ることができます。

Thumb釣り餌「オキアミ」ってエビなの?オキアミの人気の理由と釣れる魚とは
釣り餌で人気のオキアミ、主に撒き餌や刺し餌に使われますが、実はオキアミには栄養がたくさん含ま...

ぶっこみ釣りの釣り方

ここからは、ぶっこみ釣りの釣り方について紹介していきます。ぶっこみ釣りで魚を釣る場合は竿の弾力を活かし、オモリを使って投げる中近投で仕掛けを投げます。仕掛けを投げた後は置き竿にし、道糸をたるませて当たりが来るまで待ちます。

当たりが来たら竿の先が大きく揺れるため、魚が食い込むまで待ってから合わせます。竿先が入ったことが確認できれば合わせ、あまり食い込んでいないようであれば糸を送りこむために竿尻を浮かすと食い込む場合があります。

リールを巻くときは竿を立てて糸のテンションが緩まないように気を付けましょう。

ぶっこみ釣りのポイント・コツ

次に、ぶっこみ釣りのポイントとコツについて紹介していきます。ぶっこみ釣りを行う際は、ターゲットにする魚にあった場所を選びましょう。

また、仕掛けを投げる場合はエサが飛んでしまうことに注意し、着底したことが確認できたら仕掛けを少し張ります。当たりを待っている時はドラグを緩めることがポイントで、当たりがあった場合は合わせてしっかりと食い込ませることが大切です。

Thumb大磯港の釣り場がすごい!釣れるポイントを徹底解説!
ファミリーからベテランまで楽しめる「大磯港」の釣り場情報をお届けします。大磯港は多くの漁船が...

よく釣れる場所の選び方

ぶっこみ釣りでよく釣れる場所は、流れが緩やかで水深が2m以内の場所がおすすめです。そのため、堤防や河口、サーフ、小さな港などの場所がぶっこみ釣りに最適です。

ぶっこみ釣りを動画で詳しく見てみよう

ここからは、ぶっこみ釣りを動画で詳しく見ていきます。ここでは、ユムシでチヌを狙ったものや夜釣りのぶっこみ釣りの動画を紹介していきます。

ユムシの1匹付けでチヌを狙った

こちらの動画はエサにユムシを使って、チヌを狙う動画です。自身の経験談やどのように当たりが来るのかなどを学ぶことができます。チヌ狙いで釣りをする方はチェックしておくと、とても参考になります。

夜釣りのぶっこみ釣りで大物も!

こちらの動画は、ぶっこみ釣りで夜釣りを行っている動画です。仕掛けの紹介など詳しく紹介しているため勉強になります。夜釣りでぶっこみ釣りを考えている方はチェックしてみてください。

ぶっこみ釣りでのんびり待つ釣りを楽しもう

ぶっこみ釣りは初心者でも始めやすく、セット仕掛けなどもあるため気軽に挑戦しやすいです。さまざまな魚をターゲットにでき、のんびりと当たりを待つという魅力を楽しみに挑戦してみましょう。

その他の関連記事はこちらから

Thumb朝まずめ・夕まずめって何?釣り用語の基礎知識を徹底解説!
釣りをしていると、時間や季節で釣れる魚も変化してきますが、その中でも魚が釣れやすくなる時間帯...
Thumbアラカブってどんな魚?釣り方から美味しい食べ方まで詳しく解説!
アラカブと言う魚をご存知でしょうか。ここではアラカブがの生態から種類、呼び方の違い、釣りのポ...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
m.y321

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ