釣れない時はジグサビキ仕掛けが超おすすめ!初心者でも大物が狙える?!

魚がなかなか釣れない時の強い味方であり、初心者でも簡単に出来る「ジグサビキ仕掛け」とは、どんな仕掛けなのでしょうか。ジグサビキ仕掛けと普通のサビキとの違いから、大物も狙えるおすすめロッドや、自作仕掛けの作り方まで詳しくご紹介いたします。

釣れない時はジグサビキ仕掛けが超おすすめ!初心者でも大物が狙える?!のイメージ

目次

  1. 1超おすすめジグサビキ仕掛けとは?
  2. 2ジグサビキのおすすめ基本タックル
  3. 3サーフから大型青物魚を狙うならこのロッド
  4. 4ジグサビキのおすすめ仕掛け
  5. 5ジグサビキ仕掛けにおすすめのメタルジグ
  6. 6ジグサビキの仕掛けを自作してみよう!
  7. 7ジグサビキは初心者でも簡単!釣果を得やすい!

超おすすめジグサビキ仕掛けとは?

出典: https://www.amazon.co.jp/

「ジグサビキ」というのは、その名の通り海で行うサビキ仕掛けの事です。本来、カゴや重りがぶら下がる位置に、メタルジグを繋ぎます。この状態で遠投し、ずる引きをすると、少し手ごたえを感じる場所が出てきます。

そこが地形変化なので、仕掛けを止めてアタリを待ちます。この動作の繰り返しで、様々な種類の魚を釣ることが出来るのです。ロッドを素早く縦に振り上げ、仕掛けをリフト&ホールしながら魚を誘う方法も可能です。

初心者にも簡単!ジグサビキ

ジグサビキは仕掛けをキャストして巻くだけのアクションなので、特に初心者の方におすすめです。アプローチがシンプルな上に、たくさんの魚が釣れるとなれば、釣りにハマってしまうこと、間違いなしです。

ジグサビキは、安全な足場が確保できる防波堤などで行います。一度もジグサビキをしたことが無いという方は、関連動画が多数出回っていますので、参考に一度観ておくことをおすすめします。

普通のサビキとの違いは?

出典: https://www.amazon.co.jp/

堤防からアジなどの小魚を狙う釣りを「サビキ」と言います。このサビキとジグサビキの一番の違いはエサです。

サビキは「コマセ」又は「マキエ」と呼ばれる魚を寄せるための餌を使いますが、ジグサビキは「メタルジグ」というルアーを付けて釣りをします。

ジグサビキの釣り場ポイントと釣れる魚

釣り場選びは釣りをする時に重要なポイントの一つですが、釣りたい魚によって、選ぶ場所が違ってくるのは、ジグサビキも同じです。

サバやアジ、イワシなどの小物を釣る場合は、防波堤や漁港の港内で竿を出します。回遊がありさえすれば、釣れないという事はありません。テトラポットで釣りをする場合は、滑らないようにフィッシングブーツと、念のため、ライフジャケットを着用しましょう。

太刀魚や青物、サゴシの大物は、防波堤でも釣れますが、沖に出たほうが確実です。

また、マゴチやヒラメを狙うなら、基本はサーフから狙います。もちろんサバやアジも釣れるので、良い釣り場と言えます。海開きシーズンが終わり、許可が出ている場所なら海水浴場でも釣りが可能な所があります。調べてから出かけてみましょう。

ジグサビキのおすすめ基本タックル

出典: https://www.amazon.co.jp/

ジグサビキの基本タックルはロッド、リール、ラインの3点です。タックルの強さや大きさは、狙うターゲットによって異なります。例えば、サバやアジなど小型の回遊魚を狙う場合は、メバリングやアジングのタックルが適しています。

中型~大型のマゴチやイナダ、サワラ、ヒラメなどを狙う場合は、ライトショアジギングロッドやシーバスロッドが適しています。

大型のヒラマサやブリを狙う場合は、パワーに負けない強さを誇る、ショアジギングタックルがおすすめです。

おすすめ基本ロッド

ジグサビキには、ショアジギングやライトショア向きのロッドが適しています。中でも操作性や遠投性能の高いロッドをおすすめします。様々なターゲットに対応するには、ちょうど良い長さと、大物がかかった時でも対応できるパワーが必要になります。

「ジグキャスター90M」なら、メタルジグで大物を狙うパワーと、サビキを操作する柔軟性の両方を兼ね備えていておすすめです。

ジグサビキに適した、バランスに長けた万能タイプのロッドです。

出典: https://www.amazon.co.jp/

標準全長フィート(m) 9'0"(2.74)
仕舞(cm) 142
標準自重(g) 200
ジグ重量(g) 10~60
ライン(lb.) 12~25

おすすめ基本リール

ジグサビキでは、3000~4000番台のリールの使用がおすすめです。中でもレブロスシリーズは種類が豊富なので、使用できる幅が広く、様々なターゲットを狙えます。

ジグサビキはジギングのように太めのラインを使うので、操作性とラインを巻ける量のバランスがポイントになります。

レブロスシリーズは遠投で起こりがちなライントラブルの心配がないよう、バックラッシュ(投げる時リールの糸が絡まる)を最小限に抑えるシステムが搭載されています。

落として釣っても、遠投しても、ストレスなしで釣りを楽しめるリールです。

出典: https://www.amazon.co.jp/

スピニングリールサイズ 3000
使用できる釣り法 タイラバ、ショアジギング
主なターゲット シーバス、マダイ、タチウオ、ワカシ、イナダ、ワラサ、
ヒラメ、マゴチ、青物
ナイロン巻糸量(号-m) 3-200/4-150
PE巻糸量(号-m) 1.2-350/2.5-200
自重 290g

出典: https://www.amazon.co.jp/

ギア比 4.7
巻取り長さ 79cm(ハンドル1回転あたり)
最大ドラグ力 6kg

サーフから大型青物魚を狙うならこのロッド

ジグサビキで大型のヒラマサやブリを狙うなら、仕掛けも合わせてサイズアップする必要があります。仕掛けの内容は変わりませんが、パワーに負けないだけのロッドが必要になります。

ロッドを変えても、問題となるのはアクション、魅せ方です。メタルジグが生きているように見せることが何より重要です。

ロッド①シマノ ソルティーアドバンス

「ソルティーアドバンス」は、本格的ですが手軽にソルトウォーターゲームを楽しめるロッドです。最大60gまでのメタルジグに対応しており、10フィートのロングレングスが圧倒的な飛距離を可能にしてくれます。

サーフや防波堤などで、もっと広範囲を探りたい時、沖のナブラを打ちたい時などに、活躍してくれます。

出典: https://www.amazon.co.jp/

長さ 9.6feet
適合ジグ/プラグウエイト(g) MAX80/MAX60
適合ライン [ナイロン/lb]10-20、[PE/号]1-3
釣種 ショアジギング
対象魚 ワラサ、ブリ
継数(本) 2
仕舞寸法(cm) 149.5

ロッド②ダイワ ジグキャスター

ロッドの反発力を使ってはるか遠方のポイントを直撃するよう、遠投を最優先したロッドです。10’6″と思えないしなやかさと取り回しの良さは、長時間の釣行でも疲れを軽減してくれます。

出典: https://www.amazon.co.jp/

主な用途 ショアジギング
標準全長ft.(m)/仕舞(cm) 10'6"(3.20)/165
継数(本)/標準自重(g) 2/300
先径(mm)/元径(mm) 2.4/17.9
ルアー重量(g) 50~120
ライン(lb.) 30~40
カーボン含有率(%) 96

ジグサビキのおすすめ仕掛け

仕掛け①小型の魚を釣る

小型のアジなどを釣る場合は、針は小さめに、メタルジグは15g前後の軽いものがおすすめです。

小型の魚の場合、まず針が小さくないと釣り辛いので、ジグサビキをするのなら、小型用の仕掛けも一つくらいは持っておきたいところです。

OWNER 仕掛け 遠投ジグサビキ

主な対応魚 青物、サワラ、大アジ、大サバ
仕様鈎 海峡アジ、イサキ
号数 9-4号
ハリス号数 4号
幹糸号数 6号
全長 80cm
特徴 太ハリス

仕掛け②中~大型の青物狙い

青魚というのは新鮮なほど美味しく、しかし腐るのが早い魚の種類です。

青魚はだいたい中~大型の魚になるので、針と糸は太いものを使うようおすすめします。通常の針と糸だと、青魚のパワーに負け、針ごと持っていかれてしまうからです。

青魚を釣る場合の糸は30lbほどの太くしっかりしたものを、針は8号くらいの大きさのものを使用しましょう。全体的に丈夫にしておけば、根がかりを起こした場合も、慎重に外せば回収しやすくなります。

Hayabusa 堤防ジギングサビキセット

主な対応魚 ツバス・ワカシ・ハマチ・イナダ・カマス・サバ・ヒラメ・マゴチ
堤防アジ・スズキ
仕様鈎 イサキ/白、金
号数 8号
ハリス号数 4号
幹糸号数 6号
全長 80cm

仕掛け③砂浜サーフ

砂浜サーフからジグサビキを行う場合、飛距離が足りないことが釣れない原因になることが多々あります。そこでメタルジグは重たいものを使用し、仕掛けにかかる負荷を考慮した太い糸を使うようにします。

サーフは手前が浅く沖が深い地形がほとんどなので、とにかく飛距離が重要です。重いメタルジグにロングロッドの構成で臨みましょう。30g以上のメタルジグに耐えられる幹糸の仕掛けを選び、遠投で沖のターゲットを狙います。

Hayabusa ジギングサビキ キャスティングタイプ

フロロカーボン 不意の大物にも対応する強度重視の素材
ハゲ皮 独自の光沢が魚にアピール
フラッシャー 潮乗性能を追求した素材を採用
妖しくきらめく反射光とやわらかくしなやかな動きが、
小魚のような動きを再現
ロングシラスカット 通常よりもはるかに長く、しなやかさを強調した魚皮
魚が常食しているシラス、イカナゴなど小魚の大きさと同等

出典: https://www.rakuten.co.jp/

オーロラ加工 鱗のような妖しい光と魚皮のなめらかさを演出
ブライトン 妖しく淡い反射光で、澄み潮にも調和したアピール力を発揮し
ケイムラサバ皮 柔らか素材として定評のサバ皮に特殊加工を施し、
艶めかしく妖しい発色のケイムラ色を実現

仕掛け④船でジギング

船でジギングする場合、沖合の深い所で釣るということもあり、メタルジグをすばやく落とし込む必要があります。そのため、メタルジグは重めをおすすめします。

OWNER 船ジギングサビキ L

主な対応魚 ワラサ、イナダ、ヒラマサ、サバ
仕様鈎 PEブリヒラマサ
ハリス号数 10号
幹糸号数 12号
全長 75cm

Thumbジグサビキ攻略方法!仕掛けの仕組みを徹底解説!
誰にも親しみがあるサビキ釣りですが、ジグサビキの仕掛けを使って更に大物を狙う人が増えています...

ジグサビキ仕掛けにおすすめのメタルジグ

出典: https://www.rakuten.co.jp/

ターゲットの魚に合わせてジグを選びます。ジギングで使用するジグを流用しても構いません。ロッドの重さ負荷は、事前に必ずチェックをしておきます。

メタルジグ①メジャークラフト ジグパラ ショート

主な対応魚 アジ、メバル、青物、太刀魚、シーバス、真鯛、黒鯛
重量 20g
ライブサバ(リアルプリント)
フロントフック 伊勢尼#12相当
リアトレブル #6相当
特徴 日本製フック搭載

メタルジグ②ダイワメタルジグ TGベイト

主な対応魚 ワカシ、イナダ、ワラサ、ヒラマサ、カンパチ、キジハタ、ヒラメ、
シーバス、マダイ、タチウオ
重量 30g
FPHピンク
フロントフック ティンセル付きタンデム
リアトレブル ティンセル付きシングル
特徴 スーパーライトジギング対応、専用フック付き仕様のTGベイト

ジグサビキの仕掛けを自作してみよう!

ダイソーの商品で作る!自作ジグサビキ

まず、ダイソーでスナップ、サビキ針、ジグを購入します。サビキ針を箱から全て取り出し、6本針仕掛けを3本針仕掛けが2つになるように真ん中でカットします。

次にスナップが付いていない側の幹糸にスナップを取り付けます。ユニノット結びで結び、余った糸は適当な所でカットします。最後にスナップに道糸とジグを装着して完成です。

ジグサビキの自作の参考動画

糸に針を結ぶところから、非常に分かりやすく、ゆっくりしっかり説明してくれている動画です。ジグサビキをダイソーなどの部品で自作してみようと思っている方は、作る前に一度見て参考になさってください。

Thumbメタルジグの自作方法とは?安く簡単に作れる方法をご紹介!
ジギングに必要なメタルジグを自作できることをご存知でしょうか。ここでは、メタルジグの自作に必...

ジグサビキは初心者でも簡単!釣果を得やすい!

ジグサビキは、ボウズ(魚が一匹も釣れない状態)を救ってくれる釣りと言われるくらい、簡単に釣果を得られる釣り方です。ひたすら投げて引き寄せてのアクションの繰り返しなので、初心者でもすぐに出来るようになります。

一度、釣れる喜びを味わえば、きっと釣りにハマってしまうこと請け合いです。少し慣れてきたなら、ダイソーなどを利用して自作ジグサビキ仕掛けを作って楽しんでみてはいかがでしょうか。

その他の関連記事はこちらから

Thumbジグサビキ攻略方法!仕掛けの仕組みを徹底解説!
誰にも親しみがあるサビキ釣りですが、ジグサビキの仕掛けを使って更に大物を狙う人が増えています...
Thumbシーバス釣りには「タックルハウス」のルアー!その中でもおすすめのルアーを紹介
シーバス釣りにおすすめのタックルハウスのルアーについて紹介していきます。こちらのルアーはさま...
Thumbネコリグとは?バス釣り初心者向けネコリグの作り方やアクションを解説!
ネコリグという言葉を聞いたことはありますか?バス釣りについては欠かせない知識であるネコリグに...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
櫻 樹
神社巡りと刀剣鑑賞、カフェ巡りが好きなアニメ・ゲーム・2.5次元ヲタクです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ