登山用ゲイターとは?使い方から人気のおすすめ製品10選まで厳選紹介!

登山用ゲイターは、スパッツとも呼ばれる足元につけるアイテムです。登山用ゲイターの使い方や選び方、おすすめのゲイターをご紹介していきます。過酷な登山をより快適にするアイテムなので、持っていない方や興味のある方はぜひチェックしてみてください。

登山用ゲイターとは?使い方から人気のおすすめ製品10選まで厳選紹介!のイメージ

目次

  1. 1登山用のゲイター(スパッツ)とは
  2. 2登山用ゲイターの選び方
  3. 3登山用ゲイターの使い方
  4. 4おすすめの登山用ゲイター【ロング】
  5. 5おすすめの登山用ゲイター【ショート】
  6. 6ゲイターは登山に重宝するアイテム

登山用のゲイター(スパッツ)とは

登山をする方にはとても重要なアイテムのゲイターは、足元に装着し、ボトムスと靴の隙間を上から被せるような形になります。ゲイターはスパッツとも呼ばれ、登山用スパッツと言われた方が馴染みのある方もおられるかもしれません。

スパッツと言っても、スカートの下に履くようなスパッツと登山用のスパッツは種類が違います。登山用ゲイター(スパッツ)の選び方や使い方、種類ごとにおすすめのゲイターをご紹介していきます。

登山用ゲイターの効果

登山用ゲイターは、足首周りを雨や雪、泥などから守り、ボトムスが濡れたり汚れたりをるのを防いでくれる効果があります。また、小石などが靴に入るのを防いだり、足元を寒さから守ってくれる効果もあります。

寒い時期だけでなく、天候や登る山の標高などによって夏場でもゲイターがあると、快適に登山が出来るようになります。

登山用ゲイターの選び方

ここからは登山用ゲイターの選び方をご紹介していきます。ボトムスの裾が守れたらどれでもいいのでは、と思う方もおらえるかもしれませんが、商品によって特徴が違うので、ぜひ自分がどの点を重要視するかを考えてみてください。

選び方①ジッパー

選び方1つ目は、ジッパーです。ジッパーは前についているタイプと後ろについているタイプがあります。最近のモデルは着脱しやすいことから前タイプが多いですが、そもそもジッパーが付いていないというタイプもあります。

ジッパーが付いていないと、先にゲイターを装着してから靴を履かないといけないので、装着が面倒なものも多いです。ジッパーの有無、ジッパーがどこについているかを確認し、自分が履きやすいタイプを選んで下さい。

選び方②フィット感

2つ目の選び方は、フィット感です。ゲイターにはサイズが何種類かあるものが多く、S、M、Lやフリーサイズなどがあります。合わないサイズを使うと当然機能性も落ちてしまい、装着しても足元を守ってくれていないという状況になりかねません。

自分の足のサイズに合う、ちゃんとフィットするもの選びましょう。サイズ選びに困ったら、お店の方に聞いてみるのがおすすめです。
 

選び方③軽量

出典: https://www.amazon.co.jp/

登山をする上で、荷物の軽量化は重要です。ゲイターも重みのあるものより軽量なタイプの方がおすすめです。足元が重いと疲れやすく、負荷がかかるような状態になってしまうので、おすすめできません。

ただ軽くても1回使っただけで破れてしまうような薄手のものなどでは意味がないので、素材もしっかりチェックして軽量なものを選ぶようにしましょう。

選び方④素材

4つ目の選び方は、素材です。ゲイターの効果でもご紹介しましたが、雨や雪などの水気から守る効果のために装着するので、防水性が高い素材を選ぶ必要があります。

また、登山では舗装されていない山道を登るので、根や枝、石などが足元に引っかかることもよくあります。そのため強度のある丈夫な素材でないと、引っかかて破けてしまうこともあります。耐久性のある素材かどうかも選ぶポイントです。

選び方⑤長さ

出典: https://www.amazon.co.jp/

5つ目の選び方は、長さです。ゲイターは概ねショートタイプとロングタイプに分けられます。ショートタイプは20~30cmくらいの長さで、足首より上くらいまでカバーできます。ロングタイプは35~40cmくらいの長さで、ひざ下くらいまでをカバーできるタイプです。

ロングタイプは積雪の多い場所での登山など、厳しい環境でも足元を守るのに役立ちます。カバーの範囲は広いですが、ショートタイプに比べて動きにくくはなります。自分が登る登山環境によって、長さを選びましょう。

選び方⑥種類

最後にご紹介するのが、種類で選ぶ方法です。本格的な冬場の登山に向いたエクスペディションゲイター、春や夏のハイキングに向いたトレイルゲイタータイプ、登山やスキーなどオールマイティに使えるアルパインゲイタータイプがあります。

ゲイターは主にこの3つの種類があるので、自分がどんな山のアクティビティや登山をするかによって、最適なゲイターを選んでください。

Thumb登山用スパッツ(ゲイター)おすすめ10選!使い方からおすすめ製品まで徹底紹介!
登山で雨や雪によって濡れてしまいがちな足元を保護する際、活躍するのがスパッツです。近年では様...

登山用ゲイターの使い方

登山用ゲイターの使い方ですが、ファスナーやマジックテープがある場合は足を入れて足首あたりでファスナーを締めたりマジックテープを留めます。フロントフックが付いている場合は靴紐にフックをかけ、ゴムは靴底を通してフックに引っ掛けます。

ゲイター上部に紐やボタンが付いているときは、締めたり留めたりして上部もぴったりフィットするようにしたら完了です。両足とも同じようにするので、座って行う方がいいでしょう。

履き方を動画で確認しよう

ゲイターの履き方を動画でもチェックしてみましょう。特に難しいことはありませんが、購入後は一度試し履きをして、使い方を確認しておきましょう。

おすすめの登山用ゲイター【ロング】

ここからはおすすめの登山用ゲイターをご紹介していきます。まずはロングタイプです。ぜひ自分が使いやすいゲイターを探してみてください。

おすすめ①オクトス ライトスパッツ

おすすめのゲイター1つ目は、オクトスのライトスパッツです。素材は透湿防水50Dリップストップナイロンで3層になっているで3レイヤーで防水性が高いです。重量は約170gで、収納サイズは14cm×8cm×6cmです。

カラーバリエーションが7種類と豊富で、明るい色も多いので自分好みのものを選びやすく、女性にもおすすめです。

おすすめ②アデルフォス GTR-1000 ゲイター

2つ目は、アデルフォスのGTR-1000 ゲイターです。全長が47cmと長く、広範囲をカバーできます。

浸透防水生地を使用していて撥水性が高く、膝下に調整ゴムが付いていてしっかり固定出来るので、フィット感も高いゲイターです。価格も手頃で、買いやすいという魅力もあります。

おすすめ③ザ・ノース・フェイス ハイベント ロングゲイター

出典: https://www.amazon.co.jp/

アウトドアメーカーとしてお馴染み、ザ・ノース・フェイスのハイベント ロングゲイターもおすすめです。防水・透湿素材のハイベントを使用しており、トレッキングからハードな縦走登山まで使用可能なゲイターです。

サイズはMとLがあり、シンプルで使いやすいデザインが人気です。

おすすめ④モンベル GORE-TEX ライトスパッツ セミロング

おすすめ4つ目はモンベルのGORE-TEX ライトスパッツ セミロングです。ゴアテックスファブリクスで3レイヤーの素材を使っており、防水性が高いです。サイズはS、M、Lの3サイズあり、Sサイズは重量は129gと軽量です。

カラーバリエーションが5種類あるおしゃれなゲイターです。低山のハイキングから縦走まで気軽に携行できるセミロング丈で使い勝手の良いのでおすすめです。

おすすめ⑤アウトドアリサーチ クロコゲイター

おすすめ5つ目は、アウトドアリサーチのクロコゲイターです。素材はゴアテックスで3レイヤーになっており、優れた耐久性と防水性があります。重量は289gで、シンプルですがカッコいいデザインで人気があるロングセラー商品です。

プラスチック ブーツにも対応しており、サイズはS、M、L、XLがあります。価格は高めですがそれも納得できるゲイターです。

おすすめの登山用ゲイター【ショート】

ここからはショートタイプのおすすめ登山用ゲイターをご紹介していきます。価格もロングタイプに比べると手頃なものが多いので、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ⑥イスカ ウェザーテック ショートスパッツ

ショートタイプで最初におすすめするのが、イスカのウェザーテック ショートスパッツです。ウェザーテックという素材の3層構造で、防水性だけでなく結露防止性にも優れたゲイターで、夏の雪渓、ガレ場などにも使いやすい仕様になっています。

長さ22cm、重量は120gで3色のカラーの中から選ぶことができます。

おすすめ⑦モンベル GORE-TEX ライトスパッツ ショート

出典: https://www.montbell.jp/

おすすめ7つ目は、モンベルのGORE-TEX ライトスパッツ ショートです。素材はゴアテックスファブリクスの3レイヤーで、世界最高水準の防水透湿性素材を使用しています。

洗濯を20回以上しても超耐久撥水性を維持するので、雨の山道やや濡れた草原などを歩くのにおすすめです。サイズはS、M、Lで平均重量は104gと軽量で、カラーバリエーションは4色あります。

おすすめ⑧ザ・ノース・フェイス ハイベント ショートゲイター

出典: https://www.amazon.co.jp/

おすすめ8つ目は、ザ・ノース・フェイスのハイベント ショートゲイターです。防水透湿素材のハイベントを使用し、蒸れも軽減してくれるゲイターです。ベルクロ仕様なので、装着も簡単です。
 

おすすめ⑨キャプテンスタッグ FEEL BOSCO

おすすめ9つ目は、キャプテンスタッグのFEEL BOSCOです。高さ19cmで重量が73gとかなり軽量なゲイターです。素材はナイロンを使用、トレッキングから縦走まで対応しているモデルです。

カラーはレッドとブルーの2色で、とても鮮やかな色合いで人気があり、価格も手頃でおすすめです。

おすすめ⑩カナディアンイースト 3レイヤー ショートスパッツ

出典: https://www.amazon.co.jp/

最後にご紹介するのが、カナディアンイーストの3レイヤー ショートスパッツです。透湿防水高機能素材のブリザテックを使用しており、雨の日の登山に使いやすい仕様です。

カラーバリエーションが豊富で、ネイビーやパープル、グリーンなど、男女共に使いやすい落ち着いた色合いがあります。

ゲイターは登山に重宝するアイテム

雨や雪の日など過酷な状況でも、ゲイターがあれば快適に登山が出来ます。ゲイターをまだ持っていない方でも、効果が分かると買いたいと思う方が多いはずです。

使い方も簡単、手頃な価格の物も多いので、ぜひ自分に合うゲイターを手に入れて、快適に登山を楽しんでください。

その他の関連記事はこちらから

Thumb登山用靴下は大事なの?選び方からおすすめソックスまで種類別にご紹介!
登山用靴下は一般の靴下と何が違うのでしょうか。登山用靴下の役割を知って、登山に適した靴下の選...
Thumbコスパが最強!初心者におすすめのワークマン登山用品18選を厳選紹介!
作業服関係の店舗だったワークマンですが、いまやタウンユースからアウトドアウェアまで幅広く手掛...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
あお

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ