ロケットストーブの簡単な作り方とは?自作のロケットストーブアイディアもご紹介!

焚き火や薪ストーブ好きな方にはロケットストーブがおすすめです。小型で軽量な上、燃焼効率のいいロケットストーブはキャンプでも大活躍のアイテムで、シンプルな構造から作り方も簡単で自作も可能です。アウトドアファン注目のロケットストーブとその作り方をご紹介します。

ロケットストーブの簡単な作り方とは?自作のロケットストーブアイディアもご紹介!のイメージ

目次

  1. 1ロケットストーブとは?
  2. 2ロケットストーブの使い方は?
  3. 3ロケットストーブの原理とは?
  4. 4小型ロケットストーブの簡単な作り方
  5. 5自作するより購入派の方におすすめの商品
  6. 6ロケットストーブを自作して色んなシーンで使ってみよう!

ロケットストーブとは?

出典: https://www.amazon.co.jp

ロケットストーブとは、断熱された煙突のついたL字の筒の中で燃料を燃やすことにより上昇気流を発生させて、燃焼効率をアップさせたストーブのことです。

「ゴー」という音を立てて勢いよく燃える音が、まるでロケット発射のようだということから「ロケットストーブ」と呼ばれています。

燃料に薪や木くずが使えてエコなことや、構造がシンプルで作り方も簡単なことから、アウトドアファンや焚き火・薪ストーブ愛好家にも注目されているアイテムです。

作り方を覚えておけば、アウトドアでも万が一の災害時にも活用できるという点も見逃せません。

普通のストーブとの違い

一般的な薪ストーブには薪をくべて燃やす燃焼室がついていますが、ロケットストーブには箱型の燃焼室はありません。基本的には焚き口と燃焼室、煙突が一つの筒になっていてその中で燃料を燃やします。

シンプルな構造のため小型軽量化も可能で、キャンプなどのアウトドアに最適なストーブです。ロケットストーブは、身の回りにある材料で簡単に自作できることも節約派のキャンパーには嬉しいポイントです。

Thumbロケットストーブとは?小型でも大活躍してくれるストーブの威力をご紹介!
ロケットストーブは、小型でありながら、ロケットのように燃焼力のある優秀なアイテムです。小型の...

ロケットストーブの使い方は?

ロケットストーブにはいろいろな使い方があります。最初に思いつくのは、キャンプや庭先で暖をとるためのストーブや焚き火として使う方法です。出る灰が少なく後片付けも簡単です。

ちょっとした調理、魚やマシュマロを炙ったりすることもできます。燃焼室が大きめのものであれば、ピザを焼いて楽しむこともできます。また田舎などでは、ゴミを燃やす焼却炉として、雪が多い地域では融雪に利用されることもあります。

ロケットストーブの原理とは?

ロケットストーブは、温めた空気で上昇気流を作ることにより効率よく燃料を燃やすストーブです。排気の勢いで給気も活発になり、酸素が供給されることによって勢いよく燃料が燃えるのです。

ロケットストーブの構造と仕組み

ロケットストーブの基本構造は、L字型の筒状で垂直の煙突部分が断熱されています。L字の筒の水平部分に燃料を入れて燃やすと、煙突部分の空気が温められ上昇気流が発生し燃焼ガスが煙突部分から勢いよく排出されます。

それにより、給気の勢いも増すためどんどん火が燃えるという仕組みになっています。燃焼効率がよいため、燃料の燃え残りが少なく環境にも優しいストーブと言えるでしょう。

小型ロケットストーブの簡単な作り方

いきなり購入するのではなく、まずは試しに使ってみたいという方は、ロケットストーブを自作してみてはいかがでしょうか。ロケットストーブの構造はシンプルなので、作り方は簡単です。必要な工具や材料もホームセンターなどで手に入ります。

作り方の簡単な小さなロケットストーブでも驚くほどの燃焼力があり、キャンプでも大活躍すること間違いありません。

作り方①材料を揃えよう

キャンプでの持ち運びに便利な小型のロケットストーブの簡単な作り方をご紹介します。まずは材料を用意しましょう。

持ち運びしやすい小型のロケットストーブということで、本体にペンキ缶を使用していますが、サイズの大きなペール缶で作る場合でも基本的な作り方は同じです。

  • ロケットストーブの本体になるペンキ缶 1個
  • ロケットストーブの本体になるペンキ缶よりひと回り小さい缶 2個
  • パーライト ロケットストーブの本体になるペンキ缶に合わせた量

断熱材にパーライトを使う理由

出典: https://www.amazon.co.jp

ロケットストーブの自作に使うパーライトとは黒曜石を1,000度に熱して発泡させたもので通常は土壌改良に使う園芸用品です。今回はロケットストーブの断熱材として使用します。

パーライトの代わりに砂利や土を使っても断熱材になりますが、ロケットストーブの持ち運びを考えるとパーライトの方が軽量でおすすめです。

作り方②必要な工具

ロケットストーブの自作に必要な工具を揃えます。ホームセンターなどで揃えることができる一般的な工具で問題ありません。100均グッズで対応できるものもあります。

ここでは基本的な工具をピックアップしていますが、作り方や自分の使いたいサイズに合わせて使いやすい工具を用意しましょう。

  • 金切りバサミ
  • 金ノコ
  • ニッパー
  • ペンチ
  • 缶切り
  • ハンマー
  • ヤスリ
  • ホールソウまたはドリル

作り方③手順

材料と工具が揃ったら、早速ロケットストーブを作り始めましょう。作り方はいたって簡単ですが、工具を使い慣れていない人は怪我をしないように気をつけてください。

始めに、ロケットストーブの本体になるペンキ缶よりひと回り小さい缶2つの底を、缶切りなどで切り取ります。

次にロケットストーブ本体になるペンキ缶に小さい缶の直径に合わせた穴を開けます。切り取った小さい缶の底を使って印をつけましょう。手を切らないように注意してください。

ロケットストーブ本体に開けた穴に小さい缶を差し込みます。これが焚き口になります。缶を半分ほど差し込んだら缶の縁の高さまでパーライトを入れます。


煙突になる、もう一つの缶の側面下部分に切り込みを入れて折り曲げ、焚き口となる缶と接合できるようにします。煙突部分の缶をロケットストーブ本体の上から差し込み、焚き口の缶と組み合わせ固定します。上部はロケットストーブ本体の上から少し出るようにします。

缶を組み合わせたら、断熱材となる残りのパーライトを隙間なく詰めていきます。最後に煙突部分を五徳としても使えるように加工したらロケットストーブの完成です。

作り方参考動画

自作したロケットストーブを使っている様子がこちらの動画です。詳しい作り方については他の動画を参考にするとよりわかりやすいでしょう。こちらの動画ではペール缶を使い大きめのロケットストーブを自作しています。

五徳や煙突など真似してみたいヒントも盛りだくさんです。サイズが大きくなっても基本的な作り方は変わりません。使い道や人数によって自分にぴったりの使いやすいロケットストーブを作りましょう。

自作するより購入派の方におすすめの商品

出典: https://www.amazon.co.jp/

作り方が簡単なロケットストーブとはいえ、手先に自信がないという方は思い切って購入してみるのもよいでしょう。

キャンプでの持ち運びが可能なモデルから、調理にも対応できるタイプまで様々なロケットストーブが揃っています。自分のスタイルに合ったお気に入りの一台を見つけてください。

おすすめ①エコズーム・バーサ ロケットストーブ

おすすめのロケットストーブ1つ目は『エコズーム・バーサ ロケットストーブ』です。エコズーム(ecozoom)は、日本の株式会社フクプランニングが販売するロケットストーブです。

日本やアメリカで防災グッズやアウトドアグッズと使われているエコズームが、最も活用されているのはアフリカです。エコズームのロケットストーブは、世界の環境や社会にも貢献している製品なのです。

おすすめ②遊火人 こばこ

おすすめのロケットストーブ、2つ目は『遊火人 こばこ』です。こばこは暖炉のような外観で、揺らめく炎を楽しめる小窓がついている人気のロケットストーブです。綺麗な黒い塗装は、ハードに使っても剥がれることないようしっかりと作られています。

天板では様々な調理を楽しめるので料理に凝りたい派には使いやすいロケットストーブです。専用コンテナにぴったりと収めることができ、持ち運びや収納がしやすい点も便利です。

おすすめ③遊火人 焚き火缶

手作り感覚で楽しめるロケットストーブ『遊火人 焚き火缶』もユニークです。ペール缶と鉄板のパネル、煙突を組み合わせるだけであっという間にロケットストーブが完成します。

手作りが苦手な人でも、組み合わせるだけの作り方が簡単な『遊火人 焚き火缶』なら気軽に挑戦できるのではないでしょうか。

出典: http://rocketstove-tk.com/

『遊火人 焚き火缶』を組み立てることで、ロケットストーブの構造もわかるので、ちょっとした理科の勉強として子どもと一緒に楽しむこともできます。

鉄板の上には鍋やヤカンを置いて温めたり、煙突の上で調理することも可能です。使い勝手はもちろん、コストパフォーマンスの良さも『遊火人 焚き火缶』の大きな魅力です。

付属のペール間はリサイクル品なので、どんな柄になるのかも楽しみのひとつになりそうです。アウトドアレジャーだけではなく、災害時にも活躍しそうなロケットストーブです。

Thumbネイチャーストーブとは?使い方からおすすめ5選も厳選紹介!
直火が禁止になっているキャンプ場が多い中、キャンパーの間ではネイチャーストーブが注目を集めて...

ロケットストーブを自作して色んなシーンで使ってみよう!

シンプルな構造ながらエコで楽しいロケットストーブは、寒い季節のキャンプの心強い味方です。作り方をマスターすればいざという時にも役にたちます。焚き火や薪ストーブの着火が苦手な人でもロケットストーブなら簡単に使いこなすことができるでしょう。

暖を取ったり、お湯を沸かしたり、調理をしたり楽しみ方のバリエーションも豊かです。お気に入りのロケットストーブで暖かく快適なキャンプサイトを作りましょう。

その他の関連記事はこちらから

Thumbソロストーブの魅力とは?基礎知識やおすすめ商品もたっぷり紹介!
アウトドアやキャンプの人気の盛り上がりと共に、ソロストーブの使用も増えてきました。ソロストー...
Thumbキャンプにおすすめ小型薪ストーブとは?魅力からおすすめ製品まで詳しく紹介!
暖かくて調理にも使える薪ストーブは、冬のキャンプに欠かせないアイテムです。今回は、キャンプに...
Thumbおすすめのロマンチカル薪ストーブとは?魅力をたっぷりご紹介!
ロマンチカルは、北海道・小樽で50年以上薪ストーブを手掛けてきた新保製作所の薪ストーブです。...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
noccoshi design.

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ