男性のボディバッグ姿はダサい?!ダサくない持ち方からオススメバッグまで徹底紹介!

女性から「ダサい」と言われてしまいがちなメンズアイテム、ボディバッグ。選び方や掛け方次第で、ワンランク上のおしゃれを楽しめます。なぜダサいと言われてしまうのかを押さえて、ボディバッグのダサいイメージを払拭しましょう。おすすめボディバッグも合わせてご紹介します。

男性のボディバッグ姿はダサい?!ダサくない持ち方からオススメバッグまで徹底紹介!のイメージ

目次

  1. 1ボディバッグをカッコよく持とう!
  2. 2ボディバッグ姿がダサい理由
  3. 3ボディバッグのおしゃれな掛け方
  4. 4おすすめのメンズボディバッグ5選
  5. 5ボディバッグをおしゃれに使いこなそう!

ボディバッグをカッコよく持とう!

ボディバッグの特徴

ボディバッグとは、肩から担ぐように斜め掛けするバッグで、体にフィットするデザインになっています。ショルダーバッグよりも「もう少し小さく・さらにスマートに」という声から生まれたとされる説もあり、より手軽さを求めたデザインに進化したバッグです。

ボディバッグが似合うシーン

とにかく身軽さが売りのボディバッグは、様々なシーンで活躍してくれます。

ちょっとしたサイクリングやフェス、ショッピングや旅行など、両手が自由になり、さらに長時間背負っていても負担にならないところが、メンズファッションに取り入れられやすいポイントです。

スポーティなデザインならサイクリングやフェスに、街でのショッピングや旅先なら革素材などの大人っぽいデザインなど、TPOに合わせて使い分けるとより活躍の場が幅が広がりますね。

サコッシュも人気上昇でおすすめ

ボディバッグよりもさらにコンパクトなのが「サコッシュ」です。

サコッシュは元々、世界最高峰の自転車レースである「ツール・ド・フランス」が行われることでも有名なフランス生まれのバッグで、ロードレース中に必要な水筒や食糧を入れておき、かつ軽量であるという特徴があります。

ボディバッグよりも素材は薄手のナイロンなどで作られていて、柔らかなバッグです。マチがほぼないのも特徴で、嵩張らないためバッグインバッグとしても使えるのがサコッシュのポイントのひとつです。

ボディバッグ姿がダサい理由

便利で使えるシーンも多様なボディバッグですが、なぜか「ボディバッグはダサい」というイメージが定着しています。なぜボディバッグはダサいと言われるのでしょうか。まずはダサいと言われる理由を知り、おしゃれに使いこなすためのヒントにしましょう。

ダサい理由①ボディバッグのデザイン

斜め掛けにして身に着けるボディバッグですが、まずカバンを斜め掛けにするスタイル自体が、学生などのショルダーバッグを斜め掛けにするイメージと繋がっているため、ダサいと言われる理由のひとつになっています。

学生の頃は「まだ垢抜けていない」という幼いイメージ、というのがボディバッグにも影響し、ダサい印象に繋がっているというわけです。ダサい印象から脱却するためには、ボディバッグのデザインを吟味しましょう。

注目するポイントは、使われている素材や、ロゴマークや装飾・ファスナー等の部品の量です。ボディバッグは元々カジュアルなアイテムですので、デザインによっては幼く、ダサい印象を与えがちです。なるべくシンプルなデザインが使いやすくおすすめです。

ダサい理由②ファッションとチグハグ

女性に比べて、持っているバッグの量は男性の方が少ない印象です。ビジネス用とプライベート用のざっくり2パターンはあるとして、TPOに合わせたファッション、それに合わせたバッグをしっかりと揃えているのがダサいと言われないための重要なポイントです。

きれいめなファッションだけれど身軽に行きたいからボディバッグがいい、なんて場合はボディバッグと服のテイストを揃えてあげましょう。服装とバッグのテイストが違うだけで、チグハグな印象からダサいと思われてしまいます。

ダサい理由③ボディバッグのサイズ感

意外と見落としがちなのが、ボディバッグのサイズ感です。ボディバッグをファッションアイテムとして取り入れる時、ストラップ部分を短めにして斜め掛けにするというのが主流です。

その時に、たくさん物が入るからと大きなボディバッグを掛けていたり、体格に比べてストラップが短すぎるなど、バランスが崩れているとダサい印象になってしまいます。小ぶりなものを選び、ストラップのバランスに気を付けましょう。

身軽さが売りのボディバッグですから、荷物をたくさん持っていきたいときは別のバッグを持ち、ボディバッグをサブバッグとして使うことをおすすめします。

ダサい理由④ボディバッグの色

デザインに通じるものがありますが、ボディバッグに使われている色味も重要です。使われている色数が多かったり、原色など派手な色味のものはファッションに取り入れる難易度が高めで、一歩間違うとダサい印象になってしまいます。

ボディバッグ初心者は、まずは落ち着いた色のものを選ぶとダサいコーディネートになる心配が少なくなりますよ。

ボディバッグのおしゃれな掛け方

おしゃれなボディバッグを選んだら、次は掛け方にも気を付けてみましょう。掛け方ひとつでボディバッグがダサいかおしゃれか分かれます。

まずは、トレンドの前掛けスタイルです。トレンドを押さえれば、ダサいイメージのボディバッグも垢抜けた印象になります。

また、前掛けにすることで、中身の出し入れが簡単になるだけでなく、旅先での防犯になったり、電車の中で迷惑にもならないという、メリットも多くあります。

次は、本体を背中側に回した斜め掛けです。

基本の掛け方で、ダサいイメージのある掛け方ですが、横型のデザインを選んだりと、ボディバッグ選びを慎重にすることで、おしゃれな印象をいくらでも作れます。ボディバッグのメリットである便利さを一番感じられるのがこの掛け方です。

もうひとつのスタイルが、肩掛けスタイルです。ボディバッグをあえて斜め掛けせず、片方の肩にだけ掛け、バッグ本体は背中側にします。斜め掛けにしないことで、大人っぽい雰囲気になります。ただし、ボディバッグの便利さには少し欠けてしまうのが難点です。
 

ボディバッグの掛け方①夏コーデ

夏のシンプルな服装に合わせたボディバッグの掛け方のパターンや、ナイロン素材「コーデュラ」の解説もされています。Tシャツ・パンツだけで完結してしまう季節だからこそ、ボディバッグを取り入れてこなれた印象のコーディネートを目指しましょう。

ボディバッグの掛け方②冬コーデ

冬コーデに合わせやすいボディバッグ選びから、アウターの中にボディバッグを掛けるパターン、アウターの上から掛けるパターンなど、分かりやすく解説してくれています。

おすすめのメンズボディバッグ5選

ボディバッグ①ダニエル アンド ボブ

1976年にイタリアで生まれたDaniel&Bob(ダニエルアンドボブ)は、革のバッグや小物を中心とした製品を手掛けているハイブランドです。そんなDaniel&Bobが生み出すボディバッグは、こだわり抜いた上質な素材を、シックなデザインに仕上げています。

大人のボディバッグという位置付けにありながらも、2way・3wayタイプがあり、便利さも兼ね備えています。

ボディバッグ②ポーター(吉田カバン)

1935年創業の歴史がある『吉田カバン』のメインブランドである「PORTER」のボディバッグです。品質の良さはもちろんのこと、現代的で洗練されたデザインと実用性が、どんなシーンにもフィットしてくれます。

黒一色のシンプルな見た目ながら、素材の違いを楽しめるスタイリッシュなデザインです。
 

ボディバッグ③オロビアンコ

イタリア・ミラノ近郊で1996年に創業した、バッグを発祥とする新進ファクトリーブランドがオロビアンコです。パーツ作りからこだわった製品作りと確かな品質・デザインが人気となっています。

すっきりとしたシルエットに見えて、意外にも収納力がある頼れるバッグです。バッグの両サイドに付けられたロゴ入りのDカンで、利き手に合わせて左右どちらにもストラップが付け替えられる心配りも嬉しいですね。

ボディバッグ④アニアリ

純日本産、そして手作業での加工を施したレザーにこだわったaniary(アニアリ)のボディバッグです。生産を海外に任せるブランドが多い中、アニアリは職人の手によって製品を生み出すことを理念としています。

シンプルなデザインながら、物の出し入れがしやすいように開口部は大きく開くよう設計され、内部のスリットポケットも小物の整理整頓に便利です。

ボディバッグ⑤ブリーフィング

BRIEFING(ブリーフィング)のコンセプトであるミリタリズムは、軍事や航空産業に採用される基準であるミル・スペックをベースとしながらも、ミリタリーにならないデザインワークを基本としています。

耐久力と機能美に優れた製品を生み出しているブリーフィングのボディバッグは、メインスペース奥深くまでアクセスできる広い開口、ストラップ部分にスマホも収納が可能です。

アクティブなメンズファッションに嬉しい防水性耐久性に優れた素材は、突然の雨など多少のハードなシーンでの使用にもおすすめです。

ボディバッグをおしゃれに使いこなそう!

「ボディバッグはダサい」というイメージを覆すようなおしゃれなボディバッグの数々をご紹介してきましたが、いかがでしたか。

選ぶデザインや素材、サイズ感など、ダサいと言われるポイントをしっかりと押さえてボディバッグを選び、掛け方や服装とのコーディネートに少し気をつけるだけで、一気におしゃれなメンズアイテムの仲間入りです。

使いこなせば街歩きや旅行先、フェスなどで大活躍してくれること間違いなしです。ぜひ、ボディバッグを取り入れたコーディネートを楽しんでください。

その他の関連記事はこちらから

Thumbダッフルバッグとは?大容量で便利なおすすめバッグ10選を厳選紹介!
スポーツや旅行と言った、荷物が多くなるシーンではダッフルバッグが活躍します。容量が十分あり、...
Thumbサコッシュおすすめ5選!アウトドアにも便利で活躍する人気商品をご紹介!
サコッシュは流行りにとらわれないとても便利なバッグですが、サコッシュはどのような使い方ができ...
Thumbグレゴリーの人気ショルダーバッグ12選!定番おすすめ製品をご紹介!
フィット感にこだわり製品づくりをしている「グレゴリー」はショルダーバッグにおいても秀逸なアイ...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
mutsumi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ