鬼目ナットとは?基礎知識から使い方まで徹底解説!

埋め込みタイプである鬼目ナットの使い方をご存知でしょうか。DIY上級者の方はもちろん、初心者の方でも使いこなすことで、素敵な物つくりが出来ます。この記事では、鬼目ナットの基礎知識から使い方までご紹介するので、参考にして下さい!

鬼目ナットとは?基礎知識から使い方まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1鬼目ナットとは
  2. 2鬼目ナットの使い方【種類】
  3. 3鬼目ナットの使い方【下穴の準備】
  4. 4鬼目ナットの使い方【取り付け方】
  5. 5鬼目ナットの使い方【外し方】
  6. 6鬼目ナットの使い方を覚えるとDIYの幅が広がる!

鬼目ナットとは

出典: https://murakoshishop.com/

鬼目ナットとは、繰り返し組み立てや分解を行う接合部品に適したナットのことを言います。鬼目ナットは埋め込みタイプのナットで、木材などの内部に埋め込んで使われることが多いです。

頻繁にナットを取り外し、また組み立てるというような時に活躍する鬼目ナットは、強度に影響がなく、脱着がスムーズなのも特徴です。

DIYをしていると、組み立て・解体を繰り返し行うこともあるでしょう。もしこのような時に鬼目ナットを使わずにネジを使用すると、やがてネジ穴が緩んでしまいます。

出典: https://www.amazon.co.jp/

鬼目ナットは、ネジ穴を極力広げないようにしたり、ネジ山が潰れることのないようにするために使用します。使い方も少し特殊で、通常のナットと違って直接木材に埋め込んで使用しますが、使い方さえ覚えてしまえばDIY初心者の方でも簡単に扱えます。

鬼目ナットの名前の由来は、見た目が鬼の持つゴツゴツした棒に似ているからという説があります。鬼目ナットを見てみると、確かに棘のようなものがあり、とても面白いナットです。

Thumbハトメとは?使い方からおしゃれなアレンジ方法までご紹介!
ハンドメイドで物作りをしていると、ここにハトメを使ったらカッコ良くなるのに、と思うような場面...

鬼目ナットの使い方【種類】

出典: https://item.rakuten.co.jp/

鬼目ナットは、大きく分けると4種類があります。また、Aタイプ〜Sタイプに細かく部類されているので、ここでは、鬼目ナットの種類とタイプも併せてご紹介します。自分に合う鬼目ナットを見つけましょう。

種類①ねじ込みタイプ

出典: https://www.amazon.co.jp/

まず一つはねじ込みタイプです。使い方は、六角レンチなどを使って木材にねじ込んでいきます。柔らかい素材でも傷みにくいので、軟材の使用を考えている方にもおすすめです。

ねじ込みタイプには、Cタイプ、Dタイプ、Eタイプ、Pタイプ、Sタイプがあります。Cタイプは、取り付ける部材の組織破壊の阻止を目的に開発された種類になります。スムーズにねじ込みができるため、初心者の方でも扱いやすいです。

Dタイプは、ツバの付いた木材向けのインサートナットです。硬めの母材への取り付けに適したナットで、安定した締め付けが特徴です。硬質部材だけでなく、軟材にも適しています。
 

出典: https://www.amazon.co.jp/

Eタイプは、ツバなしのインサートナットです。ツバがなく板に密接に取り付けができるので、強力な締め付けが可能になります。Pタイプは、ねじ込み部を平行にした木材用インサートナットです。テーパーがなくまっすぐに取り付けることが出来ます。

Sタイプは、テーパーを無くし平行にした木材向けインサートナットです。ナット外部にある羽が木材にくい込み、戻りや緩みがないのが特徴です。

種類②打ち込みタイプ

出典: https://item.rakuten.co.jp/

打ち込みタイプは、ハンマーなどを使い叩いて打ち込み取り付けます。比較的使い方が簡単でDIY初心者の方でも扱いやすいタイプです。打ち込みタイプには、Aタイプ、Bタイプ、Iタイプ、Jタイプ、Mタイプがあります。

Aタイプは、ツバ無しの木材向けインサートナットです。ナット外側にある羽により、木材にしっかりと食い込んで、緩みや戻りがありません。Bタイプは、Aタイプのツバ付きになります。厚いツバで荷重を受け止めるので軟材に適しています。

Iタイプは、Aタイプに皿状のキャップが付いた木材向けインサートナットです。軟材でも接合部への傷みが少なく安定した取り付けが可能です。Jタイプは、キャスターを取り付けるのに適した鬼目ナットで挿入部分の周りに突起があり、取り付け保持性がアップします。

Mタイプは、ねじ込み部を平行にした木材用インサートナットでツバもないため、高い密着度が得られます。

種類③ツバ付きタイプ

出典: https://www.amazon.co.jp/

ツバ付きタイプは、素材への陥没防止や過度の挿入を防ぐことのできる種類になります。ツバがあることで、一定以上埋め込むことはないため、綺麗に取り付けを行いたい方にもおすすめです。

ナットはどのくらいまで埋め込んだら良いのか分からない方にも最適な種類です。

種類④ツバなしタイプ

出典: https://murakoshishop.com/

ツバなしタイプは、母材に完全に埋め込むことができるので、仕上がりがとても綺麗です。しかも、ツバがない分母材にしっかり入り込み、密着性が高く強度も増します。

DIY初心者には少し扱いづらい点はありますが、慣れてくればツバなしタイプもおすすめです。

鬼目ナットの使い方【下穴の準備】

出典: https://ameblo.jp/

ここでは、鬼目ナットの使い方をご紹介します。鬼目ナットの使い方で大切なのは、下穴の準備です。ここはしっかりとおさえておきましょう。まずはじめに、鬼目ナットを埋め込む位置の採寸を行います。

埋め込む側と接合する側のボルト穴の位置がずれないように合わせることがポイントです。最初のこの過程が失敗してしまうと、仕上がりに影響が出てしまうので、丁寧に作業を行ってください。

下穴の準備①下穴の深さを計算

出典: https://ameblo.jp/

下穴の深さの計算方法ですが、一つ目のワッシャーの大きさと材料の厚み、二つ目のワッシャーと材料の厚みの分の中央くらいまでの大きさを計算します。

これら4つを足すことで、下穴の大きさが分かります。下穴の大きさを間違えてしまうと、しっかりと固定することが出来なくなるので注意してください。出来上がりを想像し、下穴をあけるようにしましょう。

出典: https://www.amazon.co.jp/

下穴の大きさは、鬼目ナットより少し小さめに設計することをおすすめします。小さめにした方が、鬼目ナットもしっかりと食い込みやすく、完璧な仕上がりになります。

下穴の準備②ドリルで下穴を開ける

続いて、下穴をドリルで開けます。呼び径より2~3mm大きめの穴にする必要があります。大きすぎると空回りしてしまい、小さすぎると割れてしまうので注意しましょう。使用する鬼目ナットのサイズを確認し、最適なサイズで穴を開けてください。

Thumb便利な穴あけ工具「ホールソー」とは?種類から使い方まで徹底解説!
DIYなどで穴あけ作業をしたい時にあると便利な工具がホールソーです。ここではホールソーの使い...

鬼目ナットの使い方【取り付け方】

鬼目ナットはどのように使用しらた良いのでしょうか。ここでは、鬼目ナットの取り付け方をご紹介します。初心者の方でも使い方さえおさえておけば、鬼目ナットを使いこなすことが出来るでしょう。

取り付け方①ねじ込みタイプ

ねじ込みタイプの鬼目ナットの使い方は、六角レンチを使って取り付けます。そのため、六角レンチが必要になるので準備しておきましょう。

六角レンチで取り付ける時は、時計回りに動かして鬼目ナットを母材にねじ込んで取り付けます。ねじ込みタイプは、下穴を少し細めにしておくことで、上手くねじ込めます。初めから大きい下穴だと、ねじ込んだ時に固定されず、失敗となって終わるので注意しましょう。

取り付け方②打ち込みタイプ

打ち込みタイプの鬼目ナットは、下穴を開け、ハンマーなどで叩いて母材に埋め込んで行きます。ハンマーで打ち込む取り付けは、手軽に行えるのですが、下穴がずれていると失敗するので注意してください。

取り付け方③ツバ付きタイプ

出典: https://item.rakuten.co.jp/

ツバ付きタイプの鬼目ナットを取り付ける時は、仕上がり時にツバの厚みが出ないように窪みを作る必要があります。ツバの径が収まるくらいの窪みが欲しいので、まずは使用する鬼目ナットのツバの厚みや大きさをチェックしましょう。

ツバが収まる窪みを作らないと、ツバから上の部分が母材よりはみ出してしまいます。このまま使用することも不可能ではなりませんが、他の素材を組み合わせた時に隙間が出来てしまうので、気になる方は窪みを作ってください。

鬼目ナットの取り付け方を動画でみてみよう

鬼目ナットの取り付け方を動画でもチェックしてみましょう。鬼目ナットは、種類によって取り付け方法が異なります。動画内では、下穴の開け方、種類別に取り付け方をご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

鬼目ナットの使い方【外し方】

出典: https://www.amazon.co.jp/

ここでは、取り付けた鬼目ナットの外し方を見て行きましょう。取り付けた鬼目ナットを取り外す時は、壊しながらになります。壊しながら取り外すことになるのですが、丁寧に行えば綺麗に外すことができます。

鬼目ナットの外し方は、取り付けられているボルトを先に外しましょう。ボルトを外したら、六角レンチを使って鬼目ナットを取り外します。

六角レンチは、時計回りと反対方向に回すと緩みます。この作業を丁寧に行うのが、鬼目ナットの外し方のポイントでもあります。

出典: https://www.amazon.co.jp/

鬼目ナットは、素材にねじ込んで取り付けるものなので、取り外した後は同じ穴に再度埋め込むことは出来ません。違う場所に埋め込むか、新しい素材を準備する必要があります。

ですから、失敗しないためにも、鬼目ナットを取り付ける正確な位置をきちんと把握しましょう。ただし、ねじ込みタイプの鬼目ナットなら、繰り返し使えるので、再利用を考えている方はこちらのタイプがおすすめです。

鬼目ナットの使い方を覚えるとDIYの幅が広がる!

鬼目ナットは、種類やタイプが豊富なので、素材や自分に合うものを選ぶことが大切です。ねじ込みタイプやツバ無しタイプは、見た目がすっきりするだけでなく、密接度も高まるため、強度も増します。

鬼目ナットの特徴を生かしてDIYするのも良いでしょう。鬼目ナットを使いこなしてDIYの幅を広げてみてはいかがですか。

その他の関連記事はこちらから

Thumb飛ばしウキとは?種類から使い方まで詳しく解説!
フロートリグとも呼ばれる飛ばしウキは、マアジを釣るアジングやメバルを狙うメバリングなどのルア...
Thumb電子レンジのアース線の取り付け方!コンセントにアースがない場合の対処法
電子レンジのアース線の取り付け方を紹介していきます。電子レンジなどアース線がついている家電製...
Thumb接点復活剤とは?基礎知識や便利な使い方まで詳しく紹介!
スイッチやコンセント、イヤホンの接触が悪くてイライラしたことがありませんか?そんな悩みを解決...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
平山未来

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ