手作りベビーサークルの作り方!安くて簡単にできるDIY方法をご紹介!

ベビーサークルはあると便利ですが、購入となるとお金もかかるし、使用する時期も短いので悩む方も多いでしょう。そのような方にはベビーサークルの手作りがおすすめです。この記事では、短な材料を使用した手作りベビーサークルの作り方をご紹介します。

手作りベビーサークルの作り方!安くて簡単にできるDIY方法をご紹介!のイメージ

目次

  1. 1ベビーサークルの役割
  2. 2手作りベビーサークルをDIYするメリット
  3. 3手作りベビーサークルにおすすめの材料
  4. 4手作りベビーサークルの自作アイデア実例
  5. 5便利なベビーサークルを手作りしてみよう!

ベビーサークルの役割

出典: https://www.amazon.co.jp/

赤ちゃんや小さなお子様の安全を考えるなら、ベビーサークルがあると便利です。しかし、ベビーサークルを購入となると、1万円前後する物が多く、購入に戸惑う方もいるでしょう。

しかも、ベビーサークルの使用期間は限られています。子供が成長すると使わなくなってしまうため、購入するか悩む方もいます。

では、ベビーサークルが必要かどうか、役割について少し見ていきましょう。役割を知れば、必要性も実感しやすくなります。

役割①いたずら防止

出典: https://www.photo-ac.com/

ベビーサークルを活用することで、お子様のいたずら防止をすることが出来ます。

ベビーサークルの中にお子様がいる事で、移動できる範囲が限られるので、食事の準備をしたり、洗濯物を干したりする間に少し目を離しても安心です。

ベビーサークルが無い環境では、お子様の行動範囲も広がるので、室内に飾ってる小物を落としてしまったり、ティッシュの中身を全部出して散らかしてしまうという事もあります。

出典: https://www.amazon.co.jp/

ベビーサークルがあれば、目を離さなければならない時でも、部屋が散らかる心配が無いので、安心して家事に取り組めるでしょう。

役割②危険から守る

出典: https://www.amazon.co.jp/

ベビーサークルのもう一つの役割としては、お子様を危険から守ることです。何気なく生活をしているリビングですが、果たして安全な環境に整っているでしょうか。

例えば、テレビ台があると、お子様が転んだ時に角にぶつかってしまう可能性があるので危険です。他にも、階段の手前にゲートを設置していないのであれば、知らない間に登っている事もあります。

実は、何気ない空間でもお子様にとっては危険な物だらけなのです。そこにベビーサークルを設置することで、お子様の行動を制限し、安全な空間の中で過ごす事ができます。

ThumbDIYでおしゃれな自作テーブルを作ろう!簡単な作り方とアイデアを厳選紹介!
おしゃれなテーブルが欲しいと思ったら、思い切ってDIYに挑戦しましょう。ちょっと難しそうに感...

手作りベビーサークルをDIYするメリット

出典: https://www.amazon.co.jp/

では、ベビーサークルを手作りするメリットと何でしょうか。既製品を購入しても良いのですが、最近では手作りする方も増えています。

手作りのメリットを知り、あなたもベビーサークルの手作りにトライしましょう。

メリット①安い

最近ベビーサークルを自作する方が増えている理由としては、市販の物よりも安いからです。ネット通販などで見てみると、おしゃれなベビーサークルは一万円を超えているので、なかなか購入の決心がつかない方もいます。

その点手作りなら、材料費を安く抑える事ができるので、人気が高まっています。ベビーサークルは使用期間も短く、出来れば安く済ませたいという方が多いのでしょう。

メリット②サイズが自由

出典: https://www.amazon.co.jp/

自作する方が増える理由は他にも、室内に合ったサイズのベビーサークルが作れる事も挙げられます。市販で売られているベビーサークルは、サイズがすでに決まっているので、サイズが合わずに悩む方もいるでしょう。

しかし、ベビーサークルを手作りすることで、サイズも自由に決める事ができるため、手作りする方が増えています。サイズや形も自由に変えられるので、例えば星型のベビーサークルを作るのも良いでしょう。

手作りベビーサークルにおすすめの材料

出典: https://www.amazon.co.jp/

ベビーサークルを手作りするにあたって、何を準備したら良いのでしょうか。ここでは、手作りベビーサークルにおすすめの材料をご紹介します。

自宅にあるものや100均など、身近なアイテムを使って手作りが出来るので、チェックしてみてください。

材料①自宅にあるもの

自宅にあるもので手作りしたいのであれば、牛乳パックや段ボールがおすすめです。牛乳パックは準備する量が必要ですが、材料費が0円なのでお金をかけたくない方にもぴったりです。

手作りのベビーサークルとして使用するなら、牛乳パックはハサミでカットせずに保管しておきましょう。また、段ボールはサイズに違いがあるので、大きさを合わせて集めておく必要があります。

段ボールは、自宅にない場合、スーパーなどに行けば無料でもらえる所もあるので、買い物をした時には段ボールに食品を詰めて来ると良いでしょう。

材料②100均にあるもの

出典: https://www.amazon.co.jp/

DIYベビーサークルの材料は、100均で揃える事も可能です。100均では、クラフトラックやワイヤーネット、結束バンドなどが手に入るので、これらのアイテムを活用し、ベビーサークルをDIYしましょう。

おしゃれなベビーサークルを手作りしたい方は、100均のリメイクシートなどを活用し、デコレーションしたりアレンジしたりするのもおすすめです。

材料③ホームセンターにあるもの

本格的なベビーサークルを手作りしたい方は、ホームセンターで材料を集めましょう。ホームセンターには、ジョイントパーツやワイヤーネット、木材など材料が豊富です。

デザインの幅も広がるので、ホームセンターや自宅にある物、100均の材料を組み合わせて手作りするのも良いでしょう。

手作りベビーサークルの自作アイデア実例

出典: https://www.photo-ac.com/

ここからは、手作りベビーサークルのおすすめアイデアをご紹介します。自宅にある物や100均でも手に入るアイテムで手作りする方法ばかりなので、ぜひ参考にして下さい。

手作りベビーサークル①段ボール

まだ歩かない小さなお子様には、段ボールを使用した手作りベビーサークルがおすすめです。段ボールは、カットして壁になるように使用する方法と、カットしたり潰さずにそのままの状態で使用する方法があります。

段ボールは厚みがあるので、意外と丈夫ですぐに壊れる心配もありません。ベビーサークルの壁の部分に段ボールを使用し、床にはパズルマットを敷き、転倒しても怪我をしないように対策をしましょう。

作り方

出典: https://www.amazon.co.jp/

段ボールをカットして作る方法としては、必要の長さの段ボールを準備し、長さの足りない部分はガムテープなどでつなぎ合わせて調整して下さい。

ガムテープを使用すると、見た目が不恰好になりますが、ここはリメイクシートやお気に入りの布などを活用し、アレンジしましょう。

段ボールの準備ができたら、ベビーサークルを作りたい場所に並べていきます。一角を囲うように段ボールの壁を設置してベビーサークルの形になるように並べます。

段ボールをカットせずに使用する際は、小さなプレイスペースを作るイメージで手作りしましょう。段ボールの中には、お米やペットボトルに入っている水を重りとして入れておけば、ずれる心配は無くなります。

あとは、ベビーゲートのように段ボールを囲う形で並べれば完成です。段ボール感を無くしたいなら、布などを段ボールに巻いてカバーしなが手作りしましょう。

手作りベビーサークル②牛乳パック

出典: https://www.rakuten.co.jp/

牛乳パックを活用して手作りする事も可能です。他の材料と比べると、一つ一つが小さいため、サイズを調整しやすいメリットもあります。

牛乳パックだけでなく、同じサイズのりんごジュースやオレンジジュースのパックを混ぜて手作りするのもおすすめです。

作り方

牛乳パックは中身を空に、箱が潰れないように新聞紙などを詰めて下さい。牛乳パックは、ベビーサークルの形になるように積み、ガムテープなどで崩れないように繋げます。

作るベビーサークルの大きさにもよりますが、数が必要なのでなるべく多くの牛乳パックを集めて下さい。牛乳パックの見た目が気になる方は、リメイクシートや包装紙を活用し、可愛くデコレーションすると良いでしょう。

手作りベビーサークル③クラフトラック

100均で売られているクラフトラックを使ってベビーサークルを手作りする事もできます。クラフトラックには様々な形があるので、組み合わせることで本格的なベビーサークルが作れます。

デコレーションをしなくても素材を生かして使える為、DIY初心者の方にもおすすめです。

作り方

出典: https://www.rakuten.co.jp/

100均で購入できるベビーサークルは、ジョイントパーツT型やL型などもあるので、繋ぎ合わせて好みの形にDIYする事ができます。

小さいお子様は、行動範囲が狭いのでパズルマットなどを壁代わりにして設置すると簡易的な手作りベビーサークルが完成します。

手作りベビーサークル④ワイヤーネット

ワイヤーネットを使ってベビーサークルを手作りするのもおすすめです。先ほどご紹介したクラフトラックを組み合わせて使うのも良いでしょう。

もちろんクラフトラックのみを使用して手作りベビーサークルを作る事もできます。

作り方

出典: https://www.rakuten.co.jp/

ワイヤーネットを活用する時は、他にもワイヤネットスタンド、ジョイントを用意しましょう。スタンドやジョイントがあると手作りでも本格的なベビーサークルが作れるので、ぜひチャレンジして下さい。

作り方を動画でご紹介

ワイヤーネットを活用したベビーサークルの作り方を動画でチェックしましょう。ワイヤーネットは結束バンドを使ってとめることで幅を調整できます。

ワイヤーネットを使えば、家の幅に合わせてベビーゲートを作る事もできます。
 

手作りベビーサークル⑤すのこ

出典: https://www.amazon.co.jp/

DIY王道のすのこも活用して手作りしてみましょう。100均でも手に入るすのこは、木の温かみを感じるので、お子様もニコニコ笑顔になること間違いありません。

作り方

出典: https://www.rakuten.co.jp/

すのこを使った手作りベビーサークルにもジョイントなどを活用して下さい。おしゃれに見せたいときには、すのこをペイントすると良いでしょう。

また、お子様が笑顔になるようにキャラクターのシールなどを貼って楽しいデザインにするのもおすすめです。

Thumb収納棚のDIY方法は?作り方からおしゃれなDIY棚アイデアまでご紹介!
収納棚をDIYで作ろうというと、中々手間がかかって面倒そうに見えるかもしれません。ですが、作...

便利なベビーサークルを手作りしてみよう!

ベビーサークルは、赤ちゃんの危険を守る為にもあると便利なアイテムです。ベビーサークルは、家にあるものや短なもので自作する事ができるので、買うか悩んでいる方は手作りしてみましょう!

 

その他の関連記事はこちらから

Thumbロフトベッドの自作DIYアイデア集まとめ!自作の参考になるアイデアを厳選紹介!
市販の二段ベッドやロフトベッドでは少し長さが足りない、高さが収まらない、などのインテリアのお...
Thumb簡単で安くできるベッドのDIY術!おしゃれな自作ベッドを作るアイディアをご紹介!
DIYベッドは簡単に費用が安く作れるのをご存知でしょうか。自分の好きなサイズ、デザイン、カラ...
Thumb簡単な作業台DIY方法をご紹介!自分好みの作業台を作っちゃいましょう!
DIYをするときに使う作業台を自作してみるのはいかがでしょうか。ここでは作業台をDIYするメ...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
平山未来

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ