クロスバイクにおすすめのタイヤ9選!選び方や種類などご紹介!

若い男性だけでなく女性やファミリーでも人気のクロスバイクです。クロスバイクにおすすめのタイヤの種類をピックアップして紹介します。クロスバイクのおすすめタイヤを紹介し、選び方や種類、交換時期の目安などにについてもまとめます。

クロスバイクにおすすめのタイヤ9選!選び方や種類などご紹介!のイメージ

目次

  1. 1クロスバイクタイヤの基礎知識
  2. 2クロスバイクタイヤの種類
  3. 3クロスバイクタイヤの選び方
  4. 4おすすめクロスバイクタイヤ【パナレーサー】
  5. 5おすすめクロスバイクタイヤ【シュワルベ】
  6. 6おすすめクロスバイクタイヤ【サーファス】
  7. 7おすすめクロスバイクタイヤ【IRC】
  8. 8おすすめクロスバイクタイヤ【マキシス】
  9. 9目的に合ったクロスバイクタイヤを手に入れよう!

クロスバイクタイヤの基礎知識

クロスバイクとはどういう自転車?

クロスバイクとは、オフロード車のマウンテンバイクとオンロード車のロードバイクを融合させた自転車のことを言います。日本で広く普及しているママチャリやシティサイクルも含めて比較すると、クロスバイクには次のような特徴があります。

①クロスバイクはロードバイクに比較してタイヤが太くて、舗装されていない道路や段差があるようなオフロードでも走りやすい自転車
②クロスバイクはシティサイクルやママチャリよりも走行性能が優れており、より長い距離を楽に走れる自転車
総括するとクロスバイクはどんな用途や目的でも使いやすいオールマイティな自転車と言えます。

クロスバイクのタイヤを替えるメリット

クロスバイクのタイヤを交換することのメリットは、加速がしやすくなり、漕ぎ出しもスムーズにできるようになります。またタイヤがパンクをしにくくなったり、乗り心地が良くなったりして走行中の安定性能が向上することもクロスバイクのタイヤを交換するメリットになります。

クロスバイクの乗る目的に応じてタイヤを変えた方が良いことがあります。スピード重視で爽快感を楽しみたい人には、ホイールが大きくてタイヤの幅が細いものが適しています。地面との接地面積が少ない分摩擦も減ってスピードが上がりやすくなります。

逆に安定性を重視してクロスバイクに乗りたい人には、タイヤの幅を広めにすることをおすすめします。体に伝わる衝撃が和らいで乗り心地は良くなります。スピードは少し遅くなりますが、走行性が安定するので安心して自転車ならではのメリットを楽しむことができます。

クロスバイクタイヤの交換の目安

クロスバイクのタイヤの交換時期は使用する人の乗り方によりかなり違いはありますが、目安となる時期としては走行距離で3000km程度と言われています。期間で考えると概ね1年半~2年程度がクロスバイクのタイヤの交換時期の目安になります。

普段クロスバイクに乗っていない人は走行距離は伸びていませんが、乗らなくてもタイヤは劣化が進むのである程度の期間が過ぎるとタイヤを交換することをおすすめします。

クロスバイクで走行する際にブレーキを多用する乗り方をしたり、体重が重たい人が乗ったりすると、当然タイヤの摩耗が早く交換時期も早めになります。タイヤの溝がちびてきたり、ひび割れができたら早めに交換するサインなので注意しておくことをおすすめします。

クロスバイクタイヤの種類

種類①タイヤサイズ

出典: https://www.amazon.co.jp

クロスバイクに最初から装着されているタイヤのサイズの種類は、28Cという規格が多く採用されています。この28Cというのは、タイヤの幅が約3cmで規格が700と言わているもので、タイヤに「700×28C」などと印字がされているので確認できます。

まずは自分のクロスバイクのタイヤのサイズを確認したうえで、同等のタイヤと交換することが選び方の基本になります。クロスバイクのタイヤサイズは大きすぎても小さすぎてもタイヤの性能を十分に発揮することができないので種類を選ぶ際には注意が必要です。

種類②タイヤ構造

出典: https://www.amazon.co.jp

クロスバイクで使用されているタイヤはほぼ100%がクリンチャータイヤと呼ばれるタイプで内部にチューブが入っています。他にはチューブラータイヤやチューブレスタイヤという更に高性能なタイヤもあります。クロスバイクのリムがチューブレスタイヤに対応していれば、チューブレスタイヤに交換することは可能です。

出典: https://www.amazon.co.jp

クロスバイクに使用するタイヤの中でチューブレスタイヤのメリットは、チューブがないので路面への追随性が高いので快適に走行できる点です。段差などでのリム打ちパンクのリスクはほぼゼロにすることができる点も大きなメリットです。クロスバイクの全体重量も軽くなります。

種類③タイヤ幅

出典: https://www.amazon.co.jp

クロスバイクのタイヤは目的に合ったタイヤ幅の種類を選ぶことが大切です。幅が広いほどクロスバイクのクッション性能は高くなります。幅広でクッション性能の高いタイヤは38C~45Cと言われるサイズ種類になります。

今乗っているクロスバイクよりもクッション性を高めたい場合は、装着されているタイヤのサイズよりも幅広のタイヤサイズを選ぶことをおすすめします。超高速性を求めたい人以外には、32C~38Cのタイヤが実用的でおすすめのクロスバイクのタイヤの種類です。

クロスバイクタイヤの選び方

クロスバイクのタイヤの表記の仕方の種類としては、規格として多いのがWO規格でヨーロッパ規格とも言われます。例えば700×28Cであればタイヤの内径が700mmでタイヤ幅が28mm、リム規格がCということを表します。

クロスバイクのタイヤの内径を別の物サイズに交換することはできませんが、タイヤ幅を28mm前後で違うものに変えてC規格のタイヤなら自分のクロスバイクにも装着は可能になります。

選び方①タイヤの幅で選ぶ

出典: https://www.amazon.co.jp

クロスバイクのタイヤの幅は、路面との接地面積に直接関わり抵抗が変わるのでそのままスピードの出しやすさに影響してきます。タイヤが細ければ細いほど、スピードを出して乗るには適していますが、反面クロスバイクの安定感が劣りパンクもしやすいので初心者にはおすすめできません。

最も細いタイヤサイズでは20Cという規格もありますが、歩道との段差でもすぐにパンクしてしまうこともあるので非常に繊細な扱いを要求されます。クロスバイクを通勤通学や街乗りで使う程度なら32C以上のサイズがおすすめです。

選び方②トレッド(溝)で選ぶ

出典: https://www.amazon.co.jp

クロスバイクのタイヤには大きく分けて2つの種類のトレッド(溝)があります。一つめの種類はオールコンディションタイプと呼ばれる小さなブロックや溝があるタイプです。もう一つの種類はスリックタイヤと呼ばれるツルツルで溝がないタイプのタイヤです。

ツルツルのタイヤは滑りそうで不安になる人もいますが、実際には自転車の幅と走行速度であれば溝がなくてもウエット性能に差は出ないので安心して走行できます。クロスバイクを自転車通勤用などに使うのであればスリックタイヤをおすすめします。

選び方③ゴムの質で選ぶ

出典: https://www.amazon.co.jp

クロスバイクのタイヤ性能で重要な要素がタイヤゴムの質、特性になります。同じ幅やトレッドのタイヤであってもゴムの硬さによって耐久性や安全性が変わります。

タイヤのゴムの硬さはデュロメーターで表記されており、数値が高い方が硬く、削れにくいのでタイヤが長持ちします。反面グリップ力が低下するのでクロスバイクで走行の際のコーナリング時の安全性能が低下するというデメリットもあります。

おすすめクロスバイクタイヤ【パナレーサー】

おすすめ①パナレーサー パセラジャケット

2017年に発売開始されたパセラジャケットは、クロスバイクでの通勤通学やツーリングなどの様々なシチュエーションに幅広いサイズバリエーションで応えるスタンダードタイヤ「パセラモデル」のトップデルに当たります。

出典: https://www.amazon.co.jp

耐パンク補強材をタイヤ全面に装着しており、耐カット性能や耐リム打ちパンク性能を強化したモデルです。800デニールの太いナイロンコードを採用しており、耐サイドカット性能を向上させています。長期間の使用に耐えるよう設計された耐摩耗性能に優れたおすすめのクロスバイク向けのタイヤになります。

おすすめ②パナレーサー ツーキニスト

名前の通り通勤用のクロスバイクにおすすめのタイヤです。太いナイロンコードを組み合わせて耐パンク性能を高くし快適走行を可能にしています。街乗りに重要なチューブ保護性能が特に高い構造となっているクロスバイク用のタイヤです。

出典: https://www.amazon.co.jp

タイヤ内面をフラット加工する「ハイパーテックスケーシング」を採用することで、リム打ちやサイドカットに対する耐パンク性能を向上させるとともに、チューブの摩擦によるパンクも防止して、コストバランスに優れた耐パンク強化モデルのクロスバイク向けタイヤです。

1000kmほどではありますが、パンクは今のところありません。運要素もアリますが、泥道をはしったり、石だらけの道だったり、公道だったりを走行しましたが、問題は全くありません。

おすすめ③パナレーサー グラベルキング

このクロスバイク用タイヤ名前のイメージはオフロードタイヤを想像しますが、舗装路の走行性能が非常に高いクロスバイクにおすすめのタイヤです。未舗装道路でも十分な走行性能を発揮してくれるためこのネーミングになったようです。

出典: https://www.amazon.co.jp

補強材をタイヤ全面に装備したアンチフラットケーシングで耐パンク性能を強化したクロスバイク向けのタイヤです。ZSGコンパウンドの採用によって、耐久性や耐摩耗性も強化されています。超軽量極細コードのAX-aコードによって軽量化も実現したおすすめのクロスバイク用タイヤです。

200キロを1泊2日で往復して400キロの距離を走りましたが、サイクリングロード上に突如現れる砂利道でも、とても安心して走ることができました。走りもそれほど重くはなく、タイヤのクッション性の高さからかワダチなどでもハンドルを取られにくかったです。また、走り終えたあとも、特に極端なタイヤの減りおよびキズなどは無く、非常に優れたタイヤだと思います。

おすすめ④パナレーサー コンフィ

パナレーサーブランドのクロスバイク向けタイヤの中でもかなり軽量なモデルになります。重量は290gしかなく、走りへの影響も大きくなるので、軽いタイヤを探している人にはおすすめのクロスバイク用タイヤです。

出典: https://www.amazon.co.jp

コストパフォーマンスに優れたアーバン用タイヤで、サイズはクロスバイクに適した700×28Cおよび32Cがあります。スキンサイドとアラミドビードの組み合わせによる軽量設計となっており、軽い走りが楽しめます。800デニールの太いナイロンコードを採用しており、耐サイドカット性を向上させたクロスバイク用のタイヤです。

漕ぎ出しの軽さが気持ち良いですね。通勤用で使ってますが、コンフィに変えてから通勤時間が少し短くなりました。安いので磨り減り具合を見て交換しパンク予防も出来るのが良いです。

おすすめクロスバイクタイヤ【シュワルベ】

おすすめ⑤シュワルベ マラソン

強いゴムを採用している上に、耐パンクベルトも装備された非常にパンクに強いタイヤがシュワルベのマラソンです。反面重量は560gとやや重量級にはなりますが、パンクの心配をせずに走りたい人にはおすすめのクロスバイク用のタイヤになります。

出典: https://www.amazon.co.jp

シュワルベを代表するフラッグシップモデルの「マラソン」ブランドです。デビューから何と25年以上過ぎた今でも他の追随を許さない走りの良さと高い耐久性がコンフォートタイヤの決定版とも言われる所以です。幅広いラインナップも魅力に上げられる、クロスバイク向けタイヤの間違いないおすすめタイヤと言えます。

私の所有の自転車数台にこのシリーズを使用していますがパンクはしたことがありません。タイヤのゴム(コンパウンド)は硬めで雨の日は滑りやすいかのと感じます。硬いので減りは遅いように感じます。重さは重いです。タイヤはパンクしないことが正義だと思っているので最高のタイヤだと思います。

おすすめクロスバイクタイヤ【サーファス】

おすすめ⑥サーファス セカ DDロードタイヤ 700C

サーファスアメリカのカリフォルニアで自転車用品販売からスタートしたメーカーです。歴史のあるメーカーである意味では自転車のことを知り尽くしていると言えるブランドです。

出典: https://www.amazon.co.jp

パンクを防ぐためのフラット・プロテクション・システムという技術を採用しており、パンクと引き裂きに対して高い耐久性を持ちながら、柔軟性や軽量性を兼ね備えたサーファス独自の技術が光ります。コーナリングでも安定感のある走行性を維持するおすすめのクロスバイク用のタイヤです。

安くてカラーバリエーションも多いので見た目に惹かれて買いましたが、使ってみると性能も高くボロボロになるまで1回もパンクなしでした。またリピートです。

おすすめ⑦サーファス ドリフター

徹底的に耐久性を重視するひとにはサーファスのドリフターがおすすめです。他社のタイヤよりもハードなコンパウンドで厚みもあるため、長時間使うことができます。価格もお手頃なので、非常にコストパフォーマンスの高いタイヤと言えます。

出典: https://www.amazon.co.jp

バリスティックナイロンをレッド下に挟み込むことでパンクの原因となる異物をタイヤから守る技術を採用しています。パンクと引き裂きに対して高い耐久性を確保しつつ、柔軟性と軽量性を併せ持つ優れたFPS技術を採用しています。

走行抵抗の軽いトレッドパターンの採用と、センターとサイドでコンパウンドを使い分けることによって生み出される長寿命性能が人気のおすすめクロスバイク用タイヤです。

あらかじめずいぶん前に購入していましたが、やっと最近装着しました。何より見た目がワイルドな感じで、MTBに映える。現在3ヶ月ほど走りましたが、別段注文つける部分もなく満足してます。

おすすめクロスバイクタイヤ【IRC】

おすすめ⑧IRC METRO メトロタイヤ 700×28c

IRCは井上タイヤとも言われる伝統のある日本のタイヤメーカーです。オートバイや自転車のタイヤを昔から作り続けている老舗ブランドです。テレビCMなどの派手な宣伝は行わず、真面目にコツコツと良い製品を作り続けている実績豊富なメーカーです。

出典: https://www.amazon.co.jp

タウンユースに特化したタイヤです。パンクにも強く、サイドまで丈夫でいながら軽い乗り心地を実現しており、通勤通学や近隣でのツーリングなどを楽しむにはベストなおすすめクロスバイク用タイヤと言えます。

2回目の購入です。以前のタイヤに比べてパンクしにくくなりました。通勤往復で、13km使用中ですが、数ヶ月経ってもパンクが1度もありません。新車の時からこのタイヤにしておけばと思いました。走行性能も良いです。

おすすめクロスバイクタイヤ【マキシス】

おすすめ⑨マキシス デトネイターフォルダブル

マキシスはアメリカのジョージアを拠点とする世界的なタイヤメーカーになります。自らオフロード自転車のワールドカップを主催するなど行っており、レース界からもタイヤデータを積極的に入手して製品に反映させています。

このデトネイターフォルタブルもレースからのフィードバックを活かして作られたタイヤで、軽量タイプのタイヤで主流の700Cサイズとなっています。一度は自分の自転車に装着して試したいおすすめのクロスバイク用タイヤです。

出典: https://www.amazon.co.jp

抜群の走行感と豊富なカラーバリエーションが大人気のデトネイターです。ケブラービードを採用して基本性能はそのまま保ちながら50gの軽量化に成功しています。

軽快な走行感がさらにアップしており、ロードレーサー、クロスバイク、MTB、街乗りのどのシーンでも楽に早く走りたいと願うライダーにおすすめのトップモデルです。

自転車マニアではないので使用感の比較は出来ませんが、フォルダブルのためか交換はスムーズでした。オリジナルはワイヤービードだったので、タイヤの脱着が固くてパンク時には苦労しておりました。値段も手頃ですし、白の車体に黒と赤のタイヤが映えます。お勧めします。

目的に合ったクロスバイクタイヤを手に入れよう!

本格的なバイクレーサーにならなくても気軽に自転車走行を楽しめるクロスバイクが多くの人に人気になっています。街乗りやツーリングなどの目的に応じて必要な性能が違ってくるので、自分の使用目的に合った人気のおすすめタイヤを装着して、よりクロスバイクの爽快感を楽しんでみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
コージー65

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ