絶品の魚!コロダイの釣り方とは?おすすめの食べ方もご紹介!

コロダイは、「タイ」と付いていますが高級魚イサキの仲間の魚です。あまりメジャーではない魚ですが、味は絶品です。そんなコロダイの特徴や、よく似た近縁種との見分け方、生態、釣り方のコツ美味しい食べ方のレシピまで、詳しくご紹介いたします。

絶品の魚!コロダイの釣り方とは?おすすめの食べ方もご紹介!のイメージ

目次

  1. 1コロダイとはどんな魚?
  2. 2コロダイの生態について
  3. 3コロダイの釣り方のコツ
  4. 4コロダイの美味しい食べ方レシピ
  5. 5釣って楽しく食べておいしいコロダイ

コロダイとはどんな魚?

コロダイは、本州中部以南の浅海の岩礁域やサンゴ礁域、砂底に生息しています。よく似た「コショウダイ」より南方よりの魚になります。磯釣りでは外道扱いですが、近年投げ釣りのターゲットとして、そのパワフルな引きが魅力で、人気が出てきています。

イサキ科の魚ですが、成魚になると、鯛のような顔つきに平たい体系へと変化していきます。

魚類や甲殻類を食べる肉食性で、分厚い唇でエサを吸い込んで捕食します。成魚になるまでは日中に活動しますが、成魚になると夜行性になり、昼間は石や岩の間で休んでいることが多くなります。

コロダイは出世魚で、「メンダコ」→「シマカイグレ」→「ミッチャカイグレ」→「コロダイ」と名前が変わっていきます。また沖縄では「クレーミーバイ」と地域特有の名前で呼ばれています。

幼魚から成魚になるにつれて、模様に大きな変化が見られるのがコロダイの特徴です。

分類 スズキ目イサキ科コロダイ属
別名 コロ、イソコロ、シマイッサキ、カイグレ、コタイなど
英名 Painted sweetlips
名前の由来 和歌山ではウリボウ(猪の子供)のことを「コロ」と呼びます。このウリボウの体の模様と、コロダイの稚魚の模様が似ていたため、「コロダイ(胡廬鯛)」となったと言われています。

コショウダイとの違い

コロダイは、幼魚の頃は同じ魚と思えないほどの鮮やかな模様が入っています。可愛らしい筋模様で熱帯魚ほどの大きさなので、ダイバーに人気があります。しかし成長と共に模様は斑点になっていき、やがてその斑点も消えてなくなります。

この斑点が出ている頃のコロダイがコショウダイと非常によく似ています。コショウダイは同じイサキ科のコショウダイ属です。名前に付いているようにコショウのような黒い斑点がある魚です。サイズも生態も味もコロダイとよく似ています。

そんな2種を見分ける特徴は、コショウダイには体全体に太い斜めの縞模様がありますが、コロダイにはないことです。ただし、コショウダイも成長するにつれ斜めの縞模様が薄くなりますし、鮮度が落ちても模様が分かり辛くなります。

もう一つは頭の斑紋で、コロダイは頭に黄色い斑紋があるのに対し、コショウダイにはありません。しかし、この斑紋もコショウダイの縞模様と同じで、コロダイが成長するほどに薄く消えていきます。

コロダイの味や値段は?

コロダイは全長80cm程まで大きくなる海水魚です。大型のものだと、身にも厚みがあるので、頭や尾びれを残しても、過食部分が多くあります。また、体が大きくなるほど絶品の味に身が成熟していきます。

中途半端な大きさのコロダイは味が薄く旨味も少ないと言われています。大きさで味が変わることと、水揚げ量が少ないことから、値段は仲間に当たる高級魚のイサキよりは、かなり安価です。

沖縄では鮮魚で刺身用(神経抜きや、活き締め)のものは、高値が付いていることもありますが、だいたい1Kgで1000円、高くても2000~3000円程度です。イサキだと、3000円を下らないので、それを考えるとやはり安価です。

コロダイの生態について

コロダイが生息している地域

コロダイは温暖な海域を好むため、本州以南に生息する魚です。北海道では、ほぼ見ることが出来ません。日本での主な漁獲は中部地方から西日本、九州、沖縄などのサンゴがある海域で、鮮やかな熱帯魚たちと一緒に生息しています。

コロダイの生態の特徴として、浅い海域の岩礁などに隠れて棲む習性があります。イサキ科の魚は船で沖まで出ないと釣れないのですが、コロダイはこの習性から、防波堤など陸からでも手軽に狙える魚として釣り人から人気があります。

コロダイの食性は?

コロダイは、甲殻類やゴカイ類、小魚などを捕食する肉食性の魚です。

コロダイの釣り方のコツ

コロダイの釣り方①釣れる時期

コロダイを砂浜から狙える時期は、6月から12月頃までです。特に夏場の釣果報告が多いですが、秋が深まってきた頃の方が、魚体が大きくなります。

浅い岩礁やサンゴ礁などを好んで棲む魚なので、岩礁帯の絡む砂浜や防波堤、地磯からでも釣れる魚です。

コロダイの釣り方②釣りエサ

コロダイを釣る時のエサの定番はイソメやユムシですが、イカの短冊や中エビも効果的です。大型になると魚食性も強くなってくるので、魚の切り身でも釣り上げることが可能です。

また甲殻類を捕食することから、岩ガニ、砂ガニなどもエサにでき、現地調達も可能です。釣り場によって、エサの当たりは変わるので、様々なエサを試してみてください。

コロダイの釣り方③夜間が釣りやすい

コロダイは成長するに従って夜行性へと移行していきます。したがって魚体の大きいコロダイを狙うなら、夜間が狙い目です。特に夏場の夕方から夜間にかけては、昼間岩礁などで休んでいたコロダイが、エサを求めて水深1m程の浅瀬まで入り込んできます。

コロダイの釣りは基本的に「待ち」の釣りになります。1本は遠投、1本はブッコミ釣りで近場を探るのも、コロダイを釣り上げる確率を上げてくれます。

コロダイの釣り方④ブッコミ釣りがおすすめ

コロダイの釣り方は、浜からの投げ釣りが主流です。砂地の底付近に生息していて、そこでゴカイやイソメを捕食している魚を狙うには、重り付きの天秤を使用して、根魚を探す、いわゆる「ブッコミ釣り」が一番適した釣り方になります。

サイズ 15号
アーム長 約135mm
線径 約1.4mm
タイプ 遊動
釣り方、フィールド 投げ釣り

コロダイの釣り方⑤アタリがあった時の対処の仕方

コロダイを釣る時は、根を狙う必要があるので、アタリが来たら躊躇せずに一気に巻き上げることが重要です。水底の岩礁帯などに生息する魚たちは、油断すると仕掛けごと岩礁域を無茶苦茶に泳ぎ回ります。

結果、仕掛けが根がかりして逃げられるので、逃げる前に釣り上げましょう。ためらうと、エサだけでなく仕掛けまでもっていかれます。

しかしコロダイ釣りの魅力は、このパワータックルでの強引なやり取りにあります。パワフルな引きに対しては、強いタックル・仕掛けで対応しましょう。

Thumb初心者の為のシーバスの釣り方講座!釣り方のコツとおすすめアイテムとは
シーバスは、日本全国の海に生息しており、都市付近でも容易に釣りのターゲットに出来ます。大型の...

コロダイの美味しい食べ方レシピ

食べ方①湯引きをした刺身

コロダイの一番メジャーな食べ方は刺身です。コロダイの刺身は透明感のある締まった白身で、血合いが薄いピンク色なのが特徴です。ほんのり甘みがあり、上品な味が楽しめます。

また湯引きにすると、皮の味わいが絶品になり、お酒との相性も抜群です。湯引きは刺身のレシピの一つでもあります。柵のまま湯にざっと通すか、ザルやまな板に載せ、上から熱湯をかけた後、すぐに氷水に放ちます。

柵にする前の状態で軽く塩をかけてからさらしを被せ、上から熱湯をサッとかけ、氷水に放してから水気を拭き取り、それから刺身にする方法もあります。

食べ方②手軽な塩焼き

コロダイはイサキ科の魚なので、塩焼との相性は抜群です。身がしっかりと締まっているので食べ応えもあり、大きなコロダイなら、カマ焼きもおすすめです。

コロダイのあらの部位を塩で焼き上げたものは絶品の味わいなので大きなコロダイを手に入れたなら、絶対に食すべきです。

塩を振ってグリルで焼くだけで、美味しくいただけます。もしも家に七輪があるのなら、そちらで焼くと更に美味しくいただけます。焼く時のポイントは少しだけ焦がすことです。

特にあらの部位はほほ肉がぷりぷりに脂がのっていて美味しいので、ほほ肉は適度に火を通し、その周囲は焼き目がつくほどこんがり焼きます。

ご飯にも合いますが、酒のおつまみに極上の一品となります。大型で形の良いコロダイを手に入れた際は、ぜひ試してみてください。

食べ方③おしゃれなカルパッチョ

少し趣向を変えた食べ方としては、カルパッチョがおすすめです。カルパッチョは刺身をアレンジした料理で、オリーブオイル等と薬味を混ぜ込んだタレで刺身を和えて完成させます。

タレが洋風になっただけで一気におしゃれな見た目になり、黒コショウ等を加えれば、刺身が苦手な方も食べやすくなります。

盛り付けを華やかにすれば、パーティー料理として、テーブルを彩ってくれます。

カルパッチョのタレは、オリーブオイルと酢を5:5で混ぜ合わせ、そこに黒コショウやバルサミコ酢を好みで加えます。

このレシピは、チーズやワインとの相性も抜群なので、刺身や焼き魚、煮魚でしかコロダイを食べたことがなかった方に、驚きの美味しさをお届けできるはずです。

Thumbエソが嫌われる理由とは?実は美味しく食べられちゃうレシピとは
エソという魚を釣った事、又は見た事はあるでしょうか?釣りをする中ではハズレの様な扱いをされ、...

釣って楽しく食べておいしいコロダイ

コロダイは高級魚のイサキ並みに美味しい上に、陸釣りで釣れる魚です。

釣りの楽しみもさることながら、食べる楽しみも味わえるコロダイは、最強の魚と言えるでしょう。一度、自分で釣り上げたコロダイを料理して食べてみたら、その魅力にはまってしまうかもしれません。

その他の関連記事はこちらから

Thumbヘチ釣りの極意とは?ヘチ釣りの仕掛けや釣り方を徹底解説!
ヘチ釣りは防波堤などのふちからエサを落とし込む釣りの方法で、主にクロダイがターゲットです。道...
Thumb栄養豊富なオイルサーディンとは?おすすめの食べ方レシピをご紹介!
缶詰のオイルサーディンをご存知ですか。ここでは、オイルサーディンの原料から、豊富に含まれてい...
Thumb無水カレーの作り方が知りたい!美味しい人気簡単レシピをご紹介 !
キャンプでカレー作りは定番ですが、コクがあって美味しいと、最近評判の無水カレーの作り方はご存...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
櫻 樹
神社巡りと刀剣鑑賞、カフェ巡りが好きなアニメ・ゲーム・2.5次元ヲタクです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ