マウンテンバイクおすすめランキング9!初心者に人気のモデルをご紹介!

街中や山道も走ることができるマウンテンバイク。通勤や通学にもおすすめで見た目のかっこよさだけでなく、走行時の安定性や運動性なども高くなっています。マウンテンバイクの基本的な知識や初心者でも分かる選び方をご紹介します。おすすめマウンテンバイクも要チェックです。

マウンテンバイクおすすめランキング9!初心者に人気のモデルをご紹介!のイメージ

目次

  1. 1マウンテンバイク基礎知識
  2. 2初心者のマウンテンバイクの選び方
  3. 3マウンテンバイクおすすめ人気ランキング【7-9位】
  4. 4マウンテンバイクおすすめ人気ランキング【4-7位】
  5. 5マウンテンバイクおすすめ人気ランキング【1-3位】
  6. 6安いものから高いものまで好みに合ったマウンテンバイクを選ぼう!

マウンテンバイク基礎知識

砂利や石などの多い未舗装の悪路から通勤・通学などのタウンユースにもおすすめの自転車・マウンテンバイク。欲しいと思っていてもマウンテンバイクがどんなものなのか、選び方がわからないことも。

マウンテンバイクはクロスバイクなどのスポーツバイクと比較しても異なる箇所があります。マウンテンバイクの基礎知識を理解しておすすめマウンテンバイクを探してみましょう。

マウンテンバイクとは?

マウンテンバイクを購入する前に、まずマウンテンバイクがどんな自転車なのか理解することで選び方の幅も広がります。マウンテンバイクの特徴として高い耐久性と優れた振動吸収性が挙げられます。

さらにアルミフレームによる軽量化や乗車姿勢の自由度も高く、自転車を使うシーンによって色々なタイプのマウンテンバイクを選択することが可能です。初心者にも分かりやすいおすすめのマウンテンバイクは、走る道によっても選び方が異なります。

マウンテンバイクは山道を走る自転車でもあるので、走行中でも疲労感が軽減できる構造になっています。同じようなスポーツ用自転車であるクロスバイクと比較してもタイヤ幅が太く、空気の充填量が多いために軽い乗り心地が特徴的なオフロードにもおすすめの自転車です。

また、マウンテンバイクは舗装路や悪路に対応できるように幅広いギヤチェンジが搭載されているものや操作性重視でハンドルがストレートタイプになっているものが多め。軽快に入る自転車ならマウンテンバイクもおすすめできます。
 

マウンテンバイクのタイプ

マウンテンバイクにはさまざまなタイプがあります。マウンテンバイクのタイプは振動吸収性能に繋がるパーツ、サスペンションが関係してきます。

マウンテンバイクのタイプはサスペンションが付いていないリジット、フロント(前側)にサスペンションがあるハードテイル、前後両方にサスペンションがあるフルサスペンションの3タイプ。

マウンテンバイク初心者にはあまり関係ありませんが、競技用のマウンテンバイクであればクロスカントリーやダウンヒルなど競技種別で使い分けるタイプがおすすめになります。

タウンユースや一般的な自転車としてマウンテンバイクを使うのであれば、サスペンション別に選ぶのがおすすめです。近年マウンテンバイクは初心者にもおすすめできるように、オンロード・オフロード両方に対応したものも増えています。

初心者のマウンテンバイクの選び方

マウンテンバイク初心者が購入するときの選び方は人気ランキングのおすすめを参考にしたり安いだけではなく、色々な方向に目を向けて選ばなければなりません。人気ランキングのおすすめを見ても乗る人によって合う・合わないがあります。

初心者のマウンテンバイクの選び方のポイントは4つ。それぞれのポイントをおさえつつ気に入ったものを探して、たくさんのメーカーからマウンテンバイクを選ぶときの参考にしてみてください。マウンテンバイクを専門に扱うショップではスタッフのおすすめも視野に入れましょう。

選び方①目的に合ったもの

マウンテンバイクは舗装路と悪路、どちらにも対応できる自転車好きにおすすめのマシーンです。そのため選び方は使うシチュエーション、タウンユースやスポーツバイクなど目的にあったものを選ぶことをおすすめします。

街中で通常の自転車同様に使う場合はメーカーのエントリーモデルがおすすめ。高性能であっても安いマウンテンバイクが揃っています。もちろんエントリーモデル以外にもおすすめのマウンテンバイクはたくさんあります。

街中だけでなく、サイクリングやツーリングキャンプなど、未舗装の道でも使う場合はオフロードに合ったマウンテンバイクを選ぶのがおすすめです。

マウンテンバイクは通常の自転車よりも性能が高く、乗りやすい分それなりの価格になっています。安いマウンテンバイクは悪路や悪天候に対応していない、おすすめできない場合もあるので注意してください。

マウンテンバイク初心者でもヒルクライムやダウンヒルに挑戦するのであれば、競技用に見合ったスペックのマウンテンバイクを選ばなければなりません。高スペックのマウンテンバイクは価格も上がり、20万前後になることも珍しくありません。

通勤や通学など街中でマウンテンバイクを走らせるならそこまで高価なものではなく、安いマウンテンバイクでも十分すぎるほど。環境によっておすすめマウンテンバイクの選ぶポイントが変わるので、目的別に探しましょう。

選び方②タイヤの種類

初心者のマウンテンバイクの選び方ではタイヤの種類にも注目。マウンテンバイクはタイヤにも特徴があり、その種類は大きく分けて4つ。タイヤの表面に凹凸がありグリップ力が強いブロックタイヤはオフロードに特化したもので、オンロードにはあまりおすすめできません。

オフロードとオンロード、バランス良く走るならブロックタイヤよりもスピードが出るセンターリッジタイヤがおすすめ。タイヤと地面の接地面が少ないのでぬかるみのある道は苦手となっています。道路や地面でおすすめマウンテンバイクのタイヤ仕様が異なります。

マウンテンバイクを街乗り用にしたスリックタイヤは、ブロックタイヤやセンターリッジタイヤとは異なり凹凸が少なめになっています。スリックタイヤは一般的な自転車のタイヤに近く、なめらかな加速と安定感のある走行ができます。

街乗りにおすすめのスリックタイヤは段差や石が多い悪路ではパンクしやすいためおすすめできません。ブロックタイヤとスリックタイヤの良いとこ取りしたようなタイヤがセミスリックタイヤです。

セミスリックタイヤはタイヤ中央にブロックがなく、サイドがデコボコしています。セミスリックタイヤはスタート時に軽く、安定したスピードと走行ができるようになっています。

普段は舗装路だけど、たまに未舗装の道を走るならセミスリックタイヤがおすすめです。マウンテンバイク初心者におすすめの選び方は走行する場所によって決めるといいでしょう。

選び方③ホイールサイズ

マウンテンバイクの選び方はホイールサイズをチェックするのもおすすめです。初めてマウンテンバイクに乗るときはホイールのサイズが自分に合ったものを選ぶほうが乗り心地がよくなります。普通の自転車でも、大人と子どもではホイールサイズが異なるもの。

マウンテンバイクのホイールは以前までなら26インチのサイズが主流でした。しかし現在では29インチのホイールもあり、マウンテンバイクのホイールサイズは主に26、27.5、29インチの3タイプになります。

26インチと27.5インチ、29インチの違いは大きさもありますが、スピード性や走破性が異なってきます。29インチであればホイールサイズが大きいので障害を乗り越えるための走破性が優秀、加速性も高くなっています。

しかし大きければ良い、というものではなくコーナリングが多い道をよく走る、小柄な人であれば26や27.5インチがおすすめです。

選び方④サスペンション

マウンテンバイクが持つ優れた振動吸収性、これは自転車パーツのひとつであるサスペンションが関係してきます。特に悪路を得意とするマウンテンバイクは強度なサスペンションが搭載されている場合がほとんどです。

サスペンションにもサイズがあり、可動範囲が大きくなれば振動吸収性が高く、そして重くなっていきます。舗装路を走ることを前提とした一般的な自転車はサスペンションが小さめになっています。

マウンテンバイクのサスペンションの種類は前方に装着されたフロントサスペンションと後方にあるリアサスペンション、サドルしたにあるシートポストサスペンションの3種類。

さらにフロントサスペンションのマウンテンバイクをハードテイルタイプ、フロント・リアの両方にサスペンションを搭載しているものをフルサスタイプと呼び、マウンテンバイクのサスペンションの選び方は2タイプになります。

フロントサスペンションは前輪への振動吸収性を上げ、ハンドルのコントロール力がアップします。反対にリアサスペンションはお尻への振動吸収性がアップ、全身への衝撃を軽減してくれます。

シートポストサスペンションはリアサスペンションと同じ効果があり、マウンテンバイク初心者によくあるお尻の痛みを軽減できるのでおすすめです。サスペンションがないリジットタイプもありますが、マウンテンバイクのリジットは少し特徴的な自転車なのでマウンテンバイク初心者にはおすすめできません。

選び方⑤ブレーキングシステム

マウンテンバイクのブレーキングシステムは一般的な自転車とは異なり、小さい力でもしっかりブレーキできるようにディスクブレーキを採用しています。そのため急な下り坂が多い場所などにもおすすめ。

マウンテンバイクのブレーキングシステムはVブレーキと機械(ワイヤー)式ディスクブレーキ、油圧式ディスクブレーキの3種類があります。Vブレーキはシンプルで軽量、故障が少ないタイプなので安いマウンテンバイクに採用されていることが多め。

マウンテンバイクを街乗り、舗装路だけに使う場合や雨の日には乗らない人はVブレーキでも十分おすすめできます。ブレーキアームのワイヤーを引く力がそのままホイールに伝わる、制動力のあるブレーキ。

マウンテンバイクに多いのが機械式と油圧式のディスクブレーキです。ディスクブレーキはオフロードに強く、ぬかるみがある場所や悪天候など路面状況や天候に左右されない制動力をもっているのでオフロードにもおすすめできます。

汚れに強く制動力が高いディスクブレーキは重量がデメリットになりますが、走行性能を考慮するとディスクブレーキのほうがおすすめです。どうしても軽量を選ぶならディスクブレーキよりVブレーキがおすすめです。

ディスクブレーキでも坂道などブレーキを良く使う、ワイヤーが錆びるような環境でマウンテンバイクを使う場合は油圧式ディスクブレーキがおすすめ。ディスクブレーキでも安いマウンテンバイクが良い、メンテナンスしやすいものを選ぶときは機械式がおすすめです。

 

マウンテンバイクおすすめ人気ランキング【7-9位】

マウンテンバイクのタイプや選び方を参考に初心者にもおすすめできる自転車を人気ランキング形式でご紹介します。

マウンテンバイク初心者は街乗用や競技用、ツーリングキャンプなど用途によって選び方を考えなければいけません。ショップで購入するときは人気ランキングだけでなく、店内スタッフのアドバイスを参考にするのもおすすめです。

⑨位!サヴァーン Carbon MTB 27.5 SHIMANO DEORE

折りたたみ自転車やロードバイク、マウンテンバイクを扱うメーカー・サヴァーンのCarbon MTB 27.5 SHIMANO DEORE。強度があり軽いカーボンフレーム採用で耐久性と軽量化に優れています。軽く扱いたい人にはおすすめのマウンテンバイク。

劣化しにくく、パワーロスも小さめでトータルバランスの良いものとなっています。前後に油圧式ディスクブレーキ搭載で30段変速、価格も安いのでマウンテンバイク初心者にもおすすめできます。

 

⑧位!アニマート フルサスペンション マウンテンバイク

通勤や通学にマウンテンバイクを利用するならアニマートのフルサスペンションマウンテンバイクがおすすめ。普通の自転車より快適な通勤・通学には制動力もあり、おすすめできます。

フルサスペンションで振動吸収性も高いマウンテンバイクながら安いコスパ高のマウンテンバイクです。アルミフレームで軽量、Vブレーキと18段変速は初心者にも扱いやすいものとなっています。

⑦位!メリダ 2018年モデル BIG.NINE 20-MD

マウンテンバイクやロードバイクなどのスポーツ自転車エントリーモデルやレーシングバイクを扱うメーカー・メリダは機能性が高いことで人気のメーカーです。2018年モデルBIG.NINE 20-MDはメリダのエントリーモデル。

街乗りだけでなくオフロードにも対応したマウンテンバイクです。軽量なアルミフレームとメンテナンスしやすい機械式ディスクブレーキ搭載、ホイールが大きめで安定した制動力があります。身体が小さい人にはおすすめしにくいかもしれません。

マウンテンバイクおすすめ人気ランキング【4-7位】

人気ランキング4~7位は主にマウンテンバイクなど自転車をメインとするメーカー・ブランドをおすすめしています。初心者でもブランドにこだわりたいなら参考にするのもいいでしょう。

⑥位!GT マウンテンバイク 2019 GT AGGRESSOR SPORT

マウンテンバイクを代表するメーカーのひとつ、GTのマウンテンバイク2019GT AGGRESSOR SPORTは、特にホイールサイズ27.5インチのマウンテンバイクが操作性や加速性が高いことでも人気です。

安定したブレーキングができる機械式ディスクブレーキ搭載、通勤や通学におすすめのオフロードタイプとなっています。デザイン性や性能などを考慮してもマウンテンバイクとしては安い部類に入るので価格重視にもおすすめです。

⑤位!レイチェル 26インチ 折りたたみ マウンテンバイク

コンパクト収納におすすめなのがレイチェルの26インチ折りたたみマウンテンバイク。折りたたんだ状態では普通車のトランクに乗せることも可能となっています。移動先で自転車を使う人にはおすすめのタイプ。

ダブルサスペンションで走行時の振動吸収性も良く、Vブレーキが高い制動力を発揮しています。主にマウンテンバイク初心者の街乗りにおすすめですが、サスペンションが優秀なのでハードなフリー走行にも対応しています。オンロード・オフロード両方におすすめできます。

④位!マイパラス グラフィス MTB GR-005

幅広い種類の自転車を扱うマイパラスからはグラフィスMTB GR005をおすすめ。ダブルサスペンション搭載でオンロード・オフロードの両方に対応しています。ワークスマシンをデザインコンセプトにしているだけあり、通勤や通学にもおすすめのおしゃれなデザイン。

Vブレーキなので制動力は高く、マウンテンバイク初心者にも購入しやすい安い価格はコスパ良く、人気も高めです。マウンテンバイクの性能に高いこだわりを持たないのであれば安いマウンテンバイクもおすすめ。

マウンテンバイクおすすめ人気ランキング【1-3位】

人気おすすめランキング1~3位のマウンテンバイクは通勤や通学に便利な軽量で制動力の高いVブレーキが人気となっています。マウンテンバイク初心者に選びやすいのは乗っていても疲れを軽減できる振動吸収性が高いものがおすすめです。

③位!アンカー 2019 XG6 SPORT 3x9s

ブリヂストンサイクルスポーツブランド、アンカーの2019 XG6 SPORT 3x9sはマウンテンバイク初心者にもおすすめできるエントリーモデル。油圧式ディスクブレーキ搭載で操作性や振動吸収性も抜群の汎用性の高い初心者にもおすすめのマウンテンバイクになっています。

オンロード・オフロードの両方に対応、アクティビティなトレイルライドから通勤や通学の街乗りまで幅広く利用できます。基本的にオンロードだけどたまに未舗装の道を走るならおすすめできるレベルです。

②位!Extrbici RD100 マウンテンバイク 折りたたみ MTB shimano

アルミ素材で軽量、女性にもおすすめなのがExtrbiciのRD100 マウンテンバイク 折りたたみ MTB shimanoです。雨の日でも制動力抜群のディスクブレーキに、多少の段差でも振動吸収性が高いフルサスペンション搭載となっています。

折りたたみ式なので使用しないときはコンパクトに収納できるのもおすすめ。24段ギアは指一本でも変速可能ですが、マウンテンバイクや変速ギア初心者には少し手間取りそうです。しかし慣れてしまえば高い推進力で乗りやすいおすすめマウンテンバイクになります。

①位!シボレー アルミニウム AL-ATB2618EX

折りたたみ自転車や電動自転車、マウンテンバイクなどを扱う自転車メーカー、シボレーのアルミニウム AL-ATB2618EXはその名の通り軽量アルミフレーム採用で軽いマウンテンバイクになっています。

軽量マウンテンバイクを探している人におすすめできます。Vブレーキとサスペンションが前後両方に搭載、制動力と振動吸収性が抜群のマウンテンバイク。安い価格と充実した機能性が人気です。短中距離の通勤や通学にはおすすめ。

安いものから高いものまで好みに合ったマウンテンバイクを選ぼう!

マウンテンバイクには振動吸収性や制動力などの機能面から選ぶのがおすすめです。そのうえで安い・高いを判断し選ぶといいでしょう。マウンテンバイク初心者にはどれも同じように見える自転車でもブレーキや素材、ホイールサイズなどによって乗り心地が違います。

人気ランキングのおすすめや選び方のポイント、価格など多方面からじっくり吟味しつつ好みのマウンテンバイクを選んでください。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
-asagi-

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ