カニの甲羅の黒いブツブツ「カニビル」って何?気になる正体を徹底解説!

カニの甲羅に黒いブツブツが付いているのを見たことがありませんか?この黒い粒の正体は「カニビル」という寄生虫の卵です。少し気持ち悪いカニビルの卵ですが、人の体に影響はないのでしょうか。ここでは、カニビルについて詳しくまとめているので、気になる方は是非ご覧下さい!

カニの甲羅の黒いブツブツ「カニビル」って何?気になる正体を徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1カニの甲羅の黒いブツブツ「カニビル」とは?
  2. 2カニビルの生態
  3. 3カニビルは食べられる?
  4. 4美味しいカニの選び方
  5. 5人気のカニの甲羅グルメレシピ
  6. 6カニビルの卵はちょっと気持ち悪いが害はなし!

カニの甲羅の黒いブツブツ「カニビル」とは?

カニの甲羅に無数に付着している黒いブツブツ、気持ち悪い…と感じる方も多いでしょう。決して見た目に良いものではなく、びっしりと付いているとゾッとして鳥肌が立ってしまうほどです。

この気持ち悪い黒い粒の正体はいったい何なのでしょうか。それは「カニビル」という寄生虫の仕業によるものです。ここでは、カニビルにまつわる情報を詳しくご紹介していきます。黒いツブツブの正体を知って、安全に美味しくカニを頂きましょう!

カニビルはカニに寄生する寄生虫

出典: http://ore-kani.jp/

カニビルは、カニやエビ、魚、貝類に寄生する寄生虫です。海に生息するヒルの一種で、体長は約10cmほどあり、ミミズに似た見た目をしています。普段は海底の泥の中で生活し、魚の体液を餌にして成長します。

カニを水揚げした際に付着していることはありますが、カニに寄生するのは甲羅のみなので、市場やスーパーに並ぶ頃にはその姿はなく、一般の方が成虫を目にすることはほとんどないでしょう。

カニの甲羅についているのはカニビルの卵

出典: http://forestermaeda.blog46.fc2.com/

気になるカニの甲羅に付着している黒いブツブツですが、それはカニビルの卵です。カニビルは魚に寄生し体液を吸汁し成長しますが、カニの甲羅に付くのは卵を産む時だけで、体内に寄生したり、体液を吸うわけではありません。よってカニには何の影響も与えないのです。

カニビルが産卵するカニは、主にズワイガニ、松葉ガニで、表面がチクチクしている毛ガニにはほとんど産卵しないようです。

カニの甲羅に卵を産む理由

出典: https://www1.kaiho.mlit.go.jp/

カニビルは硬い場所に産卵する性質を持っていますが、カニビルの生息する海底は泥ばかりで、卵を産み付けることができません。産卵に適した岩礁がない為、近くにいるカニの甲羅が格好の場所になっているのです。

カニビルという名が付いているのでカニに寄生すると思われがちですが、付くのは甲羅のみで産卵の時だけカニの甲羅を借りているだけなのです。

カニビルの生態

出典: https://www.choshiro.com/

ここからはカニビルの生態について見ていきましょう。卵は見たことがあっても、成虫はなかなか目にすることができません。よって、カニビルの生態についての研究はあまり進んでいないのが現状で、今ある情報のみでまとめてみました。

カニビルの成虫は?

出典: https://www.choshiro.com/

カニビルの成虫は細長くミミズのような形態で、寄生虫で有名な「ヒル」と共通する吸盤のような口で魚に吸着し、体液を吸汁して成長します。主に、深海に生息するカレイなどの深海魚に寄生して体液を餌としています。

解説した通り、カニビルは岩の代わりにカニの甲羅に卵を産み付けます。岩場が多い海域であれば、岩に産卵する為、その海域で獲れたカニにはカニビルの卵の付着が少ないようです。

カニビルの孵化の様子

こちらの動画では、カニビルが孵化をする様子をみることができます。

カニに付着している卵の中にこの生き物が?!と不安になりますが、売られているカニの甲羅に付着している卵は、既に孵化した後のものが多く、中は空洞になっています。心配な方は卵を割って確認してみましょう。

Thumbタコの締め方とは?その方法と下処理方法を詳しく解説!
夏場はタコのシーズンなので釣り場で釣れることも多くなります。釣れたタコは自宅でおいしく食べる...

カニビルは食べられる?

あの黒い卵を好んで食べる方はいませんが、甲羅にびっしりと付いていれば、口に入ってしまうこともあるでしょう。寄生虫の卵と知れば心配になるのは当たり前です。カニビルの卵の有害性について見ていきましょう。

カニビルは害はある?

カニの甲羅に付着している卵は、ほとんどと言って良い程孵化した後の抜け殻です。真っ黒で毒々しい見た目をしていますが、人体には影響はないので安心して下さい。稀に卵の中身が入っていても、加熱処理していれば大丈夫です。

卵に関しては無害であることも証明されており、臭いもなければ味もありません。カニに関しても体内に寄生しているわけではないので、品質に問題はありません。

但し、成虫に関してはあまり研究が進んでおらず、不明な点が多いです。成虫を目にすることはないに等しいですが、もし発見した場合はくれぐれも食べないよう注意しましょう。

カニビルの取り方

人体に害はなくてもカニビルの卵は見映えが悪く、黒いツブツブが苦手な方も多いでしょう。そんな方の為に、甲羅に付着したカニビルの卵の取り方をご紹介しましょう。

カニビルの卵の取り方は、清潔なタワシや硬めのブラシでゴシゴシ擦って卵を剥がす方法しかありません。甲羅にしっかり密着しているのでなかなか手強く、根気のいる取り方ですが、この方法が一番キレイになります。

びっしりと付いているものは、ある程度の手間と労力が必要です。口に入っても問題ないので、見た目を気にしなければ、無理に取らずそのままでも問題ありません。

美味しいカニの選び方

出典: https://www.amazon.co.jp

ここからは、美味しいカニの選び方をご紹介します。いざカニを選ぶとなると、見分け方はなかなか難しいものです。見た目はどれも同じに見えるカニでも、それぞれ身入りや味が異なります。カニの見分け方のコツを知って、美味しくて良質なカニを選びましょう!

選び方①甲羅を押して固いもの

美味しいカニかどうかは、甲羅の固さで判断できます。カニは脱皮を繰り返し成長していきます。脱皮したてのカニは甲羅が柔らかく、脱皮するためにパワーを多く使うため美味しくないと言われています。また、脱皮して間もないカニは身がスカスカです。

一方、脱皮から時間がたったカニは甲羅が固く、身入りが良くて美味しいとされています。よって、カニを選ぶ際は、指でカニの甲羅を押してみて固いものを選ぶようにしましょう。

また、甲羅だけでなくお腹でも判断できます。脱皮したてのカニは、お腹が白いです。脱皮から時間が経ったカニのお腹は飴色になっているので、この色が美味しいカニの基準になります。

選び方②カニビルの卵やフジツボがついているもの

出典: https://shlakers.hamazo.tv/

カニの甲羅に、カニビルの卵やフジツボが付着しているものも美味しいカニと言われています。カニビルは、解説してきた通り硬いものに卵を産み付ける性質があります。カニビルの卵が沢山付いているほど、脱皮してから時間が経っているカニである証拠になります。

フジツボも同じく硬いものに付着する生物です。このように、見た目は悪いですが甲羅に付着物が多い方が美味しいカニというわけです。

Thumbティップランエギングでアオリイカを狙う!釣れるテクニックとは
最近流行のティップランエギングという方法でアオリイカを釣る方法について説明します。ティップラ...

人気のカニの甲羅グルメレシピ

美味しいカニを選ぶことができたら、そのカニを美味しく料理して頂きましょう!カニの姿があれば「一杯まるごと食べたい!」と思いますが、中にはカニ味噌が苦手だったり、飽きて余らしてしまうこともあるでしょう。

最後は、人気のカニの甲羅グルメレシピをご紹介します。カニの甲羅にも旨味成分がたっぷり含まれています。甲羅を器にすれば、味だけじゃなく見た目もおしゃれで楽しめるでしょう。誰でも作れる簡単なレシピなので、是非作ってみて下さい!

レシピ①松葉カニの甲羅味噌焼き

出典: https://www.kasumi-kadoya.co.jp/

材料
2人分
・活け蟹 (味噌・甲羅) 1杯
・酒 50cc程度

【作り方】

活け蟹を捌いたら、甲羅ごと味噌を炭焼きorガスコンロにかける。
日本酒を適量入れ煮詰める。香ばしい香りがして煮詰まったら出来上がり!

ガスコンロ調理の場合、直火でも甲羅は割れないので安心して下さい。煮詰めた味噌は、何かに付けたり、中に身を入れたりして頂きましょう。最後はご飯を入れても美味しいです!

レシピ②カニの甲羅や殻で蟹おこわ

出典: https://cookpad.com/

材料
3人分
・残った蟹 2杯 ・もち米 1合 ・白米 2合
・だし汁 600cc ・シメジ 1パック
【調味料 】白だし 大さじ1、醤油 小さじ2、酒 大さじ2
【トッピング】三つ葉 少々

【作り方】

白米は洗ってざるに取り水を切っておく。もち米はぬるま湯に20分位浸す。
カニの甲羅は中のヒダ、卵を取り除いておく。食べれない細い脚をよけておく。
食べ残ったカニの身やほじれる身はほじって取り出し、だし汁に入れる。
もち米と白米を合わせたもの、いしづきを取ってほぐしたシメジを土鍋に入れる。
④に③の出し汁と調味料を入れ、②の甲羅、細い脚を米の上に置く。
蓋を閉めて強火で加熱。湯気が出たら弱火にして10分加熱。
火を止め10分~15分蒸らした後、三つ葉を散らし、サックリ混ぜて出来上がり!

見た目も豪華な蟹おこわです。食べた足からも出汁が出るので、どんどん入れてしまいしまょう!家族で食べるなら、食べ残しを利用してもへっちゃらです!

レシピ③鳥取名物のカニの甲羅茶わん蒸し

出典: https://recipe.rakuten.co.jp/

材料
2人分
・蟹の甲羅 2枚 ・蟹 1杯 ・卵 2個 ・水 150cc
・日本酒 50cc ・塩 少々 ・片栗粉 小さじ1

【作り方】

殻から身を取り出し、その殻を鍋に入れ、分量の水、酒、塩で3分茹でる。
火を止め、粗熱がとれるまで置いておく。
卵をボウルに割り入れ、蟹のゆで汁を100cc加える。
鍋に湯を沸かし、蒸し器をセットする。
蟹の甲羅に卵液をそれぞれ分け入れ、蒸し器に入れる。
5分程して固まったら火を止める。
ゆで汁に蟹肉を加え、火にかける。
塩で味を調えたら水溶き片栗粉を加え、とろみがついたら火を止める。
器に甲羅をおき、たっぷり餡をかけて出来上がり!

おもてなしにもおすすめな甲羅茶碗蒸しです。作り方は通常の茶碗蒸しとあまり変わりませんが、器をカニの甲羅にすることで、ぐんと華やかになります。お好みで柚子皮をあしらうと、見映えが良くおしゃれに仕上がります。

カニビルの卵はちょっと気持ち悪いが害はなし!

カニの甲羅についている黒いブツブツの正体、「カニビルの卵」についてご紹介しました。カニビルの卵は、見た目は少し気持ち悪いですが、体への害はありません。むしろ、「身入りが良い!」という目印になります。

カニビルの卵は、カニの身入りのバロメータになるので、選ぶ際は卵がたくさん付着しているカニを選別し、美味しいカニを見極めましょう!

その他の関連記事はこちらから

Thumbスモークサーモンの美味しい食べ方は?簡単で人気のレシピをご紹介!
今回はスモークサーモンを使った簡単レシピや美味しい食べ方を紹介します。スモークサーモンにアレ...
Thumb栄養豊富なオイルサーディンとは?おすすめの食べ方レシピをご紹介!
缶詰のオイルサーディンをご存知ですか。ここでは、オイルサーディンの原料から、豊富に含まれてい...
Thumb実は高級魚「スズキ」の生態とは?!釣り方食べ方まとめて紹介!
実は高級魚にも分類されるスズキの生態とは、どのような魚なのでしょうか。スズキが高級魚だと分か...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
kayo7110

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ