ティップランエギングでアオリイカを狙う!釣れるテクニックとは

最近流行のティップランエギングという方法でアオリイカを釣る方法について説明します。ティップランエギングのタックルの方法や釣れるテクニックについて細かく紹介します。船でイカ釣りに出かける際は試してほしいティップランエギングを是非ともマスターしましょう。

ティップランエギングでアオリイカを狙う!釣れるテクニックとはのイメージ

目次

  1. 1ティップランエギングとは?
  2. 2ティップランエギングにはボートが必要
  3. 3ティップランエギングのおすすめタックル
  4. 4ティップランエギングでアオリイカを釣る!
  5. 5ティップランエギングに挑戦しよう!

ティップランエギングとは?

出典: https://www.pixabay.com

ティップランエギングとは、ボートや船などの海上からエギを落としてアオリイカを狙う釣り方のことで、人気が高まっている方法です。ティップが竿先、ランが走る、という意味なので、竿先が走った時に合わせを入れて釣る方法です。

アオリイカを釣る時のアタリの取り方がそのままネーミングになり、釣り方として定着してきたと言えます。釣果の報告が上がっている状況からみても、この釣り方はかなり釣れる有効な方法と言って良いでしょう。

ティップランエギングの注意点

出典: https://www.amazon.co.jp

ティップランエギングを行う時の注意点としては、丘釣りでのエギングのようにラインスラッグを弾くようなしゃくり方をしてはいけません。かなり高い確率でロッドのティップにラインが絡みついて折れてしまいます。

ティップランエギングの場合は風でボートが流されるのを使用して釣るため、常に向かい風の状態で釣りをします。ラインスラッグは禁物で、餌木を投入して着底したら巻きながら4~5回しゃくる、そしてラインを張って静止した状態でアタリを待ちます。

出典: https://www.amazon.co.jp

ティップランエギングに使用するロッドの竿先は非常に繊細です。丘釣りで投げるような調子で使用せず、船の上から風上に向かって餌木をちょい投げします。フォールさせる時も必ずアンダーで優しく投げることが大切です。

間違った使い方をすると竿先が何本あっても足りません。後悔先に立たずの諺のとおり慎重に優しく扱うことが一番大切な注意点と言えます。動画などを参考にして、優しく扱いながら挑戦してみてください。

ティップランエギングにはボートが必要

出典: https://www.pixabay.com

ティップランエギングは基本的に海上で行う釣り方です。防潮堤などから投げ釣りをできないことはありませんが、初心者には難しくテクニックも必要になります。ここでは海上でのティップランエギングについて説明しています。

そのため必要となるのがボートです。シーカヤックやフロートボートなどでもティップランエギングで釣ることができます。最近はティップランエギング専用のつり釣り船もあります。

Thumb手漕ぎボートで海釣りする楽しみ方とは?基礎知識から注意点まで徹底解説!
海釣りでおすすめなのが手漕ぎボートです。手漕ぎボートは貸しボート屋で安価に借りることができる...

ティップランエギングのおすすめタックル

出典: https://www.amazon.co.jp

ティップランエギングを行う時に必要となるタックル(道具)について紹介します。手持ちのタックルを利用しても良いですが、アオリイカの微妙なアタリを目で合わせる釣り方なので、専用のタックルを準備することをおすすめします。

タックル①専用ロッド

ティップランエンギング用のタックルとして、まずは専用ロッドが大切です。丘釣りで使用していたエギングロッドでも代用できない訳ではないですが、専用ロッドがあると釣果に直結します。

一般のカーボンロッドは穂先が中空になっているため僅かな跳ね上がりが反応しにくい弱点があります。ティップランエンギングは目で合わせる釣り方なので、ソリッドと呼ばれる芯に材料が詰まっている専用ロッドが適しています。

タックル②リール

ティップランエンギングのタックルとしてトラブルの少ないリールが必要です。ティップランエンギングでは一旦海底まで餌木を落としますが、その途中でブレーキが掛かったり餌木に不自然な動きがあるとアオリイカに警戒されてしまいます。

回転性能が優れたトーナメントスペックの好感度ベアリングが要求されます。特殊な製法によって金属そのものが非常に錆びにくい新技術を採用しており、回転性能と耐久性のどちらも高水準のリールはティップランエンギングに最適です。

タックル③エギ(餌木)

ティップランエンギングのタックルの中でも重要なアイテムが餌木(エギ)です。海域や季節によって当たり餌木が変わるため万能な餌木はありません。何種類かのカラーを準備しておくことが大切です。

数種類ラインナップする時に重要なのが、重さ別に揃えておくことです。通常の餌木とは違って30g以上の重さのものを使いますが、深さに応じて重さを増やすので30~90gの餌木を用意することをおすすめします。

タックル④穂先カバー

ティップランエンギングのタックルとして忘れてはいけないのが穂先カバーです。穂先が詰まったソリッドタイプを使用するティップランエンギングのロッドは、折れやすいという弱点があります。

釣りの最中に破損することもあれば、移動中に折れてしまうという最悪のケースも起こります。ティップガードカバーを使用すれば竿先を守ることができ、ロッドベルトを使用して簡単に確実に固定することができます。

ティップランエギングの小物

出典: https://www.amazon.co.jp

ティップランエギングに必要な小物として、スナップを紹介します。これも必需品と考えて準備されることをおすすめします。スナップを掴んで1回転ひねるだけで簡単に脱着ができます。

スリム形状のスナップで、しゃくりアクションがダイレクトに餌木へ伝達されます。驚異の回転力を持ったローリング付きの餌木用スナップです。価格も求めやすいお手頃価格で信頼のダイワブランドを購入できます。

Thumb釣りをする時の超便利グッズ8選!おすすめの便利アイテムを厳選紹介!
釣りには、ロッド、リール、ルアーなどの必需品以外にも、あると重宝する便利グッズががあります。...

ティップランエギングでアオリイカを釣る!

アオリイカの習性を知る

出典: https://www.pixabay.com

まずはターゲットであるアオリイカの習性について知っておくことが大切です。日本の沿岸に生息する以下の中では大型の部類になるツツイカ系のイカです。胴長は40cmほどになり大きいものでは胴長50cm、3kgを越えます。

春に岸寄りの藻場で生まれたアオリイカは、岸近くで小魚などを食べながら夏を越す頃に300~600gまで育ちます。秋から冬にかけて水温が下がるとイカは水温が安定する深場へ移動します。ティップランエギングはこの時期に好適期を迎えます。

アオリイカの釣り方①基本

出典: https://www.pixabay.com

ティップランエンギングによるアオリイカの釣り方について簡単に説明します。リールはフリーの状態にして速やかに海底に落ちていくようにします。海底に餌木が着くと、それまで出ていたラインが止まるか緩むので分かります。

この釣りでは海底が釣りの基準点になるため、餌木の着底を把握することが非常に大切です。あまり重い餌木を使うよりも、着底が分かるギリギリの重さにした方が餌木が自然に漂うのでイカの反応が良くなります。

出典: https://www.pixabay.com

初心者の方は餌木の重さを船長に確認することをおすすめします。流れがある場合は少し重さを上げて、必ず餌木が海底に着くようにします。

餌木が着底したら素早くリールのベールを返してロッドをしゃくり上げて底を切ります。海底に餌木を着けたままでは岩などに引っ掛けてしまうため、すぐにしゃくり上げることがポイントです。

アオリイカの釣り方②シャクリ&ステイ

出典: https://www.pixabay.com

着底後のしゃくりで底を切ったら、いよいよイカに対して誘いをスタートします。リール付近を軸に30~45度位の幅で餌木の重みを感じながら素早く3,4回連続して竿先を上下させます。

しゃくりは餌木を上に跳ね上げる動作のことで、竿を動かすと同時にリールも巻きます。数回しゃくり上げた後は、ロッドを海面と平行か少し持ち上げた状態で止めてステイさせます。竿をふら付かせないことが非常に大切です。

動画を参考に!

ティップランエギングのアタリの状況を動画で確認できます。竿を動かし方やしゃくりの幅や強さなど細かな動きを確認できるので、初心者の方は特に動画を確認してイメージトレーニングを行ってから実際の海に出てください。

アオリイカの釣り方③イカとのやりとり

出典: https://www.pixabay.com

ティップランエギングでのイカとのやり取りは、リールをゆっくりと巻きながら行うことが基本となります。早く巻き取ろうとすると水の抵抗が強くなりすぎて、身切れを起こしてしまうことがあるので注意が必要です。

使用するラインが細いのでドラグも活用しながらゆっくりと丁寧なやり取りを心掛けてください。水面までイカが浮いてきたら、ランディングネットを使ってすくい確実に取り込んでください。

釣ったアオリイカの美味しい食べ方

ティップランエンギングで釣り上げたアオリイカを食べる美味しい食べ方を紹介します。特におすすめは黄身醤油で刺身で食べる食べ方です。切った刺身に卵黄を落として醤油と混ぜても良いですし、黄身醤油を作っても良いでしょう。

もう一つのおすすめの食べ方は、大きいアオリイカの表も裏も薄皮を剥いでから刺身にする方法です。新鮮なアオリイカを抜群の柔らかさで堪能することができます。釣りの醍醐味を是非船上で味わってください。

ティップランエギングに挑戦しよう!

出典: https://www.pixabay.com

船に乗って海に出てアオリイカを釣り上げるティップランエンギングは、初心者の方でも手軽に始めることができるおすすめの釣り方です。誘い出して釣るというゲーム性もあり、一度体験した人は癖になると言われています。

自分で釣ったアオリイカをその場で調理して刺身で食べる楽しみを、ティップランエンギングによって実現できます。様々なタックルや小物を準備して船で海に出かけましょう。

その他の関連記事はこちらから

Thumb釣り餌「オキアミ」ってエビなの?オキアミの人気の理由と釣れる魚とは
釣り餌で人気のオキアミ、主に撒き餌や刺し餌に使われますが、実はオキアミには栄養がたくさん含ま...
Thumb大磯港の釣り場がすごい!釣れるポイントを徹底解説!
ファミリーからベテランまで楽しめる「大磯港」の釣り場情報をお届けします。大磯港は多くの漁船が...
Thumbブラクリ釣りがアツい!釣り方と使い方をマスターして根魚を狙おう!
近年は女性にも人気が高まっている釣りですが、カサゴやソイ、アイナメなどの根魚釣りに最適なのが...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
コージー65

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ