自転車用サドルバッグおすすめ12選!機能性抜群なサドルバッグをご紹介します

人気のロードバイクには荷物を装着できる荷台がないため、サドルバッグを使って必要な荷物を収納できます。サイズや防水機能などさまざまなタイプがあるサドルバッグからおしゃれで自分の好みに合ったバッグを見つけてロードバイクでのツーリングを楽しみましょう。

自転車用サドルバッグおすすめ12選!機能性抜群なサドルバッグをご紹介しますのイメージ

目次

  1. 1ロードバイクのサドルバッグとは?
  2. 2ロードバイクのサドルバッグの選び方
  3. 3ロードバイクおすすめ人気おしゃれサイドバッグ【小型】
  4. 4ロードバイクおすすめ人気おしゃれサドルバッグ【中型】
  5. 5ロードバイクおすすめ人気おしゃれサイドバッグ【大型】
  6. 6ロードバイクおすすめ人気おしゃれサイドバッグ【防水】
  7. 7バッグサポーターで大型サドルバッグを安定させる
  8. 8お気に入りのサドルバッグでロードバイクを楽しもう!

ロードバイクのサドルバッグとは?

ロードバイクは走りを快適に楽しめるようシンプルなスタイルなので基本的に荷物を積めません。もともとはレース用の自転車が一般の使用に広がったものなので当然ではありますが、ロードバイクで出掛ける際には最低限必要なアイテムを持っていきたいものです。

そこでサドルバッグを自転車のサドル部分に取り付けて荷物を収納できるように、小さなものから大きなものまで発売されています。撥水や防水の機能を備えたものや見た目もおしゃれなものまでおすすめのサドルバッグを紹介していきます。

なぜ自転車のサドルにバッグを取り付けるのか?

出典: https://www.amazon.co.jp

荷物を運ぶことを考えるとリュックサックなどでも可能です。わざわざロードバイクにサドルバッグを取り付けなくても良いと思う人もいるでしょう。それぞれの好みに応じてリュックを背負っても構いません。

出典: https://www.amazon.co.jp

しかし、実際にリュックを背負って長距離を長時間走ると想像以上に疲れます。また夏場には背中が汗でベタベタになって非常に不快な思いをします。何度かツーリングを経験した人は自転車に荷物を装備できる方法を考えるようになるはずです。

そんなニーズに応えてくれるのが、サドルバッグです。カラフルでおしゃれなサドルバッグも多く発売されているので、自分にピッタリのサドルバッグを見つけてみましょう。

ロードバイクのサドルバッグの選び方

選び方①収納性

出典: https://www.amazon.co.jp

サドルバッグには小さなものから大きなものまで様々なサイズがあります。パンクキットなどの最小限の小物を入れる程度のサイズから、チューブや携帯工具、補給食などが入るミディアムサイズのものもあります。

さらには泊りがけのツーリングに出掛ける際の着替えなども収納できるような大容量のサドルバッグまであるので、目的や荷物の量に応じて必要なサドルバッグを選ぶことが大切です。その時の荷物の量に応じてサドルバッグの容量を変化させることができるタイプもあるのでチェックしましょう。

選び方②防水性能

出典: https://www.amazon.co.jp

ロードバイクでツーリングに出掛ける場合は、天候の変化を覚悟しておく必要があります。雨が降った時でも中に入れたスマホやカメラ、着替えなどが濡れないようにサドルバッグには高い防水機能が求められます。

サドルバッグには撥水加工を施した製品も多くありますが、激しい雨が降るとしみ込んでくる可能性があるため注意が必要です。レインカバーを使用したり、完全防水仕様のモデルを選ぶことをおすすめします。出かける時期や目的、距離などによって防水性能がどの程度必要かも予め確認しておくことをおすすめします。

選び方③脱着のしやすさ

出典: https://www.amazon.co.jp

サドルバッグを選ぶ際のポイントとして、サドルバッグが簡単に脱着できるかということも確認が必要です。サドルバッグに貴重品を入れることもあるので、自転車を駐輪して離れる際はサドルバッグも一緒に持ち運ぶことをおすすめします。

サドルバッグはワンタッチで脱着できるタイプとマジックテープなどで装着するタイプの2種類があります。ワンタッチ式の場合はあらかじめ自転車にアタッチメントを装着する必要があるので、自分の自転車に付けられるか事前に確認することをおすすめします。

ロードバイクおすすめ人気おしゃれサイドバッグ【小型】

リクセンカウル AS831 マイクロ30 サドルバッグ

おしゃれで小型のサドルバッグとして人気なのが、リクセンカウルのサドルバッグです。サドルの後ろに取り付けるアタッチメント付きなので、ワンタッチで脱着が可能で手軽に外して持ち歩くことができます。

小さめのサイズで容量は0.2Lです。防水仕様ではないので雨の日の使用はおすすめできませんが、ロードバイクでの走りをメインに荷物が少なくて良い人にはおすすめの人気モデルです。

モスト THE CASE ウォータープルーフサドルバッグ

スポーツ用品のメーカーであるピナレロが展開する「モスト」ブランドの超軽量で小型のサドルバッグです。本体重量が21gという極めて軽い小型サイズなので、近場のサイクリングで最小限の装備で楽しみたい人におすすめです。

サドルバッグの後方には反射テープでロゴが入っているので、夜間走行の際の安全性確保にもつながります。生地を独自技術で溶着しており全体が完全防水になっている点が大きな特徴です。開口部も止水使用のファスナーを使用しています。

オルトリーブ サドルバッグ M ブラック 1.3L サドルバッグ F96LM

出典: https://www.amazon.co.jp

オルトリーブ社はドイツのメーカーで、特に圧倒的な防水性能のサドルバッグが大人気です。防水機能を唄ったサドルバッグは多くありますが、実際に雨が一切入らないほどの防水仕様は少ないのが実情です。

オルトリーブブランドのサドルバッグは、単なる撥水や防水ではなく徹底的に防水性能を極めた完全防水のサドルバッグなので安心して雨の日でも出かけることができます。

布製品ながら縫製ではなく布を溶接して作っているからこそできる防水性能は、上の動画を見ても分かる通り完璧です。中の衣類などが濡れないようにと自分の体験から創業者が開発した製品だけのことはあります。絶対に中身を濡らしたくない人にはおすすめの人気サドルバッグです。

これは本物です。50km〜長距離ウォーキングに並走するアシスト自転車で使用しています。「防水」と呼ばれるカバンはたくさん購入しましたが、このオルトリーブというメーカーは本当に凄いです。豪雨の中で一番安心して使えるメーカーだと思います。素材や特殊防水ジッパーに完全には頼らないしっかりとした考えで造っている感じです。他メーカーより高価ではありますが「安物買いの銭失い」になりたくない方にお勧めです。

ロードバイクおすすめ人気おしゃれサドルバッグ【中型】

ビーブイ 自転車 サドルバッグ ストラップ式

中型のおすすめ人気サドルバッグで、防水性が高く耐久性に優れた素材を採用しており、防汚性にも優れた製品なので手入れも簡単なサドルバッグです。三種類のサイズから選択ができて、MサイズとLサイズは容量を拡張できる機能まで付いています。

出典: https://www.amazon.co.jp

取り付け簡単なストラップ方式で、工具なしで簡単に装着できます。反射テープとテールタイトハンガー付きなので、夜の自転車走行でも安心して出かけることができます。コンパクト収納で、夜間走行の安全性まで確保したおすすめのサドルバッグです。

思ってた以上に物が入ります。下のチャックを開けばさらにものが入るのもいいですね。デザインも気に入っています。中には芋虫がぶら下がっているようなものもありますが、これはいいですね。縫製も問題なくしっかりした作りになっていると思います。材質もいいので型崩れする心配もありません。走行中もずれたり緩んだりせずしっかり固定されています。

ロータス・テクノロジーギア GINAサドルバッグ-GN01-M

サドルバッグの中でも女性に人気のおしゃれなデザインやカラーのサドルバッグです。自分のロードバイクやウエアの色とコーディネイトしてツーリングをおしゃれに楽しめるアイテムです。機能性だけではなくビジュアル面でも楽しめるアイテムとしておすすめのサドルバッグです。

出典: https://www.amazon.co.jp

撥水加工されたポリウレタン素材の光沢感のあるサドルバッグで、4色から選べるのも嬉しいポイントです。3M社製のリフレクターも装備されており夜間でも安心して走れます。サドルレール固定タイプなので、ワンタッチで脱着が可能な点も女性には嬉しいおすすめのサドルバッグです。

黒色が主流の中でショッキングピンクのサドルバックはこれ以外にはないでしょう。収納力にはあまり期待していませんでしたが交換用チューブ、タイヤレバー、ミニ工具、細いロングワイヤーキーが収納出来予想外の大活躍です。取り付けも問題なくおこなえました。

ブルックス あらゆるサドルに取付可能なバッグ

本革のサドルで有名な人気のブルックスブランドです。ブルックスのサドルと合わせて使うと一番似合っておしゃれです。防水コットンのダブルファスナー仕様となっており多少の雨には問題ありません。3種類のサイズがそろっており、ブルックスの中ではお手頃な価格も人気のおすすめサドルバッグです。

ブルックスのエルゴングリップ、カンビウムに合わせて、サドルバックもブルックスで揃えました。サイズはSです。チェーンロック、タイヤレバー、L型ヘキサゴンレンチ、14インチチューブなど必要最低限の積載能力は小さいながらあります。本革のベルトが、いいアクセントになっています。チャックが少しかたいかな。ちょっとしたポタの時にロックなどの荷物を持たなくで済むので良いと思います。

ロードバイクおすすめ人気おしゃれサイドバッグ【大型】

レベレイトデザイン テラピン 8L

出典: https://www.amazon.co.jp

アメリカのアラスカ州にあるサドルバッグブランド「レベレイトデザイン」の人気モデルです。スノーレースにも耐えられるほどの頑丈な作りが特徴で、どんな環境でも中の荷物を守って安心してツーリングをしたい人におすすめのサドルバッグです。

ベルクロベルトでサドルの下部に専用ハーネスで固定する方式なので、アタッチメント式と同様に簡単に脱着が可能です。8Lサイズという大容量なのに揺れや着脱の手間を心配しなくても良い優れたサドルバッグです。

出典: https://www.amazon.co.jp

本体には防水性と耐摩耗性に優れた素材を使用しており、耐久性に長けており紫外線や海風の当たる場所でも長期間愛用することができるオールシーズン対応の人気のおすすめサドルバッグです。

さらに気圧の変化によってサドルバッグが過度に膨らむとタイヤと接触する恐れがあるので、エアバルブによって調整できるので高低差による気圧の変化にも対応しています。

外装袋から中袋を取り出すのが容易で便利です。また、自転車への取り付けが安定していて、サイクリング中、袋が気になる事はありませんでした。

LSP-tech 自転車サドルバッグ リアバッグ

ロードバイクやクロスバイクによるツーリングの際に急な目に見舞われても荷物を濡らすことのない安心の完全防止タイプの自転車用サドルバッグです。

縫い口に縫い線がないシームレス溶接設計を採用しているため、水滴の侵入を完全に防ぐことができます。付着した汚れも濡れ雑巾などで簡単に拭き取ることができます。

出典: https://www.amazon.co.jp

サドルバッグとしての機能だけでなく、泥除けとしても機能を発揮する優れものです。サドルバッグを使用することでリュックを使わなくても良いので長距離走行時の方への負担を大きく軽減できます。

大容量ながら499gという軽さで、ツーリングに必要な様々な荷物を収納し雨からも守ってくれるおすすめのサドルバッグです。

2泊3日のロングライドの予定が決まり、何か良いバッグはないかと探していました。夏は背中が蒸れるのが嫌でリュックを買う気にはなれませんでした・・・チューブ×2本・マルチツール・サイクルウェア上下×2着と下着が収納できたので、問題なく出発できました。また、2日目は雨模様だったけど、バッグの中に浸水は認められませんでした。

フェアウェザー シートバック

晴天という意味を持つブランド名のファアウェザーの大容量防水モデルのサドルバッグです。ロールトップ方式を採用しており、3Lから6Lまでの容量を自由に調整できます。無駄なスペースを抑えて、自転車走行時の揺れやタイヤとの干渉を防いでくれます。

耐引き裂き性と軽量性に優れたリップストップナイロンを採用しており、撥水性のあるフッ素加工を表面に施したことで汚れにも強い嬉しい仕様となっています。

出典: https://www.amazon.co.jp

更に裏地には防水フィルムをラミネートすることによって浸水を完全に防ぐ設計で、急な案でも中身の荷物は乾いた状態を保てるのが嬉しい性能です。ブランド名の通りにバッグの中は常に晴天を保てるという全天候型のおすすめサドルバッグです。

廉価なサドルバッグが多いなか、多少値段は張りますが質感、容量、車体との一体感は充分満足です。ダンシングの時に揺れるのはサドルバッグでは仕方ないか...

ロードバイクおすすめ人気おしゃれサイドバッグ【防水】

DOPPELGANGER ウォータープルーフサドルバッグ Sサイズ

出典: https://www.amazon.co.jp

ドッペルギャンガーは、ロードバイクやクロスバイクなどの自転車関連やオートバイ関連の用品を扱う人気のブランドです。防水性の高いターポリン生地を採用して作られたサドルバッグは非常に防水性に優れており、雨を気にせずツーリングに出たい人におすすめです。

出典: https://www.amazon.co.jp

アタッチメント不要で簡単に取り付け、取り外しが行えます。突然の雨や路面やタイヤからの水しぶきから荷物を守ってくれる防水仕様のサドルバッグです。

くるくると巻いてバックルで閉じるだけの簡単開閉式のサドルバッグなので、荷物の出し入れも非常に簡単です。ロゴ部分にはリフレクト素材を使用しており、自転車取り付け時の後方からの視認性を高めているので安心して走行できます。

自転車ではなくオートバイの車載工具入れとして使用。250ccバイクの工具を収納するには容量も長さも充分です。普段はサイドバッグの中に入れておいて、ツーリングなど出先で荷物が増えたら外に出しキャリアにベルトで装着するという使い方を想定しています。バッグ本体の作りも頑丈で丁寧といった印象。コストパフォーマンスは高いと言えると思います。

オルトリーブ サドルバッグ F9464

優れた防塵・防水性能を誇るオルトリーブブランドのサドルバッグです。素材を重ねてから溶接する独自技術により完全防水を実現しています。特に曲面の仕上げは世界トップクラスの品質を誇っています。

開口部の浸水を防ぐフラップクロージャーを備えており、密閉性の高いゴムカバーを合わせたタイジップを採用しています。徹底的に浸水を防げるので、サイクリングはもちろんラフティングなどの濡れやすいアクティビティにもおすすめのサドルバッグです。

出典: https://www.yodobashi.com

頑なまでにこだわる「Made in Germany」の最高品質を届けるオルトリーブ製の最高品質の強靭な素材を使用しドイツで製造されたサドルバッグです。

サドルの下に綺麗に収まりフェンダーのないバイクの収納に最適です。ベルクロテープによってシートポストにしっかり固定できるので、完全防水でおしゃれにドイツ製サドルバッグを使いたい人におすすめです。

アールニーゴーマル 防水サドルバッグ

大阪の自転車部品ブランドである「アールニーゴーマル」から発売されている防水性に優れたベルクロベルト式の大容量サドルバッグです。開口部をロールアップするだけで5Lから9Lまでの容量調節が簡単にできるので、荷物量に適したサイズにすることで走行時の揺れを軽減できるメリットがあります。

特殊技術で素材を接合する溶着技術により生地の縫い目をなくして、完全防水を実現しているのが最大の特徴です。サイドのロゴマークは再帰反射性能を持ち車のライトで光るので夜間走行時の安全性も確保されます。

出典: https://www.amazon.co.jp

後方の2か所にベルトループを備えており、クリップ式のテールライトなどを取り付け可能です。また荷物を詰め込んだ時に本体が垂れにくい構造になっておりタイヤとの干渉も抑えられます。

10日間のツーリングに使用。そのうち2日は1日中雨でしたが、水の侵入はありませんでした。また、予想していたよりしっかりと固定され、バックパックの重量を相当軽減することが出来ました。

バッグサポーターで大型サドルバッグを安定させる

出典: https://www.amazon.co.jp

サドルバッグの大容量タイプになると、サドルバッグを取り付けた際にタイヤに当たってしまったり、ペダルを漕ぐとモモにバッグが当たる場合があります。そのような時はバッグをサポートする部品を取り付けることをおすすめします。

キャラダイス クラシックサドルラック

深さ12cmでスチール製のサドルバッグ用のラックです。耐荷重は10kgまで対応しています。サドルループが採用されたサドル用でラックにあらかじめバッグを取り付けてサドルループに引っ掛けて付属のベルトでシートポストに固定させます。

手持ちのブルックス3種類全部に付きました。思ったよりしっかり固定できますね。スワロー、B17インペリアル、フライヤースペシャルの3種類です。車体はロード、ミニベロ、クロスで、どれも雰囲気良さげで満足です。

キャラダイス バッグマンQRエクスペンド

幅19cm、高さ20cmのスチール製のサドルバッグ用のラックです。耐荷重は10kgまで対応しています。サドルレールに取り付けてバッグは左右のスライドで簡単に着脱できます。高級感漂う仕上げがおすすめポイントの人気のバッグサポーターです。

写真で見るよりも、実物は線が太くて強度に不安感はありません。クイックリリース機構は素晴らしい。数秒で取り外しできます。輪行の時も、宿泊先でバッグを部屋に持ち込む時も、うんざりする事はありません。

お気に入りのサドルバッグでロードバイクを楽しもう!

お気に入りのロードバイクやクロスバイクでツーリングに出かける際に荷物の収納に欠かせないのがサドルバッグです。形やサイズ、色やデザインなど様々なタイプがあるので、自分の自転車やウエア、好みに合わせてお気に入りのサドルバッグを見つけて、仲間と共に楽しい自転車ツーリングに出かけましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
コージー65

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ