ウキ釣りはシモリ玉必須!なぜ必要なのか?その役割を徹底解説!

海でのウキ釣りをする時の必需品とも言えるシモリ玉についてまとめました。シモリ玉の種類や役割を知った上で、釣りの種類に応じてシモリ玉を上手に活用する方法を詳しくご紹介します。シモリ玉を上手に使って釣りの上級者を目指しましょう。

ウキ釣りはシモリ玉必須!なぜ必要なのか?その役割を徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1シモリ玉とは?
  2. 2シモリ玉の種類
  3. 3シモリ玉のストッパーの役割
  4. 4シモリ玉のウキの役割
  5. 5シモリ玉を工夫して活用する付け方
  6. 6シモリ玉は釣果を上げる必須アイテム!

シモリ玉とは?

出典: https://www.amazon.co.jp

シモリ玉はシモリウキとも呼ばれるもので、主に海でウキ釣りをする時の仕掛けで使われる釣り具の名前です。丸形や楕円型などの形があり、狙う魚の種類や仕掛けの種類によって使い分けたりします。

フカセ釣りなどでシモリ玉を使う場合は、付け方としてはウキ止めとウキの間にセットすることが一般的です。シモリ玉の穴は先細りになったテーパーと呼ばれる構造で、穴の小さい方をウキ止め側にセットして止めることができます。

シモリ玉の種類

出典: https://www.amazon.co.jp

釣りの仕掛けを作る時に重宝するシモリ玉は、アイデア一つで様々な目的に使用することができます。狙う魚や仕掛けの種類などによって、大きさや形、カラーも数多くの種類から適したものを選ぶことをおすすめします。

これからシモリ玉の分類をそれぞれの項目に分けて詳しく説明します。それぞれの特徴を把握しておけば、釣りの目的に応じてどんなシモリ玉が適しているのかを上手に選ぶことができます。

シモリ玉の種類①大きさ

出典: https://www.amazon.co.jp

シモリ玉の大きさは様々な種類がありますが、主にSS、S、M、Lのサイズに分けることができます。それぞれのサイズの違いは、使用する釣りの仕掛けのライン(糸)の太さによって決まってきます。

メーカーによって少しづつ差があるものの、SSは0.8~2号、Sは2~4号、Mは3~5号、Lは5~7号に合ったサイズです。また使用するシモリ玉は玉自体がウキの穴径よりも大きな玉にしなければウキが止まらなくなってしまいます。

出典: https://www.amazon.co.jp

シモリ玉の大きさを選ぶ時のポイントとして、竿のガイド径よりも大きい玉を選ぶことが重要です。竿のガイド径よりも小さいものを選ぶと、シモリ玉が竿のガイド部に入り込んでしまいます。

ガイドに入り込んでしまうと、竿を投げる時にライントラブルになりやすいので要注意です。ガイドの中にシモリ玉が入っていかないように、必ずガイド径よりも大きなシモリ玉を選んで使用してください。

シモリ玉の種類②形状

出典: https://www.amazon.co.jp

シモリ玉の形状による種類分けとしては、使用するウキの種類によって適合するシモリ玉が変わります。例えば棒ウキの場合は丸形、円錐ウキの場合は半円型が適しています。

丸形のシモリ玉はウキ釣りの基本と言えます。様々なウキに万能で適合する最も主流のシモリ玉です。初心者の方や特に拘りのない方は、丸形のシモリ玉を使用すれば問題はありません。

出典: https://www.amazon.co.jp

ダイヤ型のシモリ玉は基本的に丸形と一緒ではありますが、転がって無くなりにくいというメリットがあります。半円型のシモリ玉はウキのヘッドにジャストフィットするシモリ玉です。

フカセ釣りなどの円錐ウキを使用する場合には、半円型のシモリ玉が適しています。特に釣研から販売されている半円シモリは、ラインを切らなくても着脱ができるように割溝が設けてあり便利に使えます。

シモリ玉の種類③色

出典: https://www.amazon.co.jp

シモリ玉には様々なカラーの物が色とりどりに揃っています。魚に色の区別がどこまでできているのかは解明されていませんが、人間よりは細かい色の識別ができていると言われています。

魚の目は角度によって見る物の色を識別しているようです。深海魚などは盲目の魚なので当てはまりませんが、目立つ色のシモリ玉はある程度魚にも見分けがついているそうです。目立つ色のシモリ玉は、波間に浮かんでいてもアタリに気が付きやすいメリットもあります。

シモリ玉のストッパーの役割

出典: https://www.amazon.co.jp

シモリ玉は釣りをする時の必需品ですが、ウキや錘のようにメジャーではありません。しかし必須の小道具なので幾つかの種類を常備しておく必要があります。その役割としては、ウキを装着する時のストッパーの役割があります。

ウキとウキ止めの間にシモリ玉を入れてウキが抜けてしまわないように固定する役割を果たします。基本的な付け方は、ラインからウキ止め、シモリ玉、ウキスイベル、サルカンの順番で道糸を通すのが一般的です。

円錐ウキ仕掛けでの使い方

円錐ウキ仕掛けやカゴ仕掛けで使うシモリ玉は、ウキ止めの役割を果たしてくれます。仕掛けの錘が狙った海底の層に届いて、シモリ玉が円錐ウキの頭にかかった時にウキに負荷が掛かります。その状態でアタリを狙う使い方です。

デュエルのヨーズリスーパーシモリ玉は、蛍光視認色を採用しており、夜でも目立ちやすい特徴があります。また転がり防止の48面カットで紛失防止にもなります。

シモリ玉のウキの役割

出典: https://www.amazon.co.jp

シモリ玉の役割としてウキの役割もあります。海タナゴやサヨリなどの繊細なアタリを逃しにくいのがシモリウキ仕掛けです。小粒の玉ウキを5個程度使います。

晴天の天気や昼間にウキが見やすいオレンジ系、曇天時にはイエロー系が遠くからも見やすいのでおすすめです。シモリウキは5~6cm間隔で4~5個セットするのが基本的な使い方です。

シモリウキ仕掛けでの使い方

シモリウキを使った仕掛けで釣りをすると、水中に引き込まれる際のアタリが分かりやすいだけでなく、食い上げるアタリも明確に感じとることができます。ウキとしても錘としても両方の役割を果たせるアイテムなので便利に使うことができます。

繊細なアタリのチェックをより分かりやすくするためには、5個程度あるシモリウキの内で2~3個が沈むようにセッティングをすることをおすすめします。そうするとウキの部分と沈む部分のバランスが丁度よくなりアタリを敏感にキャッチできるようになります。

動画を参考に!シモリ玉でエサをフロートさせる

シモリ玉を使用することでエサを浮かせることができる様子を実際に動画で見せてくれます。シモリ玉のウキとしての役割が思った以上に大きいことが一目で確認できます。

シモリ玉の取り付け方も動画を見ると参考になります。初心者の方も実際の釣りに出かける前にこの動画を確認して、シモリ玉の使い方をマスターしてから出かけることをおすすめします。

Thumb飛ばしウキとは?種類から使い方まで詳しく解説!
フロートリグとも呼ばれる飛ばしウキは、マアジを釣るアジングやメバルを狙うメバリングなどのルア...

シモリ玉を工夫して活用する付け方

出典: https://www.amazon.co.jp

シモリ玉はウキ止めやウキとしての役割だけではなく、様々な工夫をして釣りの楽しみを広げてくれる可能性を秘めたアイテムです。水に浮く特性を活かして、アイデア次第で色々と活用することができます。

その中の4つの使い方について、便利に使う方法を詳しく紹介します。この他にも釣りを楽しむ方の使い方次第で色々と活用できる幅広い釣りのアイテムなので、これらの活用方法を参考に自分で使い方や付け方を考えるのも楽しいでしょう。

活用方法①投げ釣り

出典: https://www.pixabay.com

投げ釣りをする時に根掛かりが多い場所では、シモリ玉を取り付けてウキの役目も兼用させることで根掛かりを減らすことができます。手軽に購入できる価格なので、何個か付けてみて丁度良い深さに調整するにも便利に使えます。

付け方はジェット天秤と針の間にシモリ玉を付けるだけの簡単な方法です。シモリ玉がフロートの役割を果たしてくれるので、針が海底に着かないように丁度良く浮かび、根掛かりの軽減に効果を発揮します。

活用方法②テキサスリグ

出典: https://www.amazon.co.jp

クロー系のワームを使用して釣りをする時にシモリ玉を使用すると、フロートの役割を果たしてくれます。シモリ玉を効果的に使う方法として、意外と知られていないおすすめの使い方です。

活用方法③竿の先端ガイドの接触防止

出典: https://www.amazon.co.jp

一般的なウキ釣りではなく、投げ釣りで天秤仕掛けを使用して釣りを行う「ぶっこみ釣り」と呼ばれる釣りを行う時にシモリ玉が活躍してくれます。通常の使い方で巻き上げると、天秤が先端のガイドに接触することがあります。

ガイドの接触を防いで傷を付けないようにするために、シモリ玉をその間に入れてみましょう。接触を防止して先端ガイドを守ってくれます。小さな釣りアイテムが縁の下の力持ちとして効果を発揮する、シモリ玉の意外な使い方です。

活用方法④ハリスを浮かせる

出典: https://www.amazon.co.jp

投げ釣りをする際には天秤の下に付けるハリスを、シモリ玉を使うことによって浮かせることができます。シモリ玉のフロート効果によって魚に対してエサをアピールすることができます。

またエサの重さによってハリスが海底に沈んでしまうことを防止して、根掛かりの軽減にも一役買ってくれるシモリ玉です。その他にも釣り人のアイデア一つで様々な使い方ができ、釣りを便利に快適にサポートしてくれます。

Thumb渓流釣りにはテンカラ釣りがおすすめ!初心者にも簡単な基礎知識を徹底解説!
日本に古くから伝わる伝統的なルアーフィッシングの「テンカラ釣り」は渓流釣りにおすすめです。テ...

シモリ玉は釣果を上げる必須アイテム!

出典: https://www.amazon.co.jp

シモリ玉はカラフルな色合いですが小さく、すぐになくなってしまいそうな釣りのアイテムです。しかしシモリ玉を使うことによる効果は様々で、釣果を上げるためには無くてはならない必需品と言えます。

釣りの仕掛けや狙う獲物に応じて、最適な形やサイズを選び使ってみて下さい。ストッパーとしても使い方だけでなく、ウキとしての役割や根掛かりを軽減する効果など使い方次第で釣りの楽しみが広がるシモリ玉を活用してみましょう。

その他の関連記事はこちらから

Thumb氷上ワカサギ釣りにおすすめのテント9選!種類や選び方も徹底解説!
ワカサギ釣りのシーズンは冬のため、防寒できるワカサギテントが欠かせません。快適にワカサギ釣り...
Thumbヘチ釣りの極意とは?ヘチ釣りの仕掛けや釣り方を徹底解説!
ヘチ釣りは防波堤などのふちからエサを落とし込む釣りの方法で、主にクロダイがターゲットです。道...
Thumb

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
コージー65

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ