登山におすすめのレインウェア10選!おすすめポイントから口コミまで詳しく紹介!

平野部に比べて天気の変化が激しい登山に於いて、いつ雨に降られるか分かりません。急な雨から身を守ってくれるレインウェアは登山での必須アイテムと言えます。今回は、そんな登山向けレインウェアの選び方、そしてメンズ、レディーズ別のおすすめモデルを紹介します。

 登山におすすめのレインウェア10選!おすすめポイントから口コミまで詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1登山にレインウェアが必要な理由
  2. 2登山用レインウェアの選び方
  3. 3登山用レインウェアにおすすめの素材
  4. 4登山におすすめレインウェア【メンズ】
  5. 5登山におすすめレインウェア【レディーズ】
  6. 6登山におすすめレインウェア【セパレートタイプ】
  7. 7機能性に優れたレインウェアを登山時に活用しよう!

登山にレインウェアが必要な理由

登山は立派なアウトドアの1つですが、山中は天気の移り変わりがしやすいというのは聞いた事があるでしょう。出発した時には晴天であったとしても、急激に雲が広がって雨が降ってくるという可能性も十分にあり得ます。

もしそこで何の対策も無く雨に打たれ続けると、体が濡れる事で体温が低下し、風邪などを引き起こす原因になってしまいます。こうなると登山どころではありませんので、そうならない為にもレインウェアは必ず持っていくべきアイテムなのです。

出典: https://www.amazon.co.jp/

そんな登山用レインウェアも、様々なアウトドアブランド等からラインナップしています。上下がセットになったセパレートタイプや、ゴアテックス素材を使ったものなど種類も様々です。そんな中から、登山におすすめしたいレインウェアを紹介します。

登山用レインウェアの選び方

登山に於けるレインウェアの必要性などについて、簡単にではありますがご紹介しました。登山中に何時天気が変化するか分かりませんので、アウトドアウォッチなど天候変化を予測できるアイテムを併用すると便利でしょう。

そして、前述した通り一口に登山用のレインウェアと言っても豊富な種類があります。そのまま選ぼうとしてもどれが自分に合っているのかが分からず迷ってしまうことでしょう。そこで、いくつか選び方の基準を解説します。

登山用レインウェアに必要な機能

まず、登山用のレインウェアに必要とされている機能を覚えておきましょう。大きく分けて防水性、透湿性、動きやすさ、そして耐久性の4つの機能が必要で、例えば動きやすさは運動量の多い登山に於いては通常のレインウェアとは全く異なる質が求められます。

耐久性能に関しても、登山をする中では大切な機能です。登山中は過酷な状況になる事も考えられますから、容易に使えなくなってしまう弱いものでは信頼がおけません。数年にわたって耐えられる性能があるに越したことはないでしょう。

防水性能

そして、最も大切なのが防水性能です。レインウェアを使っているのに雨で濡れる様な事があっては、着ている意味がありません。そこで、1つの基準として耐水圧が20,000mmを超えているものを選ぶようにすることをおすすめします。

一般的なレインウェアは、耐水圧が1,000mmから5,000mm程度になっています。これは小雨から中降り位の雨を想定したものですが、登山中は風も吹いて予想以上の強い雨になる事が想定されます。それに耐えられるように、20,000mをレインウェアの1つの目安にしてみましょう。

透湿性能

出典: https://www.amazon.co.jp/

防水性能と合わせて、透湿性能も確認するべきです。透湿性能とは、内部の湿気を外に逃がす機能の事です。雨を防げる防水性能が高くとも、透湿性能が無ければ内部で蒸れてしまい、自分の汗で濡れる事になります。

加えて、不快な状態になる事も避けられません。そうならない為に、レインウェアの透湿性能は10,000から20,000gのものを選んでみましょう。透湿性能が高ければ、その分湿気を逃がす機能も高いことに繋がります。

登山用レインウェアの選び方を動画で確認

ここで、登山向けレインウェアの選び方を紹介している動画を確認してみましょう。最初に登山に於けるレインウェアの必要性について解説しており、やはり必需品である事、防寒アイテムになる事などを紹介しています。

動画の中では、速乾性に優れて動きやすいもの、動きやすさを重視してゆとりのあるサイズのものや、3,000m以上の標高の高い山を目指す際などには、特に後にご紹介するゴアテックスがおすすめされています。

登山用レインウェアにおすすめの素材

出典: https://www.amazon.co.jp/

実際に登山用レインウェアを見てみると、様々な素材が使われている事が分かります。このレインウェアの素材が、各モデルの性能に大きく関係してきますので、登山用レインウェアを選ぶ上での素材の特徴についても触れておきましょう。

ゴアテックスが最強⁈

出典: https://www.amazon.co.jp/

よくアウトドア用のレインウェアに使われる素材として、ゴアテックスが挙げられます。防水性、透湿性共に高性能な為、アウトドアで使用するレインウェアでは最強との呼び声も高いほどの知名度、そしてそれを裏付ける性能があります。

層が2層、2.5層、3層の種類があり、、この中でも最強といえるのは防水性と着心地の良さを高い次元で備えている3層のレインウェアでしょう。また、最近では最強と呼ばれるゴアテックス素材を元にした「C-KNIT」という新素材も登場しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/

勿論、他素材を使った登山用レインウェアも決して劣ってはいません。例を上げれば、ディアプレックスと呼ばれる独自素材は天候に合わせた透湿性能を発揮し、ダーミザクスという防水透湿+防結露性も備えた独自素材を使ったレインウェアもあります。

Thumbモンベルの定番レインウェアレインダンサーの魅力とは?おすすめもご紹介!
モンベルの定番のレインウェアレインダンサーとは?どのような魅力があるのでしょうか。モンベルの...

登山におすすめレインウェア【メンズ】

出典: https://www.amazon.co.jp/

以上、登山用レインウェアの必要性や各種の選び方についてそれぞれ解説してきました。登山に於けるレインウェアの重要度合や、何を基準に選ぶべきなのかなどがある程度お分かりいただけたかと思います。

そしてここからは、本題である登山でおすすめしたいレインウェアのモデルを、メンズやレディーズ、そしてタイプごとにご紹介していきます。まずはメンズ向けのモデルからになります。

おすすめ①mont-bell ストームクルーザー

まず1点目はモンベルから「ストームクルーザー」のご紹介です。ゴアテックス素材を使った3レイヤーのレインウェアモデルで、素材由来の優れた防水、透湿性はもちろんの事、動きやすく脱ぎ気もしやすい全天候型のジャケットに仕上がっています。

サイズ展開 S~XL
収納時サイズ 7.5×7.5×15cm
材質 ゴアテックスファブリクス 3レイヤー
カラーバリエーション 9カラー
本体重量 約257g

口コミ

出典: https://www.amazon.co.jp/

登山用に購入、軽く、薄い生地にとても不安でしたが、雨の中の使用にも問題なしでした。
雨の中の使用状況は他の方も書いていますが、とても快適。
特筆すべきは夏場、曇りの天候で日よけ対策のためにも使用できたこと。

ユーザーの口コミでは、防水はもちろんの事、透湿性能も素晴らしく、快適に着続けられる事が高く評価されていました。また、雨中での使用に留まらず、夏場の日よけとしても扱えるという声も上がっています。

おすすめ②mont-bell トレントフライヤー

出典: https://www.amazon.co.jp/

同じくモンベルから「トレントフライヤー」のご紹介です。「GORE-TEX(R) PACLITE FABRICS」素材は世界で最高の水準を備えており、モンベルが扱うレインウェアの中でも最高品質の防水透湿性、そして軽量さを実現しています。

サイズ展開 S~XL
収納時サイズ 7×7×14cm
本体重量 215g
材質 ゴアテックスパックライトプラスファブリクス2レイヤー
カラーバリエーション 5カラー

口コミ

出典: https://www.amazon.co.jp/

雨の日に数時間使用しましたが、撥水性能は抜群です。
軽量であることも期待していた通りでした。

最高品質の素材を使っているというだけあって、口コミでも防水、透湿性は高い評価を得ていました。加えて非常に軽量なレインウェアである事も同時に好評で、更にとてもコンパクトに収納できアウトドアで重宝するという声もあります。

おすすめ③MIZUNO ベーシック トレイル

3点目のミズノ「ベーシック トレイル」は、タウンユースの雨具にもできるレインウェアです。背面上部分にはベンチレーション機構を搭載しており、激しく動き回っても空気の循環に依り蒸れるのを防いで快適に着続けられます。

サイズ展開 M, L, XL
メイン素材 ポリエステル
カラーリング ペイパーシルバー, ディープネイビー, ダークシトロン
素材構成 ポリエステル100%

口コミ

出典: https://www.amazon.co.jp/

着心地も質感も気に入りました。
ミズノ製品は安心して着れますね。

ベンチレーション機構のあるフードは、折りたためるため邪魔にならずに使えると実用的な面が評価されています。また、コンパクトで嵩張ることなく少し寒くなってくる秋ごろにもちょうど良く使えそうです。

おすすめ④THE NORTH FACE マウンテンレインテックス

4点目はノースフェイスから「マウンテンレインテックス」です。ゴアテックスPRODUCTの3層構造生地を使用しており、軽くて丈夫でありながら防水透湿性能も非常に優れているレインウェアとして、日常でも着られます。

サイズ展開 S、M、L、XL、XXL
本体重量(L) 約500g
材質 ゴアテックスプロダクト3レイヤー
カラーバリエーション 5カラー

口コミ

出典: https://www.amazon.co.jp/

軽くて撥水性が高く、また着方次第で夏以外は着れるのが◎

こちらのレインウェアは、本体の軽量さとは裏腹のしっかりとした堅牢な作りが好評の様でした。袖部分に関してはやや長めという声が見られますが、そこさえ気にしなければ夏以外着続けられる着やすいレインウェアとなります。

おすすめ⑤patagonia インサレーテッド・トレントシェル

出典: https://www.patagonia.jp/

最後の5点目はパタゴニアから「インサレーテッド・トレントシェル」です。防水、透湿性能に優れている2層のナイロン素材を使用したレインジャケットで、気温の低い状況下でも使用できるハードシェルタイプのジャケットです。

サイズ展開 XS~XXL
材質 50Dデニールナイロン、ポリエステル
カラーバリエーション 4カラー

口コミ

出典: https://www.patagonia.jp/

ダウンのように暑過ぎず、ブルゾンのように薄過ぎず、
都会の冬に最適。

ハードシェルタイプのジャケットである故に暑そうにも見えますが、着るとそれ程暑くなく、逆に薄くて寒さを感じてしまう事も無い程良いレインウェアとなっている様です。

登山におすすめレインウェア【レディーズ】

出典: https://www.amazon.co.jp/

ここまでは、登山におすすめのメンズ向けレインウェアを5点ご紹介しました。続いては、レディーズ向けのレインウェアのモデルを3点ご紹介しましょう。

おすすめ⑥THE NORTH FACE クライムライト

まずはノースフェイスから「クライムライト」です。軽量さに優れるゴアテックスマイクログリットバッカーを素材に使用したジャケットで、ザックを背負っていても楽に腕を上げられるなど登山にうってつけです。

サイズ展開 S、M、L、XL
材質 20Dゴアテックスマイクログリットバッカー
カラーバリエーション 11カラー
本体重量(M) 約260g

口コミ

出典: https://www.amazon.co.jp/

ゴアテックスは、汗をかいても涼しく内側からの通気性は抜群なうえに、外側ははっ水性抜群でレインコート並です。

流石にゴアテックスを素材に使用しているレインウェアだけあって、防水性と透湿性は抜群の様です。更に撥水加工を施されており、万が一の雨にも十分に対応できるモデルと言えるでしょう。

おすすめ⑦Columbia ワバシュ ウィメンズ

続いてはコロンビアの「ワバシュ ウィメンズ」で、2.5層の防水透湿性を備えるナイロン素材を使用したレインウェアです。袖口の調整とフードをフィットさせるドローコードがあり、着やすいスタイルで羽織れるジャケットです。

サイズ展開 S,M,L,XL
本体重量 約356g
材質 20Dナイロン2WAYストレッチプレーンウィーブ

口コミ

出典: https://www.rakuten.co.jp/

しっかりした生地でレインウエアとしてだけでなく普段使いにも活躍しそうです。

ゴアテックス素材でなくとも、実用上十分な性能を備えたレディースレインウェアという評価が多くありました。また、カラーデザインもシンプルにまとめられており、気候が合えば普段使いも出来る様なジャケットであるという声もあります。

おすすめ⑧MIZUNO サンダーフォース

出典: https://www.amazon.co.jp/

最後の3点目はミズノから「サンダーフォース」になります。登山に於いてはゴアテックスファブリクスの高い防水透湿性能を発揮し、また20回洗濯を行った後でも水を弾く撥水性能を保持し続けてくれます。

サイズ展開 S, M, L
材質 ゴアテックスファブリクス、ポリエステル
カラーリング マルベリーパープル
機能 フード収納

口コミ

出典: https://www.amazon.co.jp/

ゴアテックスは防水性も抜群で、蒸れも少ないので非常に気に入ってます。
コンパクトに畳め、携帯できるのも便利です!

こちらも素材の防水、透湿性が優秀で、快適に着られるという声が多く挙がっています。登山のみならず、バイク用のレインウェア、ウォーキング用、自転車用など様々な用途で使用されています。

Thumb丈夫で軽量?!パタゴニアフーディニとは?特徴から人気のアイテムまで厳選紹介!
登山において、体温調節などを担うジャケットは欠かせないアイテムです。パタゴニアのフーディニジ...

登山におすすめレインウェア【セパレートタイプ】

出典: https://www.amazon.co.jp/

ここまではジャケットのみのレインウェアをご紹介していますが、登山で最大限の防水を行いたいのであれば上下揃っているセパレートタイプを強くおすすめします。最後に、セパレートの登山向けレインウェアを紹介します。

おすすめ⑨Columbia グラスバレーレインスーツ

コロンビアの「グラスバレーレインスーツ」は、ナイロンを素材に使った動きやすさ重視のセパレートレインウェアです。蒸れない様胸ポケットを開閉して換気が可能になっており、登山、キャンプなどの様々なシーンで利用できます。

サイズ展開 S,M,L,XL,2XL
材質 ナイロン100%
機能 フルシームシール、ラジアルスリーブ等

口コミ

出典: https://www.amazon.co.jp/

梅雨対策用にレインブーツと一緒に購入しました。サイズ・デザインとも期待していた通りでたいへん気に入っています。

こちらも自転車通勤、通学やバイク用にも使用されている模様です。スタッフバッグ付きでコンパクトな収納もしやすいですが、サイズとしては日本サイズと国外サイズでは国外モデルの方が一回り大きい為、ワンサイズ小さいほうがおすすめです。

おすすめ⑩THE NORTH FACE ハイベントレインテックス

最後はノースフェイスから「ハイベントレインテックス」です。ハイベント2層構造の素材は防水透湿性を備えており、雨の侵入はダブルフラップに依り防げフードもワンハンドアジャスターで操作できるなど、扱いやすいセパレートモデルです。

サイズ展開 S、M、L、XL
材質 70D/90Dハイベント
本体重量(M) 465g

口コミ

出典: https://www.amazon.co.jp/

決定打はゆったりめのシルエットであることです。キレイめではなくストリートカジュアルが好みの方にはオススメです。

ゆったりしたシルエットがストリートでも使えるデザインであった事が好評の様です。ポケット内はメッシュ仕様ですが、インナーダウンを着こめば冬場でも使えそうです。

機能性に優れたレインウェアを登山時に活用しよう!

軽量で動きやすく、防水もしっかり果たしてくれるレインウェアは、降雨時に登山で活躍してくれること間違いなしです。自分のスタイルに合ったレインウェアで、快適な登山をしてみましょう!

その他の関連記事はこちら

Thumb雨に強い防水シューズおすすめ11選!雨の日も安心なシューズを徹底紹介!
雨の日に靴の中が濡れると気持ちが悪く、乾きにくいのでかなり苦悩します。とは言え、雨の日に長靴...
Thumb初めての登山で揃えたい必要な道具や装備とは?入門の道具を詳しく紹介!【レポート】
始めたら一生モノの趣味になる登山。「あの山に登りたい」と思い立ち「でも道具とか必要だし」と不...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
中村雄二

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ