テレビのリモコンは修理できる?意外に簡単に直せる方法を徹底解説!

テレビのリモコンが故障した場合にも自分で簡単に直せる方法があります。まずは修理可能かどうかを確認し、続いてリモコンを直す方法を詳しく解説します。接触不良の場合は簡単に直すことができるので、やり方を知っておけばリモコンの修理にお金をかけなくて済みます。

テレビのリモコンは修理できる?意外に簡単に直せる方法を徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1テレビのリモコンが故障して困った時は
  2. 2故障したテレビリモコンの直し方【準備】
  3. 3故障したテレビリモコンの直し方【ボタンが反応しにくい】
  4. 4故障したテレビリモコンの直し方【ボタンが反応しない】
  5. 5こんな症状は修理できない可能性も
  6. 6故障したテレビリモコンを自分で直してみよう

テレビのリモコンが故障して困った時は

出典: https://www.amazon.co.jp

テレビの操作を離れた場所から簡単にできて便利に使っているリモコンですが、長く使用しているとリモコンの反応が悪くなってボタンを押しても反応しないケースなどが起こります。毎日使うものなので、1つのボタンが反応しないだけでも非常に不便に感じます。

リモコンの故障は接触不良などが原因の場合が多いため、リモコンを分解して自分で修理することも可能です。まずはテレビ本体が故障したのか、リモコンが故障したのか確認した上で以下に説明する直し方を試してみてください。

リモコンの動作確認の仕方

出典: https://www.amazon.co.jp

テレビのリモコンが正常に作動しないときに、故障かどうか携帯電話を使って簡単に確認する方法があります。携帯電話をカメラモードにしてリモコンの先端部分(送信部分)を携帯電話のレンズ部分に向けます。

リモコンを携帯電話に向けたままで、リモコンボタンを押します。リモコンが正常であれば、赤外線信号を発しているので携帯電話のカメラに映ったリモコンの送信部分が白く光ります。光らない場合はリモコンの故障が考えられます。

テレビ本体の故障の可能性

出典: https://www.amazon.co.jp

テレビのリモコンがうまく作動しない場合に、原因としてもう一つ考えられるのがテレビ側に問題があるケースです。リモコン側には特に故障した様子が見られず、赤外線信号も発信できている場合はテレビの故障も疑ってみましょう。

リモコンの電池が切れている場合や電話が弱くなって反応しないケースは、リモコン側の電池を交換すれば解決します。リモコンを強く押さないと反応しない場合などはリモコン側に問題があると考えてよいでしょう。

リモコンの修理は自分でもできる?

出典: https://www.pixabay.com

リモコンにトラブルが発生した場合に、特定のボタンが反応しないとかボタンを押したときの反応が鈍いなどという症状の場合は自分で簡単に修理できる可能性があります。素人の方でも簡単に分解して修理をすることができるので、直し方を覚えておくと便利です。

テレビのリモコンの中にはプリント基板に印刷されたスイッチが並んでいます。リモコンのボタンを押すと通電してスイッチが入いる仕組みなので、導電性が悪くなった不具合を解消してやることが基本的なリモコンの直し方です。

簡単にできる接触不良のリモコンの修理

反応が悪くなったテレビのリモコンを誰でも簡単に修理できる方法を解説している動画です。接触不良になったリモコンを簡単な道具を使って、DIYなどが得意な方でなくても手軽にできる直し方を覚えておけばきっと役に立つでしょう。

Thumbイヤホンケーブルが断線した時の修理方法とは?やり方から注意点まで詳しく紹介!
日常的にイヤホンを使っていて、断線して聞こえなくなってしまったというケースは少なからずあるで...

故障したテレビリモコンの直し方【準備】

出典: https://www.pixabay.com

故障してしまったテレビのリモコンを修理する時に、まずは準備する道具について確認します。リモコンの直し方は簡単な方法で、特別な道具や器具を準備する必要がなく分解に使う簡単な道具があれば誰でも修理ができます。

リモコン修理に必要な道具

出典: https://www.amazon.co.jp

故障したテレビのリモコン修理を行う時に必要な準備物としては、ドライバーセット、樹脂製のヘラ、OA機器の洗浄スプレーです。ドライバーはリモコンのネジに合うサイズを確認しておきましょう。

樹脂製のヘラはリモコンの詰めを外して分解する時に使用します。樹脂製の方がリモコンを傷つけずに作業できるのでおすすめです。パソコンなどを掃除する時に使うOA機器用の洗浄液があれば準備しておきましょう。

故障したテレビリモコンの直し方【ボタンが反応しにくい】

出典: https://www.pixabay.com

故障したテレビのリモコンの直し方について説明しますが、リモコンの故障の程度によって少しづつ違うのでそれぞれの直し方を解説します。まずはリモコンのボタンを押した時に反応をしたりしなかったりと、少し反応が悪い状態の場合の直し方です。

症状①少し反応しにくい

出典: https://www.amazon.co.jp

テレビのリモコンのボタンを押すと多少は反応するものの、少し反応しにくい症状の場合の修理方法を説明します。まずはリモコンの裏側を見て、4か所ほど固定しているネジをドライバーで外します。

ネジは小さいのでなくさないように注意しながら作業してください。全てのネジを外して、電池カバーと電池を取り外します。続いて樹脂製のヘラをリモコンの表面と裏面の間に差し込んで、リモコンを開きます。

出典: https://www.pixabay.com

リモコンを開くと、前面のボタン部分と背面の基板部分に分かれます。リモコンの反応が悪くなる理由としては、リモコンボタンの部分の汚れが大きな原因です。この汚れをふき取ってやると、リモコンの反応を改善することができます。

OA機器用の洗浄液を使って、リモコンの基板部分から軽くふき取ります。次にリモコンのボタン部分をふき取ります。毎日使用するリモコンはボタン部分も結構汚れています。ゴムの隙間などは特に丁寧にふき取ってください。

出典: https://www.amazon.co.jp

全ての部分の洗浄が終わったらリモコンを組み立てます。リモコンの上部と底部を間違えないように注意して、ゴムが落ちないように気を付けながらツメが引っかかるように合わせます。

分解したときと逆の手順でリモコンのネジを締めなおします。小さいネジなので力をかけすぎないように注意して、適度な力で締めます。最後に電池を入れて蓋を締めたら完成です。汚れが原因でリモコンが効きにくくなった場合はこれで修理できます。

症状②強く押さないと反応しない

出典: https://www.amazon.co.jp

テレビのリモコンボタンを強く押さないと反応しない場合の修理方法を説明します。まずは先ほどと同様にリモコンのネジを外して分解します。電池も取り外した場所にネジがある場合もあるのでよく確認して分解します。

ネジを取り外したらリモコンの表面と裏面の間に樹脂製ヘラを差し込んで二つに分けます。OA機器洗浄液を使って各部分を軽くふき取ります。接点部分のカーボンは非常にデリケートな部分なので、力を入れすぎず軽めに拭きます。

出典: https://www.amazon.co.jp

リモコンボタンの裏側の黒い接点についても洗浄液でしっかりとふき取ります。調子が悪いボタンを中心に丁寧に軽くふき取ります。基板とボタンをふき取ったら、リモコンを元に戻します。ツメがかかるよう注意しましょう。

最初にネジを外した逆の手順で全てのネジを締めれば完成です。汚れが原因で接触不良を起こしてリモコンの効きが悪いケースは、ほとんどこのような清掃によって修理することができます。

故障したテレビリモコンの直し方【ボタンが反応しない】

出典: https://www.pixabay.com

故障したテレビのリモコンの直し方で、リモコンの故障の状態が酷くボタンを押しても全く反応しないケースについて説明します。接触不良の箇所をアルミテープを活用して反応するように修理する方法です。

症状③全く反応しない

出典: https://www.pixabay.com

テレビのリモコンが故障した状態が一番酷いケースは、電源ボタンも反応しない症状です。これまでと分解の方法は一緒の手順になります。リモコンの種類によってはネジで固定されておらず、ツメのはめ込みだけで固定されています。

分解してOA機器洗浄液で丁寧にふき取る点は同様の修理方法です。100円ショップなどで買えるアルミテープをボタンの大きさに切り取ります。切り取ったアルミテープを作動しないボタンの位置に貼り付けて通電させる方法です。

こんな症状は修理できない可能性も

出典: https://www.amazon.co.jp

テレビのリモコンの故障具合に応じて簡単に自分で修理ができる方法を説明しましたが、症状によっては修理ができないケースもあります。また長期間の使用をしていると各部品が劣化してくるため、新しいリモコンに買い替えることをおすすめします。

症状④電池の液だれ

出典: https://www.pixabay.com

テレビのリモコンの故障の症状によっては修理ができないケースもあります。代表的な症状は、リモコンに入っている電池が液漏れを起こしたケースです。使用状態が悪かったり、長期間使用していて電池の液漏れが発生した症状です。

液漏れした電池は有害な物質を含んでおり非常に危険なので、修理しようとリモコンを分解しないよう注意してください。電池の液漏れが発生した場合には、新しいリモコンを購入することをおすすめします。

症状⑤寿命

出典: https://www.amazon.co.jp

テレビのリモコンには寿命があります。長期間リモコンを使用していると、どうしても経年劣化していきます。長期間使ってきたリモコンの部品は劣化して交換が必要となるので、新しいリモコンを買った方が安上がりです。

これまで説明したような簡単な修理で回復する程度のケースはリモコンを修理して使えますが、何度か修理したリモコンは買い替えをおすすめします。

Thumbディアウォールでテレビを壁掛けに!準備から取り付けまでわかりやすく解説!
壁掛けテレビは大きな工事をしなくてもホームセンターでも購入できるディアウォール使って簡単に作...

故障したテレビリモコンを自分で直してみよう

出典: https://www.amazon.co.jp

テレビのリモコンは長期間使用しているとボタンを押しても反応が悪くなったり、強く押さないと効かないケースが起こります。そんな時には自分で簡単に直すこともできるので、まずは分解して掃除することをおすすめします。

電池の液漏れなどの場合は修理は難しくなりますが、簡単な場合は分解と清掃の手順で自分で修理をすることができるのでチャレンジしてみましょう。

その他の関連記事はこちらから

Thumbおしゃれで掃除も簡単!KOVEA CUBEのガスコンロを徹底紹介!【口コミ付】
アウトドアメーカーのKOVEAですが、様々なアウトドアギアを開発しており、近年話題になってい...
Thumb車の掃除機おすすめ人気ランキング11選!小型で強力吸引のアイテムを紹介!
車を掃除をしようとする時、車内は狭く意外と大変です。そんな時に役に立つのが、小型のハンディク...
ThumbPCデスクのDIY方法とは?簡単な作り方からおしゃれなDIYアイディアまでご紹介!
PCデスクをおしゃれにしたいと考えていませんか。最近では、PCデスクをDIYする方も増えてい...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
コージー65

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ